誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    随筆

随筆

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「随筆」のブログを一覧表示!「随筆」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「随筆」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「随筆」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

あめんぼコンサートお手伝い 12月3日、寒い、けど晴れ。今日は、子育て中のお父さん達や、お母さん達の為のコーラスサークル「あめんぼ」のコンサートを手伝って来ました。若星Z☆(わげすたーづ)からは、ゆういっちゃんと私がスタッフ(主に音響)として、参加してきました ... » more

いい言葉がいい毎日をつくる いい言葉に囲まれて生きていけたら幸せ。それは、そんなに大げさではない真理であると、最近思えるようになってきました。最近出会った面白い言葉などを紹介します。金沢の方言(ガイドブック、ココミルより)「あいそらしー」・・・かわいら ... » more
テーマ 日記 自由帳 随筆

金沢旅レポ、旅情編 大学生の頃、バイト先で友達ができて、その5〜6人ぐらいのグループで、よく国内外を問わず旅行に行ったものだ。その中で、学習院大学で日本文学を専攻し、アーチェリーのサークルに入ってるSという人がいて、その人の祖母の家が金沢にあり、国内を ... » more
テーマ 自由帳 旅レポ 随筆  コメント(2)

鰤おこし、金沢旅レポ そろそろ冬が始まるというこの時期、雷やアラレが頻発するのが、北陸地方に特有の気候で、丁度寒ブリが獲れ始まる時期とも重なることから、「鰤起こし」というのだそうだ。金沢へ旅行した3泊4日のうち、「常に」と言ってもいいほど、雨、雷、雹、霰 ... » more
テーマ 自由帳 旅レポ 随筆  コメント(2)

金沢への旅行が来週に迫り、わくわくドキドキし、仕事中もソワソワしてるのは秘密です。浮足立って、あれもこれもってなると時間ばかりが過ぎるので、一つ一つ準備していきましょう。そんなこんなで今週も金曜日、平日お仕事の方はひとまずお ... » more
テーマ 自由帳 随筆  コメント(2)

自主練をしました。練習曲は、だいたい前回と同じ。最近読んだ新聞の記事で共感できたことがあったので、そのことを書きます。お笑い芸人のアイクぬわらさんの紹介記事です。見出しが「”LIKE”なことで生きていく」アメリカで日 ... » more
テーマ 自由帳 練習報告 随筆  コメント(3)

若星Z☆つれづれ日記いとをかし
この頃は、散歩に出ると、落ち葉が落ちていて、それを踏みながら進んでいくと、落ち葉のにおいと共に、空気感というか、世界観というか、それとも記憶の一部がよみがえるのか、言葉に表せないような心境になってしまいます。まあそれはそれとして、プ ... » more
テーマ 日記 自由帳 随筆  コメント(3)

吉村昭の随筆集である。大きく「戦争と<私>」「取材ノートから」「社会と<私>」「小説と<私>」に分けている。表題の「白い遠景」とは著者の戦争時の体験であるところの「終戦前の数ヶ月間は、太陽も、空も、道も、焼跡もすべて白っぽかったよう ... » more
テーマ 吉村昭 随筆

▼岸田繁氏(くるり,guitar/vocal)の交響曲第一番を含んだオーケストラ作品集「『交響曲第一番』初演」が2017年5月24日に発売された。職場近くのツタヤに行き、CDを探すがない。くるりのコーナーにあるのか、いや、アーティストの「き ... » more
テーマ 音楽 随筆

カエルの歌筍の頃
筍の頃 裏の土手には、5月から6月にかけ、クロ竹やコザン竹の筍が次々と芽を出す。捥がないでいると、一日に10センチも伸びていくので、見過ごすわけにはいかない。手の届かない所は、長い鍵棒で引き倒し、近くの筍は手で&# ... » more
テーマ 随筆  コメント(8)

浮き草の道草方丈記
『方丈記』「鴨長明」はセットで覚えている方は多いことでしょう。内容はまったく知らないという人でもこの2つは知っています。おそらく高校の勉強として日本歴史で出てきたのと日本文学でも出てきているので、いわば二重の記憶がされているのだと思います。 ... » more
テーマ 読書 随筆 鴨長明

カエルの歌ハルばあさんの古箪笥
ハルばあさんの古箪笥 納戸の奥に仕舞われたままだった古箪笥が、この頃ようやく日の目を見た。数十年ぶりに座敷の隅に居場所を得たこの箪笥には、今頃の箪笥にはない落ち着いた風格と存在感がある。小さいながら、それぞれの引き出しには鍵がついてあり、 ... » more
テーマ 随筆  コメント(15)

▼2年くらい前に首が痛くて動かなくなったことがあった。病院に行っても原因がわからず、もらった湿布を使ったが一向に治らなかった。首が痛いから控えていたコントラバスの練習をやってみたら、なんと痛みがひき、首が動くようになった。この経験から10分 ... » more

指板に音程の〇印をつけること ▼個人的な諸事情があって、2016年12月までで所属していた市民オーケストラを退団した。途中、休団もしたが、2001年から16年続けたオーケストラだったこともあり、やや寂しくもある。しかし、せっかくなので自分の演奏をしっかり見つめなおしてい ... » more

Kontrabbit 5オールロシアプログラム
▼12月4日(日)14時、アクロス福岡シンフォニーホールで私が所属するオーケストラの定期演奏会が開かれる。指揮は小崎 雅弘氏、ピアノは真隅 政大氏。曲目は、グリンカ・歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲、ラフマニノフ・ピアノ協奏曲第2番ハ短調、 ... » more
テーマ 音楽 随筆

