誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    プロコフィエフ

プロコフィエフ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「プロコフィエフ」のブログを一覧表示!「プロコフィエフ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「プロコフィエフ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「プロコフィエフ」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

おすすめCD プロコフィエフのソナタとピアノ協奏曲 たまには音楽の記事も書かねばということで、今回はプロコフィエフのおすすめCDを。ロシアを代表する作曲家の1人、プロコフィエフ。その風貌はさながら、「怖くないプーチン」「KGBで殺しを学ばなかったプーチン」といった感じ。極 ... » more
テーマ プロコフィエフ おすすめ演奏・録音 ピアノ・音楽・クラシック

2012年10月20日、東京・サントリーホールで行われた、日本フィル定期演奏会。プロコフィエフ交響曲全曲演奏プロジェクトの最終回が行われた。曲目は、プロコフィエフの交響曲第6番と、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲。前半、チャ ... » more
テーマ チャイコフスキー プロコフィエフ 日本フィルハーモニー交響楽団

これは聴いてて気持ちいい!  スキタイ組曲『アラとロリー』/ ラトル バーミンガム市響 この演奏好きタイ・・(九州弁)。・スキタイ組曲『アラとロリー』1.ヴェレスとアラへの讃仰 2.邪神チュジボーグと魔界の悪鬼の踊り 3.夜4.ロリーの栄えある門出と太陽の行進バーミンガム市交響楽団 ... » more

■プロコフィエフ:イワン雷帝(コンサート・シナリオ版)ヤルヴィ&フィルハーモニア管弦楽団、他\490(\2,405)HMVはこちらタワーレコードはこちら※タワーレコードはCDのジャケットが間違っていると思われる。 ... » more
テーマ 購入したCD プロコフィエフ

ようやく出張から帰ってきました。いやー疲れました。時間がなかったので東京の滞在時間は1時間ほどでしたが、なんとかディスクユニオンに寄ることができ、何枚か戦利品を獲得できました。もう少し時間があればいろいろと回れたんですがねー。結局行けたのは ... » more
テーマ クラシック プロコフィエフ ドノホー

ポリーニのプロコフィエフ 「ピアノソナタ第7番」 前に書いたLAMYの万年筆が届いたのでさっそく使ってみました。いやー、非常に使いやすいですね。LAMYはドイツのメーカーで、元々は子どもの学習用として生産されていたとか。そのせいか、ペンを握るところが自然に正しいペンの持ち方になるような形状 ... » more

プロコフィエフの交響曲第5番を聞きました。CDは、マゼール盤です。この曲は、第1番「古典」とともにプロコフィエフの代表的な作品です。第二次世界大戦の終わり近くに、わずか2か月ほどで完成されました。ソ連がたいへんな犠牲をはらって、ようやく ... » more

プロコフィエフの組曲「ロメオとジュリエット」を聞きました。CDは、ロストロポーヴィチ盤です。この曲は、もともとはバレエ音楽として作られました。題名の通り、シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」にもとづいています。曲の方は「ロメオ」です ... » more

プロコフィエフのヴァイオリン協奏曲第1番を聞きました。CDは、ミンツ/アバド盤です。この曲は、3楽章形式で書かれていますが、普通の協奏曲とは違って、緩急緩という順序になっています。それだけではなく、よく透明感というい言葉が使われると思い ... » more

プロコフィエフの交響曲第1番「古典」を聞きました。CDは、アバド盤です。この曲は、「もしもハイドンが20世紀に生きていたら書いたかもしれない交響曲」という観点で書かれたので、「古典」という名前がつけられています。オーケストラの編成も、ハ ... » more

プロコフィエフのピアノ協奏曲第3番を聞きました。CDは、アルゲリッチ/アバド盤です。わたしは、プロコフィエフというと、「ピーターと狼」くらいしか知らなかったのですが、今回、2枚組のプロコフィエフ作品集を買ったので、彼の作品をまとめて聞く ... » more

タコ部屋からポリーニ
ポリーニ 前にあげた「クラシックCDの名盤」の3人の評論家はポリーニに冷たい。宇野氏は「そやろなあ」と想像もつくが、あとの二人も全然評価していない。旧版から書き足していないのもポリーニに気の毒な感じがする。そんなに嫌い?ここで書か ... » more

タコ部屋からリヒテル
リヒテル プロコフィエフといえば「ピーターと狼」。狼はファシズムやナチスを象徴している。ピアノ協奏曲3番は「越天楽」の影響を受けた、と教わった。あとは古典交響曲。新古典主義の作曲家。歴史を囓った人は旧ソビエト体制迎合派 ... » more

プロコフィエフの交響的物語「ピーターと狼」を聞きました。CDは、コシュラー盤です。この曲は、亡命していたプロコフィエフがソ連に帰国してから、子ども向きのお話つき音楽を依頼されて作曲したものです。お話の台本もプロコフィエフが書いています。 ... » more

