誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    国際政治

国際政治

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 国際
類似テーマ: 国際政治 国際情勢 国際関係 国際問題
テーマ「国際政治」のブログを一覧表示!「国際政治」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「国際政治」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「国際政治」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

神室院武蔵坊瑞泉NUKE IS CRIME
PLEASE LISTEN TO A CRY OF A NUKE SURVIVOR IN HIROSHIMA.NUKE IS CRIME.NUKE WAR IS CRIME THAT DESTROYS THE EARTH.N ... » more

今日の国会中継を視ながら、妄想が膨らんだ。ホルムズ海峡の機雷掃海は隠れ蓑で、イスラム国へ自衛隊を派兵するための法案ではないのか。手薄になった日本へ平成の元寇。アメリカは日中両国の米国債を無かったことに。日本は1000兆円の赤字はなかったこと ... » more

<歴史南部仏印進駐〜日米開戦まで>前回は、<日ソ中立条約〜独ソ開戦まで>を見てきました(1941年昭和16年4月13日〜6月22日)。この「独ソ開戦」により先の大戦の「連合国VS枢軸国」の構図が決まってしまいました。もちろん当時の日本が ... » more

<歴史日ソ中立条約〜独ソ開戦まで>1(前回までのおさらい)<シナ事変〜日米開戦まで>シリーズ展開中ですが、前回は、1940年(昭和15年)9月の日本軍の「仏印進駐と日独伊三国同盟」までを見てきました。この(北部)仏印進駐は、それまで ... » more

人類史の大転換 The Great Turning Point in Human History 人類史の大転換The Great Turning Point in Human History2015年御生誕祭大講演会幸福の科学グループ創始者兼総裁大川隆法先生EL CANTARE 御生誕祭2015年7月7日夜7時 ... » more

回転猫目歴史儀英国製というわけで。
というわけで。 EUからの支援と引き換えの緊縮策受け入れの是非を問うギリシャの国民投票は、受け入れ反対が6割をちょっと超える多数を占めるという結果に。即日開票で結果が出たのは向こうで夜の時間。だが、反対派の人々が集まって喜んでいるという。 ... » more
テーマ 国際情勢

JOG Tweet 中国(3) 米中関係 「敵は中国」/孔子学院は中国の宣伝機関/日米同盟の意味/米国対中政策の反省/中国、日米分断の失敗/米国は戦うのか?■「敵は中国」米国世論「敵は中国」イラン抜き1位、米国民は「経済軋轢」を脅威視- 「今後10年で中国か ... » more
テーマ 中国:外交 国際問題 アメリカ:現代

ついに始まった。 EUから支援と引き換えに突き付けられた財政緊縮策を受け入れるかどうかをめぐる、ギリシャの国民投票。というか、EUとの交渉が決裂・1週間後に国民投票をすると言って本当に1週間でやるというのは、すごいというかなんというか、こうい ... » more
テーマ 国際情勢

ドイツから勧められた明治産業遺産は裏に何かあると思っていたが予想通りの展開。用日を見せつけられた日本国民の嫌韓がますます増すだろう。百済遺産が捏造でないならば日本への亡命で置き去りにされたものが世界遺産になることはルーツを百済にもつ日本国民 ... » more

歴史 太平洋戦争開戦時刻はいつ!? <歴史太平洋戦争開戦時刻はいつ!?>(はじめに)ただ今<シナ事変〜日米開戦まで>シリーズを展開中です。前回までは日本軍が、シナ事変が泥沼化して、ヨーロッパ戦線の急展開をきっかけに南進政策(具体的には:仏印進駐)へ転換していった経過な ... » more

ギリシャはEUを潰そうとする米国の国際的犯罪と闘っているのか?ギリシャのチプラス首相はEU、欧州中央銀行、IMFの組んだトロイカが示した再建案を国民投票にかけると発表して世間を驚かせた。国民が消費税の増額や年金の縮小を受け入れる ... » more
テーマ 米国の分析 国際情勢 経済  コメント(1)

最初から返済できるはずがないとは思っていたのだが。 財政危機・EUの支援打ち切りで、週明けから既に市場は急落して混乱しているギリシャ問題。ギリシャ国内では、そのEUが新たな支援の条件としているさらなる緊縮策の受け入れをめぐって7月5日に国民投票を実施するのだが、その前に支援打 ... » more
テーマ 国際情勢

JOG Tweet 中国(2) アセアン侵略 ベトナム侵略の歴史/ベトナム船への体当たり/フィリピンとの対立/ASEAN諸国の中国牽制■■ 転送歓迎 ■■ No.2424 ■■ H27.06.29 ■■ 8,292 部 ■■■ベトナム侵略の歴史中国は朝鮮戦争 ... » more
テーマ 中国:軍事 東南アジア 国際問題

<南進仏印進駐と日独伊三国同盟>1(日米開戦までの主な流れ)前回は、ドイツによるヨーロッパ戦線の急展開により、日本軍が<南進政策へ転換>したところまでを見ました。今回は、上記表題テーマです。仏印進駐と三国同盟は、連関していますのでセ ... » more

