誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    アンソロジー

アンソロジー

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「アンソロジー」のブログを一覧表示!「アンソロジー」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「アンソロジー」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「アンソロジー」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

七人の安倍晴明/アンソロジー 七人の安倍晴明 (文春文庫)文藝春秋 夢枕 獏 Amazonアソシエイト by 小説、紀行、対談と様々な形で陰陽師・安倍晴明の姿に迫るファン待望のアンソロジー。−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−脳みそが陰陽を ... » more
テーマ アンソロジー

作家さんによるリクエストアンソロジー集(・・・と、勝手に名付けてしまいました/笑)。近藤さんの「ペット」、坂木さんの「和菓子」ときて、ようやくこれでコンプリートです(喜)古書店でも、図書館でもなく「本屋」だけを舞台にしたアンソロジー ... » more

働く女性達を描いた「エール!」に続くお仕事小説アンソロジーの第2弾。坂木司、水生大海、拓未司、垣谷美雨、光原百合、初野晴の6人の作家さん達による競作。前巻に続いて、今回もスイミングインストラクター、社会保険労務士、宅配ピザの店長、遺 ... » more

「PINK GOLD2 」/アンソロジー PINKGOLD第2弾!!コドモは見ちゃ嫌。エロスなピンクの18禁BLX-BLから三冊連続で発売された18禁BL本!その最後を飾るのが去年出た18禁BL「PINKGOLD」の第2弾でございます!いわゆ ... » more

大沼紀子・小手毬るい・須賀しのぶ・千早茜・中島桃果子・蛭田亜紗子・宮木あや子の7人の作家さんによる恋愛官能小説集。職場の方にお借りしたんだけど、このタイトル(テーマ)に大沼さんの名前が並んでるのにビックリ。大沼さんといえば、「まよパ ... » more

坂木司さんが選んだ日明恩・牧野修・近藤史恵・柴田よしき・木地雅映子・小川一水・恒川光太郎・北村薫・畠中恵の10人の作家さんによる和菓子をテーマにしたアンソロジー集。「ペット」「和菓子」「本屋」の3つのテーマによるアンソロジー集の中で ... » more

「エロとろ」R18/アンソロジー エロ×萌え×ストーリーにタブーをプラス!18禁数量限定本前回の「エロとろ」からタブーをプラスしたR18版ということではりきって買いましたよ〜アニメイトで予約したのでポストカード付きでしたよ〜〜〜 ... » more

様々な職業の女性たちを大崎梢・平山瑞穂・青井夏海・小路幸也・碧野圭・近藤史恵の6人の作家さんが描いたアンソロジー集。漫画家、通信講座講師、プラネタリウム解説員、ディスプレイデザイナー、スポーツ・ライター、ツアー・コンダクターと、女性 ... » more

近藤史恵さん、大崎梢さん、坂木司さんという三人の作家さんが、いちばん読みたいテーマを、いちばん読みたい作家さんに「お願い」して出来上がったアンソロジー集。本書は、その近藤さん版。参加している作家さんは、我孫子武丸、井上夢人、大倉崇裕、大崎梢 ... » more

「エロほんぶっかけ」/アンソロジー 汁まみれの特濃エロ♥ということでリブレさんから18禁BL出ました!こちらは第一弾ということであと第二弾、第三弾とあるそうです!(詳しくはコチラ)もちろんもう予約済みです(`・ω・´) ... » more

完璧な卵「厭な物語」 読後感最悪。
「厭な物語」 読後感最悪。 小説(アンソロジー)「厭な物語」2013年アガサ・クリスティー他著中村妙子他訳文春文庫2013年2月10日第1刷2013年2月8日(金)購入2013年2月17日(日)読了タイトル通りに「厭な物語」11編を収録したアンソロジー。編 ... » more
テーマ アンソロジー シャーリー・ジャクソン 小説

シンゾー君のおなか ポンポン痛いって生徒会長を辞めたシンゾー君が、また学級委員長になりました。ひでえクラスだぜ。……そんな、小学校でも有得なかった状況。『現代怪談実話傑作選私は幽霊を見た』東 雅夫=編MF文庫ダ・ヴィンチ今年は何故か夏に怪談本を ... » more

「PINK GOLD」/アンソロジー BL。なのに18禁。それって…超デンジャラス!!リブレ出版アンソロジー数量限定発売!!18禁BLアンソロぉおおおお!!装丁、エローーーーーーーーーい!!!!アキニンがおねだりしてるみたい(;゚ ... » more

貫井徳郎・福田和代・誉田哲也さんの3人の作家さんによる警察小説アンソロジー。いやもう、いやもうねぇーっ!最初の貫井さんの作品が強烈すぎました;;;強烈っていうかね、気持ち悪過ぎて具合が悪くなりそうでした。お陰で、その後の2編の印象が ... » more

「エロとろ」/アンソロジーー エロ萌え純度100%キミのジュニアがミスターにエロとろ (シトロンコミックス)シリカ編集部発行/リブレ出版発売 アンソロジー Amazonアソシエイト by 2012/6/25発行帯び ... » more
テーマ BL シトロンコミック アンソロジー  コメント(2)

