誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    恋愛小説

恋愛小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 小説
テーマ「恋愛小説」のブログを一覧表示!「恋愛小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「恋愛小説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「恋愛小説」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」を読む 「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」村上春樹著新潮文庫を読みました。同時進行する二つの物語。「世界の終わり」という物語と「ハードボイルド・ワンダーランド」という物語。二つの物語には関係性がある。村 ... » more

「スプートニクの恋人」を読む 「スプートニクの恋人」村上春樹著講談社を読みました。主人公のガールフレンドのすみれ。主人公とすみれは親密な関係ではなかった。すみれはレズビアンだったのだ。すみれは小説家志望でそれを目指していたが、ある日ミュウとい ... » more

「国境の南、太陽の西」を読む 「国境の南、太陽の西」村上春樹著講談社文庫を読みました。はじめ君と島本さんは幼なじみで仲良くしていた。しかしはじめ君は島本さんとちがう中学に通い思春期もあってか12歳から会うこともなくなった。はじめ君が引っ越した ... » more

「ダンス・ダンス・ダンス」を読む 「ダンス・ダンス・ダンス」上下村上春樹著講談社文庫を読みました。「羊をめぐる冒険」の続編。この本に出てきていなくなってしまった耳の印象的な女の子キキを探す物語。前は大まかにわかればいいと、さらさら〜と読んでいましたが ... » more

良太の部屋「ノルウェイの森」を読む
「ノルウェイの森」を読む 「ノルウェイの森」上下村上春樹著講談社文庫を読みました。好き嫌いの分かれる作品ですね。純情な人にはアレですが、みんなこのようなことをしてると思います。私はしてないけど。。 ... » more

良太の部屋「羊をめぐる冒険」を読む
「羊をめぐる冒険」を読む 「羊をめぐる冒険」上下村上春樹著講談社文庫を読みました。「風の歌を聴け」と「1973年のピンボール」と「羊をめぐる冒険」は村上春樹さんの青春三部作といわれています。これから「ダンス・ダンス・ダンス」につながってい ... » more

「1973年のピンボール」を読む 「1973年のピンボール」村上春樹著講談社文庫を読みました。 ... » more

良太の部屋「風の歌を聴け」を読む
「風の歌を聴け」を読む 「風の歌を聴け」村上春樹著講談社文庫を読みました。 ... » more

良太の部屋「友情」を読む
「友情」を読む 「友情」武者小路実篤著新潮文庫を読みました。中学時代に読書感想文を書いたことがあります。今、読んでもおもしろいですね。しかし、恋愛で挫折するとつらいですね。失恋はつらい。。 ... » more
テーマ 恋愛小説

良太の部屋「野菊の墓」を読む
「野菊の墓」を読む 「野菊の墓」伊藤左千夫著新潮文庫を読みました。短編集で「野菊の墓」だけ読みました。せつないですね。初恋してた頃を思い出しました。 ... » more
テーマ 恋愛小説

2009年5月21日に初公開し、公開したサイトではすでに削除されているSM風小説の練習作をここで再公開します。わいせつな表現が多用されていますから、回避したい方は閲覧しないでください。------------------------ ... » more

「ビブリア古書堂の事件手帖」を読む 「ビブリア古書堂の事件手帖〜栞子さんと奇妙な客人たち〜」三上延著メディアワークス文庫を読みました。ひょんなことから怪我をした美人店長の代わりに古本屋の店員になったプー太郎だった主人公。主人公は日ごとに入院している美人 ... » more

「ダブル・ファンタジー」を読む 「ダブル・ファンタジー」上下村山由佳著文春文庫を読みました。柴田錬三郎賞、中央公論文芸賞、島清恋愛文学賞、三冠受賞やはりエロ小説じゃないと賞はとれないのか。。清純派女流作家と思われていた人がひさしぶりに読んだらエ ... » more

女性はロマンチックな話が好きだとよく言われますが、男性も女性と同じかそれ以上にロマンチックな話に憧れる人は少なくないようです。今回は、猥褻な小説ではなく、某サイトで知人女性に代理で公開してもらって多くの男性読者から「こんな出会いをしてみたい ... » more
テーマ 携帯短編小説 恋愛小説

今回は重慶のお話です。学生街の近くによくあるお店を舞台にしたエロ小説の練習作品です。最初は中国語(普通話)で書いたのですが、日本語だけにしました。猥褻な文章を避けたい人は閲覧しないでください。この程度でも、中国の若者には刺激が強すぎるみたい ... » more
テーマ 恋愛小説 携帯エロ小説 短編エロ小説

暇なので恋愛小説を書きたいと思いますww文才はまったくっと言っていいほどないですが精一杯がんばりさせていただきますwwwタイトル『君と・・・。』主人公仲谷恋(なかたにれん) ... » more
テーマ 恋愛小説

