誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    随筆

随筆

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「随筆」のブログを一覧表示!「随筆」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「随筆」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「随筆」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

早稲田大学在学中に『桐島、部活やめるってよ』で文壇デビューした朝井リョウ氏についてのインタービューを、先日某雑誌にて目にした。うろ覚えだが、内容は下記である。今年3月に大学を卒業し、一般企業へ就職した。就職しても作家としての ... » more
テーマ 随筆

カエルの歌随筆<七夕さま>
随筆<七夕さま> 明日は、七夕さま。子供の頃、笹飾りをして七夕様を祝ったのは、いくつの歳までだっただろう。七夕まつりは、子供にとって、夏の始まりを告げる楽しいイベントの一つだった。その頃になると、丁度黒竹が若枝を伸ばし、包まっていた葉 ... » more
テーマ 随筆  コメント(2)

カエルの歌随筆<蝋燭>
随筆<蝋燭> 蝋燭電気の配線工事のため、30分程停電することになり、朝食は急遽ロウソクの明りですることになった。仏壇のロウソクを食卓に置き、火をつけると、台所はまるで違う雰囲気になった。電気の眩しい明りとは全く違う柔らかな ... » more
テーマ 随筆  コメント(2)

カエルの歌随筆<命のしずく>
随筆<命のしずく> 命のしずく竹の子が一雨ごとに背丈を伸ばし、柔らかな若枝を伸ばし始めた夏の始め、七夕にはまだ少し間があるという頃だった。ある晩、裏山の土手で、聞きなれない不思議な音を耳にした。大きな雨粒が落ちるような不規則な音だった。最初 ... » more
テーマ 随筆

カエルの歌随筆<ホタルとの出会い>
ホタルとの出会い昨夜、幼馴染のMちゃんと一緒に、奥野の谷に、ホタルを見に出かけた。ホタルとは、50数年ぶりの再会だった。久しぶりに見るホタルの灯は、記憶の底でずっと光り続けていたものより、はるかに明るく幻想的に見えた。 ... » more
テーマ 随筆  コメント(4)

大学4年の初め、丁度就活に身を入れようかなと思い立った時期にブラック企業で働き詰めるのと、フリーターで人生を楽しみながら食いつなぐのはどちらがマシであるかを考え始めたこの考えは、ブラックではない企業に働きたいというのが理想で ... » more
テーマ 随筆

カエルの歌随筆<雲の連山>
随筆<雲の連山> 姉の住んでいるオーストラリアの町には、山がないという。その山のない町から、久しぶりに姉が帰国した。姉を迎えてくれた日本の山々は、今や新緑が美しい。日本を離れて30数年、山のない国に暮らして、姉は初めて日本の自然の ... » more
テーマ 随筆  コメント(2)

八王寺だより文芸つばめ第5号(8)
文芸つばめ第5号(8) 随筆最終回(画面をクリックし、もう一度クリックすると拡大します。) ... » more
テーマ 文学 随筆

カエルの歌随筆<アカテガニの異変>
随筆<アカテガニの異変> 童話「花のみずぐるま」に出てくる赤手ガニは、私の家の近くに沢山棲んでいる。海にも近く、山にも近い迫の谷だから、カニの棲む環境には丁度いいのだろう。子供の頃から、よく石垣に棲んでいるカニを棒で引っ張り出しては、バケツに入れて遊んで ... » more
テーマ 随筆  コメント(4)

八王寺だより文芸つばめ第5号(7)
文芸つばめ第5号(7) 随筆(画面をクリックし、もう一度クリックすると拡大します。) ... » more
テーマ 教育 文学 随筆

誰か除草剤を撒け私と社会学
僕は大学時代、経済学を専攻していたが、その理由は好きとか興味とかではない。経済学のゼミが比較的入りやすかったので、そうなっただけだ。私立文系の浅はかさが如実に表れている。僕らには学びたい学問はない。ただ遊ぶために、モラトリア ... » more
テーマ 随筆

カエルの歌随筆<カエルの合唱>
随筆<カエルの合唱> カエルの合唱 この頃になって、この迫の谷でも、ようやく蛙の声を耳にするようになった。鳴いているのは、わずかに数匹だけれど、その声を聞くと、なんだかホッとする。まだ生きていたのかと嬉しくなる。数年前、私は一度だけ ... » more
テーマ 随筆  コメント(4)

私は今、社会人として生きている。年齢や大学の奨学金返済のこともあり、定職に就くことを選んだ。しかし、それは蓋を開けてみれば、社会人(笑)であり、激務や上司の叱責、業務内容の難しさもあり、日々「辞めたい」「逃げたい」という感情と闘いな ... » more
テーマ 随筆

「文芸つばめ第5号」(6) 随筆「愛しき生徒たち」(4)(画面をクリックすると拡大します。) ... » more

カエルの歌随筆<ねんねこばんてん>
随筆<ねんねこばんてん> 散歩中、まだ1歳にもならない男の子を、おばあちゃんが背中に負んぶして歩いていた。二人を包んでいたのは、「ねんねこばんてん」。その中から、団子結びの頭だけが覗いていた。それはまるで、半世紀前にタイムスリップしたような懐かしい光景だった。 ... » more
テーマ 随筆  コメント(4)

