誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    評論

評論

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「評論」のブログを一覧表示!「評論」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「評論」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「評論」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

Ban'ya「吟遊」第71号校正中
「吟遊」第71号校正中。未入稿は、「第十一回世界俳句協会日本総会報告」の英訳のみ。巻頭は、日英版の評論、俳句宇宙のブラックホールと光エネルギーカイ・ファルクマンスウェーデンBlack Holes and Ligh ... » more

在留資格認定証明書が交付されたら、在留中の場合は、在留資格変更許可申請をして、その結果、変更許可されるのだが、それが在留資格の変更申請した当日に、認定証明書が交付されるのと重なったということだ。変更申請して少なくとも二から三週間待つもの ... » more

在留資格変更許可申請を受理して貰い、その足で在留資格認定証明書交付許可申請の取り下げをしようと永住難民審査部門の相談窓口へ赴いた。取り下げの申し出に対して、窓口の審査官はそっけない態度で応対していたが、在留中の認定証明書交付許可申請を本 ... » more

その方策とは、「短期滞在」の在留期間を延長して、認定通知書の交付を待つか、「短期滞在」から「日本人の配偶者等」への在留資格変更許可申請をするか、この二つであるが、それは迷うことなく在留資格変更許可申請をすることとした。在留資格変更許可申 ... » more

長谷川サダオ彷徨(ほうこう) (その1)尻(しり)という澄(す)み切った蕩(とろ)け 長谷川サダオ(本名は長谷川貞夫)は1945(昭和20)年8月15日(奇(く)しくも日本の終戦記念日)に、静岡県清水市(現在は静岡市清水区)に生まれ、1999(平成11)年11月20 ... » more
テーマ 長谷川サダオ 評論  コメント(2)

「短期滞在」からの在留資格変更許可申請は、原則として受け付けないが、所謂、人道的ケースについては受け付けているところ、相談に応じた者が、通り一遍の手続きを案内したものだろうと思われた。目の前に居る人間の変更許可申請は許可・不許可の結論を ... » more

先日、「短期滞在」で入国した後、日本国内で婚姻したことによる在留資格の変更申請を依頼された。滞在期限を一ヶ月後に迎えるその夫婦は、婚姻を届け出てから直ぐに入管へ行ったが、相談窓口において、「観光で入った後、結婚したからといって、日本人の ... » more

哲学者列伝。 ユーモア小説としているがよく調べた。しかし勉強にはならない、 ... » more
テーマ 評論

「七夕まつり」講演予定20167月7日「七夕まつり」(東京四季出版)講演―「星の祈り日本文化・文学の天上の光」七夕の背景なぜ7月7日か陰陽の星神星の宗教と五節句北極星と天皇陽数奇数 ... » more
テーマ 文学 評論・精神・思想 評論

最近の執筆「俳句界」2016・8月号大輪靖宏句集『海に立つ虹』論due June10「俳壇」2016・8月号加藤郁乎100句選&短評 due June 3「俳句四季」2016・8月号茨木和生句集『熊樫』鑑賞 ... » more
テーマ 俳句 評論・精神・思想 評論

大和が新羅と唐に白村江で敗れて朝鮮半島から撤退した、というのはどう考えてもおかしい。秀吉が出来なかったことが出来ていた、というのはありえない。日韓どちらにも天皇家がプサンあたりの豪族というのは都合悪いので歴史をねじまげている。この本は天皇家 ... » more
テーマ 評論

AIの三冊目。いよいよドライバースーツのアイデアは10年以内に実現する。楽しみ。自動運転はもっと早い。 ... » more
テーマ 評論

「石原慎太郎の社会現象学 亀裂の弁証法」森元孝著(東信堂 5,184円税込) 「石原慎太郎の社会現象学亀裂の弁証法」森元孝著(東信堂5,184円税込)石原慎太郎の社会現象学―亀裂の弁証法東信堂 森 元孝 Amazonアソシエイト by 石原慎太郎の社会現象学 [ 森元孝 ]楽天ブッ ... » more
テーマ 石原慎太郎の社会現象学 評論 森元孝

それに加えて、申請者の中には、就労可能な在留資格が取得できなかったり、在留期間の更新ができなかったりした場合に、取り敢えずといった形で難民認定申請する者が多く存在するというのも、更に難民申請を困難にさせている。申請を取り次ぐ行政書士や弁 ... » more

こうしてみると今、ヨーロッパで発生しているシリア難民などは、当に紛争から逃れてきている条約難民であると言えるのだが、そう言った現在進行形の避難民が日本に逃れてくることを阻むもの、そこに横たわるのは日本との距離の問題である。着の身着の儘で ... » more

