誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン (朝日新書)

FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン (朝日新書) の商品情報

FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン (朝日新書)
FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン (朝日新書)を Amazon.co.jp で見る
FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン (朝日新書)
広瀬 隆 (著者)


レーベル : 朝日新聞出版
ASIN : 4022733985

29 users

過去最高ランク:

5 位 (2011/05/18)

最近:

2011/07/04 174
2012/12/15 47
2012/12/16 60
2012/12/17 89
2012/12/18 115
2012/12/19 146
2012/12/20 186

ピーク時:

2011/05/14 6
2011/05/15 7
2011/05/16 5
2011/05/17 5
2011/05/18 5
2011/05/19 6
2011/05/20 7

イメージ画像

クリックするとメイン画像が変わります。
クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。

この商品を取り上げているウェブリブログ

No.584 敦賀原発活断層認定 電力会社の猛反発はおかしくないか 原子力規制委員会は敦賀原発に下に活断層があることはほぼ間違いないとの見解をまとめるという。それに対して原電は、「到底受け入れがたい ... (続きを読む)
【社会】敦賀原発 運転認めず 直下活断層と判断東京新聞2012年12月11日 朝刊  日本原子力発電(原電)敦賀原発(福井県敦賀市)の断層(破砕帯)を調べた原子力規制委員会の専門家チームは十日、評価 ... (続きを読む)

大飯原発敷地を横断するF6断層と非常用取水路が交差する(渡辺教授の報告書から引用。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。関電大飯原発が、発電を開始するようだ。が、その大飯原 ... (続きを読む)
こりゃま日記福島原発事故必読の書!
福島原発事故の関連書でぜひおすすめしたい3冊福島原発事故の関連書で必読の書と言えば、私は、次の2冊をあげたい。@「原発ジプシー」は、原発で働く下請けの日雇い労働者からみた「原発というもの」をとてもリア ... (続きを読む)

 1月20日の玄海原発プルサーマル裁判の会の公判に来られた皆さん、お疲れさまでした!  また、原告になられた方、注目いただいているみなさん、ありがとうございます。 まず経緯ですが、12月27日に新たに ... (続きを読む)
   【8/12福島農民、漁民、林業者怒りの決起集会と東電への3000人デモ.wmv 】 8月12日、福島県民の怒りの総決起集会・デモが行われた。 会場は怒りに包まれた。 この怒りの声の中、原子力産業 ... (続きを読む)

【泊原発 高橋知事と北電の蜜月関係】(東京新聞:2011年8月17日)http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2011081702000060. ... (続きを読む)
Makotoの占いブログ福島原発
原子力発電所を抱えている地域の方々も多くいらっしゃると思います。福島県出身者として、福島原発はいつも身近に存在していました。それに対して大きな疑問も持っていませんでした。ただし、心の底に恐怖感は常にあ ... (続きを読む)

原発を作る技術者だった作者は、原発の危険性に気付き、会社が世間に言う「安全神話」に嫌気がさして会社をやめました。大手メーカーの技術者の肩書きよりも、真実を語る生き方を選んだ、、、かっこいい!!!あなた ... (続きを読む)
「メディアウオッチ100」●61号【ウオッチ】 2011年7月25日※「メディアウオッチ100」はメール配信の有料電子雑誌≠ナす。このブログには私が投稿して、掲載された記事を収録しますが、体裁(表題 ... (続きを読む)

この旅行中、2冊の本を読み終えた。1冊は、高木仁三郎の「市民科学者として生きる」(岩波新書)である。この本は同じ岩波新書の「プルトニウムの未来」「原発事故はなぜくりかえすのか」と一緒に購入した本である ... (続きを読む)
理想と現実なぜ
検察庁は東電を家宅捜索しないのか? そもそも、東京で電力を自給自足しろよ。福島への補償として東京都の電気料金が値上げされるべき。それがだめなら、福島に首都移転しろ。東電の総会は茶番だろ、どう考えても。 ... (続きを読む)

こういう疑問は尤もと思う。★なぜ東京地検特捜部は東京電力本店を家宅捜索しないのか きのう、東京電力の株主総会が開かれた。約6時間に及ぶロングラン総会は荒れ模様となったものの、社長の交代、原子力発電の続 ... (続きを読む)
「作業員69人はどこに? 所在不明、偽名登録疑い、核防護上の問題も」福島原発の作業に携わった人のうち69名の所在が不明だそうです。作業中にもIDを渡したりもせず、免許証の身分確認とかもせず、ただ本人直 ... (続きを読む)

