誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    アンプ

アンプ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「アンプ」のブログを一覧表示!「アンプ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「アンプ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「アンプ」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

「レコード芸術」のオーディオコーナーで、アキュフェーズのP-7300の紹介記事を読みました。P-7300は、120万円のステレオパワーアンプです。モノラルパワーアンプM-6200のステレオ・バージョンともいえるもので、「駆動力の高さでよ ... » more

「レコード芸術」のオーディオコーナーで、アキュフェーズのM-6200の紹介記事を読みました。M-6200は、90万円のモノラルパワーアンプです。「鳴らないスピーカーはないのではというくらい駆動力が高いのに、アンプとしての存在感をそれほど ... » more

 ラムダ音楽日記プライマー PRE60
「レコード芸術」のオーディオコーナーで、プライマーのPRE60の紹介記事を読みました。PRE60は、120万円もするプリアンプです。プライマーは、スウェーデンのメーカーで、PRE60は、「新しいリファレンスとなるフラッグシップ」というこ ... » more

 ラムダ音楽日記トライオード TRX-3
「レコード芸術」のオーディオコーナーで、トライオードのTRX-3の紹介記事を読みました。TRX-3は、35万円という真空管プリアンプです。この価格で、比較的ローコストと書かれていています。評論家の方々からすればその通りなのでしょうけれど ... » more

ケンのオーディオメモUcD180ST(その5)
UcD180ST(その5) UcDアンプはやはり電源の安定化が必要そうだったのでトランス電源を止め、ケースはそのままでSW電源に置き換えました。使用した電源はCOSELのLEA100F−24を2個で、電圧は30Vにアップしています。それぞれの電源容量は一つ10 ... » more

「レコード芸術」のオーディオコーナーで、アキュフェ−ズのE-370の紹介記事を読みました。 E-370は、約40万円というプリ・メインアンプです。記事には、「アキュフェーズの最もロー・コストなプリ・メインアンプ」と書かれていますが、アキ ... » more

Nob's WorkshopLM3886 基板 裏面
LM3886 基板 裏面 どうもLM3886アンプの音が歪っぽいというのかガサツというのか、まだノイジーに聞こえるので裏面のセラミックコンデンサをフィルムコンに変えてみました。交換前がこちら。すでに表面実装だったオペアンプはDIPソケットを無理やりつけていま ... » more
テーマ アンプ

ケンのオーディオメモUcD180ST(その3)
UcD180ST(その3) UcD180STアンプの音を確認する上で以前のTIのTAS5613アンプを足を付けて基板単体でも比較試聴できるようにしてみました。電源は本体側から取れるようにしています。しかしTIのアンプは単電源のためかリップルがあるとハムがの ... » more

ケンのオーディオメモUcD180ST(その2)
UcD180ST(その2) UcDアンプをTIのデジアンと入れ替えて早速聞いてみました。TIのデジアンの電源は160VAのU字トランスでショトキーダイオードのコンデンサ(10000μF)インプット整流です。電源電圧は規定の±45Vは取れなかったのでパワーは ... » more

ケンのオーディオメモUcD180ST(その1)
UcD180ST(その1) デジタルアンプのUcD180STを入手しました。これはhypexというところが作っているデジタルアンプモジュールで、ディスクリート構成でオールオーバーの帰還がかかっている珍しいデジタルアンプです。メーカはオランダですね。そのため ... » more

Nob's Workshop偽物LM3886
調べてみたらやっぱりあるらしいですね、偽物LM3886(笑)。私のアンプのICが偽物なのかどうかはわかりません。が、偽物でこの音が出せるのだったらそれでもOKかなと思います。基板の抵抗やコンデンサは全部とっかえてしまいまいま ... » more
テーマ アンプ

Nob's Workshop左右差の原因
左右差の原因 左右のチャンネルの音の不均衡ですが、原因が分かりました。アンプの左右のチャンネルを反対に繋いだり、スピーカーを左右入れ替えてチェックしたところ、アンプやスピーカーそのものには原因が無いことが判明。おそらく部屋の配置と ... » more
テーマ アンプ

LM3886 電源にファインメットビーズ入れました 電源の基板ですが、1mm厚のベーク板に穴を開け、裏で1mmのウレタン線で配線しています。今回はファインメットビーズを入り口と出口に装着しました。ついでに0.47uFのフィルムコンをところどころパラっています。これは想定内の正 ... » more
テーマ アンプ

Nob's WorkshopLM3886 基板
LM3886 基板 LM3886の基板ですが、買った時はこのような状態でしたが音が気に入らなかったのでダイオードとLM3886以外は交換してしまいました。コンデンサーは音響用、小さい抵抗はLinkman、セメント抵抗はタクマンの酸化金属 ... » more
テーマ アンプ

超高性能SBRダイオードブリッジ さて調子がいいLM3886アンプですが、気になることが一つ。整流ダイオードです。GBPC2504ですが、GBPCといえば以前Crown D-45の改造をした時にショットキーに変えたら、ずいぶんと改善した記憶があります。考え始めたらウ ... » more
テーマ アンプ

