誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    世界史

世界史

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 歴史
子テーマ: 中世
テーマ「世界史」のブログを一覧表示!「世界史」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「世界史」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「世界史」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

ドガの「踊り子(エトワール)」 ドガは19世紀のフランスの画家です。パリ美術学校に学び、アングルやルネサンス美術に傾倒しました。印象派とされていますが、油絵やパステル画で「洗濯女」「競馬」「踊り子」など、独自の躍動的な画面を作りました。 ドガの「踊り子(エトワール) ... » more

スペイン・バルセロナ郊外のモンセラート山の黒い聖母像で知られるモンセラート修道院に伝承される14世紀の朱い写本(1399製作)には、巡礼者たちによって歌い踊られた10曲の歌が残されている。民謡や賛歌などで、単旋律、2声、4声のポリフォニ ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

まだ多声音楽の中心がフランスにあった13世紀ころに、作者不詳の「夏は来たりぬ」など6声で輪唱による世俗歌がイギリスに存在していた。音楽史上奇跡に近いといわれている。民謡風の素朴なリズムが多声で躍動する。この頃の数々のマリア賛歌の ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

バレッタ(マルタ共和国の首都) バレッタは、マルタ共和国の首都です。地中海中央に浮かぶマルタ島の東部に位置しています。港を見下ろす丘の上に街があります。16世紀の聖ヨハネ騎士団(ホスピタル騎士団とも言います)時代以降の多くの建造物が残されています。人口は7,000人弱です ... » more

スラヴ典礼はビザンツ典礼の流れをくむギリシャ正教の典礼である(スラヴ諸国において独自の民族的色彩のもとに発展したビザンツ=スラヴ典礼)。楽器を使用しない、独特の旋律をつなぎ合わせた旋法という特徴がある。大地の香りというか、海岸に打ち ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

グレゴリオなど聖歌は癒しの音楽といわれるが、何度も聞きたくなる歌というのは必ずしも多くない。プロテスタントのコラールのように繰り返し聞いたり謳いたくなる聖歌を挙げてみる。(グレゴリオ聖歌)◆サルヴェ・レジーナSalve,Regina ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

アレクサンドロス大王 アレクサンドロスはマケドニア王(在位前336〜前323)で、ギリシア、エジプト、アジアにまたがる大帝国の建設者です。英語名はアレクサンダーてす。 マケドニア王フィリポス2世(在位前359〜前336)の子で、13歳から3年間アリストテレスの教 ... » more

三・一運動(万歳運動) 三・一運動は1919年3〜5月、朝鮮の民衆が日本からの独立を求めておこした運動を、日本が弾圧した事件です。 パリ講和会議で民族自決の原則が唱えられたことに触発されて、1919年3月1日、孫秉煕(そんへいき)ら33人はソウルの一料理店に集ま ... » more

クラクフの「聖マリア大聖堂」の祭壇 ポーランド南部に位置する古都クラクフ(2013年10月7日のブログ・クラクフ参照)は、1320年から国王戴冠の場となり、1611年のワルシャワ(2016年4月18日のブログ・ワルシャワ参照)遷都まで都として栄えました。ポーランド最古の大学が ... » more

ゴーハム洞窟群 ゴーハム洞窟群は、ヨーロッパとアフリカを隔てるイベリア半島のイギリス領であるジブラルタル(2013年11月18日のブログ・ジブラルタル参照)にあります。ロック・オブ・ジブラルタルの東側に、200余りの洞窟があり、中でもゴーハム、ヴァンカード ... » more

アメリカ陸軍中将のジョージ=パットン ジョージ=パットンは、二度の大戦で勇名をはせたアメリカ陸軍将軍(中将)です。数々の功績の反面、舌禍事件など不祥事も多いことでも知られています。 合衆国陸軍設立当初から伝統ある軍人(パットン家)一家の息子として、1885年に生まれました。祖父 ... » more

シャガール シャガールは、20世紀のロシア(現ベラルーシ)出身のフランスの画家です。 ロシアの寒村ヴィテブスクのユダヤ人ゲットー(特別居住区域)で生まれました。シャガール自身もユダヤ系(東欧系ユダヤ人)だそうです。1910年にパリに出て以来、おもにフ ... » more

ルター聖書 ルター聖書は、マルティン=ルターによるヘブライ語および古典ギリシア語からの旧約聖書と新約聖書のドイツ語訳です。 ヴィッテンベルク大学神学教授のルターは1517年秋、「九十五カ条の論題」で贖宥状に反対し、聖書主義を主張し、教皇権の権威を否定し ... » more

チェーホフ チェーホフはロマノフ朝(1613〜1917)j末期の、19〜20世紀初めのロシアの作家です。短編小説の名手、近代劇の確立者と言われています。 19世紀末の出口のないロシア社会のさまざまな暗い面をリアルに描き、同時につねに、温かな目で未来を見 ... » more

