誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    本の感想

本の感想

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「本の感想」のブログを一覧表示!「本の感想」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「本の感想」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「本の感想」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

See You Again !!信じない心の力
最近読んだマンガに出て来た言葉。なにげにか気に入っている。聖書の中の福音書に出て来るお話で、イエスが地元で歓迎されず、信仰がなく疑いの心が強いためか、あまりにも病人などをいやせなかったようなエピソード、これってほぼ実話じゃな ... » more
テーマ 本の感想

『フランシス子へ―忘れがたき最愛の猫』(吉本隆明、講談社刊)。この本の広告を目にして、吉本隆明氏が猫好き、フランシス子という愛猫の死を悼んで書いた本らしい・・・そうと知って、すぐ読みたいと思いました。ところが、注文したら、一時的な品切れ、も ... » more

I went shopping this morning.The supermarket near my house opens at 9:00, so it’s very convenient.I bought natto and ... » more
テーマ 英文日記 本の感想

愚痴日記ピブリア古書堂3巻 感想
ピブリア古書堂3巻 感想 1、2巻の感想は気が向いたら書きます。まず、この本は古書堂に働いている男が主人公です。主人公は、昔のトラウマから長時間、本を読むことの出来ない体質を持っています。そんな主人公は色々あって、古書堂に働くことになりました。 ... » more
テーマ 本の感想

休日には、木陰で読書。もう3月。
月1更新になるだなんて始めた頃は予想だにしていなかった…お久しぶりですこんばんは。いつも更新の時間がおかしいですね!ほとんど夜中だよ!最近は有.栖川の熱が再燃し、テストが終わる少し前から(おい)読み返しています。 ... » more

『チロ愛死』(荒木経惟、河出書房新社刊)。この本の存在を知って、是非読みたいと思ったのですが、実際手にするまでには何ヶ月かかかりました。大震災のことを思うと、猫の死を取り上げることに多少の躊躇もあったことは事実です。そろそろいいのではなどと ... » more

言わずと知れた著名作家、江戸川乱歩の孤島の鬼という作品を読みました。ここ数日、風邪をこじらせてしまったので、夏目のブルーレイを見るか本を読むかしていました。先日の文化祭の古本市(無料)で、ドイツ文学と乱歩を堆く積み上げてもらってきま ... » more
テーマ 本の感想

『懐かしの吉祥寺 昭和29・40年』(写真:土屋恂、編:安田知代、ぶんしん出版)。昭和29年と40年の、吉祥寺の写真に当時の新聞写真・記事などを付し、解説もつけた、文字通りセピア色の吉祥寺写真集です。書店と言うより本屋さんと呼んだ方 ... » more

『東京ねこ街案内』(文・写真:一色千里、発行・発売:TOKIMEKIパブリッシング・角川グループパブリッシング)、『東京みちくさ猫散歩』(画・文:一志敦子、発行:日本出版社)の二冊の紹介です。東京の猫と色々についての、趣の全く異なった猫本で ... » more

猫の本を数冊買ってしまいました。猫関係の本愛読者と思われているらしく、十数冊の猫の本広告を見ている中に誘惑に負けてしまったというところです。個人的に懐かしい作家の文庫本2冊は表紙が猫というだけで注文してしまい、1冊は推理小説、もう1 ... » more

大災害に気持ちが張り付いたままの毎日、突然、久しぶりに?猫達に惹きつけられました。朝TVをつけたら、何とも魅力的な猫達がずらっと並んだ写真が目に入りました。看板猫の写真集を紹介していたようで、内容については聞き逃しましたが、これ見たい、そう ... » more

松本清張『点と線』(新潮社文庫)について、既読を前提として、核心的な部分に触れています。ご留意ください。(続けて数行書いたところで‘大地震’が起きました。一旦書き続ける気が失せたものを甦らせるのは難しいことですが・・・)テレビ・ドラ ... » more

Hana*Amaneぬら孫感想
ぬら孫小説「京都夢幻夜話」と本誌感想です。まず表紙。狐様綺麗なのはいつものことですが、娘っ子達も可愛いですvそして!表紙裏!!これだけで買ったかいがあると、つい思ってしまいました(笑)先生最高!ってか、裏表紙 ... » more

Hana*Amaneぬらりひょんの孫感想
とりあえず、これだけは声を高らかに叫んでかなくてはなりますまい。アニメ二期決定おめでとうー!!くくく……これで、これで!イタクが!動く、喋るイタクが見れる!!!!!嬉しい―――――!! ... » more

Hana*Amaneぬら孫感想
ぬらりひょんの孫第百三十四幕の感想です。一瞬打ち切りになったかと焦りました(蒼白)…アンケート出さないとね。今回はイタクがいない……(涙)やっぱり遠野に皆帰ったのかな…?しくしく……若、ついに ... » more

『近衛家 七つの謎−誰も語らなかった昭和史−』(工藤美代子著、PHP研究所刊)。「上海、東京、モスクワ・・・大都会の中枢に仕掛けられた国際的な謀略のわな―昭和史を運命づけた重要事件に新資料を駆使して挑む著者渾身のノンフィクション」「近衛文麿 ... » more

