誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    アンソロジー

アンソロジー

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「アンソロジー」のブログを一覧表示!「アンソロジー」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「アンソロジー」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「アンソロジー」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

アンソロジー(SF)「シミュレーションズヴァーチャル・リアリティ海外SF短篇集」SIMULATIONS:15TALESOFVIRTUALREALITY1993年アメリカケアリー・ジェイコブスン編浅倉久志・他訳ジャストシステム1995年8月1 ... » more
テーマ SF ヴァーチャル・リアリティ アンソロジー

風光明美な蝦蟇倉市の名物は、「不可能犯罪」。平均年間15件も発生するため、市民はもう慣れっこになっているようだ。市内のありとあらゆる場所で奇妙な犯罪が発生し、老若男女を問わず被害者となり加害者となり、そしてにわか探偵になる。とうとう ... » more

夜の夢こそまこと 一日おきの冬と春。どうも対処しづらいが、毎年のこととはいえ、ここ数年はやはり変化が激しい気がする。それはともかく。『江戸川乱歩に愛をこめて』ミステリー文学資料館=編光文社文庫丁度一年前にこのブログにあげた『乱歩の幻影』と同じ ... » more

Stanza ignota少年の時間/アンソロジー
少年の時間/アンソロジー NOVEL21 少年の時間―text.BLUE (徳間デュアル文庫)徳間書店 Amazonアソシエイト by さまざまなジャンルで活躍する個性あふれる実力派作家たちが、一堂に会した!!全作品書き下ろしのオリジナル・アンソ ... » more
テーマ アンソロジー

何といっても伊坂さんの章が読みたくて、図書館に予約を入れた『蝦蟇倉市事件〈1〉』。架空の「蝦蟇倉市(不可能犯罪発生率異様に高し)」を舞台にしたひねりあるミステリー連作、面白かったです。執筆は、1970年代生まれの作家さん達。実は ... » more

SF(アンソロジー)「きょうも上天気SF短編傑作選」2010年浅倉久志訳大森望編角川文庫2010年11月25日初版発行2010年11月30日(火)購入ブックファーストルミネ北千住店定価660円2010年12月4日(土)読了今 ... » more
テーマ SF 浅倉久志 アンソロジー

明日ではなく昨日の 『きょうも上天気』フィリップ・K・ディック、カート・ヴォネガット・ジュニア他浅倉久志=訳大森 望=編角川文庫翻訳者追悼のためのアンソロジー。もう、この条件だけで、SFというジャンルの特異さがわかるというものだ。実際、こうして ... » more

小説(アンソロジー)「世界100物語4ロシアの光と影」TELLERSOFTALES1939年サマセット・モーム編河出書房新社1997年1月20日初版発行2010年8月12日(木)購入BOOK・OFFパサージオ西新井店価格105円20 ... » more
テーマ サマセット・モーム アンソロジー 小説

小説(アンソロジー)「変身のロマン」1972年澁澤龍彦編立風書房1972年9月5日第1刷発行2010年7月26日(月)購入BOOK・OFFパサージオ西新井店価格105円2010年10月10日(日)読了澁澤龍彦編によるメタモル ... » more

七つの死者の囁き/アンソロジー 七つの死者の囁き (新潮文庫)新潮社 有栖川 有栖 Amazonアソシエイト by 死者はそこにいる。生きている私たちの記憶の中に、夢の中に、そしてすぐ背後に。私たちを見つめ、語りかけ、時に狙っている。ひそやかで絶え ... » more
テーマ アンソロジー

約10年ほど前に購入した「アンソロジー・ブック」。実はまだ全部読んでないんですわ、これが。あっはっは、と笑うしかないですな。重量約3キログラム、400ページにも及ぶアンソロジー・プロジェクトの集大成をまだ最後まで読んでいない ... » more
テーマ アンソロジー ビートルズ ビートルズの本

アンソロジー「世界100物語3巧みな語り」1939年サマセット・モーム編河出書房新社1996年12月20日初版発行2010年7月29日(木)購入BOOK・OFFパサージオ西新井店価格105円2010年10月2日(土)読了3巻 ... » more
テーマ サマセット・モーム 世界100物語 アンソロジー

アンソロジー「世界100物語2奇妙なこぼれ話」1939年サマセット・モーム編河出書房新社1996年11月20日初版発行2010年7月18日(日)購入BOOK・OFFパサージオ西新井店価格105円2010年9月29日(水)読了 ... » more
テーマ サマセット・モーム 世界100物語 アンソロジー

『Story seller』シリーズは今号で最後となるそうです。残念ですねぇ。上質で気のきいた作品の数々、読み応えは長編並、読みやすさは短編並っていう表紙のキャッチフレーズ、今回も、間違いなしですよ〜!「男派と女派」 ... » more

「世界100物語1 おしゃべりな小説」 犬の名はウルフ アンソロジー「世界100物語1おしゃべりな小説」1939年TELLERS OF TALES イギリスサマセット・モーム編河出書房新社1996年10月25日初版発行2010年7月29日(木)購入BOOK・OFFパサージオ西新井店価格105 ... » more
テーマ サマセット・モーム 世界100物語 アンソロジー

小説(アンソロジー)「冷たい方程式SFマガジン・ベスト@」1980年トム・ゴドウィン他著伊藤典夫・浅倉久志編ハヤカワ文庫SF1980年2月29日発行2001年2月15日14刷2010年9月11日(土)購入BOOK・OFFパサージオ西新井 ... » more

