誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    奥の細道

奥の細道

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「奥の細道」のブログを一覧表示!「奥の細道」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「奥の細道」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「奥の細道」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

始めて709(古人冠を正し衣装を改し事など清輔の筆にもとどめ置れしとぞ) (@^^)/~~ 重力波を初観測!!アインシュタインさん、おめでとうございま〜す!!最後まで目を通していただいて、感謝!{%クラッカーwebr ... » more
テーマ 奥の細道

始めて708(卯の花の白妙に、茨の花の咲きそひて雪にもこゆる心地ぞする。) (@^^)/~~ なつはきぬ (佐々木信綱作詞・小山作之助作曲)卯(う)の花の、匂う垣根に時鳥(ほととぎす)、早も来鳴きて忍音(しのびね)もらす、夏は来ぬさみだれの、そそぐ山田に早乙女(さおとめ)が、裳裾(もすそ) ... » more
テーマ 奥の細道

始めて705(風騒の人心をとどむ) (@^^)/~~ 何とか今年もここまで来れました。ありがたいことです。今日明日と、お節料理に挑戦です。毎年のことですが、結構楽しんでいます。ガラス拭きは31日と決めています。 ... » more
テーマ 奥の細道

始めて704(中にも此関は三関の一にして) (@^^)/~~ 最後まで目を通していただいて、感謝! ... » more
テーマ 奥の細道

始めて703(「いかで都へ」と便求しも断也) (@^^)/~~ 最後まで目を通して銀盤に彼と舞い飛ぶ夢の中来る年は私も舞うわ計を立て砂山のごとし抱負の年の暮れでもね、でも、粘る年の瀬繰り返し ... » more
テーマ 奥の細道

始めて702(白河の関にかかりて旅心定りぬ) (@^^)/~~ 最後まで目を通していただいて、感謝! ... » more
テーマ 奥の細道

始めて701(心許なき日かず重るままに) (@^^)/~~ 最後まで目を通していただいて、感謝! ... » more
テーマ 奥の細道

気ままなblog奥の細道
奥の細道 スマホの歩数計で『奥の細道』を歩いたら、本日11月2日ようやくゴールしました!1月12日に深川をスタート→日光→松島→平泉→立石寺→坂田→象潟→市振→永平寺→大垣と本日ゴ ... » more

 始めて687(と、とりあへぬ一句を柱に残侍し) (@^^)/~~ 歯を一本失いました。五月雨や処置室の我頬ぬぐいゴーヤの苗が二本枯れてしまった。が、残りの二本が元気いっぱい!もっともっと葉を生い茂らせて、 ... » more
テーマ 奥の細道

始めて686(木啄も庵はやぶらず夏木立) (@^^)/~~ 明日、わけあって歯を抜きます。根がまだしっかりしている歯です。痛くもかゆくも無い歯です。しっかりしている歯を抜かなければならないなんて、とっても悲しい。。。。{% ... » more
テーマ 奥の細道

◆きょうは『旅の日』 ◆きょうは『旅の日』きょうは『旅の日』、松尾芭蕉が『奥の細道』に旅立った日だそうです。『奥の細道』には、「弥生も末の七日」とありますから、弥生三月二十七日のことです。ちょうど326年まえの元禄二年【1689年】のことです。江戸時 ... » more
テーマ 周易ごよみ 奥の細道

始めて685(妙禅師の死関、法雲法師の石室をみるがごとし) (@^^)/~~ 慣例のゴーヤとしし唐の苗を植えました。それと、何かの古い種を植えておいたら、どうやら豆のようです。花がちらほら咲いてきました。『ジャックと豆の木』そんな本がありましたっけ?大きくなるといいなあ。{%新芽web ... » more
テーマ 奥の細道

始めて684(石上の小菴岩窟にむすびかけたり) (@^^)/~~ メダカが元気に泳ぎ回っています。本当に温度に敏感です。最後まで目を通していただいて感謝! ... » more
テーマ 奥の細道

始めて683(後の山によぢのぼれば) (@^^)/~~ 最後まで目を通していただいて感謝! ... » more
テーマ 奥の細道

 始めて682(かの跡はいづくのほどにやと) (@^^)/~~ さくらさくらさくら桜でございま〜す!今日が満開、見ごろか!二日ほど前、風も無いのに桜の花がぼとぼと落ちているのを見てビックリ。????根元は木を囲むようにピンクに・・花びらではありません。花です。 ... » more
テーマ 奥の細道

始めて681(十景尽る所橋をわたって山門に入) (@^^)/~~ 最後まで目を通していただいて感謝!ブログ玉をありがとう。 ... » more
テーマ 奥の細道

bonds  「小繋小学校と住民の絆は大繋ぎ」について 2006年10月、平成・奥の細道で訪れた岩手県一戸町の小繋小学校について掲載した記事、「小繋小学校と住民の絆は大繋ぎ」について今日、コメントを頂いた。コメント母校です! ありがとうございます。卒業生 ... » more

始めて680(卯月の天今猶寒し) (@^^)/~~ 可笑しな形になってしまったけど、『天』はやっぱり上でないと。。。最後まで目を通していただいて感謝!ブログ玉をありがとう。 ... » more
テーマ 奥の細道

