誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    恋愛小説

恋愛小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 小説
テーマ「恋愛小説」のブログを一覧表示!「恋愛小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「恋愛小説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「恋愛小説」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

『ねじまき片想い』 柚木麻子 ねじまき片想い (~おもちゃプランナー・宝子の冒険~)著者 : 柚木麻子東京創元社発売日 : 2014-08-11ブクログでレビューを見る»浅草にある老舗おもちゃメーカー「ローレライ」でプランナーとして働く宝子。仕事上では敏腕プ ... » more

ドーナツ ニコルの日常思索軌跡2
透き通った爽やかな夜風が空梅雨を想起させる6月初旬居酒屋の一室で4人の男女が酒を酌み交わしていた乾杯!それぞれの声がハーモニーのように響き合って部屋一面に広がった【いよいよ一週間後だな」感慨深げに通が話の口火を切った【唐 ... » more
テーマ 恋愛小説

ドーナツ ニコルの日常思索軌跡1
無造作に白い大理石のテーブルに投げ出された一通の高級和紙の封書をキッツとにらみつけた刹那両の手の指を硬直させてまるでひっ掻くように貌を覆うと「きゃー」と雄たけびのような大声を上げ大粒の涙を指の間から滴らせウェンウェンと泣き出 ... » more
テーマ 恋愛小説

ヨミマクリブログきいろいゾウ
きいろいゾウ 最近流行りの西加奈子作品向井理と宮崎あおいで映画化されてる前回読んだ「炎上する君」はあまりにも不思議すぎたが今回はまだ現実的とっても不思議ちゃんな奥さんと物静かな旦那さんの田舎暮らしのいい話全体的にいい話なんだけど、決定 ... » more
テーマ 恋愛小説 3つ星本

物書きブログ実は。
「やってだめならもっとやれ」という言葉通り、せっかく頂いたアドバイスだもの、活かして次こそ!と気持ちを新たにしているところです。実は「伯爵令嬢〜」がアルファポリスの規定である1500ポイントを超えたので、出版申請をしてみまし ... » more

ヨミマクリブログモンスター
百田尚樹の「モンスター」を読んだあの「永遠のゼロ」、「海賊とよばれた男」の作者今回はブスの話絶世のブスが整形して絶世の美女になる話あまりにもブスすぎて、バケモンとかモンスターとか呼ばれた女の子の人生勧めてくれた人 ... » more
テーマ 恋愛小説 4つ星本

物書きブログ新作アップ!!
ということで、先ほど新作(やってしまった)をアップしてまいりました!タイトルは「ハニーと吸血鬼(ヴァンパイア)」子爵令嬢ミエルと名門公爵で実は○○○で△△△なシルヴェストルの溺愛ラブストーリーです。ディーも漆黒も最初は不 ... » more

物書きブログこんにちは!
みなさん、こんばんは!柚木エレです!「小説家になろう」というか「ムーンライトノベルズ」で小説をぼちぼち書いております。この度執筆活動に関連する記事専用のブログを立ち上げることにしました。というのも、やはり作品を公開し ... » more

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」を読む 「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」村上春樹文藝春秋を読む今日出版の村上春樹の新刊。主人公は多崎つくる。つくるには男2人、女2人の4人の良い友達がいてグループ交際をしていたがある日、4人の友達の誰とも連絡 ... » more

良太の部屋「ケインとアベル」を読む
「ケインとアベル」を読む 「ケインとアベル」ジェフリーアーチャー新潮文庫を読むケインとヴワデク(アベル)という人の話が同時進行していきやがて交わります。同時進行する二つの物語って多いんですね。村上春樹さんが最初だと思ってた私は恥ずかしい限 ... » more
テーマ ミステリー 恋愛小説 ジェフリーアーチャー

良太の部屋「真夜中は別な顔」を読む
「真夜中は別な顔」を読む 「真夜中は別の顔」上下シドニィシェルダンアカデミー出版を読むシドニィシェルダンの物語は壮大なスケールですね。キャサリンとノエルという二人のヒロインの物語が同時進行していきます。ラリーという男性をめぐり物語は交差し ... » more
テーマ ミステリー 恋愛小説 シドニィシェルダン

「あの花」漫画1・2巻を読む 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」1巻2巻原作・超平和バスターズ漫画・泉光集英社を読むコミックです。感動しました。 ... » more

良太の部屋「時生」を読む
「時生」を読む 「時生」東野圭吾講談社文庫を読む時生は人の名前でトキオと読みます。主人公の息子、時生は現在病院で死の床にあります。そんな時、主人公は昔出会ったトキオのことを思い出していた。あれは自分の息子のトキオだったのか。。 ... » more

良太の部屋「逝年」を読む
「逝年」を読む 「逝年」石田衣良集英社文庫を読む「娼年」の続編。主人公はコールボーイのリョウ。リョウをこういう役につかわないで。。。石田衣良さんが凄いことはわかった。 ... » more

