誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    消費者問題

消費者問題

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「消費者問題」のブログを一覧表示!「消費者問題」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「消費者問題」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「消費者問題」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

消費者金融を利用していた人が、払いすぎた金利を取り戻す際に必要になる請求額計算手続きについて、大阪府は、4月から無償で支援することを検討しています。現在、大阪府が設けている債務者の相談窓口業務の中で、請求額計算手続きを行 ... » more

不法投棄に関する部分では以下のようなことが、改正で規定される予定です。@排出事業者は、一定の産業廃棄物を排出した事業所の外において、自ら保管を行おうとするときは、原則として、あらかじめ都道府県知事・政令市長に届け出なけれ ... » more

事件A《墓石不法投棄事件》昨年7月、茨城県神栖市の空き地に、大量の墓石や墓の土台が不法投棄されているのが見つかった事件です。建設業の男が、廃棄物処理法違反(不法投棄)で逮捕されました。無縁墓の撤去・整備が、制度改正によっ ... » more

先日、日本行政書士会連合会(日行連)主催の業務研修に参加した際、題材の中に、「廃棄物処理法の改正について」というものがありました。環境省の方が、改正内容について色々と説明してくれたのですが、その話の中には、改正に至った経 ... » more

商品先物取引法の施行により、平成23年1月1日より、一般個人を相手方とする商品先物取引を業として行うものは、「商品先物取引業者」として許可が必要となっています。これによって、今まで無許可でおこなうことができた海外商品先物取引やCFD取引 ... » more
テーマ 内容証明 海外商品先物取引 消費者問題

インターネット上で、新品の電化製品やブランド品等が非常に格安で出品される、いわゆる“ペニー オークション”に関する相談が最近増加している。一般のインターネットオークションであれば、入札には費用がかからず落札者だけが商品代金を支払うところ を ... » more
テーマ ペニーオークション 消費者問題 ネットトラブル

色々と捏ね繰り回した関係で、分かりづらく長い文章になってしまいましたが、今回でラストです。金貨金融の問題である、金貨売買の正当性について、少し書きたいと思います。金貨金融は、金貨の売買を装い、多額の金利(利益)を ... » more

○10万円以上で売れることもある価値が固定されていないものであるため、「もしかしたら儲かるかも」と購入者を思わせ、購買意欲を誘う表現です。実際には、儲かる可能性が低いときに使われることが殆どです。○損をすることはない ... » more

○『10万円相当の金貨』厳密に言えば、怪しいのは「相当」という表現ですが、これは、断定したくない(できない)ときに良く使われます。今回の広告では、確実に10万円の価値があるとは言っていない。もしくは、10万円の価値を保証 ... » more

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆お知らせここ数日のブログの題材である『金貨金融』ですが、中編Vのアップ時に、記事を全面的に書き直し、今までの文章は、ほとんど削除しました。理由は、説明不足の部分 ... » more

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇登場人物利用者(被害者)・・・・・・・A男自称貴金属卸売業(金貨金融業者)・・・・・・・G社街の貴金属店(換金屋)(G社と共犯の可能性有)・・・K店消費者 ... » more

《事例「金貨金融」》登場人物利用者(被害者)・・・・・・・A男自称貴金属卸売業(金貨金融業者)・・・・・・・G社街の貴金属店(換金屋)(G社と共犯の可能性有)・・・K店消費者金融・・・・・・・S金融各人物 ... » more

お金に困った人を対象にお金を貸し、法定金利以上の金利を課す悪徳商法。このブログでも、以前から色々な悪徳商法を採り上げ、注意を促してきました。チョット前には車金融を採り上げましたが、本日の題目の『金貨金融』も、名前 ... » more

中小零細企業や個人を支えていた企業が破綻したことにより、金融市場には、これらの受け皿となる企業が必要になりました。そこで出てきたのが、一般の銀行です。理由は、一般の銀行は、総量規制の対象にはなっていないことから、 ... » more

