誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    角田光代

角田光代

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「角田光代」のブログを一覧表示!「角田光代」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「角田光代」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「角田光代」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

【北上次郎のこれが面白極上本だ!】  「拳の先」角田光代著(文藝春秋 2200円+税) 北上次郎のこれが面白極上本だ!「拳の先」角田光代著(文藝春秋2200円+税)日刊ゲンダイ2016年4月15日http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/179444 ... » more
テーマ 北上次郎のこれが面白極上本だ! 拳の先 角田光代

「拳の先」角田光代著(文藝春秋 2,376円税込) 「拳の先」角田光代著(文藝春秋2,376円税込)【内容情報】(出版社より)恐怖と不安の先にあるものとは。感動長編!文芸編集者の空也はボクシング選手・タイガー立花の日々を見つめ続けるうち、不吉な予感を覚える。才 ... » more
テーマ ボクシング 拳の先 角田光代

『あしたはうんと遠くへ行こう/角田光代』を読んで 家族からも、恋人からも、友達からもうんと遠く、地の果て、地球の裏側まで行ってしまいたい、という気持ちはわかるような気がする。確かに見たくないものに蓋をして逃げるだけかもしれない。だけど、時にはなりふりかまわずなにもか ... » more

『紙の月/映画』を観て 何気ない日常に潜む小さくて、深い狂気。心にできたほんの少しの隙間から、静かに姿を現しはじめる狂気の顔。けれど狂気の顔はあまりに普通の顔をしていたため、周りの人はそれとほとんど気付かない。角田さんが本当に凄 ... » more
テーマ 紙の月 角田光代 映画

宮沢りえ主演の映画「紙の月」ポスターに便乗した警視庁の横領防止タイアップポスター 角田光代のサスペンス小説「紙の月」は今年1月7日〜2月4日の間原田知世(46歳)主演でNHK総合テレビにて5回(各回45分)シリーズとして放送されとても面白い内容でした。その同じ主役を宮沢りえ(41歳)がどう演じるのか興味を持ったので映画を ... » more
テーマ 紙の月 角田光代 宮沢りえ

「降り積もる光の粒」角田光代著(文藝春秋 1,404円税込) 「降り積もる光の粒」角田光代著(文藝春秋1,404円税込)降り積もる光の粒文藝春秋 角田 光代 Amazonアソシエイト by 降り積もる光の粒 [ 角田光代 ]楽天ブックス 角田光代 文藝春秋発行年月: ... » more

一人旅好きの角田光代が旅情誘う各地での挿話綴ったエッセイ…「降り積もる光の粒」(文藝春秋) 一人旅好きの角田光代が旅情誘う各地での挿話綴ったエッセイNEWSポストセブン2014.09.11 16:00http://www.news-postseven.com/archives/20140911_275557.html ... » more

『平凡』角田光代著(新潮社 1,512円税込) 『平凡』角田光代著(新潮社1,512円税込)平凡新潮社 角田 光代 Amazonアソシエイト by 平凡 [ 角田光代 ]楽天ブックス 角田光代 新潮社発行年月:2014年05月30日 予約締切日:201 ... » more

人生の様々な「もしも…」を空想する角田光代短編集『平凡』 人生の様々な「もしも…」を空想する角田光代短編集『平凡』NEWSポストセブン2014.07.22 07:00http://www.news-postseven.com/archives/20140722_266614.html ... » more

『トリップ/角田光代』を読んで もしかしたら、角田さんも「異邦人感」みたいなものを感じているのかもしれないと思った。そんなことを感じる人は少ないと思うけれど。すべて「このまち」に住んでいる人たちが語り部になっているけれど、語り部たちは共通して、 ... » more

つむつむ草角田光代「対岸の彼女」
角田光代「対岸の彼女」 専業主婦の田村小夜子。学生時代からなかなか友人ができず、3歳の娘のあかりもよその子たちになじめない。閉塞した状況を打破するためには、自分が働きに出なければ――と就職活動の末、とある掃除代行会社に採用される。女性社長の楢橋葵は偶然 ... » more

『対岸の彼女/角田光代』を読んで 角田さんの人間認識で特徴的なことの一つに、人間は、どれだけ必死に、膨大なエネルギーと時間を費やして、とことん話し合ってもうなにも話すことはないと云うところまで話しても、わかりあえないこともある、またはわかりあえない人 ... » more

『ひそやかな花園/角田光代』を読んで 生きていくためには、たとえ結果がどうなろうと、自分が選択した全てのことについて受け入れる覚悟があるか、それは確かに簡単なことではないけれど、でも覚悟を決めなければ「自分の人生」は歩めないよ、って角田さんに背中を「ボンッ」っと ... » more

『八日目の蝉』角田光代 角田光代の『八日目の蝉』(2012年9月15刷)を読みました。BOOKデータによると、<逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるだろうか…。東京から名古屋へ、女たちにかくまわれながら、小豆島へ。偽りの母子 ... » more

