誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    評論

評論

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「評論」のブログを一覧表示!「評論」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「評論」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「評論」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

Shitekiな空間エトスの受容
エトスの受容 作家論「エトスの受容」堀口誠氏より戴く20名の作家の特質を、生と死、愛と別れと勇気、清純と英知、詩と散文、逆説と機知などのうちに受容し、《この世界はすべて美しい一冊の書物へと到るために創られている》というマラルメ ... » more
テーマ 評論

技術や人文知識・国際業務、技能などのいわゆる就労資格を貰っている者が就労先を変更した場合は、在留期間が半年以上残っている時と概ね三ヶ月を切っている時とによって、対応を考えた方が良い。在留期間の更新許可申請が未だ先になる場合は、就労資格証 ... » more

『グレン・グールド−未来のピアニスト−』(青柳 いづみこ) グレン・グールド。キャリアの絶頂時にコンサートツアーを止め、引き篭ってレコーディングに専念した極めて異端のピアニストと言われる。同業者からすると「なぜコンサートを開かないのか?」が最も問題となるらしいが、そんなギョーカイとは一切関わりのない ... » more
テーマ 音楽 評論

(4)入国警備官が20年間に渡り、行政文書を持ち帰るについて考える 今回の事件について言えば、O君は知らなかったと言っている訳でもなく、事実をありのままに認めている訳だから、刑事告発するまでもないとした入管局の対応はこれまでの流れからすると自然な流れによる選択である。九鬼の事件も当初はそのような決着を付 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論  コメント(1)

O君の自宅には、シュレッダーもあったと言うから、既に裁断されて処分された公文書があった可能性がある。これは公文書毀棄に当たり、九鬼が懲戒免職となった事件と発端を同じくするものだ。九鬼と稲田が懲戒免職となり、刑事裁判で執行猶予つきとは ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

今回の事件(これは事件だよ!)が組織の問題から起因するものなのか、あくまでも個人的な問題から起因するものなのかを考えて見る。O君(これからこの入国警備官をO君と呼ぶ)の自宅に溜め置かれた文書の中には、照会関係の文書から指紋原紙に至るまで ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論  コメント(4)

(1)入国警備官が20年間に渡り、行政文書を持ち帰るについて考える 今朝のことだ。次のようなコメントが入ってきた。寡聞にして全く承知していないし、毎日新聞の記事らしいが、毎日は大嫌いだから当然、読むことなどはなかった。「今年3月30日入管警備官を懲戒処分行政文書20年間持ち帰るのニュースをどのようにお考 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論  コメント(1)

このような失敗を犯してしまえば、その申請内容自体が疑わしいものと認識され、如何に要件や実態が許可に値するものであろうとも、許可されないという結果に結びつく場合がある。まあ、不交付や不許可の理由の開示時において、その点が指摘され再申請する ... » more

許可される申請には、タイミングと理由書の内容が大きく影響する。時間的な余裕はあればあるだけ良いのだが、大体が切羽詰った状況に陥った時に動き出すから、タイミングというより拙速さが要求される。俺が理由書や申請書を作成する時に必ず心掛けている ... » more

その者たちにいつも言うのは、おかしな状況にあるということにいい加減気付きなさいということだ。何しろ申請書に何が書かれているのか、全て他人任せで、就職先がどこなのかさえ知らないなんてことが当たり前のようになっている。それが露見するや否 ... » more

虚偽申請として、在留資格の更新や変更が認められなかったり、更には与えられていた在留資格が取り消されたりする経験をしたり、聞いたりしたことはありますか。虚偽とされるのは、就労している会社が実在しなかったり、経歴や学歴を詐称していたり、同居 ... » more

「東大生はバカになったか 知的亡国論+現代教養論」  評論「東大生はバカになったか知的亡国論+現代教養論」2001年立花隆著文藝春秋2001年10月30日第1刷2001年12月15日第4刷2012年4月7日(土)読了タイトルに惹かれて買ってみた。が、読み始めてみると自分には東大およ ... » more
テーマ 教養 立花隆 評論

入国審査官の言う法律で夫婦は同居をしなければならないというのは、民法に規定する夫婦同居、相互扶助のことであろうが、これは夫婦間において義務付ける規定であり、夫婦として婚姻を届け出る要件や日本人の配偶者として在留を認める為の要件ではない。 ... » more

話がここまでで終わっていれば、実態調査を実施し、二人を呼んで事情聴取した入国審査官の良い仕事であったのですが、つい口を滑らせたのか、入国審査官は余計な一言を言ってしまいました。「偽装結婚じゃないのか?見た目は兎も角、年令も離れているし、 ... » more

ある夫婦の家に実態調査が行われました。日本人の男性と外国人の女性の家です。実態調査が行われること自体、夫婦の実態が疑われているからなのですが、調査に来た入国審査官は同居している日本人の男性の母親から衝撃的なことを聞いてしまいます。「 ... » more