タイトルはちょっと、私的にはアレ(笑)なんですが、それでも新聞の書評をちらっと読んで「読みたい本リスト」に加えたのはやっぱり、しをんさんと阿川さんの名前があったからですね〜。最近はあんまり読んでないけど、阿川さんも私の好きなエッセイスト ... » more

日本文藝家協会編 ‘短編ベストコレクション 現代の小説2010’ 複数の作家さんの作品からなる短編集の感想は非常に書きにくいです。とはいえ、文芸分野の流行りをつかむのには持ってこいです。特に、‘短篇ベストコレクション現代の小説2010’がお勧めです。この短編集は、2001年から毎年出ていおり、 ... » more

右か、左か 心に残る物語 沢木耕太郎編 文春文庫 太陽の日差しに、残酷さを感じるほど、暑い。おかげで、頭が全く働かず、恐ろしい数の予約がついている東野圭吾さんの「プラチナデータ」さえも最後まで読めない(汗)このままだと、読めないまま返してしまいそう・・・。体力的にしんど ... » more

小説(アンソロジー)「現代名作集(二)日本文学全集64」1977年筑摩書房1977年3月20日発行2010年6月12日(土)購入BOOK・OFFパサージオ西新井店価格105円2010年6月26日(土)読了主に大正時代に発表さ ... » more
テーマ アンソロジー 小説 敷島はつせ

アンソロジー(怪奇小説)「怪奇と幻想第2巻超自然と怪物」1975年ブラム・ストーカー他著矢野浩三郎編角川文庫1975年1120日初版発行2010年4月18日(日)購入高田書店(西新井・古本屋)価格300円2010年6月12日(土)読 ... » more
テーマ 怪奇小説 アンソロジー

「極上眼鏡男子」/アンソロジー 俺たちの眼鏡を感じろキャー極上眼鏡男子 (花音コミックス)芳文社 日高 ショーコ ユーザレビュー:表紙とショートに良作 ...眼鏡男子「嵐のあと」 ...Amazonアソシエイト by 2010/2 ... » more

新潮社ストーリーセラー編集部 ‘Story Seller 3’ 新潮社の‘Story Seller’シリーズは今回の‘Story Seller 3’で最後になるそうです。最終回である‘Story Seller 3’も「読み応えは長編並、読みやすさは短編並」というキャッチコピーに偽りなしです。 ... » more

風雪の群像はいかに爆破されたか 日本再生だとか、立ち上がれとか、このままでは日本は駄目になるとか、ここのところニッポン・ニッポンと喧しい。トキの学名じゃあるまいし。経済的に落ち込むと、安易なナショナリズムが台頭する。グローバル主義が、良いことばかりではないと今更な ... » more

集英社 ‘小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所’ ‘小説こちら葛飾区亀有公園前派出所’はそのタイトル通り皆さんおなじみの‘こち亀’が小説化された本です。7人の人気作家が「両さん」を活字で描いた短編集です。「両さん」と‘新宿鮫’や‘池袋ウエストゲートパーク’でおなじみの登場人 ... » more

まほろ市の殺人 推理アンソロジー まほろ市の殺人 (ノン・ノベル)祥伝社 有栖川 有栖 我孫子 武丸 ユーザレビュー:薄口不思議なもので、 ...Amazonアソシエイト by 「この街はどうかしている-」海沿いに位置する地方都市、真幌では季節が巡るごと ... » more
テーマ アンソロジー

「川に死体のある風景」歌野晶午ほか 創元推理文庫 こういうのは、〈コンセプト・アンソロジー〉とでも言うのか。注意していれば、年に何冊かは見つかるが、この本は、雑誌に一度載ったとは言え、お題を決めてから書かれたという点で最近では珍しいアンソロジーである。書かれる際に、縛りが入ると ... » more

「美しき町・西班牙犬の家 他六篇」佐藤春夫 池内 紀=編 岩波文庫 佐藤春夫、名前が平凡だからだろうか。「平妖伝」の翻訳くらいしか記憶に無い。「荷風伝」の時も思ったが、私にとっては、いわば幻想小説の書き手なのである。この本の八篇、すべてが、ジャンル分けできそうでできない…それも、ユニークの故にで ... » more

東京創元社 ‘蝦蟇倉市事件2’ ‘蝦蟇倉市事件2’は、海と山そして、謎と犯罪に囲まれた架空の町・「蝦蟇倉市」を描いたアンソロジー小説の完結編です。今回は、秋月涼介・北山猛邦・越谷オサム・桜坂洋・村崎友・米澤穂信の6名の作家の作品が掲載されています。‘蝦 ... » more

東京創元社 ‘蝦蟇倉市事件1’ ‘蝦蟇倉市事件’は蝦蟇倉(がまくら)市という架空の町で発生した様々な不可能犯罪を描いた短編小説です。この小説は、複数の作家さんによって書かれたアンソロジー作品です。ちなみに‘蝦蟇倉市事件’は、‘蝦蟇倉市事件1’と‘蝦 ... » more

 

最終更新日: 2016/12/04 02:45

「アンソロジー」のブログ関連商品

» 「アンソロジー」のブログレビュー をもっと探す

「アンソロジー」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る