誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    評論

評論

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「評論」のブログを一覧表示!「評論」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「評論」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「評論」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

・お客のコメント「お風呂も立地も満足です。少しお風呂は小さいし洗い場も少なく感じますが…。立地は湯畑まで少し歩きますが風情ある町並みを歩くには最高です。下駄を貸してくれるサービスもいいですね。バスタオルも何もないのには少しがっか ... » more
テーマ 評論  コメント(2)

ミケランジェロ―天才の色欲(しきよく) 「ミケランジェロ展天才の軌跡システィーナ礼拝堂500年祭記念」を9月から10月にかけて都合4回も(!)見てしまった。(国立西洋美術館会期は11月17日(日)まで)9月に最初に訪れた時は、さほど念入りに見て廻った訳ではなかった。ところが、 ... » more

イースター島のモアイを作った民族の絶滅等を論じた上巻を飛ばして、江戸時代の森林保護が事例で出てくる下巻第9章 存続への道 から読み始めた。ハイチとドミニカ とか ルワンダ とか知らなかった。 全編、環境保護しないと人類は絶滅すると説いてい ... » more
テーマ 評論

「人に強くなる極意」(青春新書)佐藤優著(青春出版社 880円) 「人に強くなる極意」(青春新書)佐藤優著(青春出版社880円)どんな相手にも「ぶれない」「びびらない」「怒らない」--。ビジネスでも人生でも、人と相対したときにどう振る舞えるかが結果を大きく左右する。いつでも最高のパフォ ... » more

『保守論壇亡国論』山崎行太郎著(K&Kプレス 1470円) 『保守論壇亡国論』山崎行太郎著(K&Kプレス1470円)内容紹介中国を批判し、靖国神社に参拝し、愛国心を尊重すれば、あなたも明日から「保守」になれます――「保守」はいつから「サルでもなれる保守」になったのか。昨今 ... » more

最初の文: RMTに対する個人的な、特にISKスタジオを磨くが、私の愚見では、不正確やミス、理解の多くの非常に多くが存在する必要があり、誤って散布その後、最初の長い髪を貼り付けると、エラーを編集できます私:)許す第1章。 ... » more
テーマ ゲーム rmt 評論

俺が受任した案件については、依頼者と連絡が取れなくなるようなことがあれば格別、基本的に受任した案件に係る質問については随時応じることにしているし、在留中に留意しなければならないこと、変動・変化があった時にしなければならないことなどについて、 ... » more

入国管理局は公務員の定員削減計画下においても増員が認められてきたが、それは主に不正規の外国人を取り締まる入国警備官に振り向けられてきた。正規業務を取り扱う入国審査官は増員対象にはなく、減少傾向は続いている。特に繁忙期である3月、4月や年 ... » more

在留期限が到来しても、許可されないことに焦りを感じた取り次ぎをした行政書士は、俺にどうしたら良いのかを問い合わせて来た。審査窓口の混雑具合や、入国管理局の審査官が夏休みに入る時期でもあったから、それで許可が遅れているのではないかと想像す ... » more

その行政書士は何でもない更新申請だと考えていた。だから、金のかかる俺に相談や助言を求めることなく、必要最小限度の申請書を作成し、取り次いだのだった。二週間もすれば許可通知が届くと思っていたところ、届いたのは追加資料の要請だった。申請 ... » more

入管手続きの依頼を受けて、申請取次行政書士や申請取次資格を有する弁護士などが、認定や変更、更新などの申請を取り次いで許可を受けた後のアフターケアについて考えてみたい。先月のことだ、ある行政書士から「昨年、在留資格の変更を申請する時に、先 ... » more

幕末、明治期の日本人の男の裸のいとおしさ (その3) (最終回)明治期の日本と周辺の国々の政情などを描いた風刺画で知られる、フランス人の画家ジョルジュ・ビゴ―(1860《万延元》年〜1927《昭和2》年)は1882《明治15》年22歳で来日し、1899《明治32》年(39歳 ... » more
テーマ 幕末、明治期の日本人の男たちの裸身 評論

幕末、明治期の日本人の男の裸のいとおしさ (その2)『セイラム・ピーボディー博物館蔵百年前の日本モース・コレクション[写真編]構成:小西四郎+岡秀行』と『セイラム・ピーボディー博物館蔵モースのみた日本モース・コレクション[民具編]構成:小西四郎+田辺悟』という二冊の本を読んだ。 ... » more
テーマ 幕末、明治期の日本人の男たちの裸身 評論

Ban'ya第1回椎の木賞の賞金袋
第1回椎の木賞の賞金袋 1984年、坪内稔典、宇多喜代子の2人を選考委員とする第1回椎の木賞を、私はもらった。第1評論集『俳句のポエティック戦後俳句作品論』(静地社、1984年)に対してだったと記憶する。第2回以降続かなかった賞で、そういう点では貴重。屋根 ... » more

幕末、明治期の日本人の男の裸のいとおしさ (その1)今年(2013年)の4月から6月にかけて上野の国立科学博物館で催された「からだが語る『大江戸』の文化江戸人展」を観た。江戸期の日本人の男たちの裸が見られるのではという期待があった。期待に違(たが)わない、むしろそれ以上の収穫だ ... » more
テーマ 幕末、明治期の日本人の男たちの裸身 評論  トラックバック(2)

