誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ワーグナー

ワーグナー

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ワーグナー」のブログを一覧表示!「ワーグナー」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ワーグナー」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ワーグナー」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

山の中ですることといえば散歩くらいなものである。ところが木曜に到着して以来、翌火曜日までは雨模様でぐずついた毎日だったのだ。というわけで、しかたなく車を走らせることになったのは、丸一日がまったく予定のない日曜日のこと。昼前か ... » more

南アフリカ名物のブブゼラ――ヴヴゼラ(Vuvuzela)――をワールドカップの中継で聞きながらどこか引っかかるものがあった。それで、頭の中をクルクルと検索していたら、ひょいと何であるのか思い到った。『神々の黄昏』第二幕でハー ... » more

去年は初めてだったので三ノ輪駅からずいぶんと遠く感じた道のりも、今年はあっけないほど近く感じられたのは、ポカポカ陽気のせいだろうか。指揮: クリスティアン・ハンマー演出:伊香修吾公演監督:田辺とおる制作:片山孝調照 ... » more

時間がある時、iPod touchにCDからiTunesに落とした音楽を同期させては保存している。まあ、あまり電車の中で音楽を聴くというわけではないが、iPod touchに習熟しなくてはと思ってのこと。ところが、最初に落と ... » more

[承前]バレンボイムの“凄味”を思い知ったのは、1997年にバイロイト再訪した時の『トリスタンとイゾルデ』である。同居人は、このハイナー・ミュラーが演出した舞台が観たい観たいと願い続けていた。1993年に新演出上演さ ... » more

[承前]というわけで1991年にバイロイト初詣。バレンボイムの指揮に接したのである。ハリー・クプファーが演出した『ニーベルングの指環』の舞台は刺激的で、それに絡むワーグナーの音楽の濃厚なこと。当時は、まだバイロイトの ... » more

エヴァとの恋を断念したハンス・ザックスが、彼女に向かって……私はトリスタンとイゾルデの悲劇を知っている……と語りかけつつ「ハンス・ザックスは賢明だったからマルケ王のようにはならない・・・」と駄目押しを一言。外野で眺めてい ... » more

素晴らしいワーグナーだったのに、演奏会形式ということもあってか、空席が目立ちちょっと寂しい感じ。でも本当に凄かったよ。カーテンコールも盛り上がったし、久しぶりに感動したね。パルジファル:ブルクハルト・フリッツクンドリ:ミヒャ ... » more

今日は、東京・春・音楽祭の『パルジファル』。今年は4月2日が“聖金曜日”で、本日4日がイースター復活祭ということになる。キリスト教圏のオペラハウスでは、イースターのタイミングで『パルジファル』が上演されるということだ ... » more

まだ『神々の黄昏』上演の記憶が新鮮である間に率直に書いておく。これほどの質の舞台が日本で観れるとは思ってもいなかった。少なくとも、バイロイトで上演されたユルゲン・フリム(2000年〜)や、タンクレード・ドルスト(2006年〜 ... » more

[承前]いわば“ギービヒ薬品”の若社長がグンターで、異父兄ハーゲンは、中途で転がり込んできた無任所の役員待遇みたいなものか。そして、製造している薬は相当に怪しいかったりする。ハーゲンが研究員の一人に注射で刺し殺すとこ ... » more

[承前]このところお気に入りの第二幕、音楽が始まると中央に一人掛けのソファーが2つ。右にハーゲンが、左に隠れ兜のジークフリートが座っている。前奏曲が最後に差し掛かると、彼らが座ったまま下手にスライドしていき、再びスライド ... » more

[承前]新国の『神々の黄昏』は14時に開演し、45分ずつ2回の休憩を挟んで終演が20時15分。劇場滞在は6時間を超える。これはもう丸一日仕事と考えるしかない。さて、序奏が鳴り響いて舞台を見る。3人のノルンが、来し方行 ... » more

本当に一日仕事となった新国の『神々の黄昏』再演見物だったが……前3作以上に、何を観たのかというくらい覚えていないことに愕然としつつ、忘れないための備忘録的感想を早めにアップしようと心に誓ったのは、初台から一旦新宿に戻って晩飯 ... » more

いよいよ一年に2夜、2年で『ニーベルングの指環』四部作を上演する新国のプロジェクトも『神々の黄昏』で最終夜を迎えた。『ラインの黄金』に始まって『ワルキューレ』『ジークフリート』と観てきたが、やはりというか見落としであったり覚 ... » more

悼話§ヴォルフガンク・ワーグナーさん リヒャルト・ワーグナーの孫として、戦後のバイロイト音楽祭を率いてきたヴォルフガンク・ワーグナーが先週の20日に逝去した。↓2008年8月、ヴォルフガンクが退任した時の新聞報道彼の姿を最後に見たのは、2008年のバイロイト ... » more

