誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「能」のブログを一覧表示!「能」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「能」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「能」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

雨月 国立能楽堂にて 能というものはとっつきにくく、一般に分かりにくいものという通念があるように思う。一方で、国立能楽堂が主催する公演は627席いつも満席である。あぜくら会に入っていても、チケットをとるのに苦労するようになり、詳しい先達が ... » more

在り得ないサロンの音楽 @ Idea Fire Company アイディア・ファイア・カンパニー (IFCO) の新しい LP、"Music from the Impossible Salon" がとても面白い。IFCO と言えば、スコット・フォウストのアナログ・シンセサイザー・ユニットであ ... » more
テーマ ピアノ アイディア・ファイア・カンパニー

OLAFの能楽鑑賞(’11年6月11日 普及公演 狂言「子盗人(こぬすびと)」 能「熊坂」) 梅雨空で雨がしとしと降っている。今日は1時から普及公演がある。普及公演は最初に公演内容の解説があり、色々な話が聞けて面白い。国立能楽堂に裏口から入っていく。紫陽花が雨に濡れていて趣がある。今日は正面席から見る。 ... » more
テーマ 千駄ヶ谷 東京

OLAFの能楽鑑賞(’11年6月1日 定例公演 狂言「磁石(じしゃく)」 能「半蔀(はしとみ)」) 梅雨の合間となった1日に能の定例公演を国立能楽堂へ見に行った。最近は能を楽しむ事が多くなった。今日の公演は狂言は「磁石(じしゃく)」、能は「半蔀(はしとみ)」だ。能の「半蔀」は源氏物語の夕顔を題材にしたものと言うことで楽しみ ... » more
テーマ 千駄ヶ谷 東京

能『羽衣』  天女の舞い     【後半】 『羽衣』の後半、天女の舞いのご紹介です。女人の面(面)は、確度によって、楽しそうに笑っているように見えたり、伏目がちに暗く沈んで見えたりします。そのあたりが写真で表現できればと思い、気を入れて撮影しました。面の表情や衣がすれる感触な ... » more

能『羽衣』   3番目 鬘物   【前半】 「能」といえば、女の面(おもて)を着けて、優美に舞うというイメージを懐きます。能を想像する代表作、鬘物『羽衣』のご紹介です。鬘物とは、女を主人公とした演目を分類する言葉です。鬘物の演目ではそのほかにも『松風』等が有名です。能の演目は、5 ... » more

能「箙(えびら)」 源義経‘鵯越えの坂落し’ゆかりの箙の梅 伝説 名将・梶原源太の亡霊 能「箙」江戸時代に江戸幕府の式楽となった中で、武士達に最も好かれた能で、「箙」‘えびら’と呼びます。箙は、武士が矢を入れて携帯する容器のことで、うつぼとか、ゆぎとも呼ばれます。能の分類としては、「二番目物」で、「修羅 ... » more

『平成23年・桃花祭御神能』 能鑑賞 安芸の宮島厳島神社 「翁附き」の 『養老』その弐 安芸の宮島厳島神社、桃花祭御神能の3回目です。前回「翁附き」と言われる養老」「の前半をご紹介しました。今回は前回のつづき、養老の後半となります。山神が登場し目出度い舞を舞います。----- ... » more
テーマ 伝統芸能 写真

『平成23年・桃花祭御神能』 能鑑賞 安芸の宮島厳島神社 第A部 「翁附き」の 『養老』 舞が終わると翁は面を外してお辞儀をして、千歳と共に退場します。大鼓を合図に次は「三番叟」です。前回のBlogで紹介していますが、舞台で何度か飛び跳ねます。次は、「黒式尉」の面をかけ鈴を手に一しきり舞います。三番叟の舞が終わり、面を外して舞台 ... » more
テーマ 伝統芸能 写真

『平成23年・桃花祭御神能』 能鑑賞 安芸の宮島厳島神社4月16日 第一部 『翁』 4月16日安芸の宮島、厳島神社で開催された桃花祭御神能を撮影してきました。桃花祭は、初日の夕刻陵王などの「舞楽」から始まって、二日目に能、三日目能、四日目能と4日間連続します。初日の舞楽は夜ライトに照らされた中、国宝の高舞台 ... » more

