誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    太宰治

太宰治

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「太宰治」のブログを一覧表示!「太宰治」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「太宰治」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「太宰治」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

太宰治の作品は音楽(歌)として読める。読み聞かせができる。だと?津軽弁がフランス語に聞こえるCMなんてのも数年前あったな。そういや。無口なようでいて実は謡う民族なのか?津軽人は!「マクロスつがる」とか新企画はどう?ねぶた ... » more

斜陽館と津軽三味線会館 2月6日、弘前公園を散策した後、江南バスで弘前駅に戻った私は五能線で五所川原へと向かった。そして五所川原から津軽鉄道で金木へ。金木は現在は五所川原市に編入されているが、元は独立した町だった。太宰治、吉幾三らの出身地で、津軽三味線の発祥地であ ... » more

documents太宰治『思い出』内容
太宰治『思い出』内容 太宰治『思い出』テキスト=新潮文庫『晩年』※『思い出』論は こちら ... » more
テーマ 読書 太宰治 文学研究

【和田心理カウンセラー!!】*太宰治
▼太宰治太宰治は昭和初期のカリスマ作家で、「斜陽」、「人間失格」など、数々の名作を残しましたが、39歳の若さで、愛人と共に玉川に入水して亡くなりました。死後50年以上経った現在も、根強い人気があり、日々、多くの人が彼の墓を訪れていま ... » more
テーマ 夏目漱石・・・ サルトル「実存主義とは何か」 太宰治

《太宰治の「父」》 昨夜読んでいたのだが、テーマは「義のための子別れ」。太宰が義とするものは「私の胸の奥の白絹に何やらこまかい文字が一ぱいに書かれている。その文字は、何であるか、私にもはっきり読めない…」と書かれているこのはっきり読みきれな ... » more
テーマ 文学 太宰治 哲学

過ぎゆく日々に・・・太宰治と中二病
太宰治と中二病 きのう、夜10時からNHKEテレの「100分で名著」を見ました。太宰治の「斜陽」を取り上げた番組ですが、話題の人物「又吉氏」がゲストに来ていておもしろかったです。番組の中で又吉氏が中学高校時代に自分が思いついたことをノートに記録したポエ ... » more

三鷹の一日太宰治朗読会
太宰治朗読会 桜桃忌の時期に合わせて開かれている「太宰を聴く−太宰治朗読会」。今年は15回目になりますが、7月10日、三鷹市芸術文化センターで開かれ、妻と一緒に行って来ました。妻は過去に何度か聴きに来ていますが、私は初めてです。開 ... » more

水をたたえてかくあれば人は知らじな火を噴きし山の跡とも太宰治の短歌です。情景としては、水を満々と湛えているこの静かな湖も、遠い昔激しい噴火を繰り返して付近の土地が隆起陥没して出来たものだ。それを、今この湖をみているあなたたち ... » more
テーマ 短歌 太宰治

青森旅行 〈3〉斜陽館 津軽は「太宰治」の故郷。津軽・五所川原地区の大富豪だった生家が、太宰治記念館「斜陽館」として見学できます。建物は1907年に太宰の父で衆議院議員であった津島源右衛門によって立てられた豪邸です。このお座 ... » more
テーマ 太宰治 青森旅行 斜陽館  コメント(4)

青森県立郷土館と青森市散策 22日(土)、青森駅、青森港からさらに少し歩くと青森県立郷土館に到達することができる。名称は郷土館だが、中身は立派な総合博物館である。中は8つの展示室に分かれている。第1展示室は考古展示室。亀ヶ岡遺跡や三内丸山遺跡などに代表されるように、青 ... » more

A Day in the Life水仙 (太宰治)
このエントリは,先日のエントリ(ブログ開設9周年と「水仙」(太宰治))の続きである.太宰治の「水仙」は,あまり有名な小説ではないかもしれないが,太宰の作品の中でも佳品の一つだと思う.そして,作品中でも述べられているように,「水仙」は ... » more
テーマ 人生 太宰治

先月,ウェブリブログから恒例のメールが送られてきた.日付: 2014/06/18 08:03件名: 祝ブログ開設9周年!○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━● ブログを開設してから、も ... » more

『作家太宰治の誕生 「天皇」「帝大」からの解放』斉藤利彦著(岩波書店 2,808円税込) 『作家太宰治の誕生「天皇」「帝大」からの解放』斉藤利彦著(岩波書店2,808円税込)作家太宰治の誕生――「天皇」「帝大」からの解放岩波書店 斉藤 利彦 Amazonアソシエイト by 作家太宰治の誕生 [ ... » more

三鷹の一日太宰治作品朗読会
太宰治作品朗読会 第49回太宰治作品朗読会が4月10日の夜、三鷹駅前の太宰治文学サロンであり、妻に誘われて行ってきました。会場の太宰治文学サロンは、太宰が通い、作品「十二月八日」に登場する、伊勢元酒店の跡地に2008年に開設された太宰の資料館 ... » more
テーマ 文学 太宰治

小平市内を流れる玉川上水にて太宰治を想う 先日小平霊園(東京都小平市)にて父母のお墓参りをした時に玉川上水(写真上)が近くを流れていると初めて知ったので川沿いの緑道を散歩がてら1時間半ほど散策してみました。玉川上水は江戸市中に飲料水を供給するために露天掘りされた水路で多摩川 ... » more

文学碑探訪「太宰治:斜陽 その他」 先に中央線三鷹駅から真南に位置する黄檗宗禅林寺にある森鴎外の「遺言碑」を紹介したが、同寺へ向かう三鷹中央通りには同市にゆかりのある三木露風、武者小路実篤、山本有三の文学碑が少しずつ間隔を置いて並んでいる。これらの文学碑は普通に見られるよ ... » more
テーマ 亀井勝一郎 「斜陽」 太宰治

