誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    本の感想

本の感想

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「本の感想」のブログを一覧表示!「本の感想」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「本の感想」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「本の感想」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

感動したひとりごと斎藤一人さん
斎藤一人さんの本が好きでよく読みます。やさしい文章で読みやすい。難しくないところが好きです。愛してますついてるうれしい楽しい感謝してます幸せありがとう許します(^^♪時々、この天国言葉を唱えるようになりました。 ... » more
テーマ 本の感想

「余命3か月のウソ」近藤誠の感想年齢的に体調が不安定になってきたせいか医療関係の本や番組に触れることが多くなってきましたがんは治療せずに放置するほうが安らかに逝ける手術や抗がん剤などの治療やがん検診は苦しみを助長 ... » more
テーマ 健康 本の感想

感動したひとりごと「僕の死に方」 
「僕の死に方」という本を読みました。流通ジャーナリストの金子哲雄さんが肺カルチノイドで去年の今頃にお亡くなりになり最後に書き記した本です。自分も人も喜ばせるWinWinの関係が好きで最後まで仕事にこだわって奔走さ ... » more
テーマ 健康 本の感想

See You Again !!9982の2
ほとんどの人にはどうでもいいような話だ。きっとそうに違いない。とある魔術の禁書目録の事だ。私が読んで来たのは、とある科学の超電磁砲の方だ。私は後者の方がなぜか好きだ。こちらのマンガの方が原作より得るものが多い気がする。美坂美 ... » more
テーマ 本の感想

See You Again !!9982
覚え書きだ。今ポパイにいる。メモがなかったからこれで書いている。ネットの方があとから書き換えやすいだろう。たかが四桁の数字だそれは分かっている。ただ私はこの作者がこの数字に何をこめたかったのか知りたい。以上詳細はあとから ... » more
テーマ 本の感想

See You Again !!かざりさん江
とある科学の超電磁砲のマンガが好きだ。これはかの、とある魔術の禁書目録の外伝にあたるのだが、私はこっちの方が何となく好きだ。こちらには確かに宗教くさいのや、魔術みたいなものはない。純粋に超能力者だけの領分であり、またここでは超能 ... » more
テーマ 本の感想

See You Again !!双つの月の下で
とうの昔に地球は滅びたらしい。その後火星に移住したらしい。かれこれ500年はたったらしい。移行型テラ・フォーミングと言う、無数のドーム型コロニーが火星表面に設けられてそれぞれの中に地球から持ち込んだ文化遺産とめいめい ... » more
テーマ 本の感想

泣いた。純潔のマリア2巻を買って来た。以前good afternoonの雑誌買って、初めて読んだ純潔のマリアのシーンを今回買った単行本で見かけた。黒死病で全滅した村の無数の木の十字架の墓標そこに向かってひざまづい ... » more
テーマ 本の感想

See You Again !!エルフを狩るものたち
わたしはこの本も印象に残ってて忘れられない。こちらの世界の三人の主人公らが、別世界のエルフの召喚師により、間違って召喚されたことから話が始まる。彼らが帰還出来る呪文が、世界中のエルフの背中に入れ墨として散らばったため、彼 ... » more
テーマ 本の感想

See You Again !!神様のパズル
それ書いていたら思い出した。当時そこの箇所読んだ時に、全泣きしたものだった。果たして世界は作れるのか。それを試すために、ある天才少女がスーパーコンピュータ上に、バーチャルな宇宙を生成してみる。その中に、人間に似た種族を住 ... » more
テーマ 本の感想

See You Again !!神は試す
しばらく「天使の末裔」で走ってみる。さっき家にある最終巻を見かけたから。人類がこのまま衰退せずに、あと一万年程も生き長らえれたとする。その頃までにはかなり神に近い存在となっていようから、自分たちで新たな世界を作ってやろう ... » more
テーマ 本の感想

See You Again !!ガーディアン
本屋で立ち読みして泣いた最短記録って何だろ。ガーディアンて言う小説、初めの1ページ目で全泣きした。こいつが最短記録だと思ってたんだが、違った。博士の愛した数式だった。あれは本すら読んじゃいない。文庫本の帯について ... » more
テーマ 本の感想

See You Again !!おとうさん
たった五文字で泣ける、便利な単語が出来たものだ。昨日も確かに「星守る犬」買ってこようかと思ったが、帯についてたコメント読むだけで、半泣きになってしまったから買えなかった。わたしはほんとは犬が嫌いで、ほんとは猫属性 ... » more
テーマ 本の感想

See You Again !!マリア
最近読まなくなった、純潔のマリアを回想してみる。ペストの時マリアが指一本立てるだけで、村への感染は防げたらしい。実際には援助を拒まれたから、何も行わず、その村は全滅したらしい。神にも匹敵するみたいな力を授かった、魔女マリア。 ... » more
テーマ 本の感想

