誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    伊集院静

伊集院静

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「伊集院静」のブログを一覧表示!「伊集院静」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「伊集院静」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「伊集院静」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

「大人の流儀(5) 追いかけるな」 伊集院静著(講談社 1,000円税込) 「大人の流儀(5)追いかけるな」 伊集院静著(講談社1,000円税込)【内容情報】(出版社より)追いかけるから、負ける。追いかけるから、苦しくなる。待つことができるのが、本物の大人なのだ。ベストセラーシリーズ待望の第 ... » more
テーマ 伊集院静 エッセイ 大人の流儀(5) 追いかけるな

【新書あらかると】  「追いかけるな大人の流儀5」伊集院静著(講談社 926円+税) 新書あらかると「追いかけるな大人の流儀5」伊集院静著(講談社 926円+税)日刊ゲンダイ2016年1月7日http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/172813 ... » more
テーマ 追いかけるな大人の流儀5 伊集院静 新書あらかると

伊集院さんは、二十歳のときに弟さんを亡くされたそうです。身近の死は、人を成長させますよね。「別れる」に限らないのですが、大人の男がどう生きるのかのTIPSが詰まっている本です。短編なので読みやすいですね。厳しい中にも優しさがある文章 ... » more

番組と伊集院氏の因縁は、2012年4月の放送にまでさかのぼる。当時、伊集院氏が番組で「女は鮨屋に入るな」「グリーン車で騒ぐ子供を注意しないのはおかしい。叩いてやったよ」などと自身の考えを語っていたところ、共演者の小島慶子が冗談めかして「うる ... » more

乳房  ☆伊集院静 乳房 (講談社文庫)伊集院 静 久世 光彦 講談社 1993-09-03売り上げランキング : 387929Amazonで詳しく見る by G-Tools満足度 ... » more
テーマ 伊集院静

「週刊文春」連載の読者相談コラムをまとめた本書。読者の相談に伊集院センセがズバズバ答えていきます。ノリは西原理恵子氏の『生きる悪知恵』に似てますね。まあ、あの二人は似てる(?)から回答の芸風も似るのかも。 ... » more

本書は、同名タイトルのエッセイ集の続編です。大人とは何か、というのをじんわりと考えた本でした。穏やかにじっくり味わっていきたいと思わせるエピソードが載っています。「なぎさホテル」の支配人の話は何度読んでも驚きますね。 ... » more

ロジウラン日記大人の流儀
大人の流儀 面白そうなので買っちゃいました!! ... » more
テーマ 大人の流儀 伊集院静

伊集院静が作家生活30年目で初めて送り出す推理小説の傑作 『星月夜』(文藝春秋 1785円) 伊集院静が作家生活30年目で初めて送り出す推理小説の傑作NEWSポストセブン2012.01.09 07:00http://www.news-postseven.com/archives/20120109_78779.html ... » more

伊集院静が作家生活30年目で初めて送り出す推理小説の傑作 『星月夜』(文藝春秋 1785円) 伊集院静が作家生活30年目で初めて送り出す推理小説の傑作NEWSポストセブン2012.01.09 07:00http://www.news-postseven.com/archives/20120109_78779.html ... » more

2001年12月1日(木)に、屋号を「遠藤商店」から、「花盗人(はなぬすびと)」に変更しました。この名前を選んだわけを書いておきたいと思います。決して泥棒して商品をお届けする訳では無いのであしからず。●伊集院静著「あずま橋」のなかの ... » more
テーマ スピッツ 花盗人 伊集院静

『機関車先生』のチラシ 『機関車先生(1997年春公開予定?)』ココで一発!ランキング応援クリックをヨロシクw検索・画像お持ち帰りの方は特にwにほんブログ村いつもクリックありがとう♪機関車先生は、伊集院静原作の小説。およびそ ... » more
テーマ フジテレビ 伊集院静 日本アニメーション  コメント(2)

本作は、作者・伊集院静氏の自伝的小説です。主人公「サブロー」は、新妻をガンで亡くし、アルコール依存症や精神疾患に苦んでいるとき、先輩K氏からの紹介で「先生」と出会います。「先生」こと色川武大氏は純文学の巨匠。そし ... » more

いねむり先生 伊集院静 集英社 【子どもたちへ<あしたの本>プロジェクト】という活動が始まっています。東日本大震災の支援として、被災地の子どもたちに本を送ろうという活動です。そのプロジェクトの一環として、子どもの本の作家等による応援メッセージ、直筆画を販売して活動資金にす ... » more

絶望の淵で出会った「いねむり先生」苦悩を背負った人だから他人を救うことができる・・・伊集院 静 絶望の淵で出会った「いねむり先生」苦悩を背負った人だから他人を救うことができるJBpress2011.05.02(Mon) 鶴岡 弘之 本 伊集院静さんの小説『いねむり先生』を読むと、悩める人を救済するという ... » more
テーマ 書籍・書評 伊集院静 JBpress

