誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    恋愛小説

恋愛小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 小説
テーマ「恋愛小説」のブログを一覧表示!「恋愛小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「恋愛小説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「恋愛小説」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

個人事務所であるワンルームマンションの小さな玄関先に行くとかすかに薔薇の香りがした。広告デザイン会社から独立して立ち上げた個人事務所。景気がよかった時代は「ご指名」で仕事が入り、打ち合わせや撮影の立ち会いなど、日中は忙し ... » more

「いつかパラソルの下で」を読む 「いつかパラソルの下で」森絵都著角川文庫を読みました。森絵都さん、やっぱりエロ小説家になってしまいましたか。。。でも良かったですよ。何が良かったかはよくわからないけど熟練した感じが。。 ... » more

5年間付き合った彼女と別れた。「長年連れ添った夫婦は『空気』のような存在」という台詞はよく耳にする言葉だ。あって当然。意識しなければ気にもかけない。結婚するには情熱が必要だと思う。その熱がすでに消えていた。新しいとき ... » more

良太の部屋「肩ごしの恋人」を読む
「肩ごしの恋人」を読む 「肩ごしの恋人」唯川恵著集英社文庫直木賞受賞作を読みました。またリョウという人が出てくる小説を見つけました。リョウはホモの設定なんだけど悪くは書いてない。私はホモじゃないのだけど。「OL10年やりました」を書 ... » more

「OL10年やりました」を読む 「OL10年やりました」唯川恵著大和書房を読みました。18年くらい前に買った本です。今日本棚の整理をしてたら出てきました。面白かったです。私も20代の頃は働いていたので気持ちがつたわってきました。秩父にブック ... » more

「myshortlovestory「黒い道」」についていかがだったでしょうか。自分の初めての作品です。 ... » more
テーマ 恋愛小説

my short love story 「黒い道」 暗い、まがりくねった夜道を私たちは歩いていた。 降り出したばかりの雨が煙るように二人の周りににまとわりついていた。 闇はとても深く、黒々として・・明かりの少ない濡れたアスファルトの細い道もまた、黒々とまがりくねって、さらに向 ... » more

ヨミマクリブログ宮本輝漬け
宮本輝漬け 青が散る、ドナウの旅人に続き、海岸列車を読んでみたこれまでとまた一風変わった作風だが、登場人物がビジネスマンなのでなんとなく読みやすい今回気にいったフレーズは「会長は、ときどき、とても暗くて元気のない顔をなさってるときがあり ... » more
テーマ 恋愛小説 3つ星本  コメント(2)

ヨミマクリブログドナウの旅人 下巻
ドナウの旅人 下巻 まさかのサスペンス?的展開男女4人が半年間も旅を続けるという設定のせいかもしれないが、登場人物の内面を徹底的に見つめなおしている作品これを読んでると、人の性格、考えがよくわかる気がしてくるたぶん作者はかなり人間観察好きとみた ... » more
テーマ 恋愛小説 紀行小説 4つ星本

ヨミマクリブログドナウの旅人
ドナウの旅人 青が散るで最高潮に甘酸っぱくなったので、続けて宮本輝作品に手を出したまさに怒涛の小説月間今度の夏休みはヨーロッパ旅行を企画していることもあり、次に読んでみたのは「ドナウの旅人」今度のはさすがに舞台がヨーロッパということもあっ ... » more
テーマ 恋愛小説 紀行小説 4つ星本

百年恋人 著者:新堂冬樹出版年2007年4月出版社:双葉社病気がちな愛子はある日ひとりの少年と出会う。少年の名は若林透。透は明治時代から続く名門家系の長男だった。周囲の反対・妨害を乗り越え、二人の愛の行方は ... » more

瑠璃の海 著者:小池真理子出版年:2003年10月出版社:集英社晩秋の夜、高速バスが炎上。この事故で夫を失った園田萌と、娘を亡くした作家・石渡遊作が出会ったのは、二か月後の遺族会がはじめてだった。喪失の同じ痛み ... » more

恋する男たち 著者:篠田節子・小池真理子・唯川恵・松尾由美・湯本香樹実・森まゆみ出版社:朝日新聞社出版年:1999年2月6人の女性作家たちが競作する、様々な恋のかたち。変わった恋、懐かしい恋、恐ろしい恋、愚かな恋…最近、恋 ... » more

シュガー&スパイス 著者:野中柊出版年:2009年10月出版社:角川書店ケーキがなによりも大好き!洋菓子店パティスリー・ルージュに職を得た晴香、21歳。天才パティシエ・柳原雅也のもとで、見習い仲間・近藤くんと共に修業に励む日々。 ... » more

ため息の数だけ… Natumi&Kousuke 著者:久石ケイ(くいしけい)出版年:2009年6月出版社:アルファポリスばりばりの営業ウーマン・奈津美は目下10歳年下の新入社員三谷の教育中。ある日営業先で大雪に見舞われ、会社に戻れなくなったふたりは仕方なく ... » more

レインツリーの国 著者:有川浩出版年:2006年9月出版社:新潮社「図書館シリーズ」第2弾の『図書館内乱』の中で、『レインツリーの国』という書籍が登場するが、本書はその実物、という仕組みになっています{%わくわく(チカチカ)h ... » more