ミューザ川崎シンフォニーホール&東京交響楽団名曲全集第48回2009年6月20日(土)18:00〜ムソルグスキー:はげ山の一夜(原典版)プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番ピアノ・アンコールラヴェル:夜のガスパール ... » more

プロコフィエフ:フルートソナタ(清木ナツキフルートリサイタル) プロコフィエフのフルートソナタ二長調Op.94今ではフルーティストにとっては欠かせないレパートリーですが、ジェームス・ゴールウェイとマルタ・アルゲリッチの黄金コンビがこの曲の火付け役となったようです。作曲が1942〜19 ... » more
テーマ プロコフィエフ ジェームズ・ゴールウェイ 清木ナツキ

プロコフィエフ:交響曲第2番&第3番ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー指揮USSR放送大交響楽団(1962年、1969年録音)1週間ぶりに今日から出勤。1週間で体調も随分回復したし、昼間に図書館など歩いて ... » more

プロコフィエフ『ヴァイオリン協奏曲』の演奏比較 66.ヴァイオリン協奏曲第2番ヴァイオリンというのはもっとも華やかでヒロインタイプの楽器。この曲はプロコフィエフのなかではもっともロマンティックな作品と言えるだろう。その豊潤さと、現代的緊張のはざまに、えもいわれる官能が待ち伏せ ... » more
テーマ クラシック音楽 チョンキョンファ プロコフィエフ

プロコフィエフ『ロミオとジュリエット』の演奏比較 65.『バレエ音楽“ロミオとジュリエット”』ソフトバンクのコマーシャルで一躍有名曲の仲間入りを果たした。この曲は名曲なのに長らく定番の位置を得られなかった。それは、全曲版はやや間延び。かといって、組曲版、抜粋版は確定的なものがな ... » more

プロコフィエフ『交響曲第1番“古典”』の演奏比較 プロコフィエフもうずいぶん昔、“題名のない音楽会”かなんかで、プロコフィエフの作曲の逸話として“モーツァルト風に作曲して、プロコフィエフ流にアレンジするのさ”と本人が語った、という内容の話を聞いた覚えがある。新古典派と単純に分類 ... » more

引き続きiTunesにCD入力作業中。モーツァルト:ピアノ協奏曲全集(キルシュネライト)や弦楽四重奏曲全集やらボックスものを中心に入れております。戸川純、斉藤由貴、ビョークも全部入れました。そろそろマーラーとワーグナーあたりに行 ... » more

今日は履歴書を書いて、相手企業に郵送。面接にこぎつけられるか?午前中に用事を済ませて、午後からは音楽をじっくり聴いています。仕事しだすとこういう時間が貴重になるから、大切にしようと思う。(画像をクリックすると ... » more

プロコフィエフ 交響曲第1番《古典》/ ジュリーニ シカゴ交響楽団(365枚棚卸215) 2006年8月2日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓しました。http://garjyu.at.webry.info/200608/article_2.html“ノーブル”という言葉があります。『高貴、上品なさま』。これ ... » more

プロコフィエフ 交響曲第7番 / テンシュテット バイエルン放送交響楽団(365枚棚卸174) 2006年6月23日にはこの曲の入ったCDを紹介↓致しました。http://garjyu.at.webry.info/200606/article_25.htmlこれはまず曲が良いですね。プロコフィエフの交響曲と言え ... » more
テーマ クラシック音楽 プロコフィエフ テンシュテット

なんて、美しく、楽しく、しかも格調高いプロコフィエフなんでしょう。やはり、このコンビ、最高だったんですよね。ジュリーニという人は、音楽以外に、名声や金銭などに、一切欲のない人だったと聴きます。ましてや、どこそこオーケストラの音楽監督 ... » more

『プロコフィエフはこんな素直な音楽も書いていたんだ。』、ということ、『テンシュテットはプロコも得意だったんだ』という二重のポジティブ・サプライズでした。プロコフィエフの交響曲を真面目に聴いたといえるのは、1番と5番くらいでしょうかね ... » more
テーマ クラシック音楽 プロコフィエフ テンシュテット

プロコフィエフ プロコフィエフ、セルゲイ(1891〜1953)(127)ヴァイオリン協奏曲第2番(128)ヴァイオリンソナタ第2番切れ味の鋭いリズムと激しく強い表現に特徴のあるプロコフィエフ。「アラとローリー」「ロミオとジュリエット ... » more
テーマ クラシック音楽 チョンキョンファ プロコフィエフ

 

最終更新日: 2016/11/29 14:44

「プロコフィエフ」のブログ関連商品

» 「プロコフィエフ」のブログレビュー をもっと探す

「プロコフィエフ」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る