週刊新潮4月14日号に、この春の花見を進める文章が3本載っている。まず、グラビアページ、数学者・作家・藤原雅正彦「管見妄想語〜花見に出よう」〜皆が家でじっとうつむいているようでは復興のために必要な税収さえ途絶えてしまうからだ〜。次に作家・川 ... » more

志賀越みち 伊集院静 光文社 「伊豆の踊り子」を思い出させる、舞妓と学生の恋。比叡の山道を登る出だしから、あの有名な「道がつづら折りになって・・」という冒頭を思い出させる。主人公である雅彦の年齢も、ちょうど同じくらいだろうか。やはり、旧帝大の三回生。 ... » more

あれ?こういう内容なの 伊集院静 作家の愛したホテル タイトルに惹かれたが、中身を誤解してました。私は著者が、著名な作家の定宿を訪ねて何かエピソードを書いてるのかと思ったのだけど、違った。伊集院さん、、、夏目雅子さんのだんなですね、、、自身が40代50代で尋ねた世界中の宿の思い出をつづ ... » more
テーマ 読書 伊集院静 作家の愛したホテル

機関車先生  ☆伊集院静 機関車先生 (講談社文庫)伊集院 静講談社 1997-06売り上げランキング : 40531おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools出版社/著者からの内容紹介久しぶりに現れた傑作。先生と生徒の学園小説!瀬 ... » more
テーマ 伊集院静

「どこへ行ったのやら」で3度泣いた ボクとしては久しぶりの伊集院静作品「ねむりねこ」を読んでいます。その中の「どこへ行ったのやら」という3ページのエッセイで3度泣きました。すみません、もうちょっと正確に言うと〜熱いものが込み上げ涙が目頭を濡らす状態になったという、まあ別にどう ... » more
テーマ 読書 伊集院静

本来でしたら、22日の飛行機で鹿児島に行き、23日のコンサートを楽しむはずでしたが・・しかし、諸般の事情で止むを得ず・・でしたが、偶然なことに24日に、伊集院先生の「講演会withティーパーティー」が都内のホテルで開かれます ... » more

美の旅人 フランスへ 伊集院静 小学館 前作「美の旅人」はスペイン絵画が主だったのですが今回は、フランス絵画です。フランスといえば、もう芸術の都、パリ。そしてルーブルということで・・。読み応えある、とても興味深い一冊でした。私も知っている画家がたくさん ... » more

石五郎のライフスタイルエニアグラム
エニアグラムというテストをしたら4番のタイプだった ■エニアグラムタイプ4番が決してしないこと これまでの肯定的な体験だけを思い出して1ヶ月過ごすこと。ゴールデンウイークに旅行すること。もっとも売れているファミリーカーを ... » more

「どうすれば、それが見つかるんですか」「とにかく打つことだ。打ちながら、相手を見ることだ。相手を見ているうちに自分が見えるようになる」「つまんない自分しか見えません」「そうさ、それが第一歩だ。自分がいかにつまらない人 ... » more

桜花賞をとったので、この勢いで皐月賞も取ろうと思ったが、予想もしなかったドリームパスポートが2着に入り、本命で固めていたアドマイヤームーンの追い込みが今一歩の4着であったために、馬連も3連複も3連単もこけた!!馬券は取れなかったが、22年の ... » more

下重暁子は年齢に関係なくどんどん狂えという。「中年から狂うと恐ろしいというのは、中年から老年を淋しく過ごさざるをえなかった人の羨望の裏返しかもしれない。」下重暁子(不良老年のすすめ)一方、正真正銘不良中年の伊集院静は、いい年 ... » more

たまりませんな 伊集院静 西原理恵子 双葉社  この二人が一緒に仕事するとなると、やっぱりギャンブルの世界ですわ。このくたっとした不良ぶりが、これまたファンの母性本能をくすぐる、と。この人のギャンブルは真剣勝負。つまり、男の遊びは真剣勝負、ってことやね。なにしろイチロ ... » more

石五郎のライフスタイルどんまい
伊集院静作「ぼくのボールが君に届けば」より伊集院ファンタジーの傑作短編だ。物語のクライマックスは「カオル、カオル、ありがとう」とジュンヤが彼女の乗ったタクシーを追う場面。僕にとっては、ドストエフスキーの「貧し ... » more
テーマ 読書 伊集院静

美の旅人 伊集院静 小学館 伊集院静氏の大作です。週間ポストで3年間連載されていた「美の旅人」をまとめたもの。絵画をテーマにしたエッセイ、と紹介されていますが、エッセイの枠を超えて、絵画論にも近い本格的な本になっています。これは、スペイン編。次にフラ ... » more

この「潮流」を読めば伊集院静に対する先入観的な軽い嫉妬などは粉々に砕け散ると別のところでコメントしました。いくつも味わい深いところがあるこの小説の中で、私が特に好きな箇所はふたつ。ひとつは、海を見ながら亡くなった弟のことを二人が語る ... » more

 

最終更新日: 2016/12/06 04:46

「伊集院静」のブログ関連商品

» 「伊集院静」のブログレビュー をもっと探す

「伊集院静」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る