誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    恋愛小説

恋愛小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 小説
テーマ「恋愛小説」のブログを一覧表示!「恋愛小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「恋愛小説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「恋愛小説」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

学生時代からの僕の数少ない楽しみと言えば、写真を撮ることだった。幼い頃、父はよく僕や母の写真を撮ってくれた。その楽しい思い出が僕に写真を撮らせるようになったと言ってもいい。事実、僕は父の形見のカメラで母を撮り続けたし、今でもそのカメラを大切 ... » more

僕は、岸本さんが戦争孤児だと聞いて、初めて過去の戦争について本気で調べてみようと思った。「日本が戦争をしたのは、日本軍の傲慢、日本の帝国主義による過ちだ」という人がいるが、それは本当なのだろうか、という疑問を僕は持った。そして、その疑問を解 ... » more

岸本さんの集中治療をしている間も、僕は時間を見つけては、美容部門を開設する場所を決めるために、スタッフたちがピックアップして来た物件を見て歩いた。富裕層の若い女性を中心に中年女性をも集めるような場所、しかも、強力なライバルになりそうな美容外 ... » more

重慶に戻ると、僕は早速、朴美姫のオフィスを訪ねた。韓国人皮膚科医であり美容皮膚科にも詳しい彼女にも今回のプロジェクトに加わってもらうのは当然だと考えた僕は、前もって院長の許可を取りつけ、調査に関しても彼女の意見も聞いていたのだ。「平オッ ... » more

重慶に来て九か月が過ぎ、いよいよ日本特需診療部の診療が始まった。僕は日系人診療部長として小児科だけではなく、内科も含めた日系人を対象にしたプライマリー・ケア医としても従事することになった。これは研修医時代から学んできた分野でもあったから、特 ... » more

しかし、僕にはそのことを考え続ける余裕はなかった。北京にある本部から、重慶でも上海のように外来に日系人診療部を作れという指示が来たのだ。周院長は、さっそく僕を日系人診療部長の兼務を引き受けるようにと言ってきた。日本人医師は僕しかいないわけだ ... » more

月曜日の朝が来た。病院に出かけると、クロードとベンジャミンがにやにやしながら話しかけてきた。そう、アーシャーとのことを探りに来たのだ。「康一!おはよう。あれから、上手くいったかい?」意味あり気に眼を丸くしながら、クロードが尋ねた。「 ... » more

僕は、好望山に移り住んだ。そして、彼女に出遭ったことで僕たちの物語が始まった。だが、まずは僕が重慶に来るまでのいきさつを話しておかなくてはならないだろう。僕は、横浜で生まれた。幼い頃、父が交通事故で亡くなり、母の手だけで育った。父にも母 ... » more

「1973年のピンボール」を読む 「1973年のピンボール」村上春樹著講談社文庫を読みました。物事は必ず入り口があって出口がなくてはならない。。 ... » more

「エロチック妄想恋愛小説:「甘い生活」--------久しぶりの短編エロ小説です(笑)」についてめっちゃめちゃ幸せやんこいつぅーーーーーーーーーーーーーー ... » more

「グレート・ギャツビー」を読む 「グレート・ギャツビー」スコット・フィッツジェラルド著村上春樹訳中央公論新社を読みました。村上春樹さんの一番お気に入りの小説のようです。私は嘘ばかりついてる人にとりつかれてひどい目にあったことがあるのでギャツビーみた ... » more

良太の部屋「風の歌を聴け」を読む
「風の歌を聴け」を読む 「風の歌を聴け」村上春樹著講談社文庫を読みました。村上春樹さんのデビュー作。おもしろいですね。1989年の発行の昔買ったものを読んだのだけど230円ですよ。安いですね。今は本もすごく高くなった気がします。ガソリン ... » more

「限りなく透明に近いブルー」を読む 「限りなく透明に近いブルー」村上龍著講談社文庫を読みました。エロ小説じゃないと芥川賞はとれないのか??芥川賞とはなんなのか考えさせられる一冊。私にはよく理解できません。。。 ... » more

「ヘブンリーブルー」を読む 「ヘブンリーブルー」村山由佳著集英社文庫を読みました。「天使の卵」と「天使の梯子」の続編天使の卵で主人公に裏切られた夏姫の視点から書かれています。 ... » more

良太の部屋「天使の梯子」を読む
「天使の梯子」を読む 「天使の梯子」村山由佳著集英社文庫を読みました。天使の卵の続編、10年後かな。 ... » more

良太の部屋「砂漠」を読む
「砂漠」を読む 「砂漠」伊坂幸太朗著実業之日本社を読みました。大学時代を扱った小説です。伊坂幸太朗さんは文章のセンスがいいなーと思います。すごく面白いです。私より年下なんですね。すでにいっぱい本を書いて伊坂ワールドを確立しててす ... » more