『Presents/角田光代』を読んで 僕としては、かなり珍しいことなんだけれど、読後すぐに読み直し、且つブログを書くためにもう一度読んだので、おおよそ計3回この本を読んだことになります。率直に感想を言うなら、「角田光代さま、マイリマシタ!」です。全部 ... » more

酒にまつわるエピソードは誰しも1つは持っていそうなもの。本書は、11人の女性作家たちが綴る、酒を題材としたエッセイ集です。内容としては、タイトルが「泥酔懺悔」ですから推して知るべしですが、全部が全部、ベロンベロンに酔っぱらっちゃ ... » more

一億円を横領した銀行員、梅澤梨花。彼女は今、タイにいる。逃げ切りか、破滅か。彼女は何を願うのか---------------……という感じの展開です。彼女はなぜそんなことをしでかしたの ... » more
テーマ 角田光代

Tudo Bem ?『八日目の蝉』(角田光代)
2011年に最も読まれた文庫本なのだそうです。また、この映画は、日本アカデミー賞で12部門ノミネートなどの実績があったそうなので、かなりヒット作ですね。もし、結婚している人を知らずに愛してしまった場合、あなたならどうしますか? ... » more

ふくろうの読書記録『福袋』角田光代
『福袋』角田光代 角田光代の『福袋』(2008年2月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<私たちはだれも、中身のわからない福袋を持たされて、この世に生まれてくるのかもしれない…。謎で不可解な届け物や依頼、同僚、夫など身近な人の ... » more

見ないふり 恐怖の正体 自分の中 角田光代森に眠る魚双葉社先週最後に読んだ、雫井脩介さんの本の中に、驚くべき仕掛けの施された森が出て参りまして。多分、それが頭のどこかにあったのと、その雫井さんの本みたいな、人の内面のドロドロみたいなの読みたいなと ... » more

『三面記事小説』角田光代 角田光代の『三面記事小説』(2007年9月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<バリケードのような家に住む姉夫婦、妻殺害をネットで依頼した愛人の心の軌跡…。誰もが滑り落ちるかもしれない記事の向こうの世界。現実 ... » more

『学校の青空』角田光代 角田光代の『学校の青空』を途中まで読みました。図書館の内容紹介によると、<女子だけの中学に上がって最初に夢中になったことはカンダをいじめることだった。退屈な日常とおきまりの未来の間で過熱してゆく少女たち。新鋭女性作家 ... » more

くまちゃん  ☆角田光代 くまちゃん (新潮文庫)角田 光代 新潮社 2011-10-28売り上げランキング : 22068Amazonで詳しく見る by G-Tools内容(「BOOK」データベースより)4回ふられても私はまた、恋をした。なんてことだろ ... » more

森に眠る魚  ☆角田光代 森に眠る魚 (双葉文庫)角田 光代 双葉社 2011-11-10売り上げランキング : 77145Amazonで詳しく見る by G-Tools内容(「BOOK」データベースより)東京の文教地区の町で出会った5人の母親。育児を通 ... » more
テーマ 角田光代

八日目の蝉通常版 [DVD]アミューズソフトエンタテインメント 2011-10-28 Amazonアソシエイト by 長い間地中にいて、ようやく外に出ても7日しか生きられない蝉。もし、仲間より1日多く生きることができたとしたら、 ... » more

読書こそ最高のエンターテイメント!?〜ロック母〜 〜講談社文庫背表紙より転載〜作家としての苦悩のはじまりに"しょぼんとたたずむ"忘れ難い作品、「ゆうべの神様」。シングルマザーになる覚悟で離島の実家に帰った私を待っていたのは、恐ろしいほど変わらない風景と"壊れた"母親だった。 ... » more
テーマ 日記 角田光代

読書こそ最高のエンターテイメント!?〜対岸の彼女〜 〜文春文庫背表紙より転載〜専業主婦の小夜子は、ベンチャー企業の女社長、葵にスカウトされ、ハウスクリーニングの仕事を始めるが・・・・。結婚する女、しない女、子供を持つ女、持たない女、それだけのことで、なぜ女どうし、わかりあえな ... » more
テーマ 日記 角田光代

読書こそ最高のエンターテイメント!?〜八日目の蝉〜 〜中公文庫背表紙より転載〜逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるだろうか・・・・・・。東京から名古屋へ、女たちにかくまわれながら、小豆島へ。偽りの母子の先が見えない逃亡生活、そしてその後のふたりに光はきざすのか。 ... » more
テーマ 日記 角田光代

角田光代のベストセラー小説「八日目の蝉」とはどんな蝉なのか? 読売新聞夕刊に2005年11月〜2006年7月まで掲載されたサスペンス小説「八日目の蝉」(中央公論新刊社)を読みました。この本は既に110万部も売れたベストセラーになっており映画化され4月29日から上映予定となっています。女性作家の ... » more
テーマ 映画「八日目の蝉」 角田光代 八日目の蝉

 

最終更新日: 2016/11/18 13:52

「角田光代」のブログ関連商品

» 「角田光代」のブログレビュー をもっと探す

「角田光代」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る