誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    物語

物語

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「物語」のブログを一覧表示!「物語」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「物語」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「物語」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

百分の一の窓神様と声と病気 4
スサノヲ神の名前だよく解からない声が聞こえることもよくわからないなんだこれは?頭に響く声ビリビリする頭痛もしてきた向こうは続けるお前にかまっている暇はない静かにしろ!うるさ ... » more

徳川15代の中でも、悪政だったと言われる「五代将軍・犬公方・綱吉」。しかし、この物語で鮮やかに描かれるのは、「生きとし生ける命を大切にしたいと願った」為政者の姿でした。綱吉は、本当に『最悪の将軍』だったのか?朝井まかてさんによって光 ... » more
テーマ 自制の効いた矜持 物語  コメント(6)

八百万の神(四季神・邪魔神) 皆様、こんにちわ。何時も、貴重なお時間を頂いてお読みいただき、本当にありがとうございます。神様シリーズも今回で、5回目になりますが、もうこれ以上、神様をいじるのを辞めようと思い最終回としたいと思います。あまり続けると、皆様から「 ... » more
テーマ 神様の物語 物語 手作り日記  コメント(30)

すてきな旅エンドレス旅。
エンドレス旅。 ながめる。それは、目のたのしみ。455系のはしりは、直流モーター。9ボルトから12ボルトくらいが、たのしい。反時計回りは、右方向。時計回りは、左方向。 ... » more
テーマ 50代以上のブログ 心象的観念 物語

八百万の神(雨神様)・?つき 皆さま、こんにちわ!少し間隔が空きましたが、少しばかり鬱ではないけど、やる気が失せて何も手に付かず、神様も降臨せず、題材になってくれないし、ひたすらダラダラの日々。その上足首から何故か内出血して真っ黒になり、医者に行っても「大丈夫と ... » more
テーマ 雑記帳 神様の物語 物語  コメント(24)

これほど感想が難しい作品は、久しぶり。千早茜さんの描く現代奇譚・『夜に啼く鳥は』は、八尾比丘尼の末裔であるという〈蟲宿しの一族〉の長である「御先(ミサキ)」とその一族の物語。悲しくて、美しくて、終わりが来ない日々と永らえられない命が ... » more
テーマ 儚き耽美 物語  コメント(2)

松田青子さんは、以前『スタッキング可能』を読んだ時に、なんだかゾワゾワと落ち着かない気分になった作家さん。でも、本作『おばちゃんたちのいるところ』は、書評を目にしたときに「これはスカッと面白そうかも!」と感じました。そして、大正解。ニヤ ... » more
テーマ 愛と笑いとツッコミ処が満載 物語

どんでん返しから物語をつくる面白さ 私のような素人からすると、物語を作れる人って、すごい才能だと思う。いったいどうやってつくっているのだろう?やっぱり冒頭のアクションでの掴みかな?なんて想像するのだが、この「面白い物語の作るには大どんでんがえし創作法」を読むと、どんでんがえし ... » more
テーマ 文芸 物語 創作

すてきな旅保存。
保存。 クモハ52かