誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    古寺

古寺

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「古寺」のブログを一覧表示!「古寺」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「古寺」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「古寺」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

相国寺 承天閣美術館へ 承天閣美術館承天閣美術館は、1984年(昭和59)に相国寺とその塔頭寺院に伝わる美術品を保存、展示するために建てられた。「京の冬の旅」で、今まで5寺院行きました。「3カ所まわって、ちょっと一服」のスタンプラリーも、後1カ所廻 ... » more

古寺とお城の旅日記随心院 小野梅園
随心院 小野梅園 小野梅園園内には、「はねずの梅」を中心に約230本が植えられています。白梅は開花が早いが、もっとも多い薄紅色の梅は3月の中旬ごろから満開を迎えます。その年の気温にもよりますが、北野天満宮の梅苑より満期の時期は遅いと思います。 ... » more
テーマ 古寺 日本庭園

古寺とお城の旅日記東福寺 即宗院へ
東福寺 即宗院へ 臥雲山即宗院摩藩東福寺城の守護大名であった六代目島津氏久の菩提のため、1387年剛中玄柔和尚(東福寺第54世住持)を開基として創建され、薩摩藩の厚い庇護を受けた。幕末には、島津家一門の出身で徳川家に嫁いだ篤姫が江戸城輿入れの際に立ち ... » more
テーマ 古寺 臨済宗 日本庭園

東福寺 方丈八相の庭へ 通天橋・開山堂庭園を見学のあと、「八相庭園」の見学のため方丈へ東福寺方丈八相の庭拝観料は、400円。午前9時〜午後3時半まで。「八相庭園」とは、四庭に配された「蓬莱」「方丈」「瀛洲」「壺梁」「八海」「五山」「井田市松」「 ... » more
テーマ 重森三玲 古寺 日本庭園  トラックバック(1)

東福寺 通天橋・普門院・開山堂へ 通天橋からは、有料で400円です。9時〜15時30分まで。通天橋仏殿から開山堂(常楽庵)に至る渓谷(洗玉澗;せんぎょくかん)に架けられた橋廊。ここからの紅葉の眺めは絶景です。台風によって倒壊したため、現在の橋は、19 ... » more

古寺とお城の旅日記東福寺へ
東福寺へ 臨済宗大本山東福寺鎌倉時代から「京都五山」の一つに数えられた東福寺。奈良の二大寺院、東大寺と興福寺から一字づつとっとその名が付けられた名刹です。日本最古の三門をはじめ、壮大な伽藍が広がり、伽藍を隔てる渓谷に架けられた通天橋は、悟りの ... » more
テーマ 古寺 臨済宗 京都市  トラックバック(1)

世界遺産 仁和寺 金堂・霊宝館へ 仁和寺金堂・霊宝館「京の冬の旅」非公開文化財特別公開で仁和寺金堂・霊宝館へ行きました。東寺小子房でスタンプラリー達成予定が、スタンプラリー帳を忘れたため、本日所要で近くまで行くことがあったので、仁和寺に寄ってみました。金 ... » more

古寺とお城の旅日記石山寺の梅園
石山寺の梅園 石光山石山寺岩間寺から約15分程度で着きました。石山寺も4回目の訪問となります。今回は梅園を見ることでした。梅園花の名所で知られる石山寺には境内に3箇所の梅園があり約50種・約400本の梅が植えられていま ... » more
テーマ 西国三十三カ所 古寺

西国33ケ所 第12番 岩間寺 岩間山正法寺(岩間寺)長命寺から約1時間程度、12時頃に着きました。長命寺から湖岸道路を琵琶湖を見ながら殆ど信号もない道路をゆっくり走り、標高445mの岩間山中腹に位置した岩間寺へ。急な坂を登ったところに駐車場があり、そこで入山 ... » more
テーマ 西国三十三カ所 滋賀県 古寺

西国33ケ所 第31番 長命寺 姨綺耶山長命寺谷汲山を8時30頃出て、名神関ヶ原ICから竜王IC経由で、長命寺には10時30分頃に着きました。長命寺は今回で4回目の訪問になります。最初に来たときは、JR近江八幡駅より近江バスで長命寺下車、808段の険しい階段を ... » more
テーマ 西国三十三カ所 滋賀県 古寺