始めて679(谷道遥に松杉黒く苔したゞりて) (@^^)/~~ 最後まで目を通していただいて感謝!ブログ玉をありがとう。 ... » more
テーマ 奥の細道

始めて678(山はおくあるけしきにて) (@^^)/~~ 最後まで目を通していただいて感謝!ブログ玉をありがとう。 ... » more
テーマ 奥の細道

草加松原の入口の矢立橋を過ぎると、松並木がまっすぐに綾瀬川に沿って伸びていた。解説板によると、約1.5キロメートルの松並木は江戸時代より「草加松原」「千本松原」と呼ばれ、日光の杉並木と肩を並べる名所であったという。松の植栽時期は ... » more
テーマ 松尾芭蕉 奥の細道 草加松原

奥の細道紀行 40. 大垣 ・ 旅を終えて ・ 敦賀〜大垣(2014. 12. 4〜5.)敦賀から大垣までは決して至近の距離ではないのだが、芭蕉がどこを通って大垣まで辿り着いたかは、今でも謎とされている。私たちは、長浜を経由して大垣まで、芭蕉も歩いたと思われる場所を辿って行っ ... » more
テーマ 紀行 奥の細道

奥の細道紀行 39. 敦賀〜色の浜 ・ 敦賀(2014. 12. 4.)芭蕉が敦賀に着いたのは、仲秋の名月の前日であった。「おくのほそ道」には、『十四日の夕暮れ、敦賀の津に宿を求む』とある。宿は出雲屋であった。山中温泉で芭蕉と別れた曾良が、先に敦賀に着いて手配している ... » more
テーマ 紀行 奥の細道

奥の細道紀行 38. 福井〜木ノ芽峠 ・ 福井(2014. 11. 30.)芭蕉は、永平寺で午後の一時を過ごし、夕方になってから福井の町へ向かった。「おくのほそ道」には『福井は三里ばかりなれば、夕飯したためて出づるに、黄昏の道たどたどし』とある。この永平寺から福井までが ... » more
テーマ 紀行 奥の細道

奥の細道紀行 37. 全昌寺〜永平寺 ・ 全昌寺(2014. 11. 29.)八月五日(陽暦9月18日)山中温泉で芭蕉と別れた曾良は全昌寺で宿泊して、七日に出立している。芭蕉が小松で生駒萬子にあった後『大聖寺の城外、全昌寺といふ寺に泊』ったのは、『曾良も前の夜この寺に泊 ... » more
テーマ 紀行 奥の細道

フォトひとり言奥の細道紀行 36. 山中
奥の細道紀行 36. 山中 ・ 山中(2014. 11. 29〜30.)七月二十七日(陽暦9月10日)小松から山中温泉に到着した芭蕉の、山中温泉滞在中の動静を「曾良随行日記」は次のように記載している。『廿七日・・・山中ニ申ノ下刻着。泉屋久米之助方ニ宿ス。山 ... » more
テーマ 紀行 奥の細道

フォトひとり言奥の細道紀行 35. 那谷
奥の細道紀行 35. 那谷 ・ 那谷(2014. 11. 29.)芭蕉は、七月二十七日(陽暦9月10日)小松から山中温泉に行き、八月五日(陽暦9月18日)に曾良と別れ、北枝を伴って再び小松に赴く途中で那谷寺に詣でた。「曾良随行日記」には、『五日 曇。昼時分、翁 ... » more
テーマ 紀行 奥の細道

フォトひとり言奥の細道紀行 34. 小松
奥の細道紀行 34. 小松 ・ 小松(2014. 11. 29・30.)芭蕉は、七月二十四日(陽暦9月7日)盛大な見送りを受けて金沢を立ち、小松で近江屋という旅宿に泊まった。金沢の北枝も同道した。翌日出立しようとしたが、小松の人々に引き留められ、山王宮(日吉神 ... » more
テーマ 紀行 奥の細道

フォトひとり言奥の細道紀行 33. 金沢
奥の細道紀行 33. 金沢 ・ 金沢(2014. 11. 28.)七月十五日(陽暦8月29日)高岡をたった芭蕉は、埴生八幡宮を拝み、倶利伽羅峠を越えて加賀の国に入り、『未ノ中刻』(午後3時)、加賀百万石・北国第一の城下町金沢に到着した。「曾良随行日記」十五日の ... » more
テーマ 紀行 奥の細道

奥の細道紀行 32. 奈呉の浦〜倶利伽羅峠 ・ 奈呉の浦(2014. 10. 26.)滑川に一泊した芭蕉は、富山へは寄らず、神通川等を渡り放生津に入った。「おくのほそ道」には『黒部四十八が瀬とかや、数知らぬ川を渡りて、那古といふ浦に出づ』と記している。奈呉(那古)の浦は放 ... » more
テーマ 紀行 奥の細道

 

最終更新日: 2017/06/27 17:45

「奥の細道」のブログ関連商品

» 「奥の細道」のブログレビュー をもっと探す

「奥の細道」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る