誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    古典落語

古典落語

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「古典落語」のブログを一覧表示!「古典落語」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「古典落語」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「古典落語」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

気が向いたときに、お気に入りの古典落語を書いていくつもり。演目:なめる演者:六代目三遊亭円生もともとはかなりの艶笑落語だったらしいですそれを、まー、無難にと言いますか、放送可能にと言いますか、女性にも顔をしかめる ... » more
テーマ 古典落語

気が向いたときに、お気に入りの古典落語を書いていくつもり。演目:居残り佐平次演者:六代目三遊亭円生昨年の毎日新聞・日曜版に快楽亭ブラックさんが日本映画のコラムみたいのを担当されていて、「幕末なんとか伝」というのが ... » more

気が向いたときに、お気に入りの古典落語を書いていくつもり。演目:蛙茶番演者:六代目三遊亭円生「茶番」のフレーズでお分かりのように歌舞伎がらみですが#1みたいな本物の役者ではなく、町内の素人歌舞伎のドタバタ噺い ... » more

気が向いたときに、お気に入りの古典落語を書いていくつもり。演目:豊竹屋演者:六代目三遊亭円生稀にTV番組”笑点”でお題になる「xxxのようでxxxでない、yyyのようでyyyでない、それは何かと尋ねたらあーzzz ... » more

気が向いたときに、お気に入りの古典落語を書いていくつもり。演目:大山参り演者:六代目三遊亭円生「おけがなくっておめでたい」という有名なサゲ、演者によってあまり差が出ない噺のように思います湯殿でのけんかを先達さんに ... » more
テーマ 古典落語

気が向いたときに、お気に入りの古典落語を書いていくつもり。演目:船弁慶演者:五代目桂文枝今回はコレクションはしておらないテイクから取り上げます、本日ANAの機内放送で聞きましたもので。(ちなみに船弁慶のコレクショ ... » more
テーマ 古典落語

<ハンドル・ネームについて>Long という単語を最初に意識したのは、高校時代に聞いたサイモンとガーファンクルさんのアルバムの中から「SO LONG, FRANK LLOYD WRIGHT」だったかな直感的には建築家のフラン ... » more

気が向いたときに、お気に入りの古典落語を書いていくつもり。演目:浮世風呂演者:六代目三遊亭円生全編、昔話を教わっている気分で聞ける心地よさ昔の風呂屋には「ざくろ口」という入り口があってその名の由来とかざくろ口から ... » more

気が向いたときに、お気に入りの古典落語を書いていくつもり。演目:持参金演者:三代目桂米朝俺ちゃんがまだビデオによる古典落語鑑賞の日々に入る前、落語と言えば年末年始のTV特番か稀に行く寄席位だった頃寄席でこのお噺を ... » more
テーマ 古典落語

気が向いたときに、お気に入りの古典落語を書いていくつもり。演目:柳田格之進演者:二代目古今亭志ん朝囲碁がストーリーの柱になっている他にはタイトルから分かる「笠碁」や、#17で取り上げた「文七元結」なども囲碁がらみ ... » more
テーマ 古典落語

Jazzと古典落語の日々たまには一席(#31)
気が向いたときに、お気に入りの古典落語を書いていくつもり。演目:千両みかん演者:十代目柳家小三治すぐれたサゲと言えよう、噺ならではみかん問屋の心意気もすばらしい、噺ならでは若旦那の病気がばかばかしい、噺ならでは ... » more

気が向いたときに、お気に入りの古典落語を書いていくつもり。演目:夢金演者:二代目古今亭志ん朝落語のタイトルのつけ方から想像すると「金蔵」さんか「金語楼」さんが出てきそうだが、正解は熊さんというのべつお金を欲しがっ ... » more

気が向いたときに、お気に入りの古典落語を書いていくつもり。演目:盃の殿様演者:六代目三遊亭円生サゲが馬鹿馬鹿しいと言うか、古典落語の世界で噺が進んで来ている最後に現代につないでしまうという違和感を楽しむ先に# ... » more
テーマ 古典落語

気が向いたときに、お気に入りの古典落語を書いていくつもり。演目:らくだ演者:三代目桂米朝このお噺はらくだという渾名を持つ悪人の突然の死後、屑屋さんとらくだの兄貴分のやりとりが中心ですが、サゲ自体はこの二人のやりと ... » more
テーマ 古典落語

気が向いたときに、お気に入りの古典落語を書いていくつもり。演目:子別れ(上・中・下)演者:十代目柳家小三治これも大変に長いお噺で、上・中・下全てをコレクションしているのはこの小三治師のテイクだけ「替り目」なども、 ... » more
テーマ 古典落語

気が向いたときに、お気に入りの古典落語を書いていくつもり。演目:帯久演者:三代目桂米朝主人公とも言うべき「良い人」はイズミヤ・ヨヘイと言い、帯久ことオビヤ・キュウヒチが「悪い人」なのにこの悪人の名前がタイトルにな ... » more
テーマ 古典落語