では、そうした者の誰もが何の躊躇いもなく「自費出国許可申請書」に署名するのかと言えば、そうではない。そうした者たちが署名するに至るには、入管の譲歩と言うか、宥めたり賺したりすることで、それらの者に対して署名を促すのだ。「本来なら収容 ... » more

これは出頭申告して来る者を想定してのことであり、違法な状態にあった者が帰国したいと望み、そのままでは帰国できないことから出頭するのだから、当然帰国用の費用または航空券が用意されていると考えられることから、送還費用の問題はないということである ... » more

59条送還については、「入管法を読む」で解説しているが、要するに運送業者が入管法違反者と認識できる者を運んできたかということに尽きる。有効な旅券を所持していなかったり、有効な査証を所持していなかったりした者を乗せて来たというような場合だ ... » more

退去強制令書が執行されると、強制送還の準備段階に入るのだが、送還(帰国)するにあたり、その費用をどうするかといった問題が生じる。強制送還と聞くと、その費用は国が負担して、無理やり送還するように思われるかもしれないが、送還される者が費用を ... » more

評論「世界の陰謀論を読み解くユダヤ・フリーメイソン・イルミナティ」2012年辻隆太朗著講談社現代新書2012年2月20日第1刷発行2012年3月25日(日)読了「偽史を紡ぐのは誰か?偽書・世界征服計画の書『プロトコル』、フラ ... » more
テーマ 陰謀論 評論

評論「ジェンダーの神話[性差の科学]の偏見とトリック」MYTHOFGENDER1985年アメリカアン・ファウスト・スターリング著池上千寿子根岸悦子訳工作舎1990年5月10日発行2012年3月20日(火)読了性差というものを研究 ... » more
テーマ 科学書 ジェンダー 評論

退去強制令書を示した入国警備官は、退去強制令書の端に本人の署名を取ることになっている。良く質問されるのが、これに署名したら強制送還されるのか、署名しなかったらどうなるのか等の話である。単刀直入にお話すると、署名しようがしまいが、退去 ... » more

最近になって入管関係の話で検索して、俺のブログに辿り着いた人の質問に、他のところでは的確に答えていないことに気付いた。不確定な話が広がると、噂が噂を呼んでとんでもない話が流布することになる。個別の案件については、問題が生じる恐れがあ ... » more

「「ならずもの国家」異論」 国家=幻想の共同体 評論「「ならずもの国家」異論」2004年吉本隆明著光文社2004年1月30日初版第1刷発行2012年3月17日(土)読了吉本隆明(よしもとたかあき)氏。2012年3月16日死去。享年八十七。吉本隆明の本はほとんど読んだこ ... » more
テーマ 吉本隆明 評論

ここまで偉そうなことを言ってきたが、俺たちの方にもそういった考えを容認するような雰囲気があったのは間違いない。俺でさえ、入管法違反者の取締りと交通違反の取締りを、同じ行政罰だからという視点で比較考量していたのだから・・・。たまたま運 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

窓ガラスが破損したままに放置しておくと、不心得な者がそこにごみを捨てたり、他の窓も破損させようとしたり、通常、物を壊すという行為を行うことがないような者であっても、そうした荒れた環境・状況を見ると、意外なことに常にはやらないであろう行動をと ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

そうした現実に眼を向けることなく、情緒的にかわいそうであるとか、その者の人柄が良いから目こぼしがあっても良いのではないのかとか、利益を上げている雇用主だけではなく、直接に関係していない一般の人の中に不法残留や不法就労などの入管法違反が軽微な ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

「日本人がやりたがらない。人を募集しても集まらない。だからと言って、日本に在留すること、就労することが認められていない外国人を雇用することは、不法就労の助長に当たるだけではなく、就労環境を改善・向上させる、就労に見合った報酬を支払う、不安定 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

摘発先でよく言われたのが、「在留期限を過ぎたことで、誰に迷惑を掛けている訳でもないのに」「日本人がやりたがらない仕事を一生懸命やってくれているのに」と言ったものだった。そこにあるのは手前勝手な理屈なのだが、その言葉だけをその現場で聞くと ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

そういった者たちの摘発も蔑ろにしていた訳ではない。どちらかと言えば、積極的に行っていたと言うのが正しい。他の班より、他の担当よりも一人でも多く、一箇所でも多くの摘発を実施していたと言って良い。摘発月間ともなれば、摘発実績を大きく張り出し ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

 

最終更新日: 2017/06/21 04:29

「評論」のブログ関連商品

» 「評論」のブログレビュー をもっと探す

「評論」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

文学の墓場―20世紀文学の最終目録 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 文学の墓場―20世紀文学の最終目録
角川書店 フレデリック ベグベデ

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

「評論」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る