誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    青函トンネル

青函トンネル

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「青函トンネル」のブログを一覧表示!「青函トンネル」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「青函トンネル」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「青函トンネル」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

北海道新幹線 開業2日目 - 湯の里撮影ポイント なんというタイミングか。トンネルを抜けてEH800が引く貨物列車が下っていき機関車が視界から消えたのと同時に H5系の「はやぶさ22号」が上り線を通過していった。完全に被りましたよ。貨物列車に。それがこれ。不幸中の幸 ... » more

乗り鉄旅日記北海道新幹線 開業新駅へ
北海道新幹線 開業新駅へ 1番列車に乗って新函館北斗にやってきてお終いでは、あまりにもあっさりしすぎ。そこで、新幹線の駅として開業した「木古内」と「奥津軽いまべつ」の様子を伺うことにした。開業日は、新函館北斗→新青森は臨時列車として走る「はやぶさ14号」に乗 ... » more

北海道新幹線1番列車「はやて91号」に乗った 祝・北海道新幹線開業!!新青森発の1番列車「はやて91号」に乗って、いざ、新函館北斗へ。早朝5:45、多くの人を乗せた 701系 5両編成の青森発弘前行き普通列車が 1 分遅れで発車。はたして、ほとんどの人が新青森で降りた。 ... » more

北海道新幹線1番列車に乗る - 前日入り 金曜日の朝。通勤ラッシュを避け、東京6:32発の「はやぶさ・こまち1号」で新青森に向かいます。明日の朝、新青森発「はやて91号」に乗るためです。朝早いので、前日移動です。その前日は金曜日。平日なので通勤ラッシュを避け、この時間にしました。 ... » more

青森紀行2015 その2 青函トンネル 青森紀行2015その2来年三月に北海道新幹線が開通することから、様子を見てきました青函トンネルの本州側入り口には公園があり、トンネルを走行しる、列車を見ることが出来ます。丁度機関車が出てくるのが見えました。レールは、 ... » more
テーマ 鉄道 海峡線 青函トンネル

2016年3月開業に近づいた、北海道新幹線。その開業に伴う、システムの切り替えに向け、12月31日の深夜から1月2日の早朝にかけて海峡線の旅客列車、貨物列車を運休させ、試験を行うそうです。日本の鉄道開業以来、試験のための運休 ... » more

「青函トンネル内」で特急から煙。 今日は、「青函トンネル内で特急から煙」のニュースについて。4月3日午後5時15分ごろ、北海道と本州をつなぐ「青函トンネル」(全長53.85`)内で、函館発新青森駅行き特急「スーパー白鳥34号」(6両編成・乗客124人)の車掌が異臭を感じた後 ... » more

青函連絡船の思い出と我が人生航路 187 青函連絡船八甲田丸(ポスター)時代の流れ青函連絡船の廃止が決まった頃から、終航に向け連絡船人気が高まった。これは船に限らず、ブルートレインや他の乗物、施設でも同様の傾向である。何時もそのような状況なら、存続さ ... » more

今日は、完成から四半世紀を迎えた「青函トンネル」の話題を一つ。着工から24年かけて開通した北海道と本州を結ぶ「青函トンネル」が今年開業25周年を迎えた。全長53.85`、四半世紀で延べ約4860万人が行き来した「大動脈」は現在、平成27年度 ... » more

今日は、いろいろと不祥事続きのJR北海道だが、久しぶりの明るいニュースを一つ。このたび函館支社では、「竜飛海底駅・青函ンネル記念館見学ツアー」の参加者を募集している。これは、「北海道新幹線工事」の進捗に伴い11月10日をもって廃止される「竜 ... » more

JR北海道>竜飛海底駅来春廃止 1988年の青函トンネル開業時に設置された吉岡海底駅と竜飛海底駅。火災時等の緊急避難場所として設置された施設を、観光用として公開していましたが、北海道新幹線の工事進捗にあわせ、2006年に吉岡海底駅が営業休止となっていましたが、竜飛海底 ... » more

青函連絡船の思い出28 連絡船からバトンタッチを受けた、正確には同日朝から開業した青函トンネルについて触れてみたい。青函連絡船にとっては非常に微妙な関係にあるが、大局的に見ると世界的なプロジェクトであり、尊い犠牲と多大な費用により日本の技術力の誇りでもある。 ... » more

今日は、今月の13日で開業25周年を迎えた「青函トンネル」について。北海道と本州を結ぶ「青函トンネル(53.85`)」は3月13日、「開業25周年」を迎えた。「海底トンネル」として世界一の長さを誇り、この四半世紀に延べ約4850万人が行き来 ... » more

