誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「能」のブログを一覧表示!「能」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「能」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「能」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

Ban'ya梅若猶彦講演会
梅若猶彦講演会 10月29日(土)午後、国際文化会館ホール開催の梅若猶彦講演会に、鎌倉佐弓とともに出かける。地下鉄は麻布十番駅。急な鳥居坂を登る。講演では、以下の内容が印象に残る。1能の演技では頭がぶれてはいけない。ぶれないため ... » more
テーマ 俳句

闘話§大相撲九月場所十一日目〜国技館〜 一昨日千秋楽だった両国国技館の大相撲九月場所に行ったのは、一週間前の十一日目のことだった。簡単にまとめておく。12時半前には国技館に入場。いつものように客席には向かわず、地下大広間にちゃんこを食べに向かった……250円だった ... » more
テーマ 歌舞伎 相撲

平家物語の世界 語りの伝承 「能」「狂言」「平曲」による 8月2日(火)の18時より横浜能楽堂において「平家物語の世界語りの伝承「能」「狂言」「平曲」による」が開催され観てきました。最初は「竹生島詣(ちくぶしまもうで)」の平曲による語りがありました。琵琶の音色が一気に平家物語の世界へと誘っ ... » more
テーマ 狂言 能楽堂

OLAFの薪能見物(’15年8月20日 遊行寺薪能) 第30回目の”遊行寺薪能”を見に行った。”遊行寺薪能”とは、時宗総本山清浄光寺を言い、呑海上人が開山上人である。俣野の庄(現在、藤沢市と横浜市を分断する境界線となりましたが、両市に俣野の地名が残っています。)の地頭俣野五郎景平の実弟 ... » more
テーマ 藤沢 神奈川県

月刊「観世」に第8回世界俳句協会大会広告 月刊「観世」2015年8月号(檜書店)に、第8回世界俳句協会大会http://www.worldhaiku.net/WHAC8/WHAC8.htmlの広告掲載。国際的な活動を展開している能楽師、梅若猶彦さんの名前入りで。 ... » more

今日は、京都観世会館5月例会で能三昧を楽しんできました。笛と鼓と謡いは、疲れた日本人DNAをやさしく修復してくれる波動療法です。倍音のシャワーに身も心もゆだねていると、すべての輪廻の傷跡が癒やされていきます。意識が遠くなっていっ ... » more
テーマ 波動療法 京都観世会館

日韓ミーハーの会第63回横浜能
第63回横浜能 ☆日本と韓国の魅力を発見する(ミーハー)の会+日本ガルテン協会報☆今年63回目を迎える「横浜能」 岡本房雄先生出演されます。第63回横浜能 主催:横浜能楽堂時間:6月20日14:00〜16:10頃料金:S席4,0 ... » more
テーマ 岡本房雄

昨夜、「明日の京都行きは、おけいはんやなぁ。だって疲れてるもん」と寝入ってしまったのですが、今朝、目覚めた時には「ええ天気やん!よし!今日はバイクで行こう!」と元気になっていました。思うに、これも中谷塾の効果ですね。テンションが上が ... » more
テーマ 中谷塾

OLAFの能楽鑑賞 (’15年3月20日 定例公演 狂言:苞山伏 能:頼政 ) 久しぶりに国立能楽堂へ。今日は定例公演で18時半開演。何時もと変わらない風景。狂言は苞山伏(つとやまぶし)(ネットより転載)苞とは、藁(わら)に包んだお弁当。この狂言には三人出てきます。 ... » more
テーマ 千駄ヶ谷 東京

知人が能に詳しく、はじめて本格的な能、狂言を観る。演目は「敦盛」、狂言の「昆布売」、「葵上」である。若手の演能である。知人は若手の方が声量もあり、明確だと言うが、その通りなのだろう。国立能楽堂は、前の椅子の背に、小さな液晶ディスプレイが ... » more
テーマ 狂言

今日は今年最後の京都観世会でした。12月は年間チケットを使い切ろうという人たちで超満員!それを見越して、いつもより30分早い電車に乗って京都へ向かいました。三条駅からテクテク歩いて・・・数台の高校陸上部バスとすれ違いましたよ。 ... » more
テーマ 前世物語 緩和ケア

スイミングの一日体験レッスンと日本庭園の能楽 2歳と1か月になったチビッ子、この一週間もいろいろありましたね。11月4日(火)近所の幼稚園の園庭解放に行きました。幼稚園のお兄ちゃん、おねいちゃんと一緒に自転車に乗って楽しそうに遊んでました。11月5日(水)はプールの ... » more

知人のお寺で、年2回、和に関するもの(例えば落語、講談、三味線etc)を紹介する会がある。今回は能ということで、出向く。能に関する話、謡い、舞、囃しなど、簡単なものを演じ、お話をしていただく。能は流派の縛りなども多いようで、ご迷惑がかか ... » more
テーマ  コメント(1)

OLAFの能楽鑑賞 (’14年10月1日 普及公演 狂言:鎧 能:三輪 ) 久しぶりに国立能楽堂へ足を運んだ。ハワイなどで遊んでいたので行く暇がなかった。ずっと晴れていたのにこの日は雨。雨の中の能楽鑑賞となってしまった。今日は脇正面の一番端。役者が良くみられる。初めは狂言の『鎧』 ... » more
テーマ 千駄ヶ谷 東京

Ban'ya関蝉丸神社の闇
関蝉丸神社の闇 7月に訪れた滋賀県大津市のいくつかの神社について、メモを書いておきたい。2014年7月20日(日)、浜大津に近い宿泊先のホテルから太い坂道を登ると、関蝉丸神社(下社)にたどり着く。鳥居が見える前、坂道脇に立つ ... » more