古寺とお城の旅日記妙心寺 塔頭寺院へ
妙心寺 塔頭寺院へ 妙心寺塔頭寺院妙心寺には、46もの塔頭寺院があります。ここで紹介するはほんの一部です。「桂春院」「退蔵院」「大心院」は通常参拝可能です。沙羅双樹の花で有名な「東林院」や、紅葉で有名な「大法院」は特別参拝可能です。 ... » more
テーマ 紅葉 古寺 臨済宗

西国33ケ所 第33番 華厳寺 谷汲山華厳寺2007年3月、自宅を5時出発、まだ暗いなか名神京都東ICから関ヶ原IC経由で谷汲山へ7時30分に着きました。予定より随分早く着いてしまいました。谷汲山には2回目の訪問。前回は、JR東海道線大垣 ... » more
テーマ 岐阜県 西国三十三カ所 古寺

世界遺産 東寺 小子房へ 東寺小子房(こしぼう)「京の冬の旅非公開文化財特別公開」で東寺小子房へ行きました。今日で3回目(金戒光明寺・壬生寺・東寺小子房)となり、スタンプラリー「ちょっと一服券」で目標達成と思いきやスタンプ用紙を家に忘れてしまい痛恨のミス。と ... » more
テーマ 世界遺産 古寺 非公開文化財

東本願寺 渉成園(しょうせいえん)へ 名勝渉成園〜枳穀邸〜今日は、非公開文化財特別拝観の「東寺小子房」へ行くため京都駅に来ましたが、10時の公開時間まで時間があったので先に「渉成園」に行きました。渉成園は約1万六百坪の敷地を有し、大小二つり池と数棟の茶室に加え園 ... » more
テーマ 古寺 日本庭園

西国33ケ所 第26番 一乗寺 法華山一乗寺2007年2月下旬に一乗寺へ行きました。JR姫路駅から神姫バスで一乗寺下車すぐ。一乗寺には3回目となります。一回目は、JR加古川駅から加古川線の粟生駅乗換法華口(北条鉄道)下車徒歩60分ぐらいでした。2回目は ... » more
テーマ 西国三十三カ所 古寺 兵庫県  トラックバック(1)

落柿舎(らくししゃ)へ 落柿舎小倉山山麓、のどかな田園風景のなかに、蕉門十哲のひとり、向井去来の別荘「落柿舎」が建つ。庭の柿が一夜にして嵐で落下、その故事らもとづき、去来みずからが命名した草庵である。1691年(元禄4)には松尾芭蕉が17日間滞在し、ここで ... » more
テーマ 小倉百人一首 古寺 文化財  トラックバック(1)

八尾の風と雲冬・大和の古寺と温泉へ
冬・大和の古寺と温泉へ 最近は膝と腰が痛いので近所の源泉賭け流しの朝風呂が日課になっていたが、朝風呂に行こうと思って6時前に起床したが、急に予定を変更して久しぶりに奈良と三重の県境で秋はススキで有名な曽爾高原温泉のお亀の湯に行ってきました。時間が早く温泉だけではも ... » more
テーマ 温泉 古寺

壬生寺(みぶでら)へ 壬生寺かつては、宝幢三昧寺または心浄光院ともいった。本尊は地蔵菩薩。創建は奈良時代で991年(正暦2)に三井寺の快賢が復興し、小三井寺と呼ばれた・その後、火災によって堂宇が焼失したが鎌倉時代に再興された。また、壬生狂言でも知られてい ... » more
テーマ 古寺 新選組 非公開文化財

慈眼堂(中院観音)へ 慈眼堂(中院観音)清涼寺(嵯峨釈迦堂)の西門を出て、愛宕街道を西に進むと、慈眼堂があります。清涼寺の西側の一帯を中院と呼んでいて、藤原定家がここに山荘を構え自然を愛ししばしばこの地を訪れたそうです。藤原定家の念持仏と伝え ... » more
テーマ 小倉百人一首 古寺 文化財  コメント(2)

