誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    大英博物館

大英博物館

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「大英博物館」のブログを一覧表示!「大英博物館」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「大英博物館」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「大英博物館」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

『大英博物館展』に行ってきました 東京は上野の東京都美術館で開催中の、『大英博物館展』に行ってまいりました。“100のモノが語る世界の歴史”とサブタイトルにあるように、大英博物館の収蔵品を通じて全世界の歴史を概観しようという、大胆なこの企画。時代や地域を ... » more

八王寺だより美術展を見てきました
美術展を見てきました 22日、大学時代からの親友に誘われて、東京の美術展を見てきました。まず、都美術館の大英博物館展です。最初に写真と解説を見てから実物を見るように配置がされていたので、大変分かりやすくてありがたかった。レプリカではあったが、実物そっくりのロゼッ ... » more

やはり頭にくるやろうなぁ!自国の芸術を持って行かれたのだから。 彫刻貸し出し巡り、ギリシャが大英博物館に激怒http://www.yomiuri.co.jp/world/20141207-OYT1T50046.html?from=ytop_main5宇宙戦艦ヤマト2199 40th Annive ... » more
テーマ ギリシャの彫刻 大英博物館

イギリス旅行2014 3 大英博物館 大英博物館へは4回目。なぜか毎回、エジプト館をまず見る。足が向く。ミイラなど魅力的なものがたくさん陳列してあるからだろう。もちろん日本館へも行った。戦国時代の鎧甲一式、刀剣類がセットになってガラスの陳列ケースに収められていてその前には椅子も ... » more

「読書日記(86)「知られざる大英博物館」 NHKスペシャル編著 本書のタイトルを見て、「大英博物館の一般的解説なのかな?」と思う方もいるかもしれないが、実は、日本の前方後円墳のナゾに迫ろうとする、意欲的な著作である。明治の初期、日本ではまだ、硬貨を鋳造する技術を持たず、大阪の造幣局は、硬貨鋳造 ... » more
テーマ 古墳研究 大英博物館 ガウランド

大英博物館で春画展 巡回、日本では拒否  (東京新聞2013年10月2日 夕刊 国際) 【国際】大英博物館で春画展巡回、日本では拒否 東京新聞2013年10月2日 夕刊http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2013100202000229.html ... » more
テーマ 春画展 東京新聞 大英博物館

「1画1言 ロゼッタストーン」 高校の世界史でも学んだ筈。1799年、ナポレオンのエジプト遠征の際、発見された有名な石です。 ナポレオンが発見したのに、何故大英博物館にあるか?→ナポレオンの後からエジプトに行った英国軍が持ち帰ったからです。(遺跡の帰属がどの国に ... » more
テーマ ロゼッタストーン 古代史解読 大英博物館

「大英博物館 古代エジプト展」じっくりどっぷり 「大英博物館 古代エジプト展」に行ってきたよ。六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリー。古代のエジプトで、ミイラとともに埋葬された「死者の書」。冥界でのいろいろな儀式や審判などを経て楽園で復活できるという考え方のもと、冥界の入口から ... » more

早いもので、昨日5月2日がイギリス4日目、今日3日が5日目となりました。実質中4日のイギリス滞在も明日の4日が出発の日になります。時差の関係で行きは8時間遅れで長い一日を過ごし、明日は二日がかりで日本に帰ることになります。4日目は、 ... » more
テーマ マンマミーア 大英博物館 ロンドンアイ  コメント(1)

ルーブル美術館・大英博物館 ルーブルにはご承知のように世界中の至宝が集められている。ここではギリシャのヘレニスム期の2作品だけ紹介する。「ミロのヴィーナス」と「サモトラケのニケ」像。「ヴィーナス」の脇に若き奥方最近「様々な事情で持ち去られた文化 ... » more
テーマ サモトラケのニケ 大英博物館 ミロのヴィーナス

メッシーのうてん記大英博物館を見学
大英博物館を見学 ロンドンに来た時は、毎回見物している大英博物館に行った。相変わらず大勢の見学者が来ている。この博物館の開館は、1759年というから日本でいえば江戸時代中期になる。こんな昔に、一般人に公開するための博物館を造るというのは、当時のイギリスが ... » more
テーマ 略奪品 大英帝国 大英博物館

たまには、現代作品を 大英博物館入り口にある募金箱日本円はどのくらいあるかしらと、よーく探してみました。やはり、ポンドやユーロ、ドルが目立ちます。ご存知のとおり、大英博物館は常設の部は無料ですが、その代わり、任意ですが寄付を求めています。 ... » more
テーマ 大英博物館

 

最終更新日: 2016/12/06 03:10

「大英博物館」のブログ関連商品

» 「大英博物館」のブログレビュー をもっと探す

「大英博物館」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る