OLAFの能楽鑑賞(’11年4月16日 狂言「鞍馬参り(くらままいり)」 能「小塩(おしお)」) 9日に引き続き国立能楽堂へ定例公演を見に行った。演目は狂言:鞍馬参り(くらままいり)(大蔵流)、能:小塩(おしお)(宝生流)だ。定例公演は夜の6時半開演。夕方、千駄ヶ谷駅まで出かけた。千駄ヶ谷駅の線路際に黄色い菜の花が群 ... » more
テーマ 千駄ヶ谷 東京

OLAFの能楽鑑賞(’11年4月9日狂言:鎌腹 能:藤) 久し振りに、国立能楽堂へ能を見に行った。4月の普及公演。狂言は「鎌腹」(大蔵流)、能は「藤(ふじ)」(金剛流)だ。普及公演は解説・能楽あんないが行われる。今回は馬場あき子(歌人)と言う人だ。公演はPM1時から。あ ... » more
テーマ 千駄ヶ谷 東京

OLAF in 春の京都 (’11年4月3日 南禅寺・若王子神社・哲学の道・嵯峨清涼寺大念仏) 昨日は、ポカポカ春らしい季節を感じさせる天気だったが、今日はとても寒い。せっかく咲き始めた桜がまた閉じてしまうのでは?今日は色々な行事がある所を歩き回ってみる。楽しみは嵯峨清涼寺で行われる大念仏を見に行く事だ。始めて見る ... » more
テーマ 京都

OLAF in 春の京都 (’11年4月2日 松尾大社例祭・梅宮大社・祇園白川・丸山公園) お酒の神様で知られる松尾大社は「洛西の大社」で、京都内でも最古の神社の一つ。平安京遷都後は 賀茂社(上賀茂神社と下鴨神社の総称)とともに皇朝鎮護の神として朝廷からも厚く崇敬されてきました。洛西の春の先陣を切って開かれる例祭は、松尾大 ... » more
テーマ 京都

荒(すさ)ぶる祭りが日本の全国各地に NHKホールで26日、27日に地域伝統芸能まつりが開催された。27日のチケットを入手できたので行ってみた。このイベント、今年で11回目、パンフレットによれば、「日本各地の祭りと伝統の古典芸能に、日本人のこころの原点を訪ねる」とある。 ... » more
テーマ 狂言 伝統芸能

緑の光線お能
お能 「はじめてのお能」の第二弾、だそうで、前回って、見たっけなあ・・・たしか平日の夜だったので、行かなかったような・・・で、今回は、邯鄲と道成寺のお囃子。最後に融は囃子と舞。シテ方の舞なしで、お囃子だけだと、イメージ ... » more
テーマ

OLAFの能楽鑑賞(’11年1月8日 狂言:呂蓮(ろれん) 能:百万(ひゃくまん)) 1月の普及公演を楽しみに国立能楽堂へ出かける。普及公演は ”解説・能楽あんない”が有るので勉強になる。今回は、狂言は「呂蓮(ろれん)」、能は「百万(ひゃくまん)」だ。午後一時開演というので、12時半に千駄ヶ谷駅に到着。前 ... » more
テーマ 千駄ヶ谷 東京

OLAFの能楽鑑賞(’10年12月17日 狂言:伊文字(いもじ) 能:忠信(ただのぶ)) 今月はネットで予約を取ることが出来たので、2回目の能楽鑑賞となった。定例公演で能は「忠信」・狂言は「伊文字」だ。開演時間は昼間ではなく午後6時30分。さて、また能を楽しんで来る事にします。6時頃に千駄ヶ谷駅に到着。駅 ... » more
テーマ 千駄ヶ谷 東京

Happy〜つぶやき日記!命のやり取り…
今宵はナレーションの仕事ですが、昼間はぼーっとBSドキュメンタリーを見ていました。能楽や歌舞伎で鼓や太鼓を演奏している一家の話。たまたま先日、能を観た時に出演されていた亀井流の方の家族の話でした。 ... » more
テーマ 歌舞伎 音楽

OLAFの能楽鑑賞(’10年12月11日狂言:鬼継子(おにのままこ) 能:橋弁慶(はしべんけい)) 11月9日の午前10時。12月の国立能楽堂の予約が開始になる。TEL、ネットで開始されるが、TELは一斉に予約のTELが入るのであろう、ビジィーで繋がらない。昔のゴルフ場予約の様な状況だ。ネットは有難いもので余裕を持って予約 ... » more
テーマ 千駄ヶ谷 東京