2つの事件のことについて書く前に、簡単に改正貸金業法についておさらいします。詳しいことは、以前に書いたブログを見ていただきたいのですが、改正貸金業法のポイントは2つで、総量規制と金利の低下です。総量規制とは、借りるこ ... » more

rioのordinaryな毎日おもち
おもち 夫の実家から、おもちを送っていただきました。夫の実家は盛岡で、そこの地元メーカーというか、今では結構有名な阿部製粉(芽吹き屋)のものです。今年は、東北新幹線が青森まで開通したので、東北新幹線が混んでいるため、夫は正月が終わってか ... » more

今年も残すところ、あと2日とチョットになりました。このブログを始めて半年が過ぎましたが、何とか毎日更新を続けております。面白くない文章と中身のない内容ばかりでしたが、さすがにこれだけ書くと、この一年にどのようなこ ... » more

なぜ、どこの住宅供給公社(公社)も、経営状態が良くないかというと、近年まで公社は、地価が右肩上がりの頃の構想で経営していたからです。その構想とは、『原価主義』と呼ばれるものです。原価主義とは、家賃が建築費に連動する仕組み ... » more

先日話題にした都市再生機構のほかにも、公的な住宅支援機関があります。それが本日の題目にもある住宅供給公社です。住宅供給公社は、自治体が法律に基づいて全額出資で設立した法人で、賃貸住宅の供給や維持管理をしています。 ... » more

国土交通省は、独立行政法人の都市再生機構(UR)が保有する賃貸住宅を、来年以降、民間企業や個人に売却する方針を固めました。先月末には、住宅金融支援機構の事業の一部廃止を決めましたが、それに引き続いての住宅関連事業の方針転 ... » more

以前、このブログで話題にした日本振興銀行(9月に経営破綻)について、預金保険機構は概算払いの最終調整に入りました。概算払いとは、ペイオフ制度で保護対象にならない部分について、とりあえず現時点で返還できる金額のことです。 ... » more

しかし、この考えを知人に話したら、「そもそも自信が抱えている問題が、法律に関するものかわからない。だから、最初は行政の無料相談に行くのが一般的だと思うよ。」と言われました。それ以外にも、「行政を通さず、専門家に直接聞 ... » more

例えば、契約トラブル等の場合には、双方の意見を電話等で確認するのが最初に行われます。それで解決しなければ、内容証明など書類のやりとりが行われ、再度、電話などのやり取りが行われます。これでも上手くいかなければ、最終的に ... » more

行政の値札 A 菊の写真3種類目です。今回は花が白です。写真を撮った日が曇っていたので写真全体が暗いですが実物はとてもきれいです。----------------------- ... » more

先月、埼玉県の知事である上田知事が、県が提供する行政サービスにかかる経費について、わかり易くするため、値段形式で表示するという試みをしました。これは値段形式で表示するということから、「行政の値札」と名づけられました。 ... » more

ここ2日間ほど、どたばたしていたなどの理由から時間がとれず、「日本振興銀行と過払い金D・E」あたりから、記事の中身が中途半端になってしまいました。その補足を少ししたいと思います。内容としては、D・Eとあまり変わらない ... » more

日本振興銀行の資産査定の話から過払い金、銀行と企業との繋がりや消費者金融、SFCG(旧商工ファンド)の事まで、内容が右へ左へと飛びまくっているため、少し解りづらくなってしまったかも知れませんが、これらのことは繋がっています。 ... » more

先日までの例だと、日本振興銀行はA銀行、日本振興銀行が融資をしていた消費者金融がC金融、日本振興銀行が融資をしていた消費者金融からお金を借りた人がBになります。過払い金が発生する可能性がある取引は、C金融からBによるもの ... » more

先日、お金の流れ(貸す流れ)として、以下のようなものを書きましたが、A銀行→C金融→B(一般人)お金の返却については、この反対の流れで行われています。このお金を貸す流れと、返す流れが滞りなく行われていれば特に問題 ... » more

少し話が逸れますが、一般的な銀行がお金を貸すときは、法律違反を犯すような金利では貸しません。よって銀行が元来貸したお金に関しては、普通は過払い請求の対象になることはありません。しかし、今回の日本振興銀行のような債権譲渡と ... » more

 

最終更新日: 2016/12/01 10:43

「消費者問題」のブログ関連商品

» 「消費者問題」のブログレビュー をもっと探す

「消費者問題」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る