誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    アンプ

アンプ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「アンプ」のブログを一覧表示!「アンプ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「アンプ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「アンプ」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

「特選街」で、キャロットワンのERNESTOLO EXの紹介記事を読みました。ERNESTOLO EXは、約5万円の真空管プリメインアンプです。その形は一度見たら忘れられないような、オレンジ色の小さなボディから真空管が顔を出している感じ ... » more

 ラムダ音楽日記ティアック AI-301DA-SP
「特選街」で、ティアックのAI-301DA-SPの紹介記事を読みました。AI-301DA-SPは、約45000円のUSB DAC機能を内蔵したプリメインアンプです。手ごろな価格でありながら、USB DAC機能を内蔵するだけでなく、ブルー ... » more

無帰還アンプ(その2の5) 無帰還アンプのチビスケの飛ばしてしまった片chを修理して、ようやくパワーアップしたデカスケアンプが完成しました。写真の見栄えは変わりませんね。結局故障は終段とレギュレータFETが飛んだだけでしたが、交換したFETのバランスで今度 ... » more
テーマ 試聴記 アンプ

無帰還アンプ(その7) 前作の無帰還アンプのノイズが多いという問題点はチョークインプットのチョークトランスによるフラックスのノイズと思われます。対策的にはチョークをシールドするのが早道ですが、今は手元に良いシールド材がありません。そこで姑息ながらチョー ... » more
テーマ 試聴記 アンプ  コメント(2)

 ラムダ音楽日記デノン DAR-100
「特選街」で、デノンのDAR-100の紹介記事を読みました。DAR-100は、約9万円のフルデジタルアンプを搭載したネットワークレシーバーです。デジタルアンプのせいか、横幅は280mmという小柄で、デザインもデノンの以前からのアンプとは ... » more

無帰還アンプ(その2の4) 今回はチビスケをパワーアップしてデカスケに改造しました。トランスの都合で整流後の電源電圧は31Vに、基板内部の定電圧後は26、5Vにしました。これで出力は±20Vppまで振れるようになり約10W−>25W(8Ω)のパワーアップで ... » more
テーマ アンプ 工作

デノンからの回答にあったように、スピーカーの接続を変更してみました。スピーカーはいままでアンプのA端子に接続してあったのですが、B端子に接続してみました。すると、アンプが原因と思われる雑音はいままでよりも小さくなったような気がします。そ ... » more

 ラムダ音楽日記デノンから回答
アンプの件について、デノンから回答のメールが来ました。その内容は、スピーカーの切り替えボタンAでもBでも雑音が出るかということと、A・Bどちらでも雑音が出る場合は、アンプとCDプレーヤーの接続に使用しているケーブルを交換して改善するか確 ... » more

 ラムダ音楽日記デノンに問い合わせ
アンプの件で、デノンにメールで問い合わせをしました。右のスピーカーからだけ小さな雑音がするので、原因や修理をする場合のおおよその費用などを知りたかったので、問い合わせをしようと、デノンのサイトを開いてみると、電話による問い合わせは、平日 ... » more

CDを聞こうとしたら、右のスピーカーから雑音が出ていることに気がつきました。アンプの電源を入れ、アンプにあるスピーカー切り替えスイッチを押したところ、右のスピーカーからだけ、サーというような小さな雑音が出ているのです。ただ、小さい雑音な ... » more

無帰還アンプ(その2の3) 無帰還アンプ第2弾もようやく完成しました。慎重にやったので大分時間が掛かってしまいましたが問題なく動いているようです。ケースと電源は以前のデジタルアンプの残骸を再利用していますので後ろは穴だらけとちょっとみっともないのですが、後 ... » more
テーマ 試聴記 測定 アンプ  コメント(4)

無帰還アンプ(その2の2) アンプ本体がようやく動きました。前回からは残りの電力増幅段を組み上げて動作を確認しました。まあI氏の試作パラメータがありますので、そのまま組間違いさえ無ければ一発で動くのは当然なのですが、相変わらずここまでくるのに色々あって時間 ... » more
テーマ 測定 アンプ 工作

無帰還アンプ(その2の1) 一応前作はカッコがついたので、無帰還アンプ第2弾に取り掛かります。これはK氏の設計をI氏が基板を起こしてくれたもので、あまり見ない回路なのでちょっと動作が解り難い点があります。それでも構成は全段BTLなのでDCバランスさえ取れればう ... » more

無帰還アンプ(その6) 先日無帰還アンプ製作会の2回目が玉林寺で開かれました。私は何とかアンプが出来上がったので、本家との比較試聴にと持って行きました。9人ほどのメンバーが集まり、皆さん基板の最終仕上げと調整にと賑やかです。今回は部品点数が多かったので ... » more
テーマ 試聴記 アンプ

無帰還アンプ(その5) 一通り見てみましたが、異常はなさそうなので一応完成とします。ゲインの方はR13を5kΩとし(元々ソケットで調整可能)てゲインは28dBにしました。R22を付けてしまったのでこれで正常でした。電源電圧電圧増幅段±51V定電圧出 ... » more

