誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ワーグナー

ワーグナー

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ワーグナー」のブログを一覧表示!「ワーグナー」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ワーグナー」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ワーグナー」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

[承前]フォルクスオパーで『ニュルンベルクのマイスタージンガー』新演出というのは、珍なるものではなくて過去にも何回か新演出上演が行なわれているということのようだ。ベルリンの『トリスタンとイゾルデ』と『ニーベルングの指 ... » more

昨日、今年最後の土曜日に引き続き、今年最後の日曜日である。今日は是が非にでも年賀状を片付けなくてはなのだ。というわけで、昨日は新国『トリスタンとイゾルデ』の初日。大野和士が、彼が思い描いたであろう設計図に基づいての音楽が流れ ... » more

クリスマスの午後、新国『トリスタンとイゾルデ』初日に出かける。ようやっと大野和士が指揮するワーグナーを聴く機会が巡ってきた。そして、今年最後の土曜日でもある。【去年の今日】週話§気まぐれ休日〜本日よりお休み〜 ... » more

新国立劇場 ワーグナー 楽劇「トリスタンとイゾルデ」(12/25 14:00〜) 指揮大野和士演出ディヴィッド・マクヴィカー美術ロバート・ジョーンズ照明ポール・コンスタンブルトリスタンステファン・グールドイゾルデイレーネ・テオリンブランゲーネエレーナツィトコーワマルケ王ギド・イェンティンス ... » more

クリスマスの朝に。ワーグナー ジークフリート牧歌 他/ チェリビダッケ ミュンヘンフィル 野心家ワーグナーの暖かく家庭的な音楽を木目の風合の演奏で。楽劇「ニュルンベルグのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲 ジークフリート牧歌 楽劇「神々のたそがれ」〜葬送行進曲 歌劇「タンホイザー」序曲199 ... » more
テーマ チェリビダッケ クラシック音楽 ワーグナー

[承前]ホテルを9時過ぎにチェックアウトして、タクシーでテーゲル空港へ向かう。ちょっと早めに出たのは、旅行中に買ったいくつかの品物が免税対象で、それを払い戻してもらおうということなのだった。空港に到着し、施設内の払い ... » more

[承前]1987年に始まる我々の指環通し行脚も何とか3回目にたどり着いた。日本に住んでいる人間にとって『ニーベルングの指環』の通しを日常的、年に一度とか観ることができるなどは、夢のまた夢なのである。というわけで、ウン ... » more

[承前]そして『ジークフリート』にたどり着いた。ミーメをグレアム・クラーク、ジークフリートをジークフリート・イェルザレムという、我々が1991年にバイロイトで観たコンビの再現である。彼の金属的キャラクターテナーの声が、ま ... » more

1970年代から80年代にかけてワーグナー・テナーとして活躍したペータ・ホフマンが逝去した。代表的な舞台としてはバイロイト音楽祭100周年の時にパトリス・シェローが演出した『ワルキューレ』のジークムントを挙げたい。オペラ ... » more

[承前]『ラインの黄金』から一夜明けた12月6日は、聖ニコラウスの祝日ということで、我々のような大人にまでホテルからプレゼント袋が贈られるという、気分はいよいよクリスマスだが今日は『ワルキューレ』である。クプファ ... » more

[承前]指揮はもちろんダニエル・バレンボイム。演出もバイロイトに引き続いてハリー・クプファー。だから歌手の陣容も、バイロイトチームの様相を呈している。そして、それはある意味で、公演の出来も保証されているということでもある ... » more

[承前]さて、今回のメインイベントその2が近づいてきた。ベルリン国立歌劇場で『ニーベルングの指環』四部作の通し上演を観るのである。バイロイトであれば6日間、一週間の滞在で4本観ることは可能だが普通のオペラハウスでの通 ... » more

[承前]それにしても何と研ぎ澄まされた音楽だろうか。これほどに音楽的に純粋な『トリスタンとイゾルデ』の存在があっただろうかと思う。トップクラスの歌手を揃えてはいるのだが、まず第一にオーケストラの音に耳を奪われてしまう ... » more

[承前]かくしてフィルハーモニーにたどり着くと、当日売りの列が伸びていた。何といっても、そういう時にチケットを持って入場するのは快感である。中に入ると、とにかく広いロビーに上着などを預けるガルデローベがこれまたあ ... » more

[承前]後発組(自分だが)が到着したのを待ちかねたかのように、合流2日目はフィルハーモニーでクラウディオ・アバド指揮&ベルリンフィルによる『トリスタンとイゾルデ』が演奏会形式で行なわれるのだ。翌1999年春のザルツブ ... » more

