誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ノベル

ノベル

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ノベル」のブログを一覧表示!「ノベル」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ノベル」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ノベル」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

そんなわけで主題は、時間節約運動の現実と一つの住宅に一つの家族が住む人間の頭を通しての対応である、現実と頭で再現される「現実」では、ギャップがある、むかしだったら滑稽、現代は喜劇である。それで体の恰好と顔の形を決める。(注一 ... » more
テーマ 体癖 ノベル 体の波

[女給と教師]    (15)   自作 ノベル [女給と教師] 聖海著 (15)弁護士事務所で、由梨の借財の、最終報告を受けて、手数料を支払うと、英輔はその日の夕食のときに、由梨の手作りのロール、チキンを、食べ終えてから、由梨にすべてを話した。 ... » more
テーマ ノベル

センスアート[天下 独尊] (10) 私小説
[天下 独尊] (10)  私小説 [天下独尊] 聖海著 (刺客) (10) それ以来、 この界隈には やくざ達の姿は 見られなくなり 独尊は町内の 守り神的な 存在として 尊敬を集めていた。 町外 ... » more
テーマ ノベル

[菊花の契り]  上田秋成  雨月物語 [菊花の契り] 『雨月物語』上田秋成赤穴(あかな)宗右衛門は旅の途中で疫病を患い、苦しんでいるところを丈部左門(はせべ)という儒学者の手厚い看病を受けて、助けられた。赤穴自身兵法に通じた知識人で、二人はともに ... » more
テーマ ノベル

[女給と教師]    (14)   自作 ノベル [女給と教師] 聖海著 (14)数日して、放課後、経理のところで、退職金の前借はできないかと、尋ねた所、その話が校長の耳に入り、仔細を尋ねられることになったが、英輔は、校長に以前から、田舎 ... » more
テーマ ノベル

センスアート[天下 独尊] (9) 私小説
[天下 独尊] (9)  私小説 [天下独尊] 聖海著 (刺客) (9) その後、 小間物問屋扇屋 主人、源塀の頼みで 店の用心棒に 雇われた独尊は 離れの一室を あてがわれて 荒れ寺生活から 三食昼寝つき ... » more
テーマ ノベル

と、いうことでバルザックは、体つきや、着ている洋服、性格、住んでいる場所や時代(むかし)、そしてその人物の生活の暮らし方や、社会的地位、年収にいたるまで書き、それで人物たちの個性が呼び起こして行く世常の譚(ものがたり)が始まるわ ... » more
テーマ 体癖 ノベル 体の波

これは西洋から来た文脈だが、ノベルにおける美の基準はリアルではないだろうか、ここで美はむこうでの三位一体説と絡んでいる、もともと美を評価できる権能を有しているのが、自然を超越したところの神ではあるが、むこうの人は神からその権能を ... » more
テーマ 体癖 ノベル 体の波

[女給と教師]    (13)   自作 ノベル [女給と教師] 聖海著 (13)秋も深まり、紅葉も盛りを過ぎた頃、一月位が、夢の内に過ぎ去った。由梨はその間、以前から考えていた、作曲の仕上げに熱中していて、ショパンのノクターン第五番をヒントに、 ... » more
テーマ ノベル

センスアート[天下 独尊] (8) 私小説
[天下 独尊] (8)  私小説 [天下独尊] 聖海著(刺客)(8)独尊は瞬間 動くともなくその一撃を かわすと同時に七星剣を鞘走らして浪人の二の腕に深手を負わせた。 切られた腕をかばって うずくまる浪人を抱 ... » more
テーマ ノベル

センスアート[天下 独尊] (7) 私小説
[天下 独尊] (7)  私小説 [天下独尊] 聖海著 (刺客) (7) と、 抜身をぶら下げた 浪人ものとやくざ者が 独尊を取り囲むように 「いらぬ邪魔立てすると ただでは済まぬぞ」 と店先に出て吼える。 「 ... » more
テーマ ノベル

[女給と教師]    (12)   自作 ノベル [女給と教師] 聖海著 (12)二、三日してから、由梨は自分のアパートに戻った。しかし此れからも又、やくざまがいの取立屋に追い回される事を思慮って、英輔のところに間借りすることにした。今まで何度も ... » more
テーマ ノベル

ノベルでリアルを再現しているのは、バルザックだろう、マルクスとエンゲルスも、そのように評価をしている、ただ共産主義運動に身を置いている集団は、そのように評価していない(注一)、「階級性の抹殺」と評している、ここでの階級は住民が国 ... » more
テーマ 体癖 ノベル 体の波

[女給と教師]    (10.11)   自作 ノベル [女給と教師] 聖海著 (10)九月に入り、二学期が始まって、英輔はまた毎朝、「萩」に寄ってから、学校へ行く日課を繰り返したが、暗い日々であった。そして紅葉が始まった頃、十月始めの土曜の夜、九時頃 ... » more
テーマ ノベル

センスアート[天下 独尊] (6) 私小説
[天下 独尊] (6)  私小説 [天下独尊] 聖海著 (刺客) (6) 江戸の地理にも 不案内の独尊は 絵地図を片手に 歩き回るうち たまたま通り合わせた 小間物商の店先で 地回りらしい やくざ者と ... » more
テーマ ノベル