GUSH maniaEX 「もっと!尻っ」/アンソロジー ぷるりん美尻、ふにゃ〜っと桃尻ムッチリ筋肉尻胸キュンお尻に煽られMAX♪ALL新作読み切り!GUSH maniaEX もっと!尻っ (GUSH mania COMICS)海王社 アンソロジー ... » more
テーマ BL GUSH アンソロジー  コメント(4)

gateau Vol.10 秀良子さん特集だということで買ってみました!gateau Vol.10 (gateauコミックス)一迅社 2012-05-28 アンソロジー Amazonアソシエイト by 表紙、全部言えたらあなたもすっかり秀フリー ... » more
テーマ BL ガトーコミック アンソロジー  コメント(2)

緋迷宮/ミステリー・アンソロジー 緋迷宮 (祥伝社文庫)祥伝社 Amazonアソシエイト by 女流作家ミステリー・アンソロジー 「突如めぐる、運命の歯車」あなたの心に眠る、愛、嫉妬、疑惑、殺意・・・------------------------- ... » more
テーマ アンソロジー

恩田陸選 スペシャル・ブレンド・ミステリー 謎003 恩田陸選スペシャル・ブレンド・ミステリー謎003 (講談社文庫)講談社 佐野 洋 Amazonアソシエイト by 当代を代表する人気作家が、1970年からの30年間に発表された膨大な数の短編ミステリーのなかから、"お気に入り ... » more
テーマ アンソロジー

「泣けるBL」/アンソロジー 泣きたい時に読む幸せ恋愛作品集オールハッピーエンド読み切り泣けるBLリブレ出版 アンソロジー Amazonアソシエイト by 発売前から方々で騒がれてたこの「泣けるBL」でもですねアタシはです ... » more

それでも三月は、また (アンソロジー) 講談社 日米英同時刊行の本です。3月11日を、日本の作家たちはどう捉えたのか、ニュースやインターネットとは違う方法で、それを伝えたいと編まれたアンソロジーです。ニュースや、ネットの情報は、流れ去ってしまう。ツイッターもそうです。どんどん流れ ... » more

鎌倉佐弓ロシアからアンソロジー
ロシアからアンソロジー ロシアから昨年末に出版された本が送られてきた。「日本の女流詩歌集」とでも呼べばいいだろうか。日本語とロシア語のアンソロジーである。作品を選び、翻訳しているのはロシアの日本文学の第一人者タチアナ・ソコロワさん。こちらがその本。 ... » more

「ダメBL」/アンソロジー この設定はやばい!ダメBLが大集結!twitterで話題になった#dameBLタグが遂に実現!ダメBLブックマン社 Amazonアソシエイト by 2011/11/25発行ダメBL―――それは、なんら ... » more

SF的〈感性〉の例示(それを己の老父母に説明して納得させるコト) 『冷たい方程式』トム・ゴドウィン他伊藤典夫=編訳ハヤカワ文庫SF旧版から2篇残し、7篇は入れ替え。比較のため旧版を探したのだが、大震災以降場所が変わったせいで発見できず。もっとも、高名な表題作を読むため、がほとんどを占めるアンソ ... » more

“リアル”の分かれ目 復興より、セケンはTPPモンダイに明け暮れて、2011年も逝こうとしている。なにせ、参加しなかったら、アメリカに日本製の自動車とか家電に法外な関税を掛ける口実を与えるようなもんですからな。どう考えても、“拒絶”は出来ませんな。(それに、アメ ... » more

日本のSF 『小松左京セレクション1日本』小松左京東 浩紀=編河出文庫あの大震災の時、とっさに頭を掠めたのが『日本沈没』だったのは何故なのだろう。その後に、プレート境界型の大地震で、日本列島が実際に何メートルか日本海溝に向かって“沈んだ”ことを知っ ... » more

極端から極端へ 気候までが、わが国民性そっくりに。『文豪怪談傑作選・大正篇妖魅は戯る』東 雅夫=編ちくま文庫昨夜、眠れない中で読んだ。(今夜は久しぶりに、まともに眠れそうだ)明治篇との一番の違いは、やはりソレ専門とさえ言える作家、内田百閨iけん ... » more

盂蘭盆会は何故か八月の方が主流 数日前から、ちょっと厄介な本に取り掛かった。土日で読了の予定だったのだが、いきなり蘇ったこの暑さで、予定の半分はノック・ダウンしてしまった。そこで今回は、数週間前に読んだ本を。『怪談実話系6書き下ろし怪談文芸競作集』『幽』編集部 ... » more

新潮社ファンタジーセラー編集部編 ‘Fantasy Seller’ 惜しまれつつもシリーズが終了した‘Story Seller’の番外編が登場です。タイトルは‘Fantasy Seller’です。「もうひとつの世界、売ります。」というキャッチコピーでファンタジー小説をまとめた本です。 ... » more

昨年まで別冊で出ていた『Story Seller』が、Magazine in Magazine(雑誌の中の雑誌?)という形で復活。今回は読み応えは2冊分お値段は1冊分というキャッチフレーズです(ただし、私は『Story Se ... » more

 

最終更新日: 2016/12/04 02:45

「アンソロジー」のブログ関連商品

» 「アンソロジー」のブログレビュー をもっと探す

「アンソロジー」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る