誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    随筆

随筆

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「随筆」のブログを一覧表示!「随筆」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「随筆」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「随筆」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

随筆<浜ちゃんの去勢手術> 2月2日、ついに浜ちゃんの去勢手術に踏み切った。散々悩んだ末の決心だった。人間の都合で、浜ちゃんの体を勝手に傷つけ、雄としての命を全うすることなく、子供のまま成長を止めてしまうことへの後ろめたさ、可愛そうに思う気持ちが、この一月あま ... » more
テーマ 随筆  コメント(8)

雑想 心の風景 Heartscape落としどころ
落としどころ ブログに何かを書こうとした時、ネタと話の組み立て、並べ替え、着地点、というのがある程度決まっているものだが、組み立て、並べ替えをやっている最中に、本筋に関連した別筋の話に、思い付きで飛んでしまったりする。この別筋が、ごく短い話であれ ... » more
テーマ ネタ 随筆 オチ

雑想 心の風景 Heartscape数が増える
数が増える なんだかいちだんと耳毛が増えたような気がする。こりゃもう本気で毛抜きを買わにゃあならんかも知れん。耳毛抜き用の鏡も買わにゃあならんかも知れん。気が付くと、いつの間にか耳毛が増えている。また、半年前よりも、数が増えているような ... » more
テーマ 耳毛 随筆 年齢  コメント(2)

いろいろ思うこと あるにはあるが… 60年も生きていれば、そりゃ、いろいろ思うことはある。ブログを始めて10年。自分の思いを書きたいと思って始めたはずだった。書くのには結構頭を使う。頭を使って書くと言っても、書くのは手であって、文章は頭の中に設置されている脳を働か ... » more

この本は病院の待合室に置く小冊子「からころ」に「病気の窓」というタイトルで赤瀬川原平が連載した随筆をまとめたものである。活字も大きく、ページ数も少なく、すぐに読了できるものである。少し気合いが抜けた文章で、著者特有の観察眼を自分の身 ... » more
テーマ 随筆

この本は、赤瀬川原平が毎日新聞夕刊の誌上で連載していたものをまとめた本である。題材は東京のアチコチを散歩しての随筆である。TVの「ちい散歩」の文章版みたいなものである。ただ散歩の地での人とのふれあいのことを書いたのは少ない。ちょっとした観光 ... » more
テーマ 随筆 東京

この本は、信濃デッサン館の館長の窪島氏が、アメリカのサンフランシスコにある「北米毎日」という邦字新聞に週1回連載しているコラムを集めたものである。美術に関することだけでなく、世相一般を題材にもしている。そういうことで内容は多岐にわた ... » more
テーマ 美術 随筆

雲犀庵(うんさいあん)? タイトルなし ?
"ある不届き者の世迷い話二題今日ではキリスト教の神の思想は、確かに妥当である。だがもし何もない所で一人の男が神を存在せしめたとしたら、それは幻想だと誰も思わないだろうか。人間のはるかに及ばぬものに我々の現実はないからである。 ... » more
テーマ 随筆  コメント(1)

雑想 心の風景 Heartscape内田百閧ウん
内田百閧ウん 随筆は書き手の人柄がストレートに出るから面白い。たとえ脚色して書かれていても、その人の周りに漂う空気がどんなものかを感じ取ることができる。夏目漱石の門下生で、芥川龍之介とも親交のあった内田百閧ニいう人は、おかしな人である。本人曰 ... » more
テーマ 内田百 随筆 人柄

吹上随想続 かわいい人
はじめてのデートラーメン屋さんごちそうさまの後どんぶりカウンターに運び下げる女(ひと)かわいいやいやをする女(ひと)かわいカエルみみずは平気なのにちょうちょ怖がる女(ひと)かわい「あっ忘れ物!」と右にサンダル左にスニ ... » more
テーマ 随筆

吹上随想かわいい人
笑顔絶やさぬ女(ひと)かわい着物身に馴染みたる女(ひと)かわい貧すれどぐちこぼさぬ女(ひと)かわい人のうわさ悪口(あっこう)云わぬ女(ひと)かわい子供を叩かずヒステり起こさずおっとり構えてさとすはかわい雨降り傘携えて出迎 ... » more
テーマ 随筆

吹上随想茗荷の季節に
山アジサイの花期は長い、五月に花映を観て以来早八月であるが、サワアジサイの別称をもつ。彼女のつぼみは、今に大輪の芍薬の花を咲かそうとせんばかりである。蕾を抱いた萼がはらりと落ちると、線香花火のようにちりちりと咲き開く。ひと月近く ... » more
テーマ 随筆

イヤダカライヤダ イヤダカライヤダ。芸術院会員に推薦された際に辞退したときの弁がイヤダカライヤダ。詳細は・なぜ辞退したいか---芸術院という会に入るのがいやなのです。・なぜいやか---気が進まないから・なぜ気が進まないか- ... » more
テーマ 内田百 随筆 いやだからいやだ

吹上随想味くらべ
先に随想したが、白川は飛騨川へと流れ込む支流である。白川の鮎と飛騨川の鮎にあって、味に格段の差があるという。飛騨川の鮎に比べて白川の鮎は、その釣果、味において勝のだと、釣り人はこぞって白川に入る。白川はその水量において飛騨川を凌 ... » more
テーマ 随筆

吹上随想あなたらしいわ
あなたらしいわっ、と云われた。これは私の作品への論評であった。其の方の庭は狭いが、焼き杉の板を巡らせた昭和の民家で、この夏も芙蓉の花が咲いていた。木のたらいを持ち出し、庭の内に行水が出来るようにしつらえた。箍(たが)のし ... » more
テーマ 随筆