「つながりすぎた世界」ウィリアム・H・ダビドウ著 酒井泰介訳(ダイヤモンド社 1890円) 「つながりすぎた世界」ウィリアム・H・ダビドウ著酒井泰介訳(ダイヤモンド社1890円)【書籍・書評】日刊ゲンダイ2013年3月25日 掲載<「過剰結合」された世界のリスク>インターネットの驚異は何より時間 ... » more
テーマ 書籍・書評 日刊ゲンダイ 評論

昨年の衆院選にて、憲法改正に賛成する立場の衆議院議員が多数派を占めるに至りました。しかし、具体的に何がどう問題で改憲する、ということの前に、今議論されているのは憲法96条の改正、つまり改憲手続きの要件を、国会議員にとってやりやすくするという ... » more
テーマ 評論 憲法 96条

即席評論43.やかましき広告手法
43.やかましき広告手法 コマーシャルで何度も同じフレーズを繰り返されるといらっとする。おそらく無意識に刻みつけたいのだろうが、その前に不快を感じて遮断するのが落ちで。あんなのに影響される受け手なんているのかと疑いたくなる。 ... » more
テーマ 評論

自由民主党の「日本国憲法改正草案」批判とエロス(色情) 自由民主党の「日本国憲法改正草案」(平成24年4月27日 決定)と「日本国憲法改正草案Q&A」を読んだ。ことに後者の「・・・草案Q&A」は大部でインターネット上のページをプリントするのにもかなりの時間を要した。(前文)も含め、全体を通し ... » more
テーマ 自民党の憲法改正草案批判 評論

即席評論42.発禁にしとくには余りに
42.発禁にしとくには余りに ミリ・バニリのアルバム『オール・オア・ナッシング』は、グラミー賞に輝いただけあって傑作だった。それが剥奪されたのは、周知の通りボーカルが口パクだったからで。あとからCDを探したらなくて、ディス ... » more
テーマ 評論

俺が現役の頃のことだ。収容場内で規律を乱したり、器物を損壊したりした者に対して、別収容したり、他の者と隔離収容したりしたが、その過程において殴打することもあった。連行に応じない者、とりわけ力で抵抗する者などには容赦しなかった。入国警備官 ... » more
テーマ 入国警備官 評論 独り言

体罰(有形力の行使)としては学校教育法によって認められているものではないが、未だに教員や教育委員会、PTAなどの教育に関係する者の中では、一部分において容認されている風潮が消えていない。また、俺自身が有形力の行使を有効として、完全否定し ... » more
テーマ 入国警備官 評論 独り言

今テレビで、大阪の高校生が部活顧問による体罰?を苦にして自殺した問題について話していた。その中で、あるゲストが「子供にも問題があったのではないか」との発言で紛糾していた。俺が思うに、今回のケースは体罰の域を超えていて、最早暴力の行使 ... » more
テーマ 入国警備官 評論 独り言

11月29日(木)の深夜、と言っても24時28分から25時15分というから、30日(金)の0時28分から1時15分と言った方が良いのかもしれない。テレビ東京の深夜番組、「暴露ナイト」に出演します。既に収録は終わっている。春先に出演依頼の ... » more
テーマ 評論 独り言 小説

嘗て陸運局にいた友人が、「法務省であれば政治家や実業界の者の誘惑や要請などはないだろうからいいなあ。僕のところはいろいろあってね。最初は憤慨していたのだけれど、徐々にそんな雰囲気の中で汚れて行くようで堪らないよ」と言っていた。入りたての ... » more

「アメリカが見つかりましたか ━戦前篇」 めりけん・じゃっぷはここにいる 評論「アメリカが見つかりましたか━戦前篇」1998年阿川尚之(あがわなおゆき)著都市出版1998年11月10日初版発行2012年11月10日(土)購入BOOK・OFFパサージオ西新井店価格105円2012年11月11日(日)読了 ... » more
テーマ 阿川尚之 評論 アメリカ

実際に興業の資格では許可しないと言っていながら、都内で許可されている例もあり、それを招聘したのは有力な政治家が絡んだ興行元(プロダクション)であることから、いくら接客を伴わない興業本来の活動だと認めたからだと言っても、見る者が見れば明らかに ... » more

それを今回の法務大臣の更迭人事に至る過程について考えれば、人事権者が適材ではないと言うことか、それとも補佐する立場で回りにいる者が適材ではないと言うことか、いずれにしても上も下も迷走するのだけはいい加減にして貰いたいものだ。混乱の中で任 ... » more

荻崎正広World東京を撮った円谷順一
東京を撮った円谷順一 2007年に入手した円谷順一(えんや・じゅんいち。通称大阪のおっちゃん。1971《昭和46》年10月死去。享年54歳)のアルバムの中の一冊を見ていた時、それまでは特に見なかった何枚かの写真の裏に、円谷の手で簡略にメモが記されていることに気づ ... » more
テーマ 円谷順一(大阪のおっちゃん) 評論 東京  トラックバック(2)

ある警備官が監理官になって、人事異動の季節を迎えた。東京管内の人事異動はその監理官が決めていい。歴代の監理官は、他の管轄からの異動を受けて、おおまかな人事配置を決め、細々とした配置については、異動を予定していない幹部職員の意見を参考 ... » more

 

最終更新日: 2016/12/08 16:21

「評論」のブログ関連商品

» 「評論」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る