〔マイコレクション133 玄武岩製「青函トンネル断面図」〕 今回紹介するのは、「青函トンネル工事」で大量に出土した「玄武岩」を使った「青函トンネル断面図」である。これは、地元業者が「青函トンネル」のPR用みやげ品として試作したもので、「断面図」は、陸地・海底部分が緑色に塗られ一目で「青函トンネル」の ... » more

今日は、JR北海道函館支社からのお知らせを一つ。同支社では、「青函トンネル開業25周年」を記念した旅行商品を企画した。目玉は、ツアーでしか見学てきないJR「津軽海峡線」の「吉岡海底駅」に臨時停車する企画で、「この機会に見学を」とPRしている ... » more

〔マイコレクション119 扁額「青函隧道」記念石〕 今回紹介するのは、「青函トンネル北海道側出入口」の上にある扁額「青函隧道」の「記念石」である。これは、当時の運輸大臣・橋本龍太郎氏が揮毫したものである。なお、本州側は開通当時の総理大臣・中曽根康弘氏が揮毫した。ちなみにこの扁額は、「青函トン ... » more

〔マイコレクション117 青函トンネル出土岩石「石膏岩」〕 今回紹介するのは、昭和63年3月13日に開業した「青函トンネル」の工事中に、北海道側工区から出土した「石膏岩」である。「青函トンネル工事」は、構想から70年、総工費6千億円をかけて完成した世紀の大工事であった。 ... » more

大きなトンネル事故があったすぐ後に、またまたトンネルのブログになってしまいました。あの海底トンネル、青函トンネルを新幹線車両が通過するのです。安全走行の観点からすると、「はやぶさ」と同じE5系車両ですから時速320Km走行を期待しますが、青 ... » more

青函トンネル本坑貫通記念入場券 思い出日記で青函トンネルの事を書いていたら、この記念入場券を持っている事を思い出しました。発破の時の写真を見ると、残っている土の部分はちょびっとだけに見えるので、わざわざ爆破しなくても(^_^;)と思ってしまいますが、これも一つのセレ ... » more
テーマ 鉄道 青函トンネル 記念入場券  コメント(6)

青函トンネル入り口公園 JR海峡線(津軽今別駅)、とJR津軽線(津軽二股駅)がこの二つの駅で交差します。新幹線基準で作られた直線の線路と施設と思いきや、二つの駅入り口には小さな道の駅、そしてどちらの駅もバス停程度の小さな待合室がある程度、ふと時刻表をみるとやや ... » more
テーマ 鉄道 音風景 青函トンネル

♪ごらんあれが竜飛岬北のはずれと〜♪ 日本一短い私鉄、財団法人青函トンネル記念館経営の「青函トンネル竜飛斜坑線」。40名定員の小さなケーブルカーで海面下140メートルへ案内してくれます。2両交互運転ではなく1両のみの往復運転です。乗車待ちの間、圧搾空気の噴出する ... » more
テーマ 鉄道 音風景 青函トンネル

青函トンネル開通記念日  今日は何の日 1を3で挟んで、313 今日はサンドイッチの日です。 しかし何でも記念日にしますね。販売促進には有効なのでしょうか。 閉話休題 今日は何の日で、記事を書いて来ましたが、なかなか飛びつくネタは多くは有りません ... » more

素敵な方言と解説7分あります青函トンネルって・・・すご〜〜〜い ... » more

青函トンネル突入青函トンネル 海底駅 ライトアップ部分 その他9分あります。青函トンネルの入口と出口、最深部には青と緑のライトを見ることが ... » more

2006青函トンネル吉岡海底最深部探検ツアー 今回の北海道旅行のきっかけがこれ。2006青函トンネル吉岡海底最深部探検ツアー、運動不足のオッサン2人組には恐ろしく長い距離を、約16キロほど歩かなければならないのでしょうか、しかも金を払って…。ドラえもん前書記長が申し込みのFAX送ったら ... » more

ドラちゃんファイナルで北海道@まずはもう一つの方の海底駅 自宅近くでタクシーを拾い、吉祥寺からバスで羽田空港へ。第2ターミナル初見参、CIしてセキュリティ入ったらなんと中にポケモンをテーマにしたキッズコーナーが。子供たちをここに放しておいて親はスタバ(セキュリティくぐった先にも色々とあるもんだ)で ... » more

 

最終更新日: 2016/12/09 03:38

「青函トンネル」のブログ関連商品

» 「青函トンネル」のブログレビュー をもっと探す

「青函トンネル」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る