誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    松井今朝子

松井今朝子

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「松井今朝子」のブログを一覧表示!「松井今朝子」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「松井今朝子」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「松井今朝子」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

「老いの入舞い 麹町常楽庵月並の記」松井今朝子著(文藝春秋 1620円税込) 「老いの入舞い麹町常楽庵月並の記」松井今朝子著(文藝春秋1620円税込)新米同心&庵主の江戸事件簿若き定町廻り同心の仁八郎は、上役の命で訪れた先で元大奥勤めの年齢不詳の庵主と出逢う。その周囲で次々に怪しい事件が起 ... » more
テーマ 老いの入舞い 松井今朝子 時代小説

「老いの入舞い」松井今朝子著(文藝春秋 1620円税込) 「老いの入舞い」松井今朝子著(文藝春秋1620円税込) 日刊ゲンダイ2014年8月9日http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/152443「老いの入舞い麹町 ... » more

松井今朝子 『吉原十二月』 吉原遊郭案内の上級篇 これであなたは最高級の花魁になれます。吉原屈指の妓楼主になれます。そして超一流のお客になって吉原の奥深さを味わい尽くせるでしょう。実践しないで本を見るだけの読者にとっては五つ星の業界ガイドブックでございます。容貌(きりょう) ... » more

「「まんが歌舞伎入門 (上)(下)」 文:松井今朝子 (平凡社)」読みました! 「まんが歌舞伎入門(上)」文:松井今朝子画・伊藤結花理(平凡社)「まんが歌舞伎入門(下)」文:松井今朝子画・伊藤結花理・月森雅子(平凡社)を読みました。松井今朝子先生は、1953年京都市生まれの直木賞作家。歌舞伎がぐっと ... » more

「「家、家にあらず」松井今朝子(集英社文庫)」読みました! 「家、家にあらず」松井今朝子著(集英社文庫)を読みました。松井今朝子先生は、1953年京都市生まれの直木賞作家。江戸時代の大名の江戸屋敷の奥御殿を舞台に、陰謀渦巻く屋敷に御殿女中の奉公にあがった娘の、冒険と成長の物語だ。1774年〔 ... » more

「「幕末あどれさん」松井今朝子(PHP文庫)」 読みました! 「幕末あどれさん」松井今朝子著(PHP文庫)を読みました。松井今朝子先生は、1953年京都市生まれの直木賞作家。江戸時代の最後、幕末に生まれた旗本の次男坊2人を主人公に、動乱の時代を生きた人々の手探りの人生を描いた青春物語だ。主人公 ... » more

「「銀座開化おもかげ草紙」松井今朝子(新潮文庫)」 読みました! 「銀座開化おもかげ草紙」松井今朝子著(新潮文庫)を読みました。松井今朝子先生は、1953年京都市生まれの直木賞作家。明治維新の後の文明開化の時代を背景にした若者の青春物語だ。2005年(平成17年)2月に単行本で出版された「銀座 ... » more

「「果ての花火  銀座開化おもかげ草紙」松井今朝子(新潮社)」読みました! 「果ての花火銀座開化おもかげ草紙」松井今朝子著(新潮社)を読みました。松井今朝子先生は、1953年京都市生まれの直木賞作家。明治維新の後の文明開化の時代を背景にした若者の青春物語だ。本の目次は、以下のとおり。 ... » more

松井今朝子 『円朝の女』 円朝を愛した女たちのそれぞれのやせ我慢 今の時代「昔はよかったなぁ」としみじみ思いする年代はいくつぐらいの人たちなのだろうか。私なんぞはそれだけの年季には至っていないのだが………。このお話の人たちはみなそれぞれがそんな思いで今を生きている年季の入った人ばかりなんだ。向 ... » more

以前読んであったのを昨日ブログにUPした・・・と思ったら、今朝(7/9)放送した週刊ブックレビューにゲストで松井今朝子さんが登場しているではないか!なんたる偶然!週刊ブックレビュー>http://www.nhk.or.jp/bo ... » more

『吉原手引草』 by 松井今朝子 『花宵道中』ですっかり花魁を主題にとった作品に目がなくなってしまった。先日読んだ『花宵道中』が花魁たちの悲劇、歓び、嬉し悲しを主観的に描いたものであるなら、今回読んだこの『吉原手引草』はまったくその逆、花魁をめぐる様々な取り巻き・・ ... » more

松井今朝子 『吉原手引草』  歌舞伎観劇の楽しみ方で読みましょう 演技に工夫を凝らして新しい定九郎像を創造した江戸時代初期の歌舞伎役者、中村仲蔵を描いた『仲蔵狂乱』で記憶に残っておりました。その松井今朝子が新作を発表した。歌舞伎の世界に精通した著者が今回は遊郭の世界だ。『吉原手引草』。手にとらないわけ ... » more

一風変わった捕物帳…というか、<種取帳>なんで、捕物帳ではないんですよね。一の富―並木拍子郎種取帳同心の次男坊である筧兵四郎は芝居の狂言作家になろうと、人気の狂言作家<並木五瓶>に弟子入りし、並木拍子郎という名前をもらう。 ... » more

最初読み始めたとき、あわわっ(謎)と思いました。古本屋とか、自動預払機のコーナーとか、、、時代小説のつもりで読み始めたので(笑)まあ、そういう仕立てだと言うことですが。 三好正慶尼、奴の小万と後に呼ばれるようになるお雪は、心身ともに ... » more

 

最終更新日: 2016/12/06 15:20

楽天市場のおすすめ商品

「松井今朝子」のブログ関連商品

» 「松井今朝子」のブログレビュー をもっと探す

「松井今朝子」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る