Kontrabbit 5エブリシング、オールライト
▼10月23日に開票が行われた衆院補選は、東京も福岡も自民「系」候補が次点候補に圧倒的な差をつけ当選して新聞紙面をにぎわせた。よく新聞を読むと東京も福岡も、自民党ではなく、小池都知事の影響が大きかったんじゃないかと感じる。小池氏のTwitt ... » more
テーマ 音楽 随筆

カエルの歌随筆<草履隠しつーねんぼ>
随筆<草履隠しつーねんぼ> 同居している姉の認知症が、この頃顕著に現れるようになった。90年前の、幼い日の記憶は昨日のことのように覚えているのに、1分前のことは、もう忘れている。薬を飲んですぐに、飲んだかどうか訊ねると、それももうあやふやで ... » more
テーマ 随筆  コメント(2)

▼S.ラフマニノフは1873年生まれの1943年没のロシアの作曲家だ。作曲家としては、70年近く生きてるんで「長生きだなぁ」と思ってしまう。それはそれとして、今回、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を私が所属しているオーケストラで演奏する。ピ ... » more
テーマ 音楽 随筆

Kontrabbit 5演奏すること。歌うこと。
▼ずいぶん昔だが、楽器のチューニング法について非常に盛り上がり、やれ、E線は〇セント低くチューニングしなければならないとか、A線はそれに対して〇セント云々だということを考えていた時期があった。ただ、今ではチューニングはすべて442Hzの±0 ... » more
テーマ 音楽 随筆

▼大学でアマチュアオーケストラに入り、コントラバスを始めた時はジャーマン弓で弾いていた。ヨルマ・カトラマというコントラバス弾きのCDを聴いた時に、衝撃を受けた。かくもコントラバスは柔らかい音を出すことができるのかと。カトラマ氏はフレンチ弓で ... » more
テーマ 音楽 随筆

Kontrabbit 5音楽と、宗教的なコト
−鋭いトランペットの吹奏が大気をつん裂いたのだ。戦況ニュースだった!勝利だ!トランペットの吹奏がニュースに先行すると、それは常に勝利を意味した。−ジョージ・オーウェル「1984年」より▼17世紀、18世紀、世の中にはテレビもラジオも ... » more
テーマ 音楽 随筆

Kontrabbit 5楽器がしるす「歌声」の足音
▼5月7日のオーケストラの練習の際に、Y先生から言われた言葉が気になった。「楽器を弾くことは自分の歌声を探すこと」。楽器で歌え、とはよく言われるが、「歌声」を探すとはどういうことだろうか。自分がカラオケに行った時の歌声を思い出してみたが、採 ... » more
テーマ 音楽 随筆

Kontrabbit 5付点のリズムとボーイング
▼ボーイングを考える際に悩ましいことの一つに付点リズムをどう処理するか、ということがある。例えば、四分音符に付点があり、そのあとに八分音符がある場合を考えてみる。四分音符をダウン、八分音符をアップにした場合、四分音符の始まりが最も強くなるが ... » more
テーマ 音楽 随筆

カエルの歌随筆<腹の虫>
随筆<腹の虫> 今年91歳になる姉、その姉の物忘れが、この頃ひどくなってきた。3歳の頃の記憶は、昨日のことのように鮮明に覚えているのに、つい数分前のことになると、もう覚えていない。たった今、飲んだばかりの薬さえ忘れるから、いちいち飲んだかどうか尋ね ... » more
テーマ 随筆  コメント(6)

八王寺だより「文芸つばめ」(3)
「文芸つばめ」(3) 随筆 ... » more
テーマ 文学 文芸つばめ 随筆

「野球小僧の戦後史 国民のスポーツからニッポンが見える」 ビートたけし著(祥伝社 1,512円税込) 「野球小僧の戦後史国民のスポーツからニッポンが見える」 ビートたけし著(祥伝社1,512円(税込)野球小僧の戦後史――国民のスポーツからニッポンが見える祥伝社 ビート たけし Amazonアソシエイト by ... » more
テーマ 野球小僧の戦後史 国民のスポーツからニッ ビートたけし 随筆

「ひとり居の記」 川本三郎著(平凡社 1,728円税込) 「ひとり居の記」 川本三郎著(平凡社1,728円税込)ひとり居の記平凡社 川本 三郎 Amazonアソシエイト by ひとり居の記 [ 川本三郎 ]楽天ブックス 川本三郎 平凡社発行年月:2015年12月 ... » more
テーマ 随筆 川本三郎 ひとり居の記

「ひとり居の記」川本三郎著(平凡社 1600円+税) BOOKレビュー「ひとり居の記」川本三郎著(平凡社 1600円+税)日刊ゲンダイ2016年2月2日http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/174487「 ... » more
テーマ 随筆 川本三郎 ひとり居の記

私のお気に入りの話 話が長いので途中で飽きちゃったらそこでやめてくださって結構です。***********始業の鐘が鳴ってから、五分ばかりのうちに、大概の先生はみんな教室に出かけてしまって教授室は急にがらんがらんになった。出遅れた先生が一人二人、あ ... » more

今日は晴れの特異日だそうだ 自転車散歩から帰ると汗が引かないので、畳の上にマットを敷き、エアコンかけて扇風機も回して、マットに寝てみるが、それでも腕からも額からも首からも汗が噴き出てくる。ん!と、思い立って保冷剤を首だの脇の下だの太ももだのに置き、またしば ... » more
テーマ 随筆

 

最終更新日: 2017/12/08 08:23

「随筆」のブログ関連商品

» 「随筆」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る