良太の部屋「共喰い」を読む
「共喰い」を読む 「共喰い」田中慎弥著集英社芥川賞受賞作を読みました。話題の田中慎弥さんの芥川賞受賞作。今日、本屋で見つけて単行本で千円と結構安かったので買ってきて読みました。うーん、そうかぁ、やはりエロ小説じゃないと芥川賞はとれ ... » more

先日は、このブログへのアクセスログを見て思い立ったことをつぶやきとして書きましたが、もう一つ気になることがあったので、それを解消すべくこの記事を公開することにしました。前にも書きましたが、このブログに携帯やスマホでアクセスしてくれる人が増え ... » more
テーマ 携帯恋愛小説 恋愛小説 長編携帯小説

ヨミマクリブログノルウェイの森完
上巻に続いて下巻もあっという間に読破。めっちゃおもしろいねコレ。1Q84より好き。あれだけ「村上春樹作品は自分には合わない」と公言しておきながらちょっと恥ずかしいけどおもしろいもんはおもしろい。大袈裟な言い方をすると、読 ... » more
テーマ 5つ星本 恋愛小説

良太の部屋「羊をめぐる冒険」を読む
「羊をめぐる冒険」を読む 「羊をめぐる冒険」上下村上春樹著講談社文庫漠然とすごい作品だなぁと思います。 ... » more

これまでいくつかの作品を読むも、どうしても慣れずに避け続けてきた村上春樹作品。「1Q84」はおもしろかったけど、改めて読みなおした「風の歌を聴け」や「羊をめぐる冒険」はどうしても肌に合わなかったけれど、再度挑戦。映画化とかされちゃっ ... » more
テーマ 恋愛小説 4つ星本  トラックバック(3)

だが、僕は張欣云に交際を申し込むことは出来なかった。僕は自分が彼女を本気で愛していると明確に自覚するようになったにもかかわらず、彼女に告白し、申し込むことが出来なかったのだ。医師と患者家族の関係であるという自分の立場を気にしたからだと自分で ... » more

学生時代からの僕の数少ない楽しみと言えば、写真を撮ることだった。幼い頃、父はよく僕や母の写真を撮ってくれた。その楽しい思い出が僕に写真を撮らせるようになったと言ってもいい。事実、僕は父の形見のカメラで母を撮り続けたし、今でもそのカメラを大切 ... » more

僕は、岸本さんが戦争孤児だと聞いて、初めて過去の戦争について本気で調べてみようと思った。「日本が戦争をしたのは、日本軍の傲慢、日本の帝国主義による過ちだ」という人がいるが、それは本当なのだろうか、という疑問を僕は持った。そして、その疑問を解 ... » more

岸本さんの集中治療をしている間も、僕は時間を見つけては、美容部門を開設する場所を決めるために、スタッフたちがピックアップして来た物件を見て歩いた。富裕層の若い女性を中心に中年女性をも集めるような場所、しかも、強力なライバルになりそうな美容外 ... » more

重慶に戻ると、僕は早速、朴美姫のオフィスを訪ねた。韓国人皮膚科医であり美容皮膚科にも詳しい彼女にも今回のプロジェクトに加わってもらうのは当然だと考えた僕は、前もって院長の許可を取りつけ、調査に関しても彼女の意見も聞いていたのだ。「平オッ ... » more

重慶に来て九か月が過ぎ、いよいよ日本特需診療部の診療が始まった。僕は日系人診療部長として小児科だけではなく、内科も含めた日系人を対象にしたプライマリー・ケア医としても従事することになった。これは研修医時代から学んできた分野でもあったから、特 ... » more

しかし、僕にはそのことを考え続ける余裕はなかった。北京にある本部から、重慶でも上海のように外来に日系人診療部を作れという指示が来たのだ。周院長は、さっそく僕を日系人診療部長の兼務を引き受けるようにと言ってきた。日本人医師は僕しかいないわけだ ... » more

月曜日の朝が来た。病院に出かけると、クロードとベンジャミンがにやにやしながら話しかけてきた。そう、アーシャーとのことを探りに来たのだ。「康一!おはよう。あれから、上手くいったかい?」意味あり気に眼を丸くしながら、クロードが尋ねた。「 ... » more

僕は、好望山に移り住んだ。そして、彼女に出遭ったことで僕たちの物語が始まった。だが、まずは僕が重慶に来るまでのいきさつを話しておかなくてはならないだろう。僕は、横浜で生まれた。幼い頃、父が交通事故で亡くなり、母の手だけで育った。父にも母 ... » more

 

最終更新日: 2017/10/20 10:37

「恋愛小説」のブログ関連商品

» 「恋愛小説」のブログレビュー をもっと探す

「恋愛小説」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る