ようやくというか。 アメリカで連邦最高裁判所が、同性婚は憲法上保障されている権利だとの判断を示し、事実上アメリカ全土での同性婚が合法に。http://www.bbc.com/news/world-us-canada-33290341ちな ... » more
テーマ 国際情勢

GくんBlog歴史 日米対立の深淵
<歴史日米対立の深淵>1(シナ事変〜日米開戦までの主な流れ)前回は、下記流れ図でいえば、<南進政策への転換>までを見てました。今回は先を急がず、そもそも日本とアメリカは、いつから対立することになったのだろうか!?。その深淵について振 ... » more

国策転換 南進・仏印進駐への背景 <国策転換南進・仏印進駐への背景>なぜ、シナ事変が日米開戦に至ったのか!?これは、歴史を考える者には、単純で且つ素朴な疑問です。その解明の一端になるような情報を入手しました。この「南進」(仏印進駐)は、東南アジアにある英米の既得権益(そ ... » more

GくんBlog歴史 シナ事変泥沼化
<歴史シナ事変泥沼化>(これからの指針)「シナ事変〜日米開戦まで」シリーズも回を重ねて来ました。筆者Gもその勘所がわかって来ました。歴史好きの読者の方は、なぜ、シナ事変が、日米開戦(41年12月8日)に至ったのか!?疑問を持っている ... » more

<歴史大東亜戦争か太平洋戦争か?>ただ今筆者は、「シナ事変〜日米開戦まで」の歴史を俯瞰する企画をしています。先ず、その期間の年表を作りました。その後、戦前帝国日本の国策決定システムの概略を見ました。今回は、上記表題テーマです。1 ... » more

FIFA会長に再選されたばかりのブラッター会長が辞任を表明したというニュースが流れた。多くのサッカー関係者がFIFAの汚職や不正を語ってきたがかつてそれは単なる噂話にしか過ぎなかった。しかし、米捜査当局(FBI)は27日、9人の ... » more

“存立危機事態”として仮定されるホルムズ海峡封鎖・機雷掃海の事例:日米の集団安保と中国脅威論 安倍首相は、海外で軍事行動する他国軍の支援に自衛隊を派遣する際の『(法律に明記されない首相の裁量による)三つの判断基準』を以下のように上げている。1.(外国から要求されるのではなく)日本政府が主体的に判断する。2.国際社会に ... » more

重要影響事態の設定を前提とする集団的自衛権の行使は、地理的な周辺事態や物理的な武力攻撃事態にこだわらずに、アメリカや親密な国からの要請や支援のニーズに応じて、特定秘密条項も勘案しながら臨機応変に政府の判断によって『いつでも・どこにでも自衛隊 ... » more

安保法制改革の主眼は、自国が攻撃されなくても日本と密接な関係にある外国が攻撃を受けた場合に武力行使で支援できる『集団的自衛権の行使』、外国からの侵略やテロ、騒乱、大規模な自然災害、原子力発電所の事故など『重大緊急事態における政府の命令権の強 ... » more

大本営とは? 戦前の国策決定システム <大本営とは?戦前の国策決定システム>昭和の戦前史を理解するためには、大本営を中心にした当時の国策決定システムを理解しておくことが欠かせません。現在の政策決定システムとは根本的に異なります。諸外国(中国)のそれとも比較しました。併せてお ... » more

安保法制に関する党首討論を聞いていて国会議員に対して改めて情けなくなった。日本国を代表する首相がリスクが高まるかどうかという質問に対してまともに答えない。普通リスクは高まるが、それに対してこういう対策を取るとか、リスクは高まらないので対 ... » more

中東の液状化に対して日本はどのような戦略を持つべきか?というタイトルのくせに、その前段の「液状化」だけで長くなってしまった。戦略についてはこれから対米国、対中国と合わせて考える。日本は中東からの原油・天然ガスに輸入エネル ... » more

<年表シナ事変〜日米開戦まで>シナ事変(37年7月7日)から日米開戦(41年12月8日)までの重要な出来事を年表にしました。歴史事実は、原因→結果で繋がっていますので、時系列で理解するのが基本だ。日米開戦までの年表に限れば決定版と自負す ... » more

<5月分雑記開始>このコーナーでは、雑記・小ネタを、備忘録風に書いていきます。説明を要するテーマは独立スレッドとし、記事表題にはリンクを貼り記事インデックスを兼ねます。なお当サイトは、コメントフリー、リンクフリーです。どなたでも ... » more

一般の人々は誰も進んで戦争などしたくないのに、戦争をさせられたり戦争に巻き込まれたりするとしたら、それは『政治・国家・集団・軍需産業(ロビイスト)が無理やりに強制したり誘導したり教育しているから』という因果関係があるからというのは無理筋な推 ... » more

“憲法改正の是非”と“歴史を踏まえた立憲主義の理想”2:9条は空想的な平和主義か? 自民党の安倍政権が最も改革したい憲法は、『9条の平和主義・戦争放棄』と『3章の国民の権利及び義務』だと考えられるが、これらの一連の条文を改正することで、日米同盟・欧米主導の世界秩序における日本の安全保障上(軍事の後方支援)の協力と貢献を深め ... » more

 

最終更新日: 2017/02/19 07:48

「国際政治」のブログ関連商品

» 「国際政治」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る