3/11の東日本大震災により大きな被害が出て、福島の原発損傷でエネルギー問題で節電が始まり。資源が少ない日本にとって原発は、もとでが少なくて電力を産む最高の方法だったのに・・・・・いままで人類が行って ... (続きを読む)
福島原発の処理の進行状況が全く分かりません。政府も結局は東電任せで、マスコミも関心を失ったのか余り報道しない。私は政府や東電が発表する内容を戦時中の”大本営発表”だと思いました。また閣僚が防災服を着て ... (続きを読む)

6月9日(木)に18時45分から「かなっくホールで「福島原発の危機から国民の安全をどう守か?」の講演会が、講師:市川富士夫氏によって行われると折込が入っていた。場所と時間が、仕事の帰りには寄れそうであ ... (続きを読む)
広瀬隆『福島原発メルトダウン』朝日新書、2011年  タイトルとは違って、福島のことに限定せず、日本全体の原発が置かれた危機的状況をコンパクトに解説。もちろん、福島第一原発のことも書いてはあるが、そも ... (続きを読む)

みちしるべ国は何をしたの?
国はなにか「実働」をしているでしょうか? 福島原発の処理は東電任せ(緊急時だけちょっと応援)、小学校の汚れは自治体任せ、瓦礫の処理は福島原発ちかくに処理施設をつくるのではなく地方自治体に引き取りを求め ... (続きを読む)
e-x-m-sFUKUSHIMA福島原発メルトダウン
広瀬隆著、朝日新聞出版刊、2011年。友人のブログに紹介されていたのを見て速攻買って読む。先ず読んでの感想は(著者には甚だ失礼なんだけど)話半分としても今日本ではとんでもないことが起こっていてこれから ... (続きを読む)

福島第1原発事故 2号機、3号機原子炉建屋に作業員が入る 作業環境の改善が課題にフジテレビ系(FNN) 5月20日(金)6時44分配信 福島第1原子力発電所では、2号機と3号機の原子炉建屋に作業員が入 ... (続きを読む)
それは12月2日にはじまった。急上昇商品
FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン (朝日新書)朝日新聞出版 広瀬 隆 Amazonアソシエイト by 内容紹介福島第一原発の事故が日本全体を恐怖に陥れている。放射能災害が起これば一大事だが、単 ... (続きを読む)

FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン (朝日新書)朝日新聞出版広瀬 隆ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by ... (続きを読む)
1号機のメルトダウンは、津波後5時間半後、地震16時間後のことと、朝日新聞やNHKの報道があった。  最悪の場合、2,3号機もメルトダウンの可能性もあるとのこと。 「メルトダウン」や「最悪の場合」とい ... (続きを読む)

今日は雨。眠いので今日はこれでお・し・・ま・・・い・・・・、(5月13日の金曜日)で今日は曇り+晴れ?雨は降らず??これから降るのか?タイトルは今日のテレビ番組から、「東京都でも探せば野草が一杯あるよ ... (続きを読む)
1号機は「メルトダウン」…底部の穴から漏水 東京電力福島第一原子力発電所1号機で、原子炉内の核燃料の大半が溶融し、高熱で圧力容器底部が損傷した問題で、東電は12日、直径数センチ程度の穴に相当する損傷部 ... (続きを読む)

小出裕章氏:空焚き1号機は溶融した核燃料が圧力容器の外に福島原発一号基 空焚き状態で、燃料がすべて溶融している。水がない、格納容器に穴が開いて、炉の下に燃料が解け落ちている。炉心の完全な露出。燃料の損 ... (続きを読む)
 3・11東北関東大地震から福島原発事故が起きた。 毎日溢れる情報から様々な問題が山積だ。 3・11以前の問題を挙げてみる。   ・労働者派遣法による使い捨て労働  ・就活  ・経済格差  ・貧困   ... (続きを読む)

タカヒロ君のtoto的生活電源開発促進税
聞くところによると、電気料金の中には電源開発促進税という税金が含まれているらしい。この税金は原発を抱える自治体に交付金として支払われていると言う。つまり福島県は原発を抱える見返りに、いっぱいお金を貰っ ... (続きを読む)

ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択



» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック