誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「能」のブログを一覧表示!「能」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「能」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「能」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

NPO法人、一日一歩不思議な道案内人
不思議な道案内人 今年のGWのことでした。まだ5月というのに、すでに初夏の陽気。慣れぬ暑さと道に迷いながらの散策は、思いのほか疲労困憊。ですが「補厳寺(ほがんじ)」(近鉄線橿原線「笠縫」下車)で、「面塚(めんづか)」の話が出たので、「秦楽 ... » more

NPO法人、一日一歩百万
百万 お金の話ではありません。今日のタイトル『百万(ひゃくまん)』は、お能の演目です。--------------------ストーリー奈良に「百万」という巫女がいて、西大寺の念仏会に参拝の途中。境内にある古木の柳付近 ... » more

ある秋も深まる夜の物語 錦秋の日曜日。清清しい朝をお過ごしのことと存じます。そこでいつもの、読むだに鬱陶しい仕事の話などやめて、今朝はあなたの心に一陣の風をお届け…できればいいですね!はてさて。奈良県桜井市にある大神神社(おおみわじんじ ... » more

どこでもドアか、分身の術 初回、印刷したチラシが、なくなってしまった。年末までの2ヶ月半分として5000部だけ刷った。次回印刷は年明けを予定していた。まだこれから修正事項がいろいろと出てくるから、お試しもかねてだったのと、どちらかと言うと企業や各団体 ... » more
テーマ 仕事 京劇・昆曲

BON-COINアルバム連打!!
月の美しい季節になりました。すこしづつ気温がさがって紅茶を淹れるとポットの中で茶の葉が開く時間が長くなりました。さて、秋の夜長ワタクシが一生懸命取り組んでいるのはなんと言ってもアルバム作り{%残業 ... » more

第24回 正陽会 昨日は、友人に誘われ、観能へお能は初めてです。場所は谷6の大槻能楽堂第24回正陽会仕舞春日龍神敦盛能采女美奈保之傳狂言清水仕舞松虫 ... » more
テーマ 日本舞踊 着物

怨霊伝説と、能にまつわる数奇な運命 〜その2〜 ■ふたたび繰り返される悲劇夜の帳が降り、煌々たる篝火に照らし出され、その姿は神々しくも輝いておりました。その唄声は迦陵頻伽(注1参照:かりょうびんが)か、舞姿はまさしく天女か?魂が奪われたかのようにトランス状態で魅入る貴族た ... » more

怨霊伝説と、能にまつわる数奇な運命 〜その1〜 ■滅びゆく人々その昔。グローバルな視野、スピーディーな行動力、合理的なシステム作りで、瞬く間に国家の礎となる基盤を築き、都にその人ありと謳われた若きイケメン貴公子─聖徳太子。身分の低い秦河勝(はたかわかつ)を経済官僚とし ... » more

平城遷都1300年祭は、社団法人平城遷都1300年記念事業協会主催で、「国家的、国民的事業として地球規模で推進する実行組織」による大イベントだと位置づけられています。(会長:秋山喜久のあいさつより)私は基本的に、発想が、意気 ... » more
テーマ 奈良 祝祭祀あをによし  コメント(2) トラックバック(1)

6月の見所より minicardをようやくget出来たので、画像UP! ... » more
テーマ エッセイ

だいぶ前に「重箱」で触れた現在形。ようやく形にして、「見所」へ。野村萬斎、その才覚の計り知れなさ。演出という技。空間という魔。能というものから「伝統(きまり)」を削った舞台。世田谷パブリックは、あづちが毎 ... » more
テーマ エッセイ

あづちりこの「見所から」透ける夢
透ける夢 ああ、ぞっとするような楊貴妃だった。きらびやかさにかざられていても、透けて通る夢。そこにあるはずなのに、光を失った蜃気楼。清水先生が選んだのは「皇帝」。初回の鑑賞である。お題目としてもしばらく舞台には上がらなかった、 ... » more
テーマ エッセイ

【漫画】 花よりも花の如く  6巻  ★★★☆☆ ようやく話が走り出した?第6巻。若手能楽師の会に誘われ、その公演で「望月」のツレという大役をやることになった憲人。しかしながら、日々舞台を重ねる毎日は変わらずで…。そんな中、芳年さんの紹介でTVドラマ出演のオファーが舞い込んだ憲人に ... » more
テーマ 漫画

知恵の小箱能のススメ
初めて見た能は「土蜘蛛」でした。武士が土蜘蛛を退治する話なのですが、土蜘蛛が舞台を所狭しと走り回り糸を飛ばします。橋がかりの欄干を飛び越すシーンもあり、その迫力に、すっかり能の虜になってしまいました。昨日も横浜能楽堂の日でし ... » more
テーマ 趣味

トラノコ日記最高の夜☆
最高の夜☆ サボりすぎて、全然日記ではなくなってしまったトラノコ…。((+_+))こんなにサボると、何をきっかけに復活しようかと、これでも毎日のように特筆すべき日常がないかと、思案していました。それで、やっぱり、昨日のお話。昨日の甲府・ ... » more
テーマ  コメント(3)