「俳句界」2014年10月号(文學の森)の新作巻頭3句、校正完了!ひょっとしたら、日本の月刊商業俳句誌で、巻頭句は、はじめてかもしれない。実に、国内ではひどい扱いを受けてきた。角川系の月刊「俳句」にはとくにひどい扱いをされた ... » more
テーマ 俳句 雑誌

「月刊 観世」2014年8月号目次 「月刊観世」2014年8月号(檜書店)の目次。巻頭随筆夏石番矢「能と俳句」参照月刊「観世」2014年8月号巻頭随筆「能と俳句」校正 http://banyahaiku.at.webry.info/20 ... » more
テーマ 俳句 雑誌

Ban'ya「俳句界」10月号巻頭句送付
「俳句界」10月号(文學の森)むけ新作巻頭句3句送付。いずれも能を下敷きにした俳句。どんどん変えてゆくと、元の謡曲の詞章が不明になる。これはお遊びではなく、老い、放射能、世相を詠み込んでいる。「俳句界」編集長の林誠司さん、「 ... » more

月刊「観世」2014年8月号巻頭随筆「能と俳句」校正 月刊「観世」2014年8月号(檜書店)の巻頭随筆「能と俳句」初校を終える。本文6行はみ出したので、泣く泣く削る。檜書店http://www.hinoki-shoten.co.jp/参照月刊「観世」あて随筆 ... » more

OLAFの能楽鑑賞 (’14年6月14日 普及公演 狂言:止動方角 能:皇城 ) 今月も先月に引き続き普及公演を見に行った。能はあまり普段では公演されていない「皇城」だ。ネットでの解説、映像などを検索してみてもほとんど出てこない。楽しみだ。天気も良く暑い。国立能楽堂にも短パンのオジサンの姿が見える ... » more
テーマ 千駄ヶ谷 東京

今日は京都観世会館6月月例能会を観に行きました。敦盛・半蔀・春日龍神敦盛はご存じ、一ノ谷の合戦で愛用の笛:青葉 を本陣に取りに戻ったが為に舟に乗り遅れて、熊谷直実に討たれた平家の若きイケメン御曹司のお話です。能面は、このようなせ ... » more
テーマ スピリチュアル 前世物語

このブログ記事で、私と能、私と東大観世会の関係を思い出して書いたおかげで、檜書店の月刊「観世」8月号あて、巻頭随筆「能と俳句」を綴ることができた。その原稿で、最後に挙げたのは、直接、能とは関係ない次の一句。肋骨の沖へと午後の ... » more

Ban'ya能とわが俳句
私の俳句で、能の詞をもとにしたものもある。東大観世会の機関誌「かんぜびと」にも、模索期の作で、句集未収録の句があったのを、最近思い出した。これは省略。句集『メトロポリティック』(牧羊社、1985年)収録作あらはづかし鶏が ... » more
テーマ 俳句 句集

「かんぜびと」第13号とわが連句 「かんぜびと」第13号1975年6月25日発行編集長発行人乾昌幸発行所東京大学能狂言研究会観世会私が最後に編集した号。表紙裏表紙そして1〜2ページ椎間板ヘルニアをこ ... » more
テーマ 俳句 雑誌

Ban'ya「かんぜびと」第12号
「かんぜびと」第12号 「かんぜびと」第12号1975年5月21日発行編集兼発行人乾昌幸発行東京大学観世会東京都目黒区駒場3−8−1東京大学教養学部学生会館313号室表紙裏表紙ここには新入生名簿があり、、東鶴 ... » more
テーマ 俳句 大学

「かんぜびと」第10号、その不吉さ 「かんぜびと」第10号1975年1月24日発行編集兼発行者乾昌幸発行所東大観世会東京都目黒区駒場3−8−1東京大学教養学部学館313号室表紙裏表紙この号は、冬枯れの内容。同期の森村進君(現 ... » more

Ban'ya能と俳句
能と俳句 現在では意外に思われる能と俳句は、密接なつながりがあった。西山宗因(1605〜82)の発句などには、謡曲に出てくる詞がかなり使われている。はつ花や急候ほとに是ははや花むしろ一けんせはやと存候里人のわたり候か橋の霜宗因 ... » more

Ban'ya「かんぜびと」第6号と駒場祭
「かんぜびと」第6号と駒場祭 「かんぜびと」第6号の裏表紙初代編集長中村安秀さんの手書き1974年11月16日(土)、東大駒場キャンパス開催の駒場祭で、1年生の私は「羽衣」の地謡をつとめたようだ。記憶が定かでない。3年生の長瀬公一さんがこの曲の仕 ... » more
テーマ 俳句 大学

「かんぜびと」第11号とわがエッセイ 「かんぜびと」第11号1975年3月4日発行編集兼発行者乾昌幸発行所東大観世会表紙表紙の句は、誰のどの句のパロディーでしょうか?「羽衣」とのモンタージュ。裏表紙この号の1ページ〜2ぺージ。 ... » more

Ban'ya「かんぜびと」第2号と初舞台
「かんぜびと」第2号と初舞台 「かんぜびと」第2号表紙初代編集長中村安秀さんの手書き。私は色紙の畳紙では、鳩居堂の観世水を好む。その淵源はこの表紙だろうか?自分がいつ初舞台を経験したかは、記憶にない。ひよっとしたら、1974年6月23日( ... » more

 

最終更新日: 2016/12/06 04:43

「能」のブログ関連商品

» 「能」のブログレビュー をもっと探す

「能」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る