誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    松尾芭蕉

松尾芭蕉

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「松尾芭蕉」のブログを一覧表示!「松尾芭蕉」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「松尾芭蕉」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「松尾芭蕉」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

京都浄土宗寺院 特別大公開 西岸寺(油懸地蔵)へ 本教寺を出たら、あちらこが痒くて痒くて・・・蚊に何カ所か刺されてました。再びキザクラカッパカントリーに寄ってトイレ休憩。そこから直ぐの所にある京都浄土宗寺院 特別大公開西岸寺(油懸地蔵)に12時50分前に着きました。 ... » more
テーマ 京都浄土宗寺院 特別大公開 松尾芭蕉 油掛地蔵

雑想 心の風景 Heartscape春霞
春霞 あけぼのの空朧々と前途三千里の思ひ胸にふさがり、芭蕉は旅立ったが、あけぼのの空に意識朦朧と前途三十歩余りをよろよろと柱の角に足の小指をぶつけ、こけつまろびつトイレにたどり着く頃には息も絶え絶え、眠気眼に窓の外を見るとすだれ越しに見え ... » more

ジャックラッセルテリア気比神宮
気比神宮 お寿司ランチの後は、近くの気比神宮に寄ったそうです。酔っ払い4人とボブ1名です。ここには写ってませんが、カメラマンも酔っ払いです。気比神宮は、北陸道総鎮守とも称され、古事記や日本書紀にも記述がみられるほど古くから朝廷に重視されてきた神社 ... » more
テーマ 松尾芭蕉 気比神宮 小林一茶

気ままなblog奥の細道
奥の細道 スマホの歩数計で『奥の細道』を歩いたら、本日11月2日ようやくゴールしました!1月12日に深川をスタート→日光→松島→平泉→立石寺→坂田→象潟→市振→永平寺→大垣と本日ゴ ... » more

横浜の翁生まれ故郷
生まれ故郷 柘植並びに伊賀上野訪問(その2)記事内容は、伊賀県民センター発行資料による。徳永寺と徳川家康徳川家康が泉州堺の見物をしていた。その時、織田信長が本能寺の変で自刃しました。このとき少数の家来では明智光秀と戦うわけにはいかず、大和か ... » more
テーマ 松尾芭蕉 徳川家康伊賀越え 荒木又衛門

◆きょう7月26日は「日光の日」です。日光といえば、思い出すのは『あらとふと青葉若葉の日の光』芭蕉という松尾芭蕉の句です。「日光の日」の由来は、弘仁十一年【820年】のきょう、弘法大師・空海がそれまでは「二荒山」 ... » more
テーマ 周易ごよみ 弘法大師・空海 松尾芭蕉

松尾芭蕉の墓碑を訪ねる 松尾芭蕉は、大坂でなくなったことは知ってはいたが、その亡骸は、大津に葬られていることは知らなかった。大津に所用があったおり、そのことを知り、墓碑を訪ねた。大津の浜街道という、東海道に並行する旧道に面した義仲寺とい ... » more

「俳句四季」2015年7月号向け「俳句の新詩学R俳句の論理」を送稿した。今回は、来週5月19日(火)からの、夏石番矢自選百句色紙展OKIギャラリーhttp://banyahaiku.at.webry.info/20150 ... » more

文学碑探訪「草加松原文学散歩」(その1) 草加松原の入口の矢立橋を過ぎると、松並木がまっすぐに綾瀬川に沿って伸びていた。解説板によると、約1.5キロメートルの松並木は江戸時代より「草加松原」「千本松原」と呼ばれ、日光の杉並木と肩を並べる名所であったという。松の植栽時期は ... » more
テーマ 松尾芭蕉 奥の細道 草加松原

Ban'ya芭蕉塚と三井寺で蛙鳴く
芭蕉塚と三井寺で蛙鳴く 2014年7月20日(日)、大津市にある義仲寺の芭蕉塚(松尾芭蕉の墓、遺体が土葬されている)に詣でた。第21回俳句評論全国大会1978年10月 http://banyahaiku.at.webry.info/201407/art ... » more
テーマ 俳句 松尾芭蕉