ヨミマクリブログ初恋温泉
海外旅行暇つぶし本第2段。一時期ハマりにハマった吉田修一。帯のキャッチは「こんなにも誰かを好きになれるなんて」読んでみたらなんと短編小説だった。温泉旅行の男女の話が5つ。吉田修一っぽく、ふかーく考えさせられる ... » more
テーマ 恋愛小説 3つ星本 短編小説

良太の部屋「放課後の音符」を読む
「放課後の音符」を読む 「放課後の音符」山田詠美著新潮文庫を読みました。女子高生ものの短編集です。何ヶ月かかけてちょっとづつ1話1話読んだので内容はよく覚えていません。でも山田詠美さんにしてはそれほどエロエロではなく純な感じで良かったで ... » more

ヨミマクリブログずぶずぶの恋愛小説
先日札幌に旅行に行ったので、札幌を舞台にした本を一冊。完全に直感で選んだので、そもそも恋愛小説だということすら知らなかった。もともとあまりにも恋愛依存な人は苦手なのだが、本小説の登場人物の9割はそんな人々。最初はなかなか ... » more
テーマ 恋愛小説 4つ星本

良太の部屋「肩ごしの恋人」を読む
「肩ごしの恋人」を読む 「肩ごしの恋人」唯川恵著集英社文庫を読みました。こないだ読んで面白かったのでまた読んでみました。この本を信じると不倫はみんなやっているらしい。リョウというゲイが出てきたんだけど2000年頃からやたら悪者でリョウが ... » more

今回の短編は2009年5月5日に某SNSで知人の女性に代理公開してもらい、猥褻な表現でたくさんの男性読者からコメントが寄せられた人気作品です。実験的な代理公開でしたので、現時点では、そのSNSでは削除されています。ここで、ほぼ原文のまま再公 ... » more

良太の部屋「天使の卵」を読む
「天使の卵」を読む 「天使の卵」村山由佳集英社文庫を読みました。何度か読んだのですが文章をほとんど忘れていました。最近、本をくり返し読まないと身につかないということを学びました。どこで学んだかというとエホバの証人の訪問を受けてキリス ... » more

今回の短編小説は、いわゆるエロ小説です。以前、やはり知人の日記で実験的に公開してもらい、複数の男性読者の反響があった作品です。何度か文章を推敲し、台詞なども改定してネット最終版として公開します。女性目線で書いたつもりですが、オジさん好みの猥 ... » more

今回は短編小説です。1-2年前に知人の日記の一部として某SNSで実験的に公開してもらったものを推敲し直して、ここで改めて公開します。以前のものよりは文章の間違いが少なくなっていると思います。ごくマイルドで、エロ小説というほどでもないと思いま ... » more

恋愛掌編小説。舞台は札幌、夏の夜。窓ガラスに激しく打ちつける雨の向こうに煌いている、札幌の夜景。「……これはこれで、楽しいよね。雨の日にわざわざ展望室に上ろうなんて、普通だったら思わないから」まるで自分に言い ... » more

良太の部屋「肩ごしの恋人」を読む
「肩ごしの恋人」を読む 「肩ごしの恋人」唯川恵著集英社文庫を読みました。直木賞受賞作です。エロ小説じゃないと直木賞はとれないのか?永遠の疑問です。道徳的に見てどうかと思うのだけど、みんなやることはやっている。リョウが出てきました。ゲ ... » more

良太の部屋「夜明けの街で」を読む
「夜明けの街で」を読む 「夜明けの街で」東野圭吾著角川文庫を読みました。東野圭吾さんの本ははずれがないですね。面白かったです。不倫がテーマの小説でした。 ... » more

通勤電車のまどろみの中で、隣に座っていた恰幅のよい男性が席を立つのが感じられた。少し余裕のできた座席に先ほどまでとは違う柔らかな重みがかかる。女の人でよかった…閉じた瞼の奥で思いながら、窮屈だった身体を少し緩めてみた。次 ... » more

制服姿以外の彼女を見るのは初めてだった。ふだんはきちんとまとめ上げられた髪が、いまはスラリと肩口までおろされ、化粧っ気のない幼顔の目元はしっかりとアイラインでくくられている。それでも人気の若手女優をお手本にしたようなナチュラ ... » more

雀のラブレター3〜涙、どうしたらいいのだろう 昨夜から、涙が後から後からあふれて止まらないのだ。二人の人を同時に好きになった上、心も身体も結ばれたいと望むならやはり私は賎しい者でしかないのだろうか。最も愛する人に見ないフリしてきた事を指摘されたことが心に ... » more
テーマ 恋愛小説 短編

 

最終更新日: 2016/12/07 16:18

「恋愛小説」のブログ関連商品

» 「恋愛小説」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る