誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    評論

評論

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「評論」のブログを一覧表示!「評論」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「評論」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「評論」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

平成3年の再読。生きている人の伝記を書いた。批判的にかいたのだろうが本人が話さない参謀本部のころとかシベリア抑留中のこととか批判しているが逆に頭がよく冷静な判断力があることが浮かび上がる。幼年学校から陸軍士官学校で片寄った教育を受けても ... » more
テーマ 評論

昭和57年再読。 博学、学術的。 しかし恐竜とかバクテリアフォージとか、へぇへぇで面白い。進化論では説明出来ない多様性を展開してくれる。雑誌連載の宿命、文中ギャグとはやり歌引用は今はもう通じない。。 ... » more
テーマ 評論

長谷川サダオ彷徨(ほうこう) 《補遺》 (その1) 初期作品の森の中へ 昨年(2016年)の6月から8月にかけて当ブログで書いた「長谷川サダオ彷徨(ほうこう)」(その1)〜(その3)は、私(荻崎)が長谷川サダオ(1945.8〜1999.11)の作品の中で最も強く引き付けられる ... » more
テーマ 長谷川サダオ 評論 田亀源五郎  コメント(3)

副題 政治力の差が明暗を分けた、 武田勝頼 足利義昭 柴田勝家 豊臣秀頼 特に新味なし。通説のままだが読みやすい。 昭和の政治家を比較するくらいが新味か。 ... » more
テーマ 評論

nkp book short comment司馬遼太郎 三浦半島記
再読。中村歯科の帰り古本屋でかった。 前はB5、今回は文庫。 前半2/3は鎌倉と頼朝、三浦党の話。磯子プリンスに泊まって書いたので金沢区から鎌倉は三浦半島のうちと思ったのか。 しかし今回は鎌倉歩きのおかげで読んでいて土地勘があった。 鎌倉武 ... » more
テーマ 評論

不思議で仕方がない・・・。 安倍晋三首相や菅義偉(すが・よしひで)官房長官などが、国際会議への出発の際や記者会見などの場で、「我が国と普遍的価値を共有する国々と連携して・・・」、「普遍的価値を共有する日米両国は・・・」などの発言(引用が必ずしも正確ではないかもしれませ ... » more
テーマ 憲法改正草案批判 評論 首相や官房長官の発言

結婚を偽装したことを認めたものの、退去強制に当たっては、容疑は不法残留容疑でしかない。告発も考えたが、警察は立件することに難色を示したので、強制送還することだけで事件は終結した。事件化されにくいというのは、偽装結婚を事件化する場合、 ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 評論

偽装結婚について考える(14) 男は直ぐに状況を理解したようだった。二人の男を従えて、俺の方に向かってくる。緊張の一瞬かと思ったが、意外に俺は落ち着いていた。この男が部屋にいなくて良かった。そんなことを考えていたのだから、室内で揉めるようなことだけは避けたかったからだ ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 評論

奥の部屋から、寝起きの女が目を瞬かせて出てきた。俺達の姿を見て、一瞬にして目を覚ましたかのように、口をぽかんと開けると、声も出ないような様子だった。俺はその好機を逃すことなく畳み掛ける。「本当に住んでいたのは、ここだったんだね。** ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 評論

エレベーターを降りた俺達は、部屋の前で配置に着いた。配置と言っても閉鎖された空間への打ち込みだから、裏口を抑える必要もなく玄関先に散開しただけだったが、それでも確認しなければならないことも多々ある。不在ではしょうがないので、最初に在宅し ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 評論

女性の入国警備官を含めて、総勢五人の態勢で池尻大橋の居宅に踏み込むことにした。オートロックのそのマンションは申告してきた居住地とは別格の様相を呈していた。直接、訪問する訳にも行かないので、どうしたものかと思案していたところ、外出しようと ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 評論

女はそこに住んでいないということになると、固定電話が置かれている所が違うのではないかと考えた。電話会社に申告してきた居住地の固定電話の設置場所を紹介してみると、当該の電話番号は申告してきた住所になっていた。それでは電話に応答した後、 ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 評論

偽装結婚について考える(9) 俺はもしかすると申告したときの住所地にいないのではないかと考え、「今日は家にずっといますか?」と尋ねると、「はい、用もないので家にいますよ」と答えが返ってきた。「そうですか、では、もう一度訪ねてみますので、室内を見せて下さい。よろしく」 ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 評論

実態調査に当たっては、事前に連絡を入れてやることはない。況してや偽装結婚を疑っている事案の実態調査であるから、抜き打ちに実施することにした。役所で待っている俺に、橋山から連絡が入った。居宅を訪ねたが応答がないというのだ。近隣の聞き込みを ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 評論

事件に着手したのは抗議を受けてから、更に半年ほど経ってからだ。少し寝かせておこうという考えもあったが、他の案件で手一杯だったというのが真相だ。それまで全く接触していなかったので、取り敢えずは呼び出してというのが順序なのだが、俺は現地調査 ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 評論