新国立劇場 ワーグナー 楽劇「神々の黄昏」(3/21 14:00〜) 【指揮】ダン・エッティンガー【演出】キース・ウォーナー【装置・衣裳】デヴィッド・フィールディング【照明】ヴォルフガング・ゲッベル【企画】若杉弘【芸術監督代行】尾高忠明【主催】新国立劇場ジークフリート…クリスティア ... » more

古いオペラ舞台で『ニュルンベルクのマイスタージンガー』の写真を見ると、靴屋の親方で男やもめのハンス・ザックスは、白髪に髭を長く生やした七十に近い老人だったりした。ところが、実際の舞台を観ての印象からすれば、ハンス・ザックスの ... » more

カイルベルト1955年第2チクルスの「ワルキューレ」〜第1幕〜<PA-307> ブログ更新がまた間が空いてしまいました・・・気が付いたらもう2月も終わりですね〜。音楽もあ〜んまり聴いてないな〜。どうもゴタゴタしていて、落ち着いて音楽聴いたりブログ書く環境じゃあ無かったのです。まあとにかく、久しぶりにブロ ... » more

第一幕のオーケストラは最悪で、頭を抱えてしまった。音楽は動かないしコクがない。まったくワーグナーしていなかったのだ。二幕、三幕と持ち直してはいったが、あれで満足とは言えない。去年感じたようにエッティンガーはどうも今ひとつであ ... » more

去年の今日をたぐってみたら中村又五郎への悼話を書いていた。そんな二月大歌舞伎は先代中村勘三郎二十三回忌追善も兼ねている。ああ……こういった人達の舞台を観る事のなかった自分が、今こうしてせっせと歌舞伎座に通っているというのもま ... » more

午後は『ジークフリート』である。あの“ジークフリート版・キユーピー3分間クッキング”の時間なのだw“トーキョー・リング”の『ジークフリート』がポップで圧倒的なおもしろさのゆえに、一昨年のバイロイトの上演をしのぐ舞台なのだと ... » more

今週末は、新国立劇場で『ジークフリート』の再演を観るのだ。考えてみれば、日本国内でオペラの再演を観ることがあったかと思い起こしているところ。それで、これが意外とというかほとんどない。そんなの当たり前の話ではある。二期会が ... » more

新国立劇場 ワーグナー 楽劇「ジークフリート」(2/14 14:00〜) 部下の半分は女性なのに義理チョコすら縁のない私にとっては、14日は特別な日でありませんが、こういう日にオペラシティは全館休館って、あまり商売上手とはいえないような…。【指揮】ダン・エッティンガー【演出】キース・ウォーナー ... » more

楽劇『トリスタンとイゾルデ』へのプロローグ 楽劇『トリスタンとイゾルデ』を訳したwagnerianchan様が、前史にあたる「プロローグ」を作ってくれました。『トリスタンとイゾルデ』プロローグワーグナーは『トリスタンとイゾルデ』をイゾルデ嫁入りの船旅から始めましたが、二人 ... » more

『午前7時に村の井戸端で二流楽団が初見で演奏する「さまよえるオランダ人」序曲』という長ったらしい題名の弦楽四重奏曲だか室内楽曲がある。作曲したのはパウル・ヒンデミット。原題はというと……Ouvertüre zum ... » more

以下は、某とある科学者氏(厳に名を秘す)の珍なる発言である。小さくなった石鹸が泡立たないのは・・・既にうどん粉化しているから……と専門外であるのをいいことに石鹸がうどん粉であるなどとは、とんでもない暴言ではないか ... » more

[承前]起きたのは7時半過ぎ。この日は大掃除のやり残し、窓ガラス拭きと風呂掃除である。一番やりたくない掃除なので腰が重い。相談をした結果、14時過ぎからということに衆議一決して、それまでは心穏やかに過ごす。昼食はインスタ ... » more

12月26日から放送しているNHK−FM恒例のバイロイト音楽祭放送も、昨日の『ニュルンベルクのマイスタージンガー』で後半戦に入った。本日『トリスタンとイゾルデ』と明日『パルジファル』を残すのみである。例によって最後まで聴 ... » more

カイルベルトの'55年2ndチクルス「神々の黄昏」<PA-303> 最近プライベートも仕事もドタバタです。今月初めに親知らずを抜いたのですが、術後の回復が順調だったので調子に乗って先週土曜、反対側の親知らずも抜いたのです。そうしたら今度はちょっとだけ大変でした。多少隣の歯と癒着していたことも ... » more

 

最終更新日: 2017/07/29 13:44

「ワーグナー」のブログ関連商品

» 「ワーグナー」のブログレビュー をもっと探す

「ワーグナー」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る