古寺とお城の旅日記奥嵯峨 滝口寺へ
奥嵯峨 滝口寺へ 小倉山滝口寺(旧往生院三宝寺)祗王寺の奥、少し登ったところに滝口寺があります。祗王寺は観光客で賑わいますが、滝口寺までは行かれる観光客は少ないです。平家物語で語られる、滝口入道と横笛の悲恋の寺。もとは往生院三宝寺と言 ... » more

奥嵯峨 祗王寺へ再び 祗王寺(往生院)昨年暮れの12月30日に訪れてますが、今日はその祗王寺の奥にある「滝口寺」へ行く予定で、先に祗王寺に入りました。前回観光客で撮れなかったのを載せます。解説抜きで本堂 ... » more

雪の宝筐院(ほうきょういん)へ 臨済宗単立寺院宝筐院常寂光寺から落柿舎を通り、宝筐院へ。約12分かかりました。普段は10分もしないと思いますが、日陰では雪が凍って恐かったです。平安時代に白川天皇の勅願寺として建てられ「善入寺」となづけられたのが始まり。 ... » more

雪の常寂光寺(その1)へ 小倉山常寂光寺6日から7日にかけて断続的に雪が降り続き、京都市内は3pの積雪を記録した。天気予報は、今日は晴れの予報であったが、朝も小雪が舞っていた。ここ何年か京都も雪が積もらなくなっていたが、朝外を見ると屋根だけでなく、道 ... » more

古寺とお城の旅日記嵐山 法輪寺へ
嵐山 法輪寺へ 智福山法輪寺名勝嵐山の中腹にあり、『十三まいり』のお寺として知られ、本尊虚空蔵菩薩は嵯峨の虚空蔵(こくうぞう)さんとして古くから親しまれてます。また、勾配のある石段の途中に珍しい「電電宮」という名前の小さな祠があります。奈良 ... » more
テーマ 古寺 京都市 神社

真正極楽寺(真如堂)へ 鈴聱山真正極楽寺(真如堂)金戒光明寺を通過して、北側にある、通称「真如堂」に行きました。真如堂は、今から、984年(永観2)比叡山の僧戒算上人が比叡山常行堂の本尊阿弥陀如来立像を神楽坂の東にあった東三峰女院の離 ... » more

金戒光明寺(こんかいんこうめょうじ)へ 浄土宗大本山くろ谷金戒光明寺くろ谷の地は、法然上人43歳の1175年(承安5)比叡山の修行を終えてこの地で念仏をされた時、紫雲全山にたなびき、光明があたりを照らしたことから浄土宗最初の念仏道場を開かれた場所である。浄土宗七大本山の一 ... » more
テーマ 古寺 日本庭園 非公開文化財

世界遺産 龍安寺 鏡容池(きょうようち)へ 世界遺産龍安寺鏡容池注意、現在「龍安寺」は、方丈(本堂)の柿葺屋根の全面葺き替え工事のため、2月25日まで拝観停止してます。等持院から歩いて10分弱で龍安寺に着きました。事前に拝観停止は知っていて、鏡容池(きょうよう ... » more

古寺とお城の旅日記等持院へ
等持院へ 万年山等持院朝から晴れ渡った日曜日、等持院へ行きました。等持院の由来1341年(暦応4)に、足利尊氏将軍が、天龍寺の夢想国師にお願いして、衣笠山の南麓に創建されたのがはじまりです。応仁の乱などの戦乱に見舞われ豊太閤も ... » more

愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)へ 愛宕念仏寺愛宕(あたご)山山麓にある愛宕(おたぎ)念仏寺。二尊院から約20分登ったところにあります。愛宕念仏寺は、称徳天皇の開基により山城国愛宕郡に愛宕寺として建立された。ところが平安時代の初めに、鴨川の洪水で全て流れて ... » more

二尊院(にそういん)へ 小倉山二尊院(二尊教華台寺)「百人一首」で名高い小倉山の東麓にあって本尊に釈迦如来像と阿弥陀如来像の二尊を祀るため、二尊院と呼ばれてます。古くは離宮や貴族の別邸がつくられ、風雅を楽しむ文化人が集う場所であった。今日の ... » more

 

最終更新日: 2016/12/06 07:16

楽天市場のおすすめ商品

「古寺」のブログ関連商品

» 「古寺」のブログレビュー をもっと探す

「古寺」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る