名古屋城 名古屋城をこの方向から撮影出来るのは珍しいホテル名古屋キャッスルと名古屋城まツーショットホテル名古屋キ ... » more
テーマ 相撲 名古屋城

能舞台の愛と真実が蘇る現代能楽集X「春独丸」「俊ェさん」「愛の鼓動」 11月20日19時〜21時20分の世田谷パブリックシアター・シアタートラムにおける演劇公演で現代能楽集X「春独丸」「俊ェさん」「愛の鼓動」(能「弱法師」「俊ェ」「綾の鼓」より)を観た。年老いた女が現れる。独白、春独丸の話、昔 ... » more

「殺された能楽師の言い伝え」奈良豆比古神社 「殺された能楽師の言い伝え」奈良阪の奈良豆比古(ならづひこ)神社にまつわる、「おとろしい(奈良弁)」言い伝えについて、昨年の12月にブログにレポートを書きました。http://2010aoniyoshi.at.webry.i ... » more
テーマ 奈良 伝統

Happy〜つぶやき日記!
先日、能を観に行ってきました。客席は、ほぼ満員で、結構、観に来る方が多いんだなぁと感心してしまった。大学時代に、数回観た記憶があり、それ以来。。。。能って、日本神道の儀式のようで、雰囲気は ... » more
テーマ 音楽 伝統芸能

よそから来たお客様!奈良紀行 その2(写真7枚) 今年9月、10月、埼玉の川越から、尚美学園大学の定平誠ゼミの学生さんたちが、奈良のPV映像を撮影に来る!というわけで、下見に来た学生さん5名(うち男子学生1名)と先生2名。一方、ズブズブの奈良県人の私は、いったい彼らが「 ... » more
テーマ 大学連携 奈良  コメント(2)

緑の光線お能も観たいのだ!
お能も観たいのだ! 気軽に能を観る機会はないものか…能舞台は格式が高く行きづらい感じがする。そんなわけで、芸術ホールでのお能鑑賞。能に関してはまだまだよくわかっていないけど、やはりとても興味深い。狂言や歌舞伎は、少なくとも、役者の表 ... » more
テーマ

OLAF初めての能楽鑑賞 (’10年7月10日 国立能楽堂:能「夕顔」と狂言「蚊相撲」) 生まれて初めて、能を見に行った。歌舞伎は好きでちょくちょく見に行くが、能は何となく敷居が高く見に行く事を躊躇していた。そこで”初めての能楽鑑賞”と言う講座に参加し、参加者全員で国立能楽堂で能を見て卒業となった。能を見に行く前に、 ... » more
テーマ 千駄ヶ谷 東京

千駄ヶ谷にある国立能楽堂(展示室、無料)にて。今日6/25(金)まで。─平城遷都1300年に因んで─「南都能楽七百年」1)奈良の寺社と能楽2)金春太夫と奈良3)幕末・近代の奈良と能楽4)能の舞台と ... » more
テーマ 奈良 祝祭祀あをによし

観世流能楽師杉浦豊彦 「初夏の鳴滝能」鑑賞 先日の平安神宮薪能『土蜘蛛』で、頼光が土蜘蛛に切りかかる迫力あるジャンプに魅了され、杉浦豊彦能楽師をPC検索で見つけた。嵐電沿線の鳴滝で、能楽堂を持ち、公演があると知った。しかも、演目の解説・能装束着付け実演・演 ... » more
テーマ おひとりさま 50代以上blog

平安神宮特設能舞台 京都薪能 日本の代表的な伝統芸能である能は、六百年以上の歴史を持っていて、ユネスコ世界無形文化遺産に登録されているとか。徐々に親しみを持とうと、本日も薪能鑑賞。雨に降られなくてよかった〜。TVでおなじみ「そこぬけに〜! ... » more
テーマ おひとりさま 50代以上blog

 

最終更新日: 2016/11/29 04:38

「能」のブログ関連商品

» 「能」のブログレビュー をもっと探す

「能」ブログのユーザランキング

Ban'ya 1 位.
Ban'ya

テーマのトップに戻る