Ban'ya文庫本に夏石番矢評論の引用
文庫本に夏石番矢評論の引用 たまたまネットで購入した、辻惟雄『あそぶ神仏江戸の宗教美術とアニミズム』(ちくま学芸文庫、筑摩書房、2015年)に、夏石番矢の評論からの引用があり、驚いた。北斎ほめる本に引用されて還暦夏石番矢 ... » more
テーマ 俳句 評論 出版

難民に認定される者の数が少ない理由には、所謂条約難民ではない経済難民が申請者の大部分を占めていることにも一因がある。【難民の地位に関する条約】 第一章一般規定 第一条「難民」の定義 Aこの条約の適用上、「難民」とは、次の ... » more

評論など必要ない 絵を描くときは常にクラッシック音楽のCDをかけている。音楽が、描く絵に影響されているかどうかわからないが、全くないとは言えないだろうと思う。なにしろ音楽なしで絵を描いたことが無いので。中学生の時に、音楽の授業でベートーベンの田園 ... » more

平成25年に我が国において難民認定申請を行った者は3,260人であり,前年に比べ715人(約28%)増加しました。また,難民の認定をしない処分に対して異議の申立てを行った者は2,408人であり,前年に比べ670人(約39%)増加し,申請 ... » more

明日、11月5日、ロイター通信の記者の取材を受けることになった。日本においては一般の関心の薄い難民問題に関する取材だ。俺の経歴から考えたのだろう。収容所における問題点について、取材したいという意向だった。そこで改めて日本の難民政 ... » more

そこで問題となるのは、入管の窓口での対応である。本人たちの言い分によると、申請中に出国しても問題はないのかと問い合わせたところ、問題はないとの回答を得たということだった。申請したその時に問い合わせたのだとしたら、申請者が「短期滞在」であ ... » more

では、何故、「短期滞在」では、在留資格変更許可申請をしている最中に、出入国をしては駄目なのでしょうか。「短期滞在」には数次査証もあることから、同じ「短期滞在」なら良いだろうと判断している方もいるようですが、「短期滞在」の在留資格は、例え ... » more

ここまでの話の中で、勘の良い方は今回の事案についての回答を導き出せたと思いますが、ひとつずつ検証してみたいと思います。在留資格認定証明書交付許可申請が許可となり、認定証明書が交付された時、日本にいようが外国にいようがどちらでも良いので、 ... » more

帰国した二人は再び日本へ戻ってきた。一人はみなし再入国で、一人は「短期滞在」で新規の入国を果たした。二人が再び日本に戻ってから程なく在留資格変更許可申請にかかる通知葉書きが届いた。葉書きを持って証印窓口に着いた二人を待っていたのは、 ... » more

「技術・人文知識・国際業務」を持つ者の配偶者として、「家族滞在」の在留資格を得るための在留資格認定証明書交付許可申請については、俺が指示した通りの文書を用意して、申請したところ、交付された。その時、新婚であった二人は既に日本に入国してい ... » more

以前、在留資格変更許可申請を取り次いだ外国人の関係者から、「先生、一体どうなっているの入管は?」との電話があった。俺が元入管職員であるが故のクレームに近い電話だ。内容は俺が取り次いだものではないから、俺にクレームをぶつけるのはお門違いな ... » more

ふたりとも好みの男という時 (その2)(最終回) 二人とも私の好みの男だという作品のもう一点が、これも絵画だが、左上の画像。「薔薇族増刊号夏」(1982《昭和57》年8月刊)に掲載された、神宮寺拳(じんぐうじ・けん)の作品の原画だ。誌面では、赤地の背景に短歌が一首 ... » more
テーマ 神宮寺拳 評論

ふたりとも好みの男という時 (その1) 私が所持しているゲイ・アートのコレクション(絵画や写真など)の中で、同一画面の中で描かれている、あるいは撮られている二人の男たちが、ともに私の好みだという作品が2点ある。(今回は、円谷順一(大阪のおっちゃん)の写真は除き ... » more
テーマ 評論 三島由紀夫 内藤ルネ(佐原サム)  コメント(2)

7月号読者の声より「大日如来という光の神」に語られる大乗仏教の有り様に同意を覚えた。空海の宇宙観の唯々頭を垂れるのみ。(長崎・谷川博美様) ... » more
テーマ 評論・精神・思想 評論

『世界がもし100億人になったなら』 分かっちゃいるけど止められない 評論『世界がもし100億人になったなら』スティーヴン・エモット著満園真木訳マガジンハウス2013年8月26日第1刷発行2015年7月26日(日)読了(注意!)ネタバレあり。著者はイギリスの科学者。タイトル通り、「世界 ... » more

 

最終更新日: 2017/02/22 11:36

「評論」のブログ関連商品

» 「評論」のブログレビュー をもっと探す

「評論」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る