ニュルンベルク(国際軍事)裁判 ニュルンベルク裁判は第二次世界大戦におけるドイツの重大戦争犯罪人を裁くため、1945年8月8日のロンドン協定および付属の国際軍事裁判協定に基づいて、45年11月20日から46年10月1日までドイツのバイエルン州北部の都市ニュルンベルクで開廷 ... » more

マラソンの起源 前450年9月、アテネの名将ミルティアデスはマラトンの平原に上陸したアケメネス朝ペルシアの大軍を撃退しました(マラトンの戦い)。勝利という知らせをアテネに伝えるためにフィディピデスという兵士が伝令に選ばれました。彼はマラトンから約40km離 ... » more

ミッテラン ミッテランはフランスの政治家・大統領(在任1981〜95)です。 第二次世界大戦中に対独レジスタンス運動に参加し、地下運動を始め、ロンドンに逃亡しました。1944年にはド=ゴールの臨時政府に参加しました。 1946年、国民議会議員となり、植 ... » more

花織ちゃぶ世界史をヒントにして
「一人かりん」について世界史ヒントに考えるおもしろい名前アメンホッテプ3世カペー朝煬帝董仲舒朱全忠でできた名前ペロロ パルマン 2号キンカン殿下 ... » more

イザーク((フランドル、1450−1517)は、ジョスカン・デ・プレと並び立つ実力派でである。シャンソンなどのほかに宗教音楽でも「使徒のミサ」や重厚なモテトゥスで聞くものを圧倒する。厚みと深みのあるこれらの音楽は、壮大な宇宙空間に共鳴 ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

アムステルダム オランダ・ホラント州のアムステルダムは商業と観光の盛んなオランダ最大の都市です。地名は「アムステル川のダム」の意味だそうです。憲法で規定されたオランダの首都ですが、国会、中央官庁、王宮、各国の大使館などは、デン・ハーグにあります。 元々は ... » more

イザーク「私は安楽に暮らせない」「インスブルックよ、さらば」(シャンソン) イザーク((フランドル、1450−1517)は、デ・プレと並び立つ大家である。 「インスブルックよ、さらば」は、インスブルック冬季五輪の閉会式で歌わ ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

ジョスカン・デ・プレ(フランドル、1440−1521)のシャンソン「千々の悲しみmille regrets」は、「天正の少年使節」が秀吉の前で演奏したとされる曲。 当時スペインなどで流行、神聖ローマ帝国の皇帝カール5世が大変好き ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

ジョスカン・デ・プレ「オケゲムの死を悼む晩歌」 「アヴェ・マリア」 ジョスカン・デ・プレ(フランドル、1440−1521)は、ルネッサンス音楽の最盛期の大作曲家の一人。 彼の作品のなかで、とくに美しいといわれる作品。オ ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

「レクイエム」 オケゲム(Johannes Ockeghemフランドル1410頃-1497)のレクイエムは、史上最古のポリフォニー・レクイエムといわれるものである。 中世のあいだは死者のためのミサは、グレゴリオ聖歌によって演 ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

イムヌス(賛歌)「Conditor alme siderum(造り主なる主)」 この曲は、グレゴリオ聖歌「Conditor alme siderum(造り主なる主)」を、デュファイ(フランドル1400-1474)が、3声のポリフォニ ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

デュファイ(フランドル1400-1474)のシャンソンのなかでは、「もしも私の顔が青いなら」が、同名の彼の代表作のミサにその旋律が使われていることで有名であるが、数あるシャンソンのなかで一際印象的な旋律が、「ああ,わが悲しみ(Hela ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

ダンスタブル モテトゥス「聖霊よ、来たりたまえVeni Sancte Spiritus/創り主なる聖霊よ、来たりたまえVeni creator Spritus」ジョン・ダンスタブル(英1390-1453)は、中世末期イギリスの最 ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

ギヨーム・ド・マショー(仏1300-1377)は、ポリフォニーの本格的なミサ曲を最初に作曲した人である。 一人の作曲家がミサの通常文をすべて作曲する「通作ミサ」の最古のものがマショーの「ノートルダム・ミサ」である。古楽の黎明期である ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

スペイン・バルセロナ郊外のモンセラート山の黒い聖母像で知られるモンセラート修道院に伝承される14世紀の朱い写本(1399製作)には、巡礼者たちによって歌い踊られた10曲の歌が残されている。 民謡や賛歌などで、単旋律、2声、4声 ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

まだ多声音楽の中心がフランスにあった13世紀ころに、作者不詳の「夏は来たりぬ」など6声で輪唱による世俗歌がイギリスに存在していた。 音楽史上奇跡に近いといわれている。 民謡風の素朴なリズムが多声で躍動する。この頃の数々のマ ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

 

最終更新日: 2017/06/25 03:48

「世界史」のブログ関連商品

» 「世界史」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る