誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    アンプ

アンプ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「アンプ」のブログを一覧表示!「アンプ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「アンプ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「アンプ」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

「レコード芸術」のオーディオコーナーで、クリークのEVOLUTION 100CDと100Pの紹介記事を読みました。クリークの名前は、初めて聞いたような気がしますが、イギリスのメーカーだそうです。EVOLUTION 100CDと100Pは ... » more

ケンのオーディオメモ200V電源
200V電源 低音のアンプは今はUcDデジタルアンプになっていますが、電源は市販のSW電源を使っています。このSW電源はユニバーサルタイプなので入力電圧はAC100〜240Vが可能です。ですから200V給電も可能ですので試してみました。元々ス ... » more
テーマ 試聴記 アンプ  コメント(3)

300円円筒スピーカ(その2) 調子に乗ってボイド管を長めのに交換してみました。管が短いと床からの反射によるディップが中域で出やすいtのと、もう少し低域を延ばしたいと思い長め(82cm)の管に付けてみましたが、これも結構良さそうです。この方が共鳴する? ... » more

きままなウェブリ日記2YAMAHA THR5
YAMAHA THR5 少し前に、ヤマハの小型アンプ、THR5を購入しました。PCにUSB接続してライン録音も可能なので、試しに録音してみました。【Yamaha THR5】使用ギターはダンカンのホットレイル付きのスクワイヤー。このアンプには ... » more
テーマ セイモア・ダンカン YAMAHA アンプ

メインウーファ交換 飛ばしてしまったAudioTechnologyの代替として暫定で以前使用していたScanSpeakを入れてみました。使用した機種は有名な18W8545です。元々これを入れていたので、すんなりと入りました。特徴あるシワのよった?パ ... » more
テーマ 試聴記 アンプ スピーカー  コメント(2)

 ラムダ音楽日記エソテリック F-03A
「レコード芸術」のオーディオコーナーで、エソテリックのF-03Aの紹介記事を読みました。F-03Aは、95万円というプリ・メインアンプです。F-05とは双生児のような関係にあり、F-05がAB級動作方式で、120W + 120W (8Ω ... » more

Aune B1 2016Ver.とPono Player用バランスケーブルが届きました。 AliExpressにて注文しておりましたAune社のポータブルヘッドホンアンプB1とPono Player用のバランスケーブルが届きました。Auneのメーカーサイトはこちら。B1はHCKから、ケーブルはEasy Earphoneか ... » more

IPD1200(その3) LabGruppenのデジタルパワーアンプIPD1200はデジタルチャンデバ内蔵ということで台数を増やすことで簡単にマルチが組めるのが特徴です。前回の改造に続き2台目も同じように外部クロック入力に改造して、2台でマルチシステムに ... » more

ケンのオーディオメモgrigriさん宅訪問
grigriさん宅訪問 久しぶりにgrigriさん宅を訪問しました。takeさんやN氏は何時ものメンバーですが、今回初めてのI氏も一緒です。今回の目玉は何と言っても加藤アンプを中高域に新たに作成され、投入されたことですね。加藤アンプは以前に私も ... » more

 ラムダ音楽日記エソテリック F-05
「レコード芸術」のオーディオコーナーで、エソテリックのF-05の紹介記事を読みました。F-05は、70万円というプリ・メインアンプです。記事にもある通り、エソテリックといえばプレーヤーというイメージです。最近力を入れているというアンプに ... » more

先日16日に前沢でライブしてきました。今日はその報告を。K-1君が仕事で参加できなかった為、Kouki君と交代でベースを弾いての演奏でした。たまにこう言うパターンでやるんですけど、3人だとごまかしが効かないですね。ただで ... » more

IPD1200(その2) 前回は開けただけで改造検討で終わりましたが、オーナーの要望もあり、改造してみました。デジタル系はクロックと電源が肝心ですから、今回はまずクロックに着目しました。入力系のA/D(AK5388)のマスタークロックをあたると唯一のクロ ... » more

ケンのオーディオメモIPD1200
IPD1200 友人からLab.gruppen社のパワーアンプ、IPD1200をお借りして中を開けさせてもらいました。IPD1200はプロ用の1U 600W(4Ω)x2のデジタルアンプですが、DSP?内蔵でチャンデバ(EQも含めて)フル機能込み ... » more

 ラムダ音楽日記TADL TAD-M2500MK2
「レコード芸術」のオーディオコーナーで、TDAのTAD-M2500MK2の紹介記事を読みました。TDALとは、パイオニアが業務用スピーカーユニットなどの開発を目的に立ち上げたプロジェクトをもとにした会社で、現在では日本の最高級オーディオ ... » more

思い出したように金田式No.209 25umケーブルのおかげか、それともすっかりエージングが済んだせいかLM3886 BTLアンプは絶好調。ちょこっとだけファンの音が気にならないわけでもありませんが、熱もこもらないようで調子良いです。が、これって耳慣れして気の ... » more
テーマ アナログオーディオ アンプ