吹上随想街道を行く
司馬遼太郎氏に同名の名著「街道をゆく」があるが、とてものことに及ばないので、私の街道を行くことにする。美濃路は先の随筆で触れたが、今の岐阜県南部濃州を云う。長良川の上流に位置する。青野、大野、各務野の三つの野があることに由来している ... » more
テーマ 紀行 随筆

吹上随想東(あずま)下り
京をんなへの憧憬名古屋より庄内川を渡ると美濃路に入る。清州、一の宮と抜ける頃には、朝の早発ちより日はすでに高い。わらじの紐も緩む頃であろうか。美濃太田は旧中仙道の太田の宿である。この道を下向した一行が幕末にあった ... » more
テーマ 随筆

カエルの歌随筆<子守唄>
随筆<子守唄> 介護施設に姉を見舞った日、廊下の隅で姉と話をしていると、どこからか懐かしい子守唄が聞こえてきた。「ねんねんころりよ、おころりよ・・・・。」歌っていたのは車椅子に乗った80歳くらいのおばあちゃん。膝の上 ... » more
テーマ 随筆  コメント(4)

「日本海」第176号発行 「日本海」第176号発行 ... » more
テーマ 文学 随筆

八王寺だより「摘み草」第15集発行
「摘み草」第15集発行 燕文章の会機関誌「摘み草」第15号発行〈画像をクリックすると拡大します。) ... » more
テーマ 文学 随筆

吹上随想飛騨の流れに
赤川、黒川を集めて白川に流れは至る。白川はやがて、飛騨川へと流れをひとつにする。上呂、中呂、下呂と流れ下って、飛騨の川は美しい渓谷を岩に刻んでいる。白川の鮎の解禁日初日、流れは変わることはない。他方面からの、釣り客を呼び ... » more
テーマ 紀行 随筆

吹上随想飛騨白川の朴葉ずし
朴葉の香がたっている。二つ折りの葉を開くと、酢飯しの上に鮭の切り身、伽羅蕗を甘辛く煮つけたものが三本ほど、鮭の隣に並び、青いきざみの漬物、あさりを蕗で煮付けたものも添えられ、赤いショウガである。彩も味付けも、家々の朴葉ずしは違うよう ... » more
テーマ 随筆

吹上随想成田屋の客
いつも暖簾を、タオルの姉(あね)さんかぶりで潜ってくる御仁がある。この人物すこぶる悪党で、好人物なのである。野鳥に関してはちょっとうるさい。小さい時より野鳥を捕っては、鳴き教えを自慢としている。鳥の鼻が詰まって鳴けなくなった ... » more
テーマ 随筆

溺れたる恋の尽きまじ白川の夜の眼巷に命削るも弱いお酒が過ぎたのか、成人して初めて粗相をする。気がつくと下着を汚していた、前夜のお酒をあおり過ぎたらしい。恥ずかしながら、やってしまった。遺憾ともしがたい話しである。会い ... » more
テーマ 随筆

吹上随想なんじゃもんじゃは呪文
「なんじゃもんじゃ」は呪文でしょうかいえいえそれは花の名前ですヒトツバタゴと云うのが本当の名前だそうです五月に白い四弁の花を咲かせますそれが面白いのです集団でばっさばっさと垂れ咲くものですから ... » more
テーマ 随筆

カエルの歌随筆<新しい家族>
随筆<新しい家族> 4月23日、我が家に新しい家族がやって来た。家族と言っても、人ではなく、散歩で拾ってきた捨て猫である。その日の夕方、遅い散歩に出かけたMちゃんと私は、近所のおばさん親子と合流し、海を見に出かけた。暮れかけた浜には、すでに月見草の黄色 ... » more
テーマ 随筆  コメント(4)

吹上随想お好み和食 レシピ
季節をいただくことは素敵なことでしょう先日少し遅いタケノコを頂いたと云うお話を聞きました。いつもの年なら、3月末から朝堀り筍は店先に出回っていたと記憶します。とても美味しく頂いたと言っていましたから、季節の滋味でしょう浅利、浅葱 ... » more
テーマ 随筆

吹上随想泣くな 小保方
謂われ無き中傷は真実の証君泣きたもうなかれ打ちひしがれて泣きはらした目で会見の場へといでし君何の根拠がいると云うその眼その声その面ざしに真実はある君泣きたもうなかれ「あります」と明言さ ... » more
テーマ 随筆

吹上随想私の小説の中の女性達
「我が風景の構図」に女性が立っている。着物姿の後姿は、何時までも褪せることがない美しさだ。私と女性の間にはある法則がある。十歳の年の差である。二十代の男に三十代の女性は年上の女性であるが、三十代の男にとって四十代の女性は、年上の ... » more
テーマ 随筆

誰か除草剤を撒け卒業
※mixiに書いた日記の転載です。今月いっぱいで今の会社を退職することになりました。職場の雰囲気、労働環境、勤務シフト等、退職の決心を導いた要因は多々ありますが、最も大きかったのは誠意の欠如でしょう。何も教えてくれない上司、 ... » more
テーマ 随筆

 

最終更新日: 2016/11/28 16:33

「随筆」のブログ関連商品

» 「随筆」のブログレビュー をもっと探す

「随筆」ブログのユーザランキング

Kontrabbit 5 1 位.
Kontrabbit 5

テーマのトップに戻る