さみしがりやのひとりごと人間失格
人間失格 人間失格、いわゆる太宰治の作品。この年になって、初めて読みました。このピンクのカバーに魅かれて、手に取ってみたので、これは読んでみるしかないなと、がんばって読んでみました。ずっと、文学作品ですごい ... » more

秋の夜長には早いけど。。。 ミュージカル『走れメロス』http://melos-stage.com/ストーリーを何度も読んでいるとなぜペンネームの辻島衆ニと太宰治。二人の主人公なのだろう、と。私はどちらかというと辻島衆ニに興味を抱いた。 ... » more
テーマ 太宰治 小説 想い

三鷹の一日太宰治の墓へ行く
太宰治の墓へ行く 6月19日は「桜桃忌」。作家・太宰治が、1948年6月13日に愛人・山崎富栄と入水自殺をし、その遺体が発見された日で、太宰の誕生日でもあります。三鷹市芸術文化センターでは、桜桃忌にちなんでこの時期に、「太宰を聴く−題材治朗読会」行っ ... » more
テーマ 風景 太宰治

So Loose REVISITED太宰が生きたまち・三鷹
太宰が生きたまち・三鷹 太宰治文学サロンhttp://mitaka.jpn.org/dazai/太宰が生きたまち、「三鷹」を散策。ローティーンの頃、俺の中で「太宰治マイブーム」が来たのだ。一見、ナイーヴで破滅的ながらポジティブな思想が俺の感覚に ... » more
テーマ Rock / Punk 太宰治 Books and Magazines  コメント(2)

「紫煙と文士たち〜林忠彦写真展」を見てきました 渋谷の「たばこと塩の博物館」で開催中の「紫煙と文士たち〜林忠彦写真展」を見てきました。林忠彦といえば、太宰治や阪口安吾など無頼派作家のポートレートで有名ですが、その多くの写真にタバコが写しこまれていることに注目し、タバコを持つ文士を ... » more
テーマ 太宰治 林忠彦 織田作之助

富士山の撮影ポイントとして知られる三ツ峰山(山梨県 標高1785m)に登る 写真上は富士山の撮影ポイントとして知られる三ツ峰山(山梨県標高1785m)の頂上から撮った富士山です。三ツ峰山には大学3年生の時に登ったことがあるので今回が2回目の登頂となりました。綺麗な富士山を見たいと思って登りましたが午前中は雲 ... » more
テーマ 開運山 三ツ峠山 太宰治  コメント(4)

切手と文学桜桃忌と大連のサクランボ
桜桃忌と大連のサクランボ 現在、仕事で大連に来ています。大連は、今ちょうどサクランボの季節。路上には、いたるところに深紅のサクランボを満載した屋台が並び、天秤棒をかついだ売り子が行き交います。大連駅の東西をつなぐ地下通路周辺では、拡声器を使っ ... » more
テーマ 大連 桜桃忌 太宰治

5月24日 午前2時半すぎに 昨日から雨。降り続いている。この雨で、あの水に渇いていた草たちはうるおっただろうか。わたしももう少しで本業に戻れそうな気がする。元気をくれているのは太宰治のこの言葉、「笑われて笑われて つよくなる」。ツイッターで拾った言葉だ。出典は知ら ... » more
テーマ 直観音楽 小出裕章 太宰治

一日一編「浦島さん」 太宰治
ご存じ「お伽草紙」のなかの一編です。前口上がいいですね。長男の道楽は上品で、次男、三男の道楽は放蕩に帰すなどということが、おそらくは自虐をこめて語られています。浦島太郎は長男だそうです。恩返しをする亀がまたい ... » more
テーマ 太宰治

『新樹の言葉  太宰治』by 新潮文庫 もうどれくらいになるだろうか、、、。数十年も経ってしまった・・・純文学などほとんど読んだ記憶がない。。。それほど、自分にとって、文学は難しく、、興味はあったが敷居が高い世界、、、視 ... » more

一日一編「東京八景」 太宰治
「東京八景」 太宰治 円環の入れ子構造とは気が利いてます。著者の十年間の東京生活を回顧したものですが、あくまで短編小説とみなすべきです。自らの心の闇と向き合い、苦悩とともに生きながら、作家として自立し再生した魂の軌跡を追ったものです。 ... » more
テーマ 文学 太宰治 料理

小学生の時は図書室にある江戸川乱を全て読みつくし堪能し10代後半からは俄然三島由紀夫にはまり込み彼のつむぐ言葉の洪水に嬉々として溺れていました太宰・・・教科書で出会ったのがまずかったのか「走れメロス」って ... » more
テーマ 太宰治  コメント(2)

一日一編「トカトントン」 太宰治
「トカトントン」 太宰治 毎日グダグダの暑さですが、こういう真夏日に太宰を読むというのはいかがなものか、と読み終えてから思いました。「桜桃忌」なんていうのもありますが、やはり太宰を読むなら秋から冬にかけてという気がします。なんとなくですけどね ... » more
テーマ 「一日一編短編小説を読むぞ」 太宰治 文学という道

切手と文学太宰のフレーム切手
太宰のフレーム切手 昨年(2009年)は太宰の生誕百年を記念して、出版や映画などさまざまなメディアで太宰がとりあげられました。一般の切手のデザインには選ばれませんでしたが、フレーム切手が発行されていますので紹介したいと思います。シートの上部にデ ... » more
テーマ 青森 切手 太宰治

 

最終更新日: 2016/11/28 17:41

「太宰治」のブログ関連商品

» 「太宰治」のブログレビュー をもっと探す

「太宰治」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る