誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    評論

評論

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「評論」のブログを一覧表示!「評論」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「評論」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「評論」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

即席評論47.南全才人連
47.南全才人連 学生時代はほとんど洋楽しか聴いてなかったんだけど、アルバイト先の仲間が三人ともサザンのファンだと知って。その頃はもちろんプリンスの全盛だったから、けっと思っただけだった。そしたら「メロディ」がヒットしていい曲だなと。 ... » more
テーマ 評論 エッセイ

「俳句の新詩学D クーシューの画期的三行訳」送稿 「俳句四季」2014年5月号向け、「俳句の新詩学Dクーシューの画期的三行訳」を送稿。フランス20世紀の教養人ポール=ルイ・クーシューの俳句三行仏訳を分析。ヴェルレーヌの四行詩とも比較。意外な結論が出た。下は、「俳句の新詩学C ... » more

荻崎正広World更なる円谷順一
更なる円谷順一 (その3)(最終回)画面左上段の人物を、円谷順一(えんや・じゅんいち)は数多く撮影している。このモデルの場合も含め、多くは撮影年月日が記されていないために、確かなことは分からないながら、何年かに渡って彼を撮ったようだ。前回(その2)で取 ... » more
テーマ 円谷順一(大阪のおっちゃん) 評論  コメント(4)

46.監督の異常な愛情又は私はいかにして 去る一月のTVBrossに映画『ROOM237』の監督インタビューがちっちゃく載ってて。テーマは要するに『シャイニング』へのオマージュであり、それほどまでに素晴らしいのだと。20代にレンタルビデオで ... » more
テーマ 評論 エッセイ

「すべてのJ-POPはパクリである。 現代ポップス論考」マキタスポーツ著(扶桑社 1,260円) 「すべてのJ-POPはパクリである。現代ポップス論考」マキタスポーツ著(扶桑社1,260円)すべてのJ-POPはパクリである (~現代ポップス論考)扶桑社 マキタスポーツ Amazonアソシエイト by すべ ... » more

荻崎正広World更なる円谷順一
更なる円谷順一 (その2) 左上段の画像の中の、両手を縛られ尻を据えている人物は、「お助けおじさん」と呼ばれ、円谷順一(えんや・じゅんいち)の年下の親しい友人だった。彼は円谷の写真の中に他の誰よりも多く登場し、数多くの男たちとの絡みの姿を残している。相 ... » more
テーマ 円谷順一(大阪のおっちゃん) 評論

昨年末、某所で会合が開かれた。その席には人材派遣を業とする人や、研修生を扱っている人などがおり、話題は建設労働者の不足に外国人を充当できないかという話に及んだ。外国人を受け入れるにあたって、入国の事前審査と入国審査、在留状況の審査に当た ... » more

お客のコメント「湯畑に比較的近いが旅館の前が急坂なので出歩きには不便だった。」HPはあまり開きませんので今頃になりました。この急坂は「旧信州草津街道」です。昔の町は湯畑から下流で、当館から右に数分で湯畑、左に数分で大滝の湯。 ... » more
テーマ 評論  コメント(6)

nkp book short comment大野晋 日本人の神
国語学者によるカミホトケの語源解説。日本語とタミル語の稲作関連の相関が延延と続く。古代の神のミと上のミは万葉かなの研究から別音だった、という新知識はあったがカミとゴッドの違いについては常識通り。 ... » more
テーマ 評論

「俳句四季」2014年4月号向け、「俳句の新詩学C高柳重信の多行俳句」を送稿。高柳重信の多行俳句の技法、とくに4行俳句につき考察した。 ... » more

通常、労働者が熟達するにはどの位の期間が必要なのだろうか。学校を卒業後、就職した者がどの位で一人前となれるか。人によっても違うだろうが、普通に考えれば仕事をしながら習得するのに、10年がひとつの目安となると思う。それを考えると現在の ... » more

この後、少子高齢化社会が進み、労働力の減少に対して外国人の労働力を導入するにあたり、スキルや経歴をきちんと把握して入国させるのか、それとも入国・在留審査が比較的簡単であるという理由で身分に対して与えられる在留資格をもって在留する外国人を受け ... » more

「今日の「あまちゃん」から」細馬宏通著(河出書房新社 1,785円) 「今日の「あまちゃん」から」細馬宏通著(河出書房新社1,785円)今日の「あまちゃん」から河出書房新社 細馬 宏通 Amazonアソシエイト by 今日の「あまちゃん」から [ 細馬宏通 ]楽天ブックス 細馬 ... » more

いまさら聞けない入管の話 47 外国人労働者の導入について(4) 日本に中長期に在留する外国人のカテゴリーの中で、在留活動に対して与えられる在留資格と身分に対して与えられる在留資格があるのはご承知だと思うが、入管の入国・在留審査の相違点についてはあまり考えられていない。活動内容に対して与えられる在留資 ... » more

荻崎正広World更なる円谷順一
更なる円谷順一 (その1) 当ブログでも既に何回か取り上げているが、大阪のおっちゃんの通称で知られた円谷順一(えんや・じゅんいち)は、1971(昭和46)年10月、54歳で死去した。大阪府枚方(ひらかた)市に居住し、写真店を営みつつ途方もない数の男たち ... » more
テーマ 円谷順一(大阪のおっちゃん) 評論