「俳句の新詩学G 『古池や』への無理解」掲載「俳句四季」2014年8月号到着 夏石番矢「俳句の新詩学G『古池や』への無理解」掲載の、「俳句四季」2014年8月号(東京四季出版)到着。松尾芭蕉「古池や」のポイントを明確にした一文。この日、わが家では、公表できない事件に振り回される。この文 ... » more

Ban'ya玉藻千号記念祝賀会
玉藻千号記念祝賀会 6月28日(土)、東京・日本橋蠣殻町のロイヤルパークホテルで開催の、玉藻千号記念祝賀会に出席。小泉進次郎さんの講演から祝賀会、約500人参加の会。二次会の星野高士さんを囲む会まで出席。講演中、隣席の「俳句界」 ... » more

「俳句の新詩学G 『古池や』への無理解」送稿 「俳句の新詩学G『古池や』への無理解」を、「俳句四季」2014年8月号(東京四季出版)向け送稿。あまりに有名な松尾芭蕉の「古池や」についての新見解を提起。この句は、禅の境地だの、わびさびがポイントではない。「音」からの共感覚 ... » more

清澄庭園にて芭蕉の俳句「古池や蛙飛びこむ水の音」を刻んだ石碑の由来を知る 写真上は東京都指定名勝・清澄庭園(江東区清澄3丁目)にある松尾芭蕉(1644〜1694年)の句碑で俳句「古池や蛙飛びこむ水の音」が刻まれた大きな石に次の説明が付されています(要旨のみ)。当庭園より北北西400m程の所に深川芭蕉庵跡( ... » more

三毛茶碗できました タンブラーとお揃いです三毛のアップモデルの八幡三毛はひなたぼっこしながら毛づくろい八幡三毛の毛づくろい - Video Makerニャニャくん風のこの方は誰でしょう松尾 ... » more

膳所と芭蕉 「かるみ」を知る 膳所の街角に「草の戸や日暮れてくれし菊の酒」という芭蕉の歌碑があり、特段に気に留めずにいたが、後日、「奥の細道」について調べていて、膳所は芭蕉にとって、縁の深い地であることを知る。その日の夕刻、大 ... » more

山岳随想「二十六夜山雑感」 11月3日の文化の日は天気に恵まれる確率が高いとされることから始めた「文化の日山行」は、今年で16回目になった。今年の文化の日山行は、二十六夜山(標高1297m)に出かけた。薄く雪化粧をした富士山の展望を期待して選んだ山で、山梨県都 ... » more
テーマ 二十六夜山 松尾芭蕉 二十六夜待ち

死せる歌短歌
げっそりとやつけたはずの兵(つわもの)がこれ見よがしに耶蘇と謀れ(はかれ)り ... » more

芭蕉の句〜「月見の舞台」・三井寺(番外編) 三井寺は、前編(左甚五郎の龍)・後編(弁慶の引きずり鐘)←※つつくとリンクで紹介したように、総ての建造物や備品に至るまでが重要文化財だと言っても過言ではない。これも重要文化財の「三重塔」がそびえる横を通り「村雲橋」の袂に出ると立て札 ... » more
テーマ 歴史巡り 三井寺(園城寺) 松尾芭蕉  コメント(13)

神仏を崇(とうと)びつ神仏にすがる 諸所の災害除けの観音さまで、地元は岩間寺の「通称汗かき観音」 こと、千手観世音菩薩さまにお参りして、東北地方を始め関東地方にこれ以上の自然災害と原発被害はないようにとお願いした。参道の入り口には、石灯籠が連なって奉納されてあ ... » more
テーマ 歴史巡り 岩間寺 松尾芭蕉  コメント(40)

