誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ノベル

ノベル

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ノベル」のブログを一覧表示!「ノベル」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ノベル」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ノベル」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

こころの文庫ノベル・タイム★ポケット
「おじさん」「なんだい?」パンのおかげで少し元気を取り戻した芳樹は、まじまじと不思議な男を見つめた。男は笑顔を絶やさない。「おじさん……獅子堂っていうの?」「え?」男は驚いたらしい。 ... » more
テーマ ノベル 連載

こころの文庫ノベル・タイムポケット
空腹は芳樹を容赦なく襲う。もうフラフラだ。家にたどり着けば、自分の好きなものを口にできる。その思いだけが、ここまで歩かせてくれたのだ。気が遠くなりそうだった。腹がすき過ぎると、 ... » more
テーマ ノベル 連載

こころの文庫ノベル・閉鎖工場・その3
「井関はんらが頑張ってた頃が懐かしいのう」工場長は天を仰いだ。無念の思いがあった。あの夜と同じだった。このベンチで、工場長は俊彦に嘱託社員で残れと慰留したのだ。「無理はいえんけど、ええ人材に、はいサヨナラはないからの ... » more
テーマ ノベル 追憶

こころの文庫ノベル・閉鎖工場・その2
警笛が遠路がちに鳴った。幅が操る軽四が俊彦の車の脇に並んで止まった。「やあ」「遅かったやないか。待たせんなよ」機嫌の悪さを見せたが、幅は一向に気にしない。それが彼なのだ。神主の家に生まれ育った幅は、「わし、神の血統やさかいな」と ... » more
テーマ ノベル 追憶

こころの文庫ノベル・閉鎖工場・その1
「おい、聞いたかァ?」幅幸一は、もともと丸い目を、さらに大きくまん丸に見開いた。「何をや?」井関俊彦は気の入らぬ声で返した。幅の相手をしている暇はない。いくらご隠居の身でもやることはいくらでもある。「陣幕、製造やめるらしいで ... » more
テーマ ノベル 追憶

こころの文庫ジャズ喫茶
「あら。俊彦ちゃん、可愛い子、連れて来たのね」「ジャズ愛好仲間の加茂寿々美さん。まだ短大生なんやねん」「恋人?」「バカ言わんといて、ママ。友達や、年の離れた友達なんや」「あらら、ムキになってる。やっぱり怪しい」「怪しくな ... » more
テーマ ノベル 青春

こころの文庫ノベル・ジャズ喫茶
「彼女、どうだった?いい子でしょ」単刀直入である。加茂寿々美は、いつもそうだった。あっけらかんとした気性で、しょっちゅう戸惑う。「…なにバカ言ってるんや、お前さんは」沢尻俊彦は口を尖らした。ひと回り以上も若い寿々美なのに、お互い ... » more
テーマ ノベル

バルザックのノベルは、岩波、ちくま、新潮などの文庫で出ている、ノベルは新しいものとの意味である、わたしたちが国家の国民として個性のない誰でも質的違いがない個人=数に還元されているから、個性を掴むきっかけとして読んで頂きたい、つま ... » more

バルザックの『シャベール大佐』を読んだ(注一)、十数人がノベルに登場するが、個人の個性がしっかりと描かれているので、リアルの手本、彼の観察には頭が下がる。まず、観察がある、例えば大佐がパイプを無意に投げつける、投げつける ... » more

百田尚樹を挙げたが、「国民的作家」と云われる司馬遼太郎も同じである、国民は彼の歴史における虚構に引かれる。慶応三年十月に公儀は主権を天皇に譲渡した、そして天皇は主権者になることを承認した、その権力を纂奪したのが人格的には岩倉 ... » more

自民党の勉強会の講師は、作家の百田尚樹(ひゃくたなおき)である、このような作家がいるということは、読む側がいるからである。観察するには観察する側に余剰エネルギーや不平不満の処理が必要であるので、すでに彼には結論があり、読む側 ... » more

マルクス(一八一八〜一八八三年)は、バルザック(一七九九〜一八五〇年)のノベルを読んで育ったそうである、バルザックは同じフランスのヴォルテール(一六九四〜一七七八年)かもしれない、そして野口晴哉(一九一一〜一九七六年)の愛読書は ... » more

これまで読み手側を記してきたが、書き手側もあるので記すことにする。確かに客観的世界は在るが、マルクスのいうように世界では映像が逆転し、しかも肉体的差異によって頭の中で再現される世界は異なるのだろうが、観察が的確か否かは、 ... » more

坪内逍遥(一八五九〜一九三五年)がこれまでの勧善懲悪を否定し文学の文脈で模写が始まった、以後、写実主義(一九世紀)、自然主義(二十世紀前半)とつながっていっているが、どこが模写なんだろうか、考えてしまう、やはり模写の代表はフラン ... » more

[天下 独尊] (21)  私小説    「隠密」 [天下独尊] 聖海著 (隠密) (21) 独尊は居酒屋から 五、六人の悪浪人に 囲まれて、 道場の方に連れ去られる 小夜の後を それとなく 付けて行った。 それから一刻ほどして ... » more
テーマ ノベル

