誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    文藝春秋

文藝春秋

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「文藝春秋」のブログを一覧表示!「文藝春秋」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「文藝春秋」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「文藝春秋」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

映画とは別に、原作発行元の文藝春秋で文庫化記念に開設された、『容疑者Xの献身』のwebサイト。昔のインタビュー記事などが載っていて、映画サイトとは違う趣(おもむき)で、たまに覗いてました。で、さっき覗いたら、スペシャルコ ... » more

幽幻倶楽部独り言
独り言 今日電車で赤鬼の隣に座った高校生の男子の読んでいた雑誌に目がくぎづけになりました。戦艦大和についての記事らしいんです。ガン見するわけにいかないから、ちらちら見てただけだけど、日本海軍についてだとか、当時の他の戦艦、長門やらな ... » more

人材派遣業者に対して、手配師とか人売りとか悪罵を浴びせることはたやすいが、非正社員はいまや企業には欠かせぬ存在(「戦力」では過大評価か)というのが実態である。人材派遣業は昔からお行儀の悪い業界として有名で、容姿ランクとか二重派遣などの問題行 ... » more

青袍の本棚文藝春秋六月号(2)
昭和の陸軍日本陸軍の消滅から60年を越える月日が流れたが、。その失敗の教訓から学ぶべきことは今でも多い。問題点としてよく指摘されるのは、純粋培養の人材育成、内向きの派閥抗争、世間からの隔絶、戦略眼の欠如といったあたりだ。個人名を挙げて批 ... » more

青袍の本棚文藝春秋六月号
総評六月号はなかなか読み応えがあった。特に、昭和の陸軍はかなり内容が濃い。安倍総理、これが最強内閣だは、早期改造論者の私としてはなかなか面白いと思った企画。ただ、これまでの経緯からして福田康夫官房長官はなさそうだし、舛添外務大臣 ... » more

青袍の本棚文藝春秋五月号
総評今月はあっさり目。執筆陣がちょっとワンパターン化してるかなという気もしないではない。激突インタビュー安倍晋三VS櫻井よしこは、インタビューワーからご想像いただけるように、激突という印象はなし。こんな時こそあえてクールでリベラ ... » more

青袍の本棚今月の文藝春秋
総評今月号の目玉は、「昭和天皇戦時下の肉声」だろう。注釈つきだが、素人がそのまま読むのは荷が重い。専門家の研究を待ちたい。他は、増量版が二ヶ月続いたせいか軽めの内容だったように感じられた。真夜中のカストロこのタイミン ... » more

いかにも芥川賞らしい作品。淡々としていて作為を感じさせない作品が好まれるようだ。この作品の舞台は、環八通りに近い京王線のある駅。文中の記述からどの駅かを特定できたので、早速現地に行ってみた。夕暮れの中、一か所しかない改札を出 ... » more
テーマ 文藝春秋

青袍の本棚文藝春秋 三月特別号(2)
支持率急落「安倍官邸」機能せず以前にも触れたが、方向性は決して悪くないのに、安倍内閣の支持率が低迷している。常に何かの後始末に追われて不必要な仕事が増えるばかりで、イニシアティブを取れていないような印象をうける。ある程度までイメ ... » more
テーマ 時事 文藝春秋

青袍の本棚文藝春秋 三月特別号(1)
先月に続き今月も充実した内容で、芥川賞受賞作を抜きにしても読み応えがある。では、時事的な記事から…。初公開金正男七通のメール「北朝鮮って、強盛大国じゃなく強盗大国だろ?」と思わず突っ込みを入れてしまった。金正男と ... » more
テーマ 時事 文藝春秋

久しぶりにこの本を手に取りました。昔は。。。20年前?よくこれを見て、地図をコピーしてシステム手帳にはさんで持ち歩いたものです。食べたことのある店がちらほら。ブログに載せた店はひとつもない。食べたこののあるのは銀座煉 ... » more
テーマ 読書 文藝春秋 東京いい店うまい店  コメント(1)

 

最終更新日: 2016/12/02 14:33

「文藝春秋」のブログ関連商品

» 「文藝春秋」のブログレビュー をもっと探す

「文藝春秋」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る