カエルの歌随筆<月が啼く>
随筆<月が啼く> 散歩の帰り道、カーブミラーに写った自分達の写真を撮ろうと、私はカメラを向けて言った。「Mちゃん、手を振って。」ミラーで撮られている事を知らない彼女は、見当違いの西に向かって手を振った。そこへ、たまたま通りかかった生コン車 ... » more
テーマ 随筆  コメント(2)

「文芸つばめ」第5号(5) 随筆部門「愛しき生徒たち」(3)(画面をクリックすると拡大します。) ... » more

カエルの歌随筆<ツバメが来た日>
随筆<ツバメが来た日> 日暮れ前のネギ畑ツバメが空の五線譜に4分音符を書いている。仲良く並んだツバメの白い腹に夕日が射し、ネギ坊主の頭も赤く染まっていた。幼い頃に焼き付いた故郷の原風景。 ... » more
テーマ 随筆  コメント(4)

カエルの歌随筆<ガキ大将>
随筆<ガキ大将> 昔、小さな村には、ガキ大将が必ず一人はいた。大将になれるのは、たいてい年長者の、喧嘩が強い子供と決まっていた。でも、季節によっては、そのトップの座が入れ替わることがあっ ... » more
テーマ 随筆  コメント(2)

「文芸つばめ」第5号(4) 随筆部門「いとしき生徒たち」(2)(画面をクリックし、もう一度クリックすると拡大します。) ... » more

カエルの歌随筆<会いたくて>
随筆<会いたくて> 広い砂浜を、女の子が海の色と同じ青いとんがり帽子をすっぽり被って歩いてきた。女の子の後ろには、残せるほどの足跡はまだついていない。女の子には、周りは何も見えていなかった。見えているのは、砂を踏みしめて歩いてい ... » more
テーマ 随筆

カエルの歌随筆<花の弔い>
随筆<花の弔い> 花の弔い葬儀場に沢山の花輪が並んでいた。同じお店で作られた花輪は、どれも皆似たような顔をしていた。季節を知らない花たちが、一つになって大きな花束を作っていた。一つ一つの花たちは ... » more
テーマ 随筆  コメント(7)

「文芸つばめ」第5号(3) 随筆部門投稿(画面をクリックすると拡大します。) ... » more
テーマ 教育 文学 随筆

カエルの歌随筆<与平爺さんの話>
与平爺さんの話姉は小さい時から体が弱く、3歳までしか生きられないと言われていたらしい。そんな姉を、忙しい母達に代わって、面倒を看ていたのは祖父母だった。カリエスの病気で、外で遊ぶことが出来なかった姉は、祖父母の傍で過ごすことが多 ... » more
テーマ 随筆  コメント(7)

誰か除草剤を撒け類友?
長い間更新を怠っていたのは、定職に就き研修や何やかんやで忙しかったからいいことなんだけどねw相変わらず要領の悪さや多忙時における落ち着きのなさを露呈しています正直、自分に一番不向きな仕事をしています勤務リーダーが優しく注 ... » more
テーマ 随筆

カエルの歌随筆<毬つき>
随筆<毬つき> 毬つきつい先日、思いがけず、懐かしい言葉に出会った。六十年振りに聞く方言、「ゴンマり」。車のドアに入れていたのを、おないどしの友達が目ざとく見つけて、嬉しそうに訊いてきた。「何すんの?こ ... » more
テーマ 随筆  コメント(2)

カエルの歌随筆<立て看板>
随筆<立て看板> 先日、海の写真を撮っている時、白い帽子を被ったような見慣れない岩が目にとまった。双眼鏡で見ると、白い帽子は、どうやら海鳥の糞のようだった。すぐ近くの岩に、数羽の海鵜が風を避けるように、羽を休めていた。故郷の海岸には、豊か ... » more
テーマ 随筆  コメント(7)

「続・大人の流儀」伊集院静著 (講談社 980円) 「続・大人の流儀」伊集院静著 (講談社980円)【書籍・書評】日刊ゲンダイ2012年1月24日 掲載http://gendai.net/articles/view/book/134790 <人生の機微を知る大 ... » more
テーマ 書籍・書評 随筆 日刊ゲンダイ

「君は嘘つきだから、小説家にでもなればいい」 浅田次郎著(文藝春秋 1,470円) 「君は嘘つきだから、小説家にでもなればいい」 浅田次郎著(文藝春秋1,470円)君は嘘つきだから、小説家にでもなればいい文藝春秋 浅田 次郎 Amazonアソシエイト by 軽妙にして洒脱、重厚にして深遠 ... » more

山田教育教養
妻が、中川区内老人クラブの講習会で良い講演を聞いてきたと言った。「今までも老人クラブの会合で講演は何度も聞いているが、笑いを取るだけのもでだ内容がない、今回の講演は大変参考になることが多く、要点は全て記録してきた」そうだ。講師は区内のN ... » more
テーマ 年寄り 随筆 教育・教養

 

最終更新日: 2017/08/11 17:13

「随筆」のブログ関連商品

» 「随筆」のブログレビュー をもっと探す

「随筆」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る