誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    追憶

追憶

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「追憶」のブログを一覧表示!「追憶」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「追憶」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「追憶」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

臆病者の私は、毎年12月になると雪が降っていなくてもタイヤ交換をしている。もちろん自分で出来ないので車屋さんに交換してもらうのだが、夫は自分でしていた。それが、ある時からしなくなった。いつからか・・・だいたい50歳前 ... » more

○あの頃のこと(2)人の生き方のありようなんて、それほどの必然性があっての結果ではないだろう。人生のなんたるかも分からぬときの、ほんのちょっとした根拠のない決断が、その後の人生を決定づける。その意味で、人生とは、偶発性ありき、の存在 ... » more
テーマ 人生哲学 観想 追憶

意味性認知症の夫との闘病記初夢
なんと言う事か!病気になる前の夫に逢う事ができた。夢の中ではそれが普通であり、私は夫と普通に会話をしている事を全然不思議に感じなかった。病気がわかった頃、よく夫の夢を見ていた。ペラペラと喋りスラスラと字を書く姿を見て ... » more

こころの文庫ノベル・閉鎖工場・その3
「井関はんらが頑張ってた頃が懐かしいのう」工場長は天を仰いだ。無念の思いがあった。あの夜と同じだった。このベンチで、工場長は俊彦に嘱託社員で残れと慰留したのだ。「無理はいえんけど、ええ人材に、はいサヨナラはないからの ... » more
テーマ ノベル 追憶

意味性認知症の夫との闘病記ノーベル賞
夫は1995年、ノーベル賞で有名なストックホルムのニトロ・ノーベル社で「ニトロ・ノーベル社賞」を受賞した。その時、副賞として頂いたアルフレッド・ノーベルの鉱夫像は夫の宝物鉱夫像の底には夫の名前と、9 ... » more

こころの文庫ノベル・閉鎖工場・その2
警笛が遠路がちに鳴った。幅が操る軽四が俊彦の車の脇に並んで止まった。「やあ」「遅かったやないか。待たせんなよ」機嫌の悪さを見せたが、幅は一向に気にしない。それが彼なのだ。神主の家に生まれ育った幅は、「わし、神の血統やさかいな」と ... » more
テーマ ノベル 追憶

こころの文庫ノベル・閉鎖工場・その1
「おい、聞いたかァ?」幅幸一は、もともと丸い目を、さらに大きくまん丸に見開いた。「何をや?」井関俊彦は気の入らぬ声で返した。幅の相手をしている暇はない。いくらご隠居の身でもやることはいくらでもある。「陣幕、製造やめるらしいで ... » more
テーマ ノベル 追憶

頭をよぎる風景(7)自分のこれまでの生の、どこをどう掘り返してみても、人さまに対して胸をはって言えることなどまずない、と感じる。丁半賭博の単純な勝ち負けを理念として受け入れたとして、さて、自分はこれまでの人生を精一杯生き抜いて来れた ... » more
テーマ 人生哲学 観想 追憶

頭をよぎる風景(6)夕暮れ時の、日中の日差しが陰り始める頃の、光の繊細なグラデーション。こう書くと、記憶の中の、忘れえぬすばらしき思い出とリンクした光景をイメージされる方が多いのではなかろうか?たとえ一般的に、夕暮れ時が、な ... » more
テーマ 人生哲学 観想 追憶

頭をよぎる風景(5)畏友という言葉と概念が、何の矛盾もなく一致する人間がひとりいる。音信が途絶えて久しいが、かつて、こんな友人と同じ時間を共有出来たことに言い知れぬ歓びを感じる。彼の方は、僕という人間を畏友などというは決して思ってい ... » more
テーマ 人生哲学 観想 追憶

頭をよぎる風景(4)好奇心が強いと云えば聞こえはいいが、僕の場合、たぶんそういうことではない。いまだに同じ徴候は残っているが、幼い頃は無鉄砲というか、どうも何事においても、一歩も二歩も先走る傾向があった。思慮分別なき人間の典型だった ... » more
テーマ 人生哲学 観想 追憶

年賀状のCMを見るたび、今年はどうするか悩んでいる。夫の年賀状に一言書くか、書かないか・・・それより、出すか出さないか・・・わが家は毎年夫が版画で年賀状を作っていて、今頃になると準備を始めていた。なかなか上手くて、「 ... » more

夫は初診の頃から左側頭葉の障害で失語症の症状が出ていた。失語症と言っても声が出ない、喋れないと言う事ではなく・言葉が理解できない・文字が書けない・話せない・計算ができない・読めないでも、この症状が出る何年 ... » more

重いテーマすぎて忘れていた。『便失禁の処理方法』初めてパンツの中の便を見た時はあまりの衝撃で一瞬、時が止まった。「韓ドラ」風に言えば、アイゴ〜とでも言えば良いのだろうか・・・でも、心の準備と物の ... » more
テーマ 排泄 追憶 介護の工夫

意味性認知症の夫との闘病記ルル
今日は愛猫の命日。14年前の9月15日、夫は里親募集のチラシを見て産まれたばかりの真っ白いメスの仔猫を連れてきた。夫と同じ巳年生まれのターキッシュバンの仔猫は、トルコのルをとってルルと名付けられた。ルルはとても臆病で怖がりな ... » more