以前から「上方伝統芸能ナイト」という公演が実施されているのは知っていたのですが、今年の3月に初めて山本能楽堂に行かせていただいたことをきっかけに、今回拝見させていただきました。この公演は、“初心者のための”という言葉が頭について ... » more
テーマ 古典・伝統 趣味

久しぶりの能楽鑑賞の第二弾。本日、観世能楽堂にて北浪貴裕さんの『道成寺』を鑑賞した。この方は、舞の姉弟子さんの先生で、本日が『道成寺』のお披き(ご宗家からお許しを頂いて、はじめて演じること)ということで、まず最初に、北浪さんのお師匠に当 ... » more
テーマ

決められたシノプシス スタッフとして迎えた公演。初めての「関係者」。物凄く純粋にわくわくする。彼が出る訳ではないし、関係者のかぎかっこを外して、純粋に舞台を吸収しに来た。しかし、この場はあくまでも見所からの話である。スタッフとしての関 ... » more
テーマ エッセイ

UP遅くなってしまい、ごめんなさいです。続きだ!夕凪の武田同門会。装束説明には間に合わず、「芦刈」シテはあづちの好きな文志さん。囃子にはししょー、洋祐くんに新太朗くん。ししょーの脇はししょーの息子年齢層のような青年達 ... » more
テーマ エッセイ

あづちりこの「見所から」選択と淘汰
睦月は雨さえも憶えていない。見損なったのは彼が企画した紀尾井での公演だった。予算がなくなってしまったからだけど。必然的に見る事を選別し始める。能フェチとして、あるまじき事ではあるが。楽しみにしていたのは道成寺、世田谷 ... » more
テーマ エッセイ

あづちりこの「見所から」情熱の代償
たとえ、その情熱が後に重く激しい狂気を連れて来るのだとしても久しぶりに「道成寺」を迎える。実に佐久間先生の披き以来だ。しかも舞台の白拍子はベテラン、今年2番目の万三郎先生だ。年初の「三輪」は恐ろしく神 ... » more
テーマ エッセイ

オリエンテーションを含めて、たった8回の練習で舞台に立つなんて無謀だ!!!と思っていた私ですが、なんとか本番を乗り切ることができました。さて、今回私が演じさせていただいた「蟹山伏」ですが、とにかく練習のチャンスが少ないという ... » more
テーマ 狂言 古典・伝統

皐月から雨情 GW。だいたい不思議と貧乏な状況が多い。多分ボを見込んで使ってしまう事が原因…少しは改善しなければ。皐月にもまだ足運ぶ社中会。この月の終わりには清水先生の社中会。あづち弟子ではないが弟子の気分。能も先生の番外迄あ ... » more
テーマ エッセイ

重なる色、重ねる音 桜の季節が始まる。まったく早いものである。この時期は能繁期で素人会も多い。ほぼ土日のスケジュールは埋まっていく。有料の会は数える程。現在形も靖国も近藤先生の試演も行かず。靖国は惹かれたけどなー、前の方で見ないと価値がない。 ... » more
テーマ エッセイ

本日、「若手能」大阪公演を見てきました。第一部は午前10時30分から始まるという、とっても早い開催でとても眠かったのですが、もうすぐ自分が狂言の舞台に立つことも考え、しっかりと狂言の方々の動きを拝見してきました。さて、第一部 ... » more

あづちりこの「見所から」混沌と不満
弥生になり始め。鎌倉能舞台の横浜公演はバースデーイブ。友人と並んで鑑賞。番組は「七騎落」またまた大人数。安宅の演出を想像するが戦に負けて帰る船の上で物語は展開する。八人登場するが八は縁起が悪いのでひとり降りろ、ともめるのだ。 ... » more
テーマ エッセイ

あづちりこの「見所から」重なる神事
あらためて、賀春。早いもので能に出会って6年目を迎えた。いやはや(汗)少しずつではあるが、進歩している、と思っている。これからも切磋琢磨。翁を年初に3番重なるとは。。。(T_T)ししょーと彼がセットならこんなに見なく ... » more
テーマ エッセイ

伝 松風・村雨の史跡を訪ねる 寒いが歩いて多井畑厄神に初詣する。ここ多井畑に残る松風、村雨の史跡を訪ねてみた。松風、村雨は能「松風」に登場する伝説上の人物で、多井畑の村長の娘姉妹「もしほ」「こふじ」のことで、在原行平が寵愛したことになっている。 ... » more

今年初めて伊丹能楽塾の練習に行ってきました。前回の練習を仕事の関係で休んでしまった私は、気合を入れて臨まなければいかなかったのに、まだ台詞を頭に叩き込めないまま練習にいってきました。本日は台詞を覚えたものとして、全体を通した ... » more
テーマ 狂言 演劇

トラノコ日記神楽坂「紀の膳」♪
神楽坂「紀の膳」♪ 昨日、久しぶりに神楽坂「紀の膳」へ行きました。どのくらい久しぶりかというと…中学生くらい?今ではすっかり歳をとってしまった祖母が、飯田橋で元気に暮らし働いていた頃、以来かもしれません。祖母の大好物は、「アンズあんみつ ... » more

 

最終更新日: 2016/11/29 04:38

「能」のブログ関連商品

» 「能」のブログレビュー をもっと探す

「能」ブログのユーザランキング

Ban'ya 1 位.
Ban'ya

テーマのトップに戻る