MANIWA-CIRCLE西行法師の春を恋うる歌E
西行法師の春を恋うる歌E 「奥の細道」陰暦4月20日那須野での「田一枚植えて立ち去る柳かな」芭蕉の那須野での句は解釈の別れる句である。芭蕉がということであれば、この句は素直に、芭蕉が田を植えて立ち去ったのを柳が見送ってくれたという事になるのだろう ... » more
テーマ 松尾芭蕉 奥の細道 西行法師  コメント(2)

木作なページ認めることの勇気
認めることの勇気 せっかち、小心という自分が明かされました。用途にふさわしい鋸が見つかったらメールしますと言った会津鋸の伝左衛門さんから6日間音沙汰がありませんでした。伝左衛門さんの言葉を信じていたつもりですがこの時間を待ちきれずに、 ... » more
テーマ 中屋伝左衛門 松尾芭蕉 認める勇気

にかほ市象潟の名刹「蚶満寺」 鳥海山周辺に遊びに行きました。そこで見つけたのが象潟にある名刹「「蚶満寺」です。まず、象潟の道の駅「ねむの丘」に行きました。象潟は、松島と同じように海に多くの島が点在する風光明媚な所でした。しかし、1804年の地震で海が隆起 ... » more
テーマ 松尾芭蕉 象潟

左近法務事務所の歴史探訪不易流行
不易流行 不易流行とは---------------------江戸時代前期に活躍した俳人・松尾芭蕉の言葉ですね。芭蕉は晩年、旅によって得た体験や思索を通じて蕉風俳諧の理念の一つとして不易流行の考えに到達したと言わ ... » more
テーマ 松尾芭蕉 松下幸之助 松下電器産業

蕎麦はまだ 花でもてなす 山路かな 今朝の宮崎地方は16度ほどでしたが、日中は気温が上がり半袖の方がいいぐらいでした。長袖のシャツはちょっと選択ミスだった感ありあり。ところで今日は外出先で蕎麦(そば)の花を見かけました。<宮崎市小松地区の道路沿いにて> ... » more
テーマ 松尾芭蕉 蕎麦

『旅に病〔やん〕で夢は枯野をかけ廻〔めぐ〕る』きょう10月12日は松尾芭蕉が亡くなった日です。支考の書いた『笈日記』10月8日には:此夜深更におよびて、介抱に侍りける吝舟〔之道の門弟〕をめされて、硯の音のからからと聞こえけれ ... » more
テーマ 俳句 周易ごよみ 松尾芭蕉

気になるニュース 『奥の細道』 俳聖『松尾芭蕉』が歩いた「奥の細道」の足跡約2400キロを延べ137日間かけて竹馬で踏破した人がいるという凄いニュースが気になってしまいました。{%わくわ ... » more

珈琲Time松尾芭蕉憧れの職業
松尾芭蕉憧れの職業 私が子どものころ、女の子の憧れの職業のひとつに必ず入っていたのがスチュワーデスでした。今はフライトアテンダントと言うのでしょうか。憧れる要素として最も大きかったのは、容姿が問われる職業とされていたので、美人で背が高くスタイルがいい人しかなれ ... » more

うたの石と花(葦原中つ国)修二会
修二会 ただいま、奈良東大寺二月堂ではお水取りが行われています。句文 水取りや氷の僧の沓の音作者 松尾芭蕉所在地東大寺二月堂 ... » more
テーマ 句碑 松尾芭蕉

啓子一家をこの二の舞にしてはならない。強引に離村を勧めたことは、決して間違いでなかった。明日から精力的に移住の手続きをしてやろうと思う。 履歴書を簡単な依頼の手紙を添えて、源に速達便で出した。親友だから多くのことを言わなくても分かってく ... » more
テーマ 教師ー連載小説ー 雄叫び 松尾芭蕉

 

最終更新日: 2016/12/06 04:47

楽天市場のおすすめ商品

「松尾芭蕉」のブログ関連商品

» 「松尾芭蕉」のブログレビュー をもっと探す

「松尾芭蕉」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る