誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    気になる本

気になる本

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「気になる本」のブログを一覧表示!「気になる本」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「気になる本」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「気になる本」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

suzuken-hibi本<ぼくの住まい論>
本<ぼくの住まい論> ぼくの住まい論 (新潮文庫) 文庫 内田 樹 (著)<感想>あらゆる観点から参考になった。・空間論として・ものを作る考え方・地域社会のあり方として・武道場(私の場合は工房)としてのあり方etc ... » more
テーマ 気になる本

本<ピアノ講師の仕事術: 音大では教えない7つのこと> 『ピアノ講師の仕事術: 音大では教えない7つのこと』藤拓弘/著音楽之友社 (2012/8/2)---------------------------何となく手に取った本。立ち読みしていたら引き込まれて買ってしまった。 ... » more
テーマ 気になる本

suzuken-hibi本<負けを生かす技術>
本<負けを生かす技術> 『負けを生かす技術』著/為末 大 -----------------最近、スポーツ選手の本がとても気になる。野球選手、サッカー選手、格闘家、、、走ると言う事に対して、陸上選手がどのような事を考えているのか。ど ... » more

suzuken-hibi本<民藝とは何か>
本<民藝とは何か> 柳宗悦氏の「民藝とは何か」を読んでいる。------------ちょうど科学者が少しでもこの世を真理に近づけたいと仕事に勤しむように、私は生きている間に少しでもこの世を美しくしてゆきたいと念じている者です。(講談社学術文 ... » more
テーマ 気になる本

suzuken-hibi本<自然史食事学>
本<自然史食事学> 自然史食事学―自然の歴史に学ぶ最高の食事法出版社: 春秋社 (2000/12)--------------素晴らしき本。栄養学や健康の為の食事の本は数限りなくあれど、これほど説得力のある物は他にない。10年程前に購入して ... » more
テーマ 気になる本

suzuken-hibi本<心の野球>
本<心の野球> 心の野球―超効率的努力のススメ [単行本]桑田 真澄 (著) ----------------------素晴らしい!桑田の生き方に憧れる。2012.11 ... » more
テーマ 気になる本

再処理工場の海洋投棄が気になる 先日、アレバ社の「ラ・アーグ使用済核燃料再処理工場」でも触れたが・・・・アレバ社は、パイプを敷設し1.7km沖の海域で400m3/日の放射性廃液を排出。93年、国際条約によって放射性廃棄物の海洋投棄は全面禁止されたが、それはあくまで船か ... » more

『再処理工場と放射能被ばく』 『再処理工場と放射能被ばく』 この本は2008年6月に第1版第1刷、2011年2月に第1版第2刷となっているので、内容の一部は最新とは言えない部分もあるけど、現在も再処理工場、もんじゅは稼動できないでいるので、皮肉にも陳腐化していない ... » more

自由貿易についての2冊 このところ、TPP推進とTPP反対の論争が過熱し、お互い妥協を許さず平行線状態が続いていて、まるで、イデオロギー論争、神学論争のような様相を呈しています。この対立は自由貿易と保護貿易の対立と言い換えることもできるかと思うが・・・・・ ... » more
テーマ 気になる本

「ふしぎなキリスト教」2 強欲資本主義の本質を知りたいという、やや不純な動機で読み始めた「ふしぎなキリスト教」の紹介、所感の第2段です。一神教が世界を席巻している今、一神教に染まらない我が民族についても考えさせることが多い本であり・・・・とにかく、読みど ... » more

湯浅誠さんの新書「活動家一丁あがり!」を読んだが・・・・思想家でありかつ事務局長、政府参与であるマルチ人間の言葉は、一見ありふれているようだが・・・・なるほどと思った次第です。実践者でしか言えない言葉ですね。「活動家一丁あが ... » more
テーマ 気になる本

『ふしぎなキリスト教』 この本は以前の日記でも紹介したが、さらに追記して紹介します。もちろん、この本はキリスト教に多くをさいて述べているわけだけど、橋爪さんと大澤さんが掛け合いで説く文明論が秀逸であり・・・・個人的にはイスラム、日本に関する辺りがお薦めです ... » more

「アラブの春」と注目されるが、この文明はそれだけ近代化が遅れていたわけであり、その特質を日本人の感性から推し量ることも難しいが・・・橋爪大三郎さんが新書「ふしぎなキリスト教」の中で、イスラムの特質を解き明かしています。かさばる大使の目か ... » more

花はどこへいった 著者は団塊の世代であり、夫のグレッグはベトナム帰還兵であった。グレッグの若い頃の写真に渚をオートバイで走る写真があるが・・・まさにイージーライダー気取りである。知り合ったあと韓国を皮切りに二人で世界旅行に繰り出すところも、見る前に跳 ... » more

内田先生が若い読者のための60冊を選んでいるが・・・老いた読者としても60冊の書名を見るだけで刺激的です。なんか、先生の守備範囲のフランス関連が多いのが個性的ですね。、先生はそのなかで更に5冊を厳選しているが・・・・私の好みは以下の ... » more
テーマ 気になる本