Nob's WorkshopLM3886 遅延回路
LM3886 遅延回路 バカみたいに平滑コンデンサをつけているので、いちおう遅延回路を入れています。トランスの上に乗っかっているのがそうです。平滑後の電圧がおよそ30V強。ネットで調べた諸先輩方の遅延回路が12Vでしたが、さすがにそこまで下げるとレ ... » more
テーマ アンプ

Nob's WorkshopLM3886 ケース編
LM3886 ケース編 ケースは完全自作。フロントパネルとバックパネルは3mmの純銅板。腐食処理でアンティーク調に仕上げています。LEDは雑音が少ない緑色なので、点灯するとちょっとSFチックで良い感じです。サイドパネルは3mmの真鍮。フ ... » more
テーマ アンプ

Nob's WorkshopLM3886 中身(電源)
LM3886 中身(電源) LM3886アンプの中身です。トランスはRSのトロイダル。型番は420-9172。二次25Vの500VA二系統を並列で使用しているので1000VA。これを左右で2個使用しています。平滑コンデンサは4700uF ... » more
テーマ アンプ

Nob's WorkshopLM3886激変
いつまでも大きなケースを放置しておくとラックのスペースが無いので撤去しようかと思ったのですが、ちょっと最後に確認だけしておこうと改めて聴き直してみたら、なんとまぁ激変。(ちなみにマルチアンプではなく、スピーカーはネットワークに戻して ... » more
テーマ アンプ

 ラムダ音楽日記真空管アンプWien
きょうの朝日新聞朝刊に、真空管アンプWienの広告が載っていました。ちょっとびっくりしたのは、これは製品の広告ではなく、通信販売の広告だということです。真空管アンプが通信販売の広告に載るということは、オーディオにそれほどこだわりがなく、 ... » more

左右対向スピーカのユニット変更 前回MardAudioのCHR-70で作成した左右対向のボイド管スピーカですが、PARCの13cmウッドコーンのDCU-F131Wが何とか入りそうだったので換装してみました。CHRが10cmとはいえかなりフランジが大きかったので ... » more
テーマ 試聴記 アンプ スピーカー

「レコード芸術」のオーディオコーナーで、アキュフェーズのC-3850の紹介記事を読みました。C-3850は、180万円もするアキュフェーズの最高級プリアンプです。前作はC-3800で、5年ぶりのモデルチェンジということになります。外観・ ... » more

お久しぶりのCERIATONE どもども、ギター弾きだったことを思い出した山本です。(笑)久しぶりに私物のCERIATONE OvertoneSpecialで今日はレッスンしてました。いつもは備品のFenderHotRodDeluxでレッスンしてますが、たまに ... » more
テーマ 日記 アンプ

 ラムダ音楽日記パイオニア A-70A
「レコード芸術」のオーディオコーナーで、パイオニアのA-70Aの紹介記事を読みました。A-70Aは、188000円のプリメインアンプです。クラスDアンプというデジタルアンプを採用したことにより、回路を小型化することができ、その分電源を大 ... » more

無帰還アンプ(その2の6) デカスケにバランス入力を設けました。25Wにパワーアップしたデカスケですが、元々バランス動作が基本ですのでオーソドックスにバランスコネクタをつけてバランス入力が出来るようにしました。この辺はデジタルVRつきDACも出来たので ... » more
テーマ 試聴記 オーディオ アンプ

マルチビットDAC基板 面白い基板を見つけました。ご覧のようにディスクリートのマルチビットDAC基板です。勿論24bitですのでチップ抵抗がびっしり並んでいるところが壮観ですね。I2Sだと384Kまで通るとか、ジッタークリーナによるデータリクロック付き ... » more

 ラムダ音楽日記マランツ SR7010
「特選街」で、マランツのSR7010の紹介記事を読みました。SR7010は、約24万円というAVレシーバーです。マランツの最上位機種だけあり、「全チャンネル同一構成の9チャンネルフルディスクリートパワーアンプを搭載。」しており、7.1. ... » more

手作りアンプの会冬お寺大会参加 毎年年末恒例の手作りアンプの会お寺大会が開催され参加してきました。今年の課題は「無帰還半導体アンプ」で私はオーソドックスに会のプロジェクトアンプを出品しました。今回は半導体アンプにかかわらず20点近くの出品があり、発表時間も短縮 ... » more
テーマ 試聴記 音楽 アンプ

 ラムダ音楽日記ヤマハ RX-S601
「特選街」で、ヤマハのRX-S601の紹介記事を読みました。RX-S601は、約7万円のAVレシーバーです。4K放送やハイレゾ温顔(DSD5.6MHz、PCM192kHz/24ビット)にも対応し、無線LANやブルートゥースも内蔵するとい ... » more

 ラムダ音楽日記マランツ M-CR611
「特選街」で、マランツのM-CR611の紹介記事を読みました。M-CR611は、約6万円のCDレシーバーです。横幅の小さいCDレシーバーですから、ミニコンポといった感じですが、「バイアンプ対応の4チャンネルアンプを内臓し」、コンデンサー ... » more

 

最終更新日: 2017/03/23 10:43

「アンプ」のブログ関連商品

» 「アンプ」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る