先週の木曜日、紀尾井ホールで聴いてきた。去年の3月に聴いて以来のことである。藤村実穂子(メゾソプラノ)ピアノ:ヴォルフラム・リーガーシューマン:リーダークライス(アイヒェンドルフ)Op.39マーラー:『若き日 ... » more

[承前]舞台機構で効果的と思えたのは一か所。ヴォータンとローゲがニーベルハイムに下りていく場面で、縦格子がエッシャーの騙し絵のように湾曲した階段になって、そこを二人(吹き替え)が歩いていくというあたりくらいでしかなかった ... » more

日曜日、朝10時からメトロポリタン歌劇場ライブビューイング『ラインの黄金』を見てきた。指揮はジェームス・レヴァイン、演出はシルク・ド・ソレイユなども手がけているというロベール・ルパージュ。日曜日ということもあろうが、新宿ピカ ... » more

今日は、起きたら早々に都心に向かうのだ。朝の10時からメトロポリタン歌劇場のライブ・ビューイング『ラインの黄金』を見るなどと。数年前だったら、それがたとえ日曜でも朝から家を出て何かをしに行くというのは考えられなかった。それが ... » more

とりわけオペラの実演を観ていて上演時間の伸び縮みが顕著だったりする時がある。それは絶対的な時間の長い短いということとは別に、ある意味で相対的に感じる時もあったりするということなのである。身をもって体験したのは一昨年のバイロイ ... » more

巷からカセットテープがほとんど姿を消していた。30年前は思いもかけない新製品として華々しく登場したウォークマンの製造が終了したというニュースを読んだのはつい先日のこと。自分自身がウォークマンを手にしたのは1985年頃で、既に ... » more

ワーグナー ≪リエンツィ≫ ワーグナー ≪リエンツィ≫のテンプレートを作成しました。対訳テンプレートはこちら→ リエンツィ先日書いたとおり、ワーグナー主要作品のうち全く手つかずなのは≪マイスタージンガー≫を残すのみとなってしまったので、ちょっとマイナー ... » more

ワーグナー ≪さまよえるオランダ人≫ 訳出完了 ワーグナー ≪さまよえるオランダ人≫の対訳が完成しました。ドイツ在住のKimiyoさまによる個人完訳です。日本語対訳はこちら→ さまよえるオランダ人これでワーグナー作品は≪オランダ人≫≪トリスタン≫≪神々の黄昏≫≪パルジファ ... » more

ワーグナーの楽劇「トリスタンとイゾルデ」第3幕を見ました。第3幕は、トリスタンの城です。一命をとりとめたトリスタンは、クルヴェナールによって自分の城に運ばれてきたのです。意識を取り戻したトリスタンに、クルヴェナールは、早くよくなってくだ ... » more

ワーグナーの楽劇「トリスタンとイゾルデ」第2幕を見ました。第2幕は、マルケ王の城です。マルケ王は、夜、狩りに出かけます。ブランゲーネが、今夜はトリスタンと会うのをやめたほうがいいと言うのも聞かず、イゾルデは、トリスタンに合図をするように ... » more

ワーグナーの楽劇「トリスタンとイゾルデ」第1幕を見ました。この公演は、バイロイト音楽祭2009のもので、先日、DVDを作りました。第1幕は、航海中の船のなかです。イゾルデ(アイルランドの王女)は、マルケ王(コーンウォール王)に嫁ぐために ... » more

今年も先日になってバイロイト音楽祭の予約フォームが届いた。先月末に書いたように、来年と再来年は『ニーベルングの指環』の空白年になり、残る6演目から5つが交互に上演される。チケット料金は、今年に大幅値上げしたためか来年は据え置 ... » more
テーマ バイロイト ワーグナー オペラ

今年のバイロイト音楽祭も28日に終了した。終了と同時に翌2011年の音楽祭スケジュールが公開された。詳しくはリンクを参照のこと。ドルスト&ティーレマンの『ニーベルングの指環』は今年で終了したが、舞台はともかく音楽が充実してい ... » more
テーマ バイロイト ワーグナー オペラ

先週、NHK-FMで今年のプロムスの演奏会が放送された。興味があったのはサイモン・ラトルがエイジ・オブ・エンライトメント(啓蒙管)を指揮した『トリスタンとイゾルデ』2幕の演奏会形式。ラトルと同オケは以前にも『ラインの黄金』を ... » more

先週のバイロイト音楽祭『ワルキューレ』の生中継を垣間見ながら、久々にタンクレード・ドルストが演出した舞台について考えていた。2年前に観た時に、演出についての印象を書いたページがこれだが、この間の幕間でドルストが演出のコンセプ ... » more

 

最終更新日: 2017/12/07 04:36

「ワーグナー」のブログ関連商品

» 「ワーグナー」のブログレビュー をもっと探す

「ワーグナー」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る