[天下 独尊] (20)  私小説    「隠密」 [天下独尊] 聖海著 (隠密) (20) 小夜はさる大奥の お中臈(ちゅうろう)の 事件を探索する 幕府の隠密であった。 この道場の裏には そのお中臈の御台所を 追い落とそ ... » more
テーマ ノベル

[天下 独尊] (19)  私小説    「振袖小町」 [天下独尊] 聖海著 (振袖小町) (19) 「では早速、浪人達の 屯(たむろ)している居酒屋に まいって、わざと捉まって みますので、それとなく 後を付けてみて下さい」 と小夜は言 ... » more
テーマ ノベル

[天下 独尊] (18)  私小説    「振袖小町」 [天下独尊] 聖海著 (振袖小町) (18) 小夜は事もなげに、 理路整然と答える。 そんな振袖姿の若い娘の 受け答えに、 独尊は どうもこの道場がこの場所に 作られたのには、 ... » more
テーマ ノベル

[天下 独尊] (17)  私小説    「振袖小町」 [天下独尊] 聖海著 (振袖小町) (17) 世間とは広いものだと思う 目の前の振袖姿の美しく もし立ち会えば 自分は勝てるだろうかと それはさて置き とにかく味方にすれば 心丈夫 ... » more
テーマ ノベル

[天下 独尊] (16)  私小説    「振袖小町」 [天下独尊] 聖海著 (振袖小町) (16) 思わず独尊は 胸の高まりを 覚えながら 「はて、身どもに相談とは いかなる仕儀でござろう」 と言う」 振袖姿の娘は、 「私はさる大 ... » more
テーマ ノベル

[キリマンジャロの雪]  (4.終わり)  ヘミングウェイ [キリマンジャロの雪]The Snows of Kilimanjaro 1938 アーネスト、ヘミングウェイ Ernest Hemingway (4) 前方の視野一杯に、 真っ白に輝く峯(みね)。 ... » more
テーマ ノベル

[天下 独尊] (15)  私小説    「振袖小町」 [天下独尊] 聖海著 (振袖小町) (15) 思わず振り返った独尊の 視界に入ってきた姿は 「何故」と二十歳前後の 振袖姿の麗人に、 自分のことかと、 思わず周囲に 視線をや ... » more
テーマ ノベル

[天下 独尊] (14)  私小説    「振袖小町参上」 [天下独尊] 聖海著 (刺客) (14) すぐに独尊は 黄乃屋の娘、綾を助けるべく 道場の正面から 門弟らしい浪人に 掛け合ってみたが 剣もほろろほろろに 追い返されてしまった。 ... » more
テーマ ノベル

[キリマンジャロの雪]  (3)  ヘミングウェイ [キリマンジャロの雪]The Snows of Kilimanjaro 1938 アーネスト、ヘミングウェイ Ernest Hemingway (3) そのうちに彼は気がつく。 妻のせいではない。 ... » more
テーマ ノベル

センスアート[天下 独尊] (13) 私小説
[天下 独尊] (13)  私小説 [天下独尊] 聖海著 (刺客) (13) それから程なくして 同じ町内に住む 呉服問屋、黄乃屋の主人が 独尊の所に来て 娘が例の道場の悪浪人に 連れ去られて 役人に申し立てた ... » more
テーマ ノベル

[キリマンジャロの雪]  (2)  ヘミングウェイ [キリマンジャロの雪]The Snows of Kilimanjaro 1938 アーネスト、ヘミングウェイ Ernest Hemingway (2)書きたいことはいくらもあったのに、 もう書ずじま ... » more
テーマ ノベル

[キリマンジャロの雪]  (1)  ヘミングウェイ [キリマンジャロの雪]The Snows of Kilimanjaro 1938 アーネスト、ヘミングウェイ Ernest Hemingway (1)作家のハリーは、妻とアフリカへ 狩猟旅行にきたが ... » more
テーマ ノベル

センスアート[天下 独尊] (12) 私小説
[天下 独尊] (12)  私小説 [天下独尊] 聖海著 (刺客) (12) それから暫くして 新たな敵が現れた。 神社の裏の空き地を則って 新井無我意流道場と称して 不貞浪人達、 三百人超えを住まわせる 急ごしらえ ... » more
テーマ ノベル

センスアート[天下 独尊] (11) 私小説
[天下 独尊] (11)  私小説 [天下独尊] 聖海著 (刺客) (11) 柳生新陰流とは別派で 真鍋は独尊と知り合ってから 独尊の流星流を名乗り 看板を付け替えた。 下段から打ち込まれた竹刀を 受け流すと 斜め ... » more
テーマ ノベル

[女給と教師]    (16.終わり)   自作 ノベル [女給と教師] 聖海著 (16) 「終」一筆、書置きのこと由梨様へ以前から、過疎の田舎の、お寺の住職と懇意で、その住職も高齢で、嘱託として、住職の手伝いなどしながら、余生を過ごすつもり ... » more
テーマ ノベル

 

最終更新日: 2016/12/05 17:39

「ノベル」のブログ関連商品

» 「ノベル」のブログレビュー をもっと探す

「ノベル」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る