そうして理想を何処かに置き忘れた体制は、現代の奴隷制度などと呼ばれるようになり、当初の目標であった労働力の確保すら覚束なくなったのである。その次に政府が考えついたのが、血統に目をつけた「定住者」を労働力として導入することだった。所謂 ... » more

「俳句の新詩学B」を「俳句四季」へ 1月21日(火)午後5時ごろ、「俳句の新詩学B長い俳句」を、月刊「俳句四季」2014年3月号(東京四季出版)あて送る。長い自由律俳句も、俳句の三句構造の発展型であることを、芭蕉の長い俳句から論じていった。それゆえ、短歌より長い41音 ... » more
テーマ 俳句 評論 雑誌

最初に選択した研修制度が、その高邁な理想からは程遠い問題の多い制度だったことは疑いの無いところだ。日本の技術力を海外に広めるために、発展途上にある国から研修生として迎え入れ、4年の研修期間の中で技術を習得し、本国で活躍して貰おうという制 ... » more

ステルスマーケティングという言葉をご存知だろうか?これを略した“ステマ”と言えば、2012年の流行語の候補にもなっているのでどこかで聞いたことがあるかもしれない。この言葉が世間で広く知られるようになったのは、大手グルメサイトの口 ... » more
テーマ 評論  コメント(2)

東北の復興も遅々として進まぬ中で、東京にオリンピックが招致されることとなった。復興が進まぬ理由の一つに、建設関係の労働者が足りないということがある。そこにオリンピック招致が決まり、七年後までにインフラや競技場の整備が急がれることとな ... » more

犬養孝の『万葉の人びと』(1982年2月3刷)を読みました。年末年始、図書館から借りた本を読み終えて、本棚から見つけて読みました。歴史的背景が詳しく、地域性も明らかで、その上での、万葉集の解説です ... » more
テーマ 評論

昨年は一口で言うとどういう年だったか?株がひさかたぶりの高値で大納会を終えた。円相場がひさかたぶりの安値を見た。中韓との緊張が高まった。貿易赤字が定着。失業率は多少低くなったが若年労働者の失業率が高い。廃炉への道は遠く険しく長い。東 ... » more

Ban'ya「俳句の新詩学A」校正
「俳句の新詩学A」校正 松飾りが一昨日からあちこちで見られようになる。最低気温が零下になる。「俳句四季」(東京四季出版)2014年2月号掲載の「俳句の新詩学A二行詩と三句構造のクレバス」の校正を終える。 参照「俳句の新詩学@」校正 ... » more
テーマ 俳句 評論 雑誌

何をしていたのかと言えば、何もしていなかったような、でも、ずっと、忙しくはあった!何を成し得たかと言えば、何一つ成し得なかったような、でも、形に残るものは手元にある。毎年、こうして過ごして来ている。望むことも、望まないことも、そ ... » more
テーマ 評論 独り言 小説

「俳句の新詩学A」を「俳句四季」へ 12月21日(土)午後4時半ごろ、「俳句の新詩学A二行詩と三句構造のクレバス」を、月刊「俳句四季」2014年2月号(東京四季出版)あて送る。下の写真は、夏石番矢「俳句の新詩学@俳句の古代的根拠」掲載の「俳句四季」2014年1月号表紙 ... » more

「田舎のパン屋が見つけた『腐る経済』」渡邉格著(講談社 1680円) 「田舎のパン屋が見つけた『腐る経済』」渡邉格著(講談社1680円)どうしてこんなに働かされ続けるのか?なぜ給料が上がらないのか?自分は何になりたいのか?--人生どん底の著者を田舎に導いたのは、天然菌とマルクスだった。講談 ... » more

「午前32時の能年玲奈」中森明夫著(河出書房新社 2100円) 「午前32時の能年玲奈」中森明夫著(河出書房新社2100円)「あまちゃん」を核にアイドルの未来を語る表題作と、書き下ろしの「同・完結編」のほか、「AKBと文学」「お笑いと文学」といったエッセイや、石原慎太郎、東浩紀、宮台 ... » more

「保守論壇亡国論」山崎行太郎著(ケイアンドケイプレス 1,470円) 「保守論壇亡国論」山崎行太郎著(ケイアンドケイプレス1,470円)保守論壇亡国論ケイアンドケイプレス 山崎 行太郎 Amazonアソシエイト by 保守論壇亡国論 [ 山崎行太郎 ]楽天ブックス 山崎行太 ... » more
テーマ 山崎行太郎 評論 書籍紹介

Ban'ya「俳句の新詩学@」校正
「俳句の新詩学@」校正 月刊「俳句四季」(東京四季出版)2014年1月号から連載の「俳句の新詩学」の初回の校正をすませる。参照「俳句の新詩学@」を「俳句四季」へ http://banyahaiku.at.webry.info/20131 ... » more
テーマ 俳句 評論 雑誌

月刊「俳句四季」2014年1月号(東京四季出版)から1年間俳論を連載することに。「俳句の新詩学」という総タイトルのもと12本の俳論の第1弾として、「俳句の古代的根拠」を編集部へ送付した。俳句が世界化しているのにもかかわらず、 ... » more

 

最終更新日: 2016/12/08 16:21

「評論」のブログ関連商品

» 「評論」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る