誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    アンプ

アンプ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「アンプ」のブログを一覧表示!「アンプ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「アンプ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「アンプ」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

 ラムダ音楽日記パイオニア VSA-1123
「特選街」で、パイオニアのAVアンプVSA-1123を紹介した記事を読みました。VSA-1123は、約75000円という普及価格帯の製品です。それでいて、AirPlay、インターネットラジオ、DSD再生、ハイレゾ音源の再生というように、 ... » more

ソーラー用アンプ ソーラバッテリーを某所で再度聞き比べてみましたが、やはり結構従来のトランス電源とは大分違う様です。すっきりとしてキレの良い音は好みなので、できれば雪まるださんの様にフルソーラシステムを目指してみたいと思います。そこで次に考え ... » more

アンプ買ってしまったw 今日、アンプを買った。マーシャルの40ワットコンボ市内の中古屋に最近入荷していたのを1週間ほど前から知っていた。ネットで値段を調べたら、68000円ぐらい。で、中古屋では・・・59800円。一応、新品買う ... » more
テーマ アンプ  コメント(6)

MACTONE vs SATRI 試聴会 昨日真空管アンプで有名なMACTONE本社でSATRIアンプと対決?試聴会があったので行ってきました。今回の試聴会は対抗10番勝負ということで、オーディオ評論家の村井氏の司会で行われている一連の会です。そして今回が5回目となりま ... » more
テーマ 試聴記 アンプ スピーカー

Nob's WorkshopLM3886 3パラBTL(3)
LM3886 3パラBTL(3) なんたって中華ですから、ちゃんとまともに音がでるのかちょっと心配。早々手配していたトランスがRSから届いたので早速通電してみました。スピーカーを繋ぐ前に、どれくらいオフセットが出ているか調べてみましたが、電源入れて1分ほどで ... » more

Nob's WorkshopLM3886 3パラBTL(2)
LM3886 3パラBTL(2) 金田式の逆相を試そうと思っていた矢先ですが、ヤフオクでLM3886基板にピッタリのジャンク品ヒートシンクを発見!ポチったヒートシンクが到着したので、取り付けることにしました。基板の図面も何もありませんから、寸法取りからです。パラにな ... » more
テーマ アンプ

Acoustic MFBの実験(その1) スピーカの性能改善でMFB(モーショナルフィードバック)という手が昔からありますが、ユニットが特殊になってしまう点あまり普及していません。そこで今回通常のユニットを改造なしで使えるアコースティックMFBの実験をしてみました。 ... » more

Nob's WorkshopLM3886 3パラBTL
LM3886 3パラBTL 以前よりeBayで気になっていた基板ですが、結局ポチってしまいました。それがこのLM38863パラBTL基板です。メーカーですが、調べてもようわからん会社。最初香港の会社かと思っていたのですがブツは武漢から来ていました。 ... » more

Nob's Workshop低音用アンプの入れ替え
ちょっと思うところあって試しに、低音用に使っているJBL/UREI 6290を中音に、中音用に使っている金田式(風?)アンプを低音に入れ替えてみました。低音部は指向性が低く、音場感にはそれほど貢献してないのかと思っていましたが、さす ... » more

低音アンプのゲイン調整とコンデンサ増強 新チャンデバとDACが従来のより4dBほど出力が小さいので、アンプのゲインアップをして受け入れ準備を進めています。高域側はまだチャンデバ側に余裕があるのでそちらはチャンデバのレベル修正で行けそうです。ゲイン調整は暫定的にNF ... » more

  MITアンプ試作(その5) 折角の高耐圧OPampのMITアンプですから、電源トランスを交換して電源電圧をアップしてみました。トランスの整流後は±50Vぐらいですが、OPampの耐圧から供給電圧は±30Vまでが限度です。レギュレータのツェナー電圧に丁度 ... » more

  MITアンプ試作(その4) MITアンプですが、同じモジュールをもう一組作ってバランスアンプにしました。元も3886のバランス(2chステレオ)アンプでしたので更新は簡単です。接続は片chコネクタ一個なので信号形態さえ合わせておけばそのまま交換できます。 ... » more
テーマ 試聴記 オーディオ アンプ

MITアンプ試作(その3) 前回OPA552のFIG10の回路で上手くいきそうだと書いたのですが、チャンと組んでみるとどうも微小発振が上手く取れません。まあ552はOPアンプのゲインを高いのでこのタイプでは上手くいかないのかもしれません。ということで早 ... » more
テーマ 試聴記 アンプ 工作

  MITアンプ試作(その2) 前回試作したMITアンプの時にOPA552のFIG10の回路で発振して上手く動かなかった原因がNFのかけ過ぎではないかと後から気が付いたので、その再実験をしてみました。今回は帰還量を減らしてクローズドゲインを30dBとして組んで ... » more

プレーヤ切り替え機? Y氏の所は3台のプレーヤを切り替えて使い、MC/MMも混在なのでイコライザ切り替えが難しくなります。現用イコライザはMC専用の電流入力タイプなので、MM用には更に前段にバッファが必要にもなります。そこでプレーヤ切り替えとバッファ ... » more