Hana*Amaneぬら孫感想
ぬらりひょんの孫・第百十三幕感想です。いろいろ突っ込みたい気もしますが……二代目があまりにも格好良くて、まあいいかという気になりました。何なの!あの洋装は!格好よすぎて、床を三往復も転がってしまったではないですか!( ... » more

Hana*Amaneぬら孫感想
最近感想書く前に次のジャンプが出ちゃうので、なかなか書けてなかったですが……そんな訳で、ぬらりひょんの孫第百三十二幕+最近のまとめての感想です。まずはカラーだ嬉しいな今回はイタクが結構出てく ... » more

『悪人』(吉田修一作、朝日新聞社刊)。同名映画の原作です。映画との比較に重点を置いて読んでみました(映画感想については、拙ブログ〔304〕をご参照ください)。所謂ネタバレです。映画及び原作をまだご覧になっていない方はご注意ください。 ... » more

『マリアビートル』(伊坂幸太郎作、角川書店刊)。著者3年ぶりの書き下ろし長編ということです。例によって?本の帯から最も簡潔な梗概を紹介します。“元殺し屋の「木村」は、幼い息子に重傷を負わせた相手に復讐するため、東京発盛岡行き ... » more

映画【借りぐらしのアリエッティ】をみて、原作を読んでみたくなりました。『床下の小人たち』(メアリー・ノートン作、林容吉訳、岩波書店刊)。「アリエッティ」をみるまで、この原作もメアリー・ノートンという作家のことも知らなかったので、 ... » more

Hana*Amaneぬらりひょんの孫感想
ぬら孫本誌の感想とアニメの感想をば。くう、最近感想書けなかったのでまとめてです……12巻と小説の感想は明日にでも。晴明様!!予想外のお姿(笑)狐様から連想して、つい優男風なの感じを想像してましたが、( ... » more

百田尚樹作『永遠のゼロ』太田出版刊。TVで若い人の間でベストセラーになっている本、特攻隊員、戦闘機の零戦が主役と紹介されていて、ふと読んでみる気になりました。結構厚い本で、活字のポイントがギリギリの大きさ(私には)だったので、アラー ... » more

Hana*Amaneぬらりひょんの孫・本誌感想
ぬら孫第百十六幕〜最百十八幕の感想をばまとめて。うう、総大将何とか無事?でよかった(涙)もう刺された時は、頭真っ白でしたので。「おわああああ!?やっぱり死亡フラグがっ!?」って具合でした。うう、良かった、良か ... » more

ぬら孫・「浮世絵中奇譚」と「総集編」感想です。まず番外編、浮世絵中奇譚の感想をば。カラー扉の若が可愛くてvそして、新キャラ!女の子!すごく良い子だ!凛子ちゃん!話も、久々に日常編でほっとしたという ... » more

という事で、ぬら孫の感想です。今回、鼻血噴くどころか、心臓が口から飛び出すかと思いました。まずは祝!!表紙&巻頭カラー!!そんでもって付録カードに、番外編!!祝う物が多すぎて嬉しい悲鳴ですが、椎橋先生は大 ... » more

というわけで、ぬら孫の感想をば。イタクがいっぱい、いっぱい見れた〜!!なんという幸せv若も凛々しかったしで、大満足ですv「背中越しの絆」ってのも萌ポイントでしたv鬼童丸帰った後、やっぱり怒られてた ... » more

―……というわけで、ぬらりひょんの孫・第百十三幕感想です。ダメだ!冷静になれない!!先生!鼻血の噴きすぎで死にそうです!!イタクと若のやり取りに萌え転がりました。素敵過ぎる。なにこの展開!!床をゴ ... » more

Hana*Amaneぬら孫11巻+妖秘録感想
買ってきました!ぬらりひょんの孫11巻と、妖秘録!以下感想です。奴良組通信と、羽衣狐様通信に大笑い。狐様の通信のほうが、周りがお花柄で雅な感じ。その辺はさすが京妖怪仕様。そして、両方の〈お詫び〉のところまで……芸 ... » more

Hana*Amaneぬら孫感想
ぬらりひょんの孫、第百十二幕感想です。イタク――!!(狂喜乱舞)何でいつもいつも、そんな格好良い登場の仕方を!!!は、鼻血が出そうになりました(重症)もう今週は、ずっと幸せ気分ですよ。先生ありがとう!!… ... » more

 

最終更新日: 2016/12/08 16:20

「本の感想」のブログ関連商品

» 「本の感想」のブログレビュー をもっと探す

「本の感想」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

病気を癒し、老化を防ぐ酵素の治癒力 [ ディッキー・フュラー ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 病気を癒し、老化を防ぐ酵素の治癒力 [ ディッキー・フュラー ]
楽天ブックス

生き方は星空が教えてくれる [ 木内鶴彦 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 生き方は星空が教えてくれる [ 木内鶴彦 ]
楽天ブックス

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

「本の感想」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る