無帰還アンプ(その4) 何とかアンプ動きました。相変わらず色々トラぶっていましたが、一応動いているようです。今回はまだBTLでなくシングルバージョンです。最初は抵抗一本付け忘れで片ch動作不良。しばらくかかってようやく見つけました。抵抗も本数が多いと大 ... » more

ケンのオーディオメモD氏、K氏来訪
D氏、K氏来訪 先日訪問したD氏が友人を連れて拙宅来られました。まあ元々こちらに来られる話の方が先だったのですが、順序が逆になりました。D氏とはシステム構成やアンプ、スピーカなどかなり違うのですが、先日聞かせて頂いた感じでは癖のないナチュラルな ... » more
テーマ 来訪記 アンプ スピーカー

無帰還アンプ(その3) ようやくアンプ基板が組みあがりました。とりあえず2枚です。DCサーボは無しにしたので部品の無い部分はありますが、これで(入力のコンデンサを除いて)パーツはすべて付いているはずです。すでに保護回路と電圧段のレギュレータ部は動作 ... » more

 ラムダ音楽日記マランツ PM8005
「レコード芸術」のオーディオコーナーで、マランツのPM8005の紹介記事を読みました。紹介されていたのは「藤岡誠の逸品」のコーナーで、ここでは高級機が取り上げられることが多いのですが、PM8005は、約13万円の中級プリメインアンプです ... » more

無帰還アンプ(その2) 無帰還アンプのレイアウト配置とシャーシ加工を行いました。まあアンプ作りはこの辺が一番大変なので、何とか収まってホッとしています。というのもシャーシ(35Wx25Lx6H)とちょっと小さめだったので内容がキチキチです。おかげでかっ ... » more

 ラムダ音楽日記ヤマハ A-S1100
「レコード芸術」のオーディオコーナーで、ヤマハのA-S1100の紹介記事を読みました。A-S1100は、20万のプリメインアンプです。型番から見当がつくように、A-S1000からモデルチェンジしたものです。A-S1000などでヤマハがピ ... » more

 ラムダ音楽日記アキュフェーズ C-3850
「レコード芸術」のオーディオコーナーで、アキュフェーズのC-3850の紹介記事を読みました。C-3850は、180万円もする最高峰のプリアンプです。型番からC-3800のマイナーチェンジということになるようですが、内容はずいぶん進化して ... » more

無帰還アンプ(その1) 年末お寺大会の課題は無帰還アンプです。今回は会の共同製作プロジェクトに参加して、基板を分けてもらいました。まだ発表は先かとゆっくり構えていましたが、来月早々製作・調整会があるというので出来れば間に合うようにとようやく組み立て ... » more

 ラムダ音楽日記エソテリック S-02
「レコード芸術」のオーディオコーナーで、エソテリックのS-02の紹介記事を読みました。S-02は、グランディオーソS1の弟分といっていいようなパワーアンプです。グランディオーソシリーズは、M1が2台で280万円、S1が190万円もするの ... » more

電源トランスの音 前回の準コンプリメンタリのkit-ampは仮組みなので放熱器に取り付けたので電源トランスを載せる余地がありませんでした。そこでトランスはコネクタで外付けになったので、交換が簡単にできます。当初考えていたのはU字コアの大型(250 ... » more
テーマ 試聴記 アンプ

ケンのオーディオメモkit-amp作成
kit-amp作成 昔のもらい物だったアンプ基板がセットでありましたので折角なので組んでみました。中身は差動1段の2段増幅で、2段目は定電流負荷というごくオーソドックスな回路です。ちょっと変わっているのは終段が準コンプリで下側がインバーテッドダーリ ... » more

「レコード芸術」のオーディオコーナーで、フェーズメーションのCA-1000の紹介記事を読みました。CA-1000は、250万円もする真空管プリアンプです。ちょっとびっくりするのは、3ピース構成だということで、写真を見ると、プリアンプと左 ... » more

 ラムダ音楽日記デノン PMA-50
「レコード芸術」のオーディオコーナーで、デノンのPMA-50の紹介記事を読みました。PMA-50は、68000エ円という手ごろな価格のデジタルプリメインアンプです。手ごろな価格ですが、いまどきのアンプですから、DAコンバーターも積んでお ... » more

 ラムダ音楽日記ラックスマン M-700u
「レコード芸術」のオーディオコーナーで、ラックスマンのM-700uの紹介記事を読みました。M-700uは、ラックスマンのトップエンドモデルM-900uをの機能を受け継ぐミドルレンジモデルのパワーアンプです。そのパワーは、120W/8Ωか ... » more

「特選街」で、オラソニックのNANO-UA1aの紹介記事を読みました。NANO-UA1aは、CDケース3枚分という小さなサイズのNANOCOMPOシリーズのプリメインアンプです。さすがに出力は、26W/4Ω×2ですが、DACを内蔵し、D ... » more

 

最終更新日: 2017/03/30 11:23

「アンプ」のブログ関連商品

» 「アンプ」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る