良太の部屋「娼年」を読む
「娼年」を読む 「娼年」石田衣良集英社文庫を読む主人公の名前がリョウだったので読んでみたらコールボーイの役でした。こんなのばっかり。。。 ... » more

ヨミマクリブログ不自由な心
何これ。超不自由。全部不倫の短篇集。人を好きになったり嫌いになったり、素直になれなかったり。妙にリアリティがあってホントに嫌になる。読んでる間ずっとブルー。不倫相手がみんな綺麗だったり可愛かったりするのでなん ... » more
テーマ 恋愛小説 3つ星本 短編小説

「珈琲店タレーランの事件簿」を読む ■2012年10月19日「珈琲店タレーランの事件簿また会えたなら、あなたの淹(い)れた珈琲を」岡崎琢磨宝島文庫を読む「ビブリア古書堂の事件手帖」系の本ですね。何故、コーヒー店の女性バリスタが探偵並の推理をっと ... » more

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」を読む 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」上下岡田麿里MF文庫・ダヴィンチを読む秩父を舞台にした「あの花」。名作となりましたね。秩父に聖地巡礼に来ている人も多いようです。2012年10月14日(日)は龍勢祭 ... » more

良太の部屋「はつ恋」を読む
「はつ恋」を読む 「はつ恋」ツルゲーネフ新潮社を読みました。なんだこれ。。。19世紀のロシアで書かれてものかな。私の初恋は話したくても話ができないっというものでした。眼が極端に悪かったのであいさつができず共学の高校でも女の子と ... » more
テーマ 恋愛小説 洋書

良太の部屋「1Q84」を読む
「1Q84」を読む 「1Q84」BOOK1BOOK2BOOK3村上春樹著新潮社を読みました。青豆はインストラクターをしていて裏で必殺仕事人みたいなことをしている。天吾は予備校の数学の講師をしながら小説家を目指している。2人は小学校の ... » more

さっそく!書き始めようと思います!!!したは人物紹介などです!!〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜題名は!!!「バカ神!?」です!!主人公近野彩花 ... » more
テーマ 恋愛小説

良太の部屋「海辺のカフカ」を読む
「海辺のカフカ」を読む 「海辺のカフカ」上下村上春樹著新潮社を読みました。同時進行する二つの物語。二つの物語は交差する。数々の意味のあるような無いような不思議な出来事。まだよく読み取れてないかも。。 ... » more

「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」を読む 「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」村上春樹著新潮文庫を読みました。同時進行する二つの物語。「世界の終わり」という物語と「ハードボイルド・ワンダーランド」という物語。二つの物語には関係性がある。村 ... » more

「スプートニクの恋人」を読む 「スプートニクの恋人」村上春樹著講談社を読みました。主人公のガールフレンドのすみれ。主人公とすみれは親密な関係ではなかった。すみれはレズビアンだったのだ。すみれは小説家志望でそれを目指していたが、ある日ミュウとい ... » more

「国境の南、太陽の西」を読む 「国境の南、太陽の西」村上春樹著講談社文庫を読みました。はじめ君と島本さんは幼なじみで仲良くしていた。しかしはじめ君は島本さんとちがう中学に通い思春期もあってか12歳から会うこともなくなった。はじめ君が引っ越した ... » more

「ダンス・ダンス・ダンス」を読む 「ダンス・ダンス・ダンス」上下村上春樹著講談社文庫を読みました。「羊をめぐる冒険」の続編。この本に出てきていなくなってしまった耳の印象的な女の子キキを探す物語。前は大まかにわかればいいと、さらさら〜と読んでいましたが ... » more

良太の部屋「ノルウェイの森」を読む
「ノルウェイの森」を読む 「ノルウェイの森」上下村上春樹著講談社文庫を読みました。好き嫌いの分かれる作品ですね。純情な人にはアレですが、みんなこのようなことをしてると思います。私はしてないけど。。 ... » more

良太の部屋「羊をめぐる冒険」を読む
「羊をめぐる冒険」を読む 「羊をめぐる冒険」上下村上春樹著講談社文庫を読みました。「風の歌を聴け」と「1973年のピンボール」と「羊をめぐる冒険」は村上春樹さんの青春三部作といわれています。これから「ダンス・ダンス・ダンス」につながってい ... » more

「1973年のピンボール」を読む 「1973年のピンボール」村上春樹著講談社文庫を読みました。 ... » more

良太の部屋「風の歌を聴け」を読む
「風の歌を聴け」を読む 「風の歌を聴け」村上春樹著講談社文庫を読みました。 ... » more

 

最終更新日: 2017/03/23 10:45

「恋愛小説」のブログ関連商品

» 「恋愛小説」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る