誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    源氏物語

源氏物語

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「源氏物語」のブログを一覧表示!「源氏物語」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「源氏物語」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「源氏物語」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

風塵帖 碓井昭雄のブログ現世と来世
40歳直前に勢威の絶頂に達した光源氏が、紫の上に述懐する言葉がある(「藤裏葉」の巻)。「すべていと定めなき世なればこそ、何ごとも思ふままにて、生ける限りの世を過ぐさまほしけれ」一方で源氏は出家遁世の志もかねて持っていると書かれている ... » more
テーマ 宗教論 日記 源氏物語

風塵帖 碓井昭雄のブログ花の宴
源氏物語「藤裏葉」の巻に、藤花の宴で、内大臣(昔の頭中将)が季節について語るくだりがある。「春の花いづれとなく、皆開け出づる色ごとに、目おどろかぬはなきを、心短くうち捨てて散りぬるが、うらめしうおぼゆるころほひ、この花のひとり立ち後れて ... » more
テーマ 本・映画・音楽・言葉 日記 源氏物語

Ban'ya浮舟図屏風の大胆な金の舟
浮舟図屏風の大胆な金の舟 5月19日(日)昼食後、根津美術館の「国宝燕子花図屏風 琳派のみならず長谷川派の技法も取り込まれた作らしいが、この金の舟の大胆さには驚く。匂宮と浮舟を乗せた小舟が、舟を超えた小宇宙、あるいは三日月のようにも見える。下弦の半月 ... » more

風塵帖 碓井昭雄のブログ花の木
ある日ふと片陰恋ふる躑躅かな。散歩の途中そんな句が口を衝いて出た。田端の蛇山公園からの緩い下り道の両側に光明院幼稚園の庭がある。右側の庭にはこの間まで枝垂れ桜と桜が次々に咲いていた。今はどちらももうすっかり葉桜になって濃い緑があざやかだ。代 ... » more
テーマ 日記 田端界隈 源氏物語

今日、午後、丸の内の出光美術館(帝劇ビル9階)の「源氏絵と伊勢絵――描かれた恋物語」展へ行ってきた。美術的には岩佐又兵衛の「源氏物語野々宮図」「在原業平図」、酒井泡一「八ツ橋図屏風」などの名品があるが、私の興味はやはり物語的な観点にある ... » more
テーマ 日記 源氏物語

ちょうど一年前から、新潮日本古典集成の全巻読了をめざして読み始めた。古事記、万葉集から始まり、少し前から蜻蛉日記、枕草子、和泉式部日記、紫式部日記を経て、源氏物語に入ったところだ。むかし仕事の都合で一年間集中的に日本古典の勉強をしたことがあ ... » more
テーマ 日記 源氏物語

Ban'ya『源氏物語』を読む7
『源氏物語』の半分、「藤裏葉」まで読む。ここで物語は大団円。「桐壺」から「藤裏葉」までを読み通して、気付いたこと。1平安朝貴族は、五感のうちでも、視覚、聴覚、嗅覚を働かせての繊細な美学を発達させていた。その繊細さは、現在に至る日本的 ... » more

Ban'ya『源氏物語』を読む6
『源氏物語』を読む6 11月13日(火)午後までに『源氏物語』の「玉蔓」を読み終える。ここで、筑紫、肥前、肥後にまで舞台を移すが、これらが、都からさらに疎遠なので、須磨や明石よりも野蛮な土地とされる。この巻は、光源氏の新邸宅、六条院という都の権力 ... » more

Ban'ya『源氏物語』を読む5
『源氏物語』を読む5 11月10日(土)夜までに、『源氏物語』の「朝顔」から「少女」まで読む。こうなると、根くらべ。読んでいて、あまりカタルシスはない。和歌とこのまわりぐどい文章。そして、貴族社会内部だけで通用する細かい配慮や美意識。光源氏が「少 ... » more

Ban'ya『源氏物語』を読む4
11月7日(水)の夕方までに、『源氏物語』の「澪標」から「薄雲」を読む。いかに和歌が展開の軸になってるか、表現の女性的屈曲などを、いやになるほど味わう。明石の入道を、脂ぎった老人と思っていたが、痩せた偏屈男だったのが、意外。 ... » more

Ban'ya青螺鈿の箸を買う
青螺鈿の箸を買う 雨と霧の11月6日(火)夕方、出講に前に、東武百貨店池袋店6階で、青螺鈿の輪島塗りの箸を買う。これまで使っていた黒漆塗りの箸が傷んだのと、『源氏物語』を読んでいて雅(みやび)な美しさを身近に欲しているため。少し値が張った。軽 ... » more
テーマ 俳句 源氏物語

Ban'ya『源氏物語』を読む3
『源氏物語』を読む3 11月5日(月)夕方までに、『源氏物語』の「葵」から「明石」まで読みとおす。「須磨」や「明石」は、都から遠い流人の地。源氏の父、桐壺院があの世から、瀬戸内海を経由して、須磨に上陸したと夢で告げるように、異界にも接している地。わが故郷 ... » more

Ban'ya『源氏物語』を読む2
M大学がM大祭で休講なので、横になりながら『源氏物語』をさらに読み続ける。 11月1日(木)昼までに、「若紫」から「花宴」まで。小学館版の日本古典文学全集の『源氏物語(1)』を読み終えた。あと、(2)から(6)まで5冊残る。 ... » more

Ban'ya『源氏物語』を読む1
先週から、『源氏物語』を読んでいる。29日(月)午後には「夕顔」まで。全巻読み通せるだろうか?紫式部という女性が書いた文章は、高校時代の「古文」でも苦手だったが、あれから約40年後のいま注釈付きで読んでいて、短い文章内で突然主語が変 ... » more