See You Again !!ぷぎゅる
もうどう書いていいか、どうしようもないマンガではあるが、ちなみにヒサメが好き、何か共通点あるし。ちなみにカイチューのゴンちゃんも好き、共通点は「男の娘」です。もといぷぎゅるの主人公は一応チェコちゃんなんだが、「これ」 ... » more
テーマ 本の感想

See You Again !!信じない心の力
最近読んだマンガに出て来た言葉。なにげにか気に入っている。聖書の中の福音書に出て来るお話で、イエスが地元で歓迎されず、信仰がなく疑いの心が強いためか、あまりにも病人などをいやせなかったようなエピソード、これってほぼ実話じゃな ... » more
テーマ 本の感想

『フランシス子へ―忘れがたき最愛の猫』(吉本隆明、講談社刊)。この本の広告を目にして、吉本隆明氏が猫好き、フランシス子という愛猫の死を悼んで書いた本らしい・・・そうと知って、すぐ読みたいと思いました。ところが、注文したら、一時的な品切れ、も ... » more

I went shopping this morning.The supermarket near my house opens at 9:00, so it’s very convenient.I bought natto and ... » more
テーマ 英文日記 本の感想

愚痴日記ピブリア古書堂3巻 感想
ピブリア古書堂3巻 感想 1、2巻の感想は気が向いたら書きます。まず、この本は古書堂に働いている男が主人公です。主人公は、昔のトラウマから長時間、本を読むことの出来ない体質を持っています。そんな主人公は色々あって、古書堂に働くことになりました。 ... » more
テーマ 本の感想

休日には、木陰で読書。もう3月。
月1更新になるだなんて始めた頃は予想だにしていなかった…お久しぶりですこんばんは。いつも更新の時間がおかしいですね!ほとんど夜中だよ!最近は有.栖川の熱が再燃し、テストが終わる少し前から(おい)読み返しています。 ... » more

『チロ愛死』(荒木経惟、河出書房新社刊)。この本の存在を知って、是非読みたいと思ったのですが、実際手にするまでには何ヶ月かかかりました。大震災のことを思うと、猫の死を取り上げることに多少の躊躇もあったことは事実です。そろそろいいのではなどと ... » more

言わずと知れた著名作家、江戸川乱歩の孤島の鬼という作品を読みました。ここ数日、風邪をこじらせてしまったので、夏目のブルーレイを見るか本を読むかしていました。先日の文化祭の古本市(無料)で、ドイツ文学と乱歩を堆く積み上げてもらってきま ... » more
テーマ 本の感想

『懐かしの吉祥寺 昭和29・40年』(写真:土屋恂、編:安田知代、ぶんしん出版)。昭和29年と40年の、吉祥寺の写真に当時の新聞写真・記事などを付し、解説もつけた、文字通りセピア色の吉祥寺写真集です。書店と言うより本屋さんと呼んだ方 ... » more

『東京ねこ街案内』(文・写真:一色千里、発行・発売:TOKIMEKIパブリッシング・角川グループパブリッシング)、『東京みちくさ猫散歩』(画・文:一志敦子、発行:日本出版社)の二冊の紹介です。東京の猫と色々についての、趣の全く異なった猫本で ... » more

猫の本を数冊買ってしまいました。猫関係の本愛読者と思われているらしく、十数冊の猫の本広告を見ている中に誘惑に負けてしまったというところです。個人的に懐かしい作家の文庫本2冊は表紙が猫というだけで注文してしまい、1冊は推理小説、もう1 ... » more

大災害に気持ちが張り付いたままの毎日、突然、久しぶりに?猫達に惹きつけられました。朝TVをつけたら、何とも魅力的な猫達がずらっと並んだ写真が目に入りました。看板猫の写真集を紹介していたようで、内容については聞き逃しましたが、これ見たい、そう ... » more

松本清張『点と線』(新潮社文庫)について、既読を前提として、核心的な部分に触れています。ご留意ください。(続けて数行書いたところで‘大地震’が起きました。一旦書き続ける気が失せたものを甦らせるのは難しいことですが・・・)テレビ・ドラ ... » more

Hana*Amaneぬら孫感想
ぬら孫小説「京都夢幻夜話」と本誌感想です。まず表紙。狐様綺麗なのはいつものことですが、娘っ子達も可愛いですvそして!表紙裏!!これだけで買ったかいがあると、つい思ってしまいました(笑)先生最高!ってか、裏表紙 ... » more

Hana*Amaneぬらりひょんの孫感想
とりあえず、これだけは声を高らかに叫んでかなくてはなりますまい。アニメ二期決定おめでとうー!!くくく……これで、これで!イタクが!動く、喋るイタクが見れる!!!!!嬉しい―――――!! ... » more

Hana*Amaneぬら孫感想
ぬらりひょんの孫第百三十四幕の感想です。一瞬打ち切りになったかと焦りました(蒼白)…アンケート出さないとね。今回はイタクがいない……(涙)やっぱり遠野に皆帰ったのかな…?しくしく……若、ついに ... » more

 

最終更新日: 2018/05/21 07:42

「本の感想」のブログ関連商品

» 「本の感想」のブログレビュー をもっと探す

「本の感想」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る