「ジパング」読破 BOOK OFFで「ジパング」シリーズ購入に踏み出した大使であるが、このたび全43巻を読破しました。全43巻だって!・・・・途中で飽きるか、それとも購買意欲が失せるかも?と思ったけど、止められなかったんですね♪ 「ジパン ... » more

相変わらず暑いが・・・・カッと照りつける昼日中に外に出ると、心なしか乾いた空気が夏の終わりを教えてくれるようです。これで、クーラー無しの寝苦しさともおさらばだぜ♪夏が過ぎ風あざみ‥‥井上陽水「少年時代」など、如何? ... » more

昨日の日記でも書いたが、「どうしてもダムなんですか?」という本では公益法人に天下った官僚OBが河川行政を牛耳る実情が報告されていて、政官業学の癒着がほの見えるが・・・・・政官業の癒着と言えば「どうしても戦争なんですか?」と、よく似た疑義 ... » more

「中国人民と日本人民はともに日本軍国主義の被害者である」として周恩来が戦争賠償請求権を放棄したことには、何かしら中国の深みに感じ入った大使である。また、似たような中華思想を持つ米中であるが・・・・儒教に基づく中国の中華思想とキリ ... » more

パンチアイデアテキスト3 パンチアイデアテキスト3株式会社呉竹 2010-05-14売り上げランキング : 31555おすすめ平均 助かった。。。買って良かったAmazonで詳しく見る by G-Toolsお弁当用アイデアグッズ!幼稚園、小学生のお弁当に! ... » more
テーマ 気になる本

suzuken-hibi本<『日々の100』>
本<『日々の100』> 松浦弥太郎氏の『日々の100』を読んだ。松浦氏は暮らしの手帖の編集長。妻も私も暮らしの手帖が大好きでよく読んでいる。この本はそんな松浦氏が日々使っているものを集めた物だ。歳を重ねていくと良い物を自分の周りに置 ... » more
テーマ 気になる本

「ジパング」購入に踏み出したけど 喫茶店の買い置き週刊誌で,かわぐち・かいじの「ジパング」は飛び飛びで見たことはあったが・・・BOOK OFFに「ジパング」シリーズが置いてあり、お値ごろだったので、13巻までたて続きで購入したのです。全43巻だって!・・・・途中で飽 ... » more

鳥頭ワールド <鳥頭ワールド> テレビドラマ化もきまり、このところメジャーに昇りつめた感があるさいばらであるが・・・怒りの漫画家、ブラックヒーローとしての真骨頂が薄れるんではないかと危惧しています。・人生画力対決・いっそセレナーデな ... » more

昨日は図書館で久々に本を借り、今日は本屋で新書を2冊買い込んで・・・・連休はいつも晴走雨読で読書三昧の大使である。(安上がりなんです)本屋で買った新書は勝谷誠彦著「偽装国家」という本で、この本を読んで日本官僚のゴマカシのテクニッ ... » more

普天間/辺野古海上基地問題などは民意と経済と安全保障が絡む問題であり、民主主義が産声をあげたばかりの日本にとって極めて難問である。マニフェストという原理原則に立ち返る民主党のメッセージと、せっかちなマスコミの論評との確執で、立ち位置が定 ... » more
テーマ 気になる本

今回の政権交代は革命的であり、民主主義が根付くのではないかと期待をよせているが・・・楽天の秀さんが「民主主義が一度もなかった国・日本」(宮台真司・福山哲朗;共著)を紹介していたので、さっそく、アマゾンを覗いてみました。「民主 ... » more
テーマ 気になる本

個人的言語学2 <個人的言語学2> 異邦、異邦人に対する興味、あこがれがこうじてくると、その言語に目が向けられる・・・・・ということで、方言とか言語とかについて集めてみます。最近は仕事の関係もあり韓国語にはまって、おります。・「日本辺 ... » more

内田先生の「日本辺境論」を読んで、おおいに啓発された大使であるが・・・日本人はこれまで、常に師となる先進国を目標にしてキャッチアップに努めてきたが、功成ったあと目標が無くなれば、とたんに迷走を始めるようです。このデフレスパイラル ... » more

「日本辺境論」を読んだところですが、日本という国名からして、自ら辺境と宣言しているんだそうです。つまり、日の本(日のいずる処)とは、中華から見て東の方角の東夷(東の蛮国)であると言っているようなものと、内田先生が述べています。ま ... » more
テーマ 気になる本

かわいい紙と布 素材集 かわいい紙と布 素材集おすすめ平均 使い方を選ぶ…かな使いまくりです☆オススメですAmazonで詳しく見る by G-Tools ... » more

 

最終更新日: 2016/11/29 15:46

「気になる本」のブログ関連商品

» 「気になる本」のブログレビュー をもっと探す

「気になる本」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る