『夕顔の恋』(最高の女のひみつ)林望『夕顔』・・著者の言葉を借りると、主人公『光源氏』 に、痛切な蹉跌と、深い後悔を齎した稀有の女、とのことです。本文では「色好み」の貴公子たちの性癖について、光源氏も、頭中将 ... » more

『薄氷』 源氏物語絵巻―藤壺女御誕生秘話舘澤紗千恵著『薄氷』『源氏物語絵巻―藤壺女御誕生秘話』との副題に、『源氏物語』好きとしては、“つい”目が留まり、読んで見ることにしました。ところどころに多少の「?」はあって ... » more

円地文子の源氏物語を全六巻読み終えました。昨年の12月下旬頃から読み始め、先月、1月末でやっと円地文子訳の源氏物語全六巻(新潮文庫)を読み終えました。手広く本を読んでおりますので、”やっと”の文言に、どうにかこうにかとかかろうじての意味には ... » more

平維盛(平重盛の長男、清盛の孫)が光源氏の再来といわれたのは、建礼門院右京大夫集に記載がある。建礼門院徳子に仕えた右京大夫は維盛のことを「昔今見る中に、例もなき美貌だった」と述べ、また維盛を偲んで「青海波を舞いてのおりなどは、光 ... » more
テーマ NHK平清盛 源氏物語 テレビ

しのぶシネマデー
毎月1日は、シネマデーとして全国どこの映画館でも1000円で観れますね。1月1日もその日ですが、とても人が多いので敬遠していたのですが、今年は、思いきって夕方からの上映を選んで行ってみました。「あらら、少ない」選 ... » more
テーマ シネマデー 光源氏 源氏物語

少々遅くなりましたが観てきました。またレイトショーだったので、今はまだ観てから数時間しか経ってません。ゆえにこの「源氏物語 千年の謎が」一体何を表現しようとしていたのか。それが今の私にとっての数時間の謎だったりし ... » more

源氏物語余話源氏物語と平家物語
最近発売された「別冊太陽-平清盛」のなかに「源氏物語と平家のひとびと」(吉森氏)の記載がある。それによると、清盛の娘徳子(建礼門院)の許には20巻の源氏物語絵巻があり、また、1176年後白河院の五十賀で平家の公達が青海波を舞った ... » more
テーマ NHK大河ドラマ平清盛 源氏物語 平清盛

映画 『 源氏物語千年の謎 』 を 観て雅な世界での「光源氏」の『青海波』の舞を見たくて、映画館に行って来ました。しかし、せっかくの壮大なセットの割には、映像時間が短く、衣装やら何やら、舐めるように見たかった私の些細な希望は ... » more
テーマ 源氏物語 50代以上のblog ドラマ、映画

「選ばれた人だけができるのかも」の話 12月14日といえば赤穂浪士討ち入りの日。正直、時代劇ってあまり見なくなりました。なんでかね、若い俳優さんたちの中に時代劇に向いた顔をしている人がいないと感じることがあります。顔が小さく、特にあごが小 ... » more

12月10日(土)公開映画『源氏物語 千年の謎』劇場鑑賞券+ポップコーン券ペアチケットプレゼント! 2011年12月10日(土)公開映画 『源氏物語 千年の謎』 劇場無料鑑賞券+ポップコーン券、ペアチケットプレゼント!ご希望の方は、 @作品名『源氏物語 千年の謎』 A住所 B氏名 C電話番号 以上を ... » more

宇治茶の名店を訪ねて 平等院から宇治上神社と世界文化遺産巡りをしたあと、帰るために再び京阪宇治駅に戻りますが、その前に前日調べておいた、宇治茶の名店に寄りました。宇治茶伊藤久右衛門本店です。1832年・天保3年創業の老舗。平等院の参道にも店が ... » more

「源氏物語」へのアプローチ 紫式部の「源氏物語」を、ロボットは、学校の教科書で教わったことしか知りませんでした。(ーー;)と、白状してしまいますと、当時の学校の先生が聞いてたら、「それなら、ロボットは何も知らないのと同じことだ〜!」と、おっしゃるに違いありませ ... » more

「三越」65周年イベントの創作菓子 松山城を見た後、大街道の「三越」へ。65周年イベントをやっていました。地下の食品売り場では、神戸風月堂の創作菓子が展示してありました。源氏物語の場面を表した創作お菓子です。 ... » more

「源氏物語 花鳥風月の世界」展へ・・・ ブロ友からの知らせによって、新宿区民ギャラリーで開催されている山口クスエ米寿記念「源氏物語花鳥風月の世界」展へ行ってきました。ところで・・・、と、いつものように脱線から話が始まりますので、例によって前置きが長くなるかも知れません ... » more

ヤジ馬の日本史〜意味深長な言葉〜
古来日本人は「言葉」をとても大事にしてきたようで、それは、言葉は天地(あめつち)をも動かす、という信仰にも発展している。要するに「言葉」のパワーは「自然」をもコントロールできる、そう信じていた民族なのである。それならば、言葉 ... » more
テーマ 源氏 征夷大将軍 源氏物語

『源氏物語千年紀 Genji』 少し涼しくなってきましたね?芸術の秋ということで最近観賞していたアニメ『源氏物語千年紀 Genji』第1話光る君第2話六条第3話夕顔第4話藤壺第5話宿世第6話朧月夜第7話葵 ... » more

 

最終更新日: 2016/12/06 16:33

「源氏物語」のブログ関連商品

» 「源氏物語」のブログレビュー をもっと探す

「源氏物語」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る