洗濯物やトイレの悩みは解消されたものの、依然として時間がなくバタバタとした毎日が続く。忙しい時間帯にやる事が集中しているのが問題なので、時間をずらしてみた。『一日の時間』今までの習慣を変えた。お風呂の時間が問題。 ... » more
テーマ 日常 追憶 介護の工夫  コメント(2)

『トイレ』リハバンにしてからも夫は自分でトイレに行っていた。その内、電気を点けずに夜中に真っ暗なトイレで座っていたり、電気を消し忘れたりするようになった。そこで、トイレの電灯を人感センサー付LED電球に変えた。それと ... » more
テーマ 排泄 追憶 介護の工夫  コメント(6)

私は夫の失禁が出始めた頃からイライラしてばかりいた。そして、つまらない怒りが夫に向く事もあった。でも、そんなイライラの原因は違うところにあった。『洗濯物』おねしょで寝具が汚れると午前中は洗濯に追われる。わが家 ... » more
テーマ 日常 追憶 介護の工夫  コメント(2)

夫は2012年10月から介護サービスの利用を始めた。5月に受けた介護認定は要介護2その時「認知症型デイサービス」に通うために夫の様子を書いて職員さんに渡した。職員さん達も"意味性認知症と言う認知症は初めて知りました"と言った ... » more

意味性認知症の夫との闘病記帰省
夫の実家は遠くて今年のお盆も帰省できない。飛行機で帰れば6時間電車だったら10時間はかかる・・・4年前に帰った時は、電車で帰省した。ゴールデンウイークだったので、駅の中も電車の中も沢山の人で夫を見失わないように必死で ... » more
テーマ 追憶  コメント(4)

henokaapa青田
一転快晴湿気強くうだるような暑さ、ここは釜の底昨日までの雨が溜まっている中に真上のお天道さんが全てのものを焼き尽くすようにギラギラ。さわやかさの微塵もない。スーパーの店先に大玉のスイカが積まれて中身は茹っているに違いない、太陽にキラキ ... » more
テーマ 追憶 今月のテーマ

henokaapa季節がつくったいのち
7月といえば初夏から盛夏へ移るイメージだが実際には二十日前後まで梅雨の末期、豪雨も珍しくない時期。今年は北東北は梅雨にも入っていない。前線は相変わらず列島の南岸に沿ってうなぎの寝床のように横たわっている。いつもならすでに北陸から東北に上が ... » more
テーマ 追憶 今月のテーマ

夫が冬ソナの次にはまったのが、『北の国から』の再放送・・・北の国からは北海道・富良野を舞台に、1981年に放送された連続ドラマ。懐かしいので録画して、これ面白いよ!と夫に言ったのがきっかけ。沢山のシリーズがあって ... » more
テーマ 追憶  コメント(10)

2003年、夫が「冬ソナ」にはまり、わが家に韓流ブームがやってきた。せっかくなので言葉や文化を勉強して旅行にも行き、ヨン様の情報収集のため、私は夫からパソコン操作を習った。後に、パソコンの習得が病気と闘うための最大の武器 ... » more
テーマ 追憶  コメント(2)

henokaapa初体験
子供の頃家の前を毎日汽車が真っ黒い煙を吐いて走っているのを見ていたが、一度も乗った事はなかったが、その日は突如訪れた。私には三歳年上の兄がいて近所には私と同い年の男の子と2歳上の兄がいて、4人で時折遊ぶ事があった、生まれつき体が弱かった私は ... » more
テーマ 心の襞に残るもの 追憶

意味性認知症の夫との闘病記タバコ
夫はヘビースモーカーだった。一日50本は吸っていた。身体に悪いからやめて〜と言うと、「タバコは自分の命の次に大切だ」と言い、じゃあ私は?と言うと「自分の命よりも大切だ」と笑って吸っていた。そんな夫が50才の誕生日 ... » more
テーマ 追憶  コメント(2)

一度だけ警察のお世話になった事がある。それまでは、「待っててね」の言葉が通じて待つことが出来ていた。でも、油断するとすぐに何処かに行ってしまってた。そのため外出時には目立つ色の洋服を着せて、大衆の中を歩く夫を発見 ... » more
テーマ 追憶  コメント(6)

2007年5月28日、夫は自分の運転でK病院に、1泊2日の人間ドックに行きました。その日の夕方、担当の看護師さんから自宅に電話が入りました。奥さん、驚かないで聞いてください・・・脳ドックの結果、認知症の疑いがあるので ... » more
テーマ 病院 診断されたら 追憶  コメント(4)

2006年、私はそれまで夫に感じていた嫌〜な予感を確かめるため、映画「明日の記憶」を見に行きました。名前が出て来にくい事、何となくおどおどとした自信の無さは似ていましたが、夫にはもの忘れや道に迷うなどの症状が無かったので ... » more
テーマ 病院 診断されたら 追憶

意味性認知症とわかって4年位が過ぎた頃から、生活が少しずつ変わって行きました。それまでは、遠くで見守る、少し助けると言った感じでしたが、色々と不便な事が増えて行きました。夫の不安感も増し、スボンを擦ったり、落ち着きなくウロウロ歩 ... » more
テーマ 病気 追憶

 

最終更新日: 2018/02/18 11:21

「追憶」のブログ関連商品

» 「追憶」のブログレビュー をもっと探す

「追憶」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る