 ラムダ音楽日記オクターブ V80SE
「レコード芸術」のオーディオコーナーで、オクターブのV80SEの紹介記事を読みました。V80SEは、154万円(ラインモデル、フォノモデルは163万円)という、真空管プリメインアンプです。「プリ・メインアンプとして現代最高峰のクォリティ ... » more

「レコード芸術」のオーディオコーナーで、オーロラサウンドのPADAの紹介記事を読みました。PADAは、98万円という、前段にトランジスター、出力段に真空管を使ったパワーアンプです。トランス、コイル、真空管など「設計者が凝りに凝って作り上 ... » more

「レコード芸術」のオーディオコーナーで、エソテリックのGrandioso S1の紹介記事を読みました。Grandioso S1は、190万円というステレオパワーアンプです。出力は、150W×2(8Ω)もあり、記事には書かれていませんが、 ... » more

「レコード芸術」のオーディオコーナーで、アキュフェーズのP-7300の紹介記事を読みました。P-7300は、120万円のステレオパワーアンプです。モノラルパワーアンプM-6200のステレオ・バージョンともいえるもので、「駆動力の高さでよ ... » more

「レコード芸術」のオーディオコーナーで、アキュフェーズのM-6200の紹介記事を読みました。M-6200は、90万円のモノラルパワーアンプです。「鳴らないスピーカーはないのではというくらい駆動力が高いのに、アンプとしての存在感をそれほど ... » more

 ラムダ音楽日記プライマー PRE60
「レコード芸術」のオーディオコーナーで、プライマーのPRE60の紹介記事を読みました。PRE60は、120万円もするプリアンプです。プライマーは、スウェーデンのメーカーで、PRE60は、「新しいリファレンスとなるフラッグシップ」というこ ... » more

 ラムダ音楽日記トライオード TRX-3
「レコード芸術」のオーディオコーナーで、トライオードのTRX-3の紹介記事を読みました。TRX-3は、35万円という真空管プリアンプです。この価格で、比較的ローコストと書かれていています。評論家の方々からすればその通りなのでしょうけれど ... » more

ケンのオーディオメモUcD180ST(その5)
UcD180ST(その5) UcDアンプはやはり電源の安定化が必要そうだったのでトランス電源を止め、ケースはそのままでSW電源に置き換えました。使用した電源はCOSELのLEA100F−24を2個で、電圧は30Vにアップしています。それぞれの電源容量は一つ10 ... » more

「レコード芸術」のオーディオコーナーで、アキュフェ−ズのE-370の紹介記事を読みました。 E-370は、約40万円というプリ・メインアンプです。記事には、「アキュフェーズの最もロー・コストなプリ・メインアンプ」と書かれていますが、アキ ... » more

Nob's WorkshopLM3886 基板 裏面
LM3886 基板 裏面 どうもLM3886アンプの音が歪っぽいというのかガサツというのか、まだノイジーに聞こえるので裏面のセラミックコンデンサをフィルムコンに変えてみました。交換前がこちら。すでに表面実装だったオペアンプはDIPソケットを無理やりつけていま ... » more
テーマ アンプ

ケンのオーディオメモUcD180ST(その3)
UcD180ST(その3) UcD180STアンプの音を確認する上で以前のTIのTAS5613アンプを足を付けて基板単体でも比較試聴できるようにしてみました。電源は本体側から取れるようにしています。しかしTIのアンプは単電源のためかリップルがあるとハムがの ... » more

ケンのオーディオメモUcD180ST(その2)
UcD180ST(その2) UcDアンプをTIのデジアンと入れ替えて早速聞いてみました。TIのデジアンの電源は160VAのU字トランスでショトキーダイオードのコンデンサ(10000μF)インプット整流です。電源電圧は規定の±45Vは取れなかったのでパワーは ... » more

ケンのオーディオメモUcD180ST(その1)
UcD180ST(その1) デジタルアンプのUcD180STを入手しました。これはhypexというところが作っているデジタルアンプモジュールで、ディスクリート構成でオールオーバーの帰還がかかっている珍しいデジタルアンプです。メーカはオランダですね。そのため ... » more

Nob's Workshop偽物LM3886
調べてみたらやっぱりあるらしいですね、偽物LM3886(笑)。私のアンプのICが偽物なのかどうかはわかりません。が、偽物でこの音が出せるのだったらそれでもOKかなと思います。基板の抵抗やコンデンサは全部とっかえてしまいまいま ... » more
テーマ アンプ

Nob's Workshop左右差の原因
左右差の原因 左右のチャンネルの音の不均衡ですが、原因が分かりました。アンプの左右のチャンネルを反対に繋いだり、スピーカーを左右入れ替えてチェックしたところ、アンプやスピーカーそのものには原因が無いことが判明。おそらく部屋の配置と ... » more
テーマ アンプ

 

最終更新日: 2016/12/06 16:36

「アンプ」のブログ関連商品

» 「アンプ」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る