眼が覚めたら起床し、腹が空いたら食べ、眠くなったら眠るというように体の要求によって体を使って行けばいい、ところが、明日は早出なので、八時間眠らなければ、あるいは胃の調子がおかしいので、油こいものは食べないとか、体を信頼しないこと ... » more
テーマ 体癖 ノベル 体の波

センスアート[天下 独尊] (5) 私小説
[天下 独尊] (5)  私小説 [天下独尊] 聖海著 (刺客) (5) あばら家に 帰り着いて独尊は さすがに宮使いから 一転、 浪人暮らしにも、 慣れてきたものの 藩を出奔したとき用意した 金子も底をつき始 ... » more
テーマ ノベル

[女給と教師]    (9)   自作 ノベル [女給と教師] 聖海著 (9)臨海学校の体験学習も済んで、久しぶりで誰もいない我が家に帰り、雑然として埃もたまっていたりするが、それでもやはり、住み慣れた場所に落ち着くと、気持ちも安らぐ、教頭に、 ... » more
テーマ ノベル

[名誉の剣]  (仕官と紳士 1)  イーブリン、ウォー Sword of Honour 1965 [名誉の剣] Evelyn Waugh(イーブリン、ウォー)「あらすじ」これは、カトリックの旧家出身の紳士、ガイ、クラウチバックを中心とする第二次大戦の物語である、 ... » more
テーマ ノベル

人間は生きる要求が先にあって、この世に生まれ出るわけだけど、しかし、この世は先行する世代が作った社会である、どんな社会かと申すれば、先行する世代が作り出した時間節約運動の勢いが強いところである、そこは時計の時間が目安になっている ... » more
テーマ 腰を立てる ノベル 産後

[名誉の剣]  (戦士 4 終わり)  イーブリン、ウォー  ふるさとの 石川啄木 Sword of Honour 1965 [名誉の剣] Evelyn Waugh(イーブリン、ウォー)「あらすじ」これは、カトリックの旧家出身の紳士、ガイ、クラウチバックを中心とする第二次大戦の物語である、 ... » more
テーマ ノベル

[女給と教師]    (8)   自作 ノベル [女給と教師] 聖海著 (8)ボーイの案内してくれた、フランス料理店はこじんまりして、テーブルは少なかったけれど、クラシカルで落ち着いた雰囲気の、洒落た感じで半分はクラシック喫茶店になってい、ショパン ... » more
テーマ ノベル

さて、リアルを模写するノベルについて記してきた、人は生きる要求で生まれてきている、しかし、生まれ出る所が先人たちの作った社会である。社会を肯定的に使う人もいるけれど、社会は、会社や同窓会、あるいは戦友会のつながりのことで、家 ... » more
テーマ 体癖 ノベル 体の波

[名誉の剣]  (戦士2)  イーブリン、ウォー Sword of Honour 1965 [名誉の剣] Evelyn Waugh(イーブリン、ウォー)「あらすじ」これは、カトリックの旧家出身の紳士、ガイ、クラウチバックを中心とする第二次大戦の物語である、 ... » more
テーマ ノベル

[女給と教師]    (7)   自作 ノベル [女給と教師] 聖海著 (7)その年の暮れも押し詰まって、初雪が降った夜中、高松英輔は住みなれた二階建ての古い木造の我が借家の、自分の部屋から、まだ二階で寝ているはずの由梨に宛てて、置手紙を書いてから ... » more
テーマ ノベル

坪内逍遥の『小説神髄』には、仮作物語(つくりものがたり)のジャンルにノベル(小説)があり、模写とある、つまり人間観察をしっかりしなさい、ということになる。そうすると、手で触れ、目で確かめるという方法となるが、観察する側と ... » more
テーマ 体癖 ノベル 体の波

[女給と教師]    (6)   自作 ノベル [女給と教師] 聖海著 (6)「高松様」歩き出した英輔は呼びかけの声に、フロントのほうへ踝を返すと、「失礼ですが、今の会話が耳に入りましたので、お食事されるようでしたら、このホテルのオーナー ... » more
テーマ ノベル

[女給と教師]    (5)   自作 ノベル [女給と教師] 聖海著 (5)「こんばんは」英輔は、清楚で華やかな由梨の笑顔に、立ち眩みしそうになりながら、呟く様に言う。「お久しぶりです」ゆっくり英輔の前まで来て、澄んだ声音で、「いえ、夕方お ... » more
テーマ ノベル

[女給と教師]    (4)   自作 ノベル [女給と教師] 聖海著 (4)三年前、碓井由梨は二十三歳の時、高校を出てすぐ勤めた家具屋の事務員をして、五年目の年で、一緒に働いていた三つ年上の、男性同僚とその年の秋に、結婚した。しかし身内や友 ... » more
テーマ ノベル

センスアート[天下 独尊] (4) 私小説
[天下 独尊] (4)  私小説 [天下独尊] 聖海著 (刺客) (4) キラッと月の光に 照らされて 身動ぎもせず 流れ星の如く 煌くと、 刺客の剣は 空を切って 「うっ」と 一声残して 刺客は絶命 ... » more
テーマ ノベル

 

最終更新日: 2016/12/05 17:39

「ノベル」のブログ関連商品

» 「ノベル」のブログレビュー をもっと探す

「ノベル」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る