気が向いたときに、お気に入りの古典落語を書いていくつもり。演目:ねずみ穴演者:六代目三遊亭円生夢は土蔵(五臓)の疲れだ、がサゲになっている通り夢の中のストーリーが結構ウェイトを占めていますそこに行くまでの、お店の ... » more
テーマ 古典落語

気が向いたときに、お気に入りの古典落語を書いていくつもり。演目:文違い演者:六代目三遊亭円生主人公の女郎おすぎが芳次郎(漢字はこれで良いのかな?)の落としていった「文」を読んでいる時に、店の者に呼ばれて返事をする ... » more
テーマ 古典落語

気が向いたときに、お気に入りの古典落語を書いていくつもり。演目:宿替え演者:二代目桂枝雀関東では「粗忽の釘」という題がついています関西と関東で題が違うのって結構ありますね関西の「ちりとてちん」は関東で「酢豆腐」 ... » more
テーマ 古典落語

気が向いたときに、お気に入りの古典落語を書いていくつもり。演目:三軒長屋演者:六代目三遊亭円生割り合い長いお噺だからでしょう、上下に分けて演じられています下の出だしのあたりはちょっと盛り上がりに欠けるきらいが ... » more
テーマ 古典落語

Jazzと古典落語の日々たまには一席(#21)
気が向いたときに、お気に入りの古典落語を書いていくつもり。演目:ん廻し演者:立川紫雲福島県会津田島に出掛けたら、7月5日立川談志一門会のポスターが!!(因みに本日は6月30日)あーぁ、今回の出張日程が5日ずれてい ... » more
テーマ 古典落語

Jazzと古典落語の日々たまには一席(#20)
気が向いたときに、お気に入りの古典落語を書いていくつもり。演目:搗屋幸兵衛演者:二代目古今亭志ん朝#1〜#19と、今まで全て映像のコレクションを保有しているものから「お気に入り」を取り上げてきましたが、まーそれは、 ... » more
テーマ 古典落語

気が向いたときに、お気に入りの古典落語を書いていくつもり。演目:花筏演者:二代目桂枝雀花筏というのはお相撲取りさんの四股名でござーる落語に出てくる相撲取りというと、”試し酒”のマクラに振られる「斗酒なお辞さず」を ... » more
テーマ 古典落語

気が向いたときに、お気に入りの古典落語を書いていくつもり。演目:愛宕山演者:八代目桂文楽愛宕山は胸のすくようなサゲがすばらしい枝雀師はその著書の中でサゲを4種に分類していて昔ながらの「考え落ち」だの「地口落ち」と ... » more

気が向いたときに、お気に入りの古典落語を書いていくつもり。演目:文七元結演者:六代目三遊亭円生人情噺は円生さんの得意分野と言っていいでしょう身投げに出っくわして止めたものの、なかなか説得に得心しないためにてこずっ ... » more
テーマ 古典落語

Jazzと古典落語の日々たまには一席(#16)
気が向いたときに、お気に入りの古典落語を書いていくつもり。演目:五人廻し演者:二代目古今亭志ん朝廓噺が好きな訳ではないが、避けても通れないこのネタは勿論円生師も素晴らしいが、あえて志ん朝師で取り上げたのは五人廻し ... » more
テーマ 古典落語

気が向いたときに、お気に入りの古典落語を書いていくつもり。演目:ぬけ雀演者:二代目古今亭志ん朝今までどうして志ん朝師を取り上げていなかったんだろうエアーチェックばかりで購入ビデオを持っていないからかAnyway ... » more
テーマ 古典落語

Jazzと古典落語の日々たまには一席(#14)
気が向いたときに、お気に入りの古典落語を書いていくつもり。演目:片棒演者:春風亭小朝初めて小朝さんを聴いたのは「笑点」でネタは「たいこ腹」うまいと思った初めて小朝さんをコレクションしたのは「落語特選会」の上記 ... » more
テーマ 古典落語

気が向いたときに、お気に入りの古典落語を書いていくつもり。演目:はてなの茶碗演者:三代目桂米朝#6で東の人間国宝さんを取り上げておりましたので、バランスを取るためにも西の人間国宝さん登場!俺ちゃんだけかも知れない ... » more
テーマ 古典落語

気が向いたときに、お気に入りの古典落語を書いていくつもり。演目:三十石演者:六代目三遊亭円生円生さんの「三十石」は聴いたことがなくても、桂小南さんの「三十石」なら聴いたことがある方がいらっしゃるかも知れませんね、 ... » more
テーマ 古典落語

 

最終更新日: 2016/11/29 02:32

「古典落語」のブログ関連商品

» 「古典落語」のブログレビュー をもっと探す

「古典落語」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る