「特選街」のオーディオ特集号によると、アンプは国産入門モデルの元気がいいそうです。その代表例として、パイオニアのA-30(わたしも先日書いたA-10の上級機です。)、デノンのPMA-390REなどがあげられています。価格は、49800円 ... » more

ケースまで作ったステップアップトランスですが、結局使わないことにしました。というのも、あれこれ調べているとこんな記述を見つけたからです。50Hzで使用する場合磁束は120%になり、ちょうど120%の過電圧を受けた場合と等しく ... » more
テーマ アンプ

ケンのオーディオメモMITアンプ試作
MITアンプ試作 力仕事が出来ないのでOPampドライブのMITアンプを検討してみました。高圧電源が使えるOPA552を使ってハイパワーアンプを作ろうという目論見で、パワーTrは秋月で安かったMN15N(SAP15N)とMP15Pのペアを使用しました。 ... » more

Nob's Workshopトランスのケーシング
トランスのケーシング スピーカーを作った時のアピトン合板の端材でステップアップトランスのケースを作りました。天板の板が寸足らずで、幅が狭い板を継いでいます。何が大変って、コンセントを入れる穴のザグリ。ドリルで大まかにザクザクと彫りこんで、あと ... » more
テーマ アンプ

Nob's Workshop金田式209 再調整
金田式209 再調整 ノラ・ジョーンズのDon't Know Wayを聞いていると、フォルテッシモの部分の声がどうも歪っぽい。発振???金田式209をよく調べてみると、Kontonさんが初段の可変抵抗をオリジナルの50Ωから200Ωに変えた、とある。これ ... » more
テーマ アンプ

Nob's Workshop120Vの誘惑
一度は断念した120Vですが、ちょいと時間ができたので、改めてじっくりと100Vとの音質を比べてみました。あぁ、やっぱり120Vの方がイイです。100Vだとドラムもベースも手を抜いているというか、歌伴みたいに遠慮がちで控えめな演奏。 ... » more
テーマ アンプ

ステップアップトランスがむき出しなのも気になるので、スピーカーを作った時に出た端材のアピトン合板でケースでも作ろうと思い、その前に最終確認とばかりにじっくり聞き込みました。その結果、DCサプレッサーおよびステップアップトランスを断念 ... » more
テーマ アンプ

Nob's WorkshopDCサプレッサーの改善
なかなかいい仕事をしているDCサプレッサーですが、よく考えてみると入れる場所が違っているような気がして、配線を変えてみました。最初はこんな感じ。まずステップアップトランスに100Vを入れ、120V化してからそのあとにDCサプレッサー ... » more
テーマ アンプ

Nob's Workshopリレースイッチ交換
リレースイッチ交換 ハム退治で何度もスイッチのON/OFFを繰り返していると、結構OFF時にポップノイズが出ることがあります。んー、リレーの調子がおかしいんでしょうか。古いアンプですし、リレーはすごく気になる部分。なので交換することにしました。基板を見 ... » more
テーマ アンプ

Nob's WorkshopDCサプレッサー
DCサプレッサー 120Vによって盛大に唸ってるトランスの対策に、DCサプレッサーを入れることにしました。結構有名な回路なので調べると出てきますが、こういうのです。金田式No.139をばらしたときに出たブリッジダイオードGBPC2504(40 ... » more
テーマ アンプ

Nob's Workshop120V化
120V化 これまでJBL/UREI 6290の音のインプレが無いのは、100Vだったから。もともと120V使用が前提のアンプなので、100Vで実力発揮できてないんじゃないかと。それでも100V使用でも十分そのポテンシャルは出してはいますが。さ ... » more
テーマ アンプ

Nob's Workshopハム退治
ハム退治 コンデンサ、ファン、スイッチと次々交換しても取りきれなかったJBL/UREI 6290のハムですが、ようやく完全に退治できました。左チャンネルのXLR/RCA変換ケーブルの3番ピンにつながっていたシールドをフロートにしたところ、スピ ... » more
テーマ アンプ

Nob's Workshopスィッチの交換
スィッチの交換 アンプのハム退治ですが、右チャンネルだけ、または左チャンネルだけと方チャンネルずつONにするとノイズが小さいのですが、両チャンネルONの状態だとハム音が強くなります。また右チャンネルの方がブーンという低い音に混ざってちょっと高い周波数のノイ ... » more
テーマ アンプ

お寺大会アンプ(その5) OPT付きFETアンプ、2段増幅にしてだいぶ良くなったのですが、今使用しているメインの木村アンプ(バランス)と比べると少し締りが無いような気がします。そこで電源強化のために「岡持ちコンデンサ」(NXシリーズ350V10000μF ... » more
テーマ 試聴記 オーディオ アンプ

お寺大会アンプ(その4) OPT付きFETアンプですが、前回2石(2段増幅)アンプに改造したのですが、NFBの補償補償方法がうまくいかずあまり特性が改善しませんでした。今回はその辺を改良し、特性的にもかなり良くなるようになりました。前回は歪率があまり良く ... » more

 

最終更新日: 2016/11/29 16:34

「アンプ」のブログ関連商品

» 「アンプ」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る