燃ゆる樹影 著者:藤田宜永出版年:2009年8月出版社:角川書店傷病をかかえた樹木を診断し治療する樹木医の沢村と画廊喫茶を営む美枝子。静かな生活は、運命の再会で破られる―。八ヶ岳の麓の集落にあるアカマツの初診を終えた ... » more

ヨミマクリブログ不倫
最近英語の勉強ばかりで全然本を読んでなかった何か読もうと軽い気持ちで大田区図書館ホームページを検索累積でもっとも借りられている小説ということで東野圭吾の「夜明けの街で」を選択何も前知識なしで読んでみたら、出だしからガッツリ不 ... » more

月の砂丘にふたり 著者:山口なお美出版年:2008年9月出版社:アルファポリスそれは、毎晩のように見る、月の砂丘の夢―。ウサギが誰にも食べてもらえない餅をただひたすら搗いている、月の砂丘。彼方の空に、ぽっかり浮かぶ、青い地球。 ... » more
テーマ 恋愛小説

月とシャンパン 著者:有吉玉青出版年:2006年4月出版社:光文社終わった恋。秘めたせつなさ。昔の男。日常にひそむ危うい感情を鮮やかに描き出す、優しくてちょっと怖い大人の恋愛短編集。 と、本の説明に載っていたので ... » more
テーマ 恋愛小説

キャベツの新生活 著者:有吉玉青出版年:2005年10月出版社:講談社出張から帰ってみると、思い出がたくさんつまった自分の部屋がきれいさっぱり消えていた。そんな衝撃的な経験をした青年は、戸惑いながらも、0からの新しい生活をスタート ... » more
テーマ 恋愛小説

日曜日の女たち 著者:真野朋子出版年:2009年2月出版社:幻冬舎文庫毎月第三日曜日に開催される「日曜倶楽部」。メンバーは二十六歳から三十八歳までの五人の女たちで、その全員が不倫中の独身。飲んで食べて本音を語る、訳ありの恋愛 ... » more
テーマ 恋愛小説

Around40 〜注文の多いオンナたち〜 著者:橋部敦子出版年:2008年6月出版社:角川書店39歳独身、精神科医の女医・聡子。39歳既婚、中学2年生の息子を持つ・瑞恵。35歳独身、副編集長・奈央。アラフォーたちの恋愛・結婚・仕事・・・幸 ... » more
テーマ 恋愛小説

ナナイロノコイ 恋愛小説 著者:江国香織・角田光代・井上荒野・谷村志穂・藤野千代・ミーヨン・唯川恵出版年:2003年9月出版社:角川春樹事務所 危うい関係を謳歌していた女性の悲しさを砂糖菓子にたとえた「ドラジェ」(江國香織)、学生時代の女 ... » more
テーマ 恋愛小説

ラブコメ今昔 著者:有川浩出版年:2008年7月出版社:角川書店突っ走り系広報自衛官の女子が鬼の上官に情報開示を迫るのは、「奥様のナレソメ」。双方一歩もひかない攻防戦の行方は?(『ラブコメ今昔』)。出張中新幹線の中で釣 ... » more
テーマ 恋愛小説

クジラの彼 著者:有川浩(ありかわひろ)出版年:2007年2月出版社:角川書店表題作『クジラの彼』は、「沈む」んじゃなくて「潜る」。潜水艦とクジラと同じだから。人数あわせのために合コンに呼ばれた聡子。そこで出会った冬原は ... » more
テーマ 恋愛小説

そろそろ最後の恋がしたい ももさくら日記 著者:唯川恵(画:桜沢エリカ)出版年:2009年3月出版社:角川春樹事務所主人公・桃子、28歳、女性ファッション誌の編集者。彼氏ナシ。桜…桃子が28歳の誕生日に買った金魚。桃子は、むちゃくちゃ忙しいが、充 ... » more
テーマ 恋愛小説

恋愛小説 著者:川上弘美、小池真理子、篠田節子、及南アサ、よしもとばなな出版年:2005年1月出版社:新潮社恋を読む。恋に酔う。甘くせつない痛みが胸に広がる、ひそやかな時間5人の著者の恋愛小説が、この一冊で読めます ... » more
テーマ 恋愛小説

気がつけば彼を見ている 著者:内田春菊出版年:2006年4月出版社:中央公論新社初めて唇が触れた日のこと、憶えてる?恋はどこからやってくる?どの瞬間から恋になる?女性の視点で性について書かれた短編小説集です。それほど、ど ... » more
テーマ 恋愛小説

<ラブストーリー>究極の恋愛小説。エロなんかじゃない、純愛ですよこれ。眠れなくなる本。 「チャタレイ夫人の恋人」。昭和25年にこの有名な古典文学は猥褻だとして裁判を受け、発禁本となりました。のち昭和48年再び出版され、以来ロングセラーを続けています。昭和35年ごろイギリスやアメリカでも同じように裁判が行われましたが、ぞの度に無 ... » more

 

最終更新日: 2017/08/16 16:43

「恋愛小説」のブログ関連商品

» 「恋愛小説」のブログレビュー をもっと探す

「恋愛小説」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る