偽装結婚について考える(6) 不法残留していたので、出頭申告して来て、在留特別許可を貰おうとする日本人の男は建設作業員で、韓国人の女との年齢差は三歳、その点では普通の結婚のようにも思えるケースだった。4月に引き継いで、俺が担当することになった時には、出頭してから既に ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 評論

偽装結婚について考える(5) 不許可とするには、追跡調査が必要となる。疑わしいと思っていても、入管側に疑わしい事実を証明する必要があるからだ。追跡調査にはどのような手法があるのだろうかをお話しする。第一には現地調査である。夫婦が同居しているとされる住所地に赴いて ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 評論

偽装結婚ではないかと疑いを持たれるのはどのようなケースだろうか?夫婦である二人を呼んで直接面接を実施すれば、二人の間に、微妙な雰囲気を感じ取り、違和感を覚えることが偽装結婚を疑う要因ともなるが、書類審査におけるものでは、申請書等に記載さ ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 評論

偽装結婚して、在留資格の変更許可申請をしてきた者についての審査は、どのようなものであるかを考えてみよう。申請するに当たり、提出する書類は、申請書、婚姻の事実が記録された文書、扶養する者の課税状況を示す文書、身元保証書、質問書(結婚するに ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 評論

結婚を偽装してまで「日本人の配偶者」「永住者の配偶者」「定住者」等の身分に関する資格を得ようとする目的の多くは、就労の制限がないことが主たる理由である。短時間で多くの報酬を貰おうとすると、やはり風俗関係の仕事に限るのだが、その仕事に就く ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 評論

「バイキング」では、発言することを控えていたが、偽装結婚について、思うところをお話したいと思う。結婚を偽装するのは、二つのタイプに分けられる。一つは就労することが認められない在留資格を有する者が、就労について規制がない配偶者に係る資 ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 評論

偽装結婚の実態等について解説するために、11月14日、フジテレビ「バイキング」11時55分から13時42分に出演します。興味がある人は、是非、見て下さい。生放送ですから、失言には気をつけなくては! ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 評論

Ban'ya『夏石番矢論集成』来秋刊行予定
『夏石番矢論集成』が、神山睦美監修で、七月堂から、来秋刊行予定。噂や悪口を散々言われ続けてきた。夏石のピークはいつかしらないが、つねに全力で仕事をし続けた。『メトロポリティック』がピークだとか、『真空律』がピークだとか言っている連中 ... » more
テーマ 俳句 評論 出版

文學の森 ‏@bungak_no_mori 10月14日小社刊行の書籍『ヴァーサス日本文化精神史日本文学の背景』(坂口昌弘著)が、週刊 新潮(10月20日号)の「十行本棚」に掲載されました! ... » more
テーマ 文学 評論・精神・思想 評論

nkp book short comment橘あきら、(日本人)
タックスヘイブンとはうってかわって真面目な評論。 冒頭の菊と刀ふうタイのスマイル分析が面白い。 なるほど。 中段、グローバリズムはアメリカの専売ではなく、人は分業するほど豊かになるのだから世界の樞勢だ、説得力あり。 ... » more
テーマ 評論

著者は東大工学部1級下、大蔵省に入り8年後、イェール大経済学のPhD一ツ橋教授、東大教授、すごい人だ。円安がアベノミクスのせいではないということはよく解る。 しかし外為と金利は難しい。 ... » more
テーマ 評論

長谷川サダオ彷徨(ほうこう) (その3)(最終回) 果ての果てまで、男への色欲(しきよく)の霧が立ちこめる『薔薇族330号』(2000《平成12》年7月第二書房刊)に、「『聖』なる境地へ仏画としての長谷川サダオの遺作《リンガ展》」と題したテルテル坊主氏の評論が掲載さ ... » more
テーマ 長谷川サダオ 評論 仏教(美術)  コメント(2)

安倍のちょうちん経済学者。 引用文献一杯、グラフ一杯、だが説得力なし。 池田勇人の再来と持ち上げているが、池田勇人とちがうのが最大の問題。 どこが違うか、、、池田の所得倍増は信念をもって打ち出して首相になったが、安倍は美しい国とかわけのわ ... » more
テーマ 評論

長谷川サダオ彷徨(ほうこう) (その2) 男という渦(うず)と天へ 雑誌『サムソン(SAMSON)2号』(1982年8・9月合併号)(コバルト社刊)に、「長谷川サダオ作品展」と題された記事が載っている。 1982(昭和57)年7月、新宿二丁目の「体育館」という ... » more
テーマ 長谷川サダオ 評論

これは学べる、とは言えない。用語集にはなる。 ... » more
テーマ 評論

 

最終更新日: 2017/03/23 08:14

「評論」のブログ関連商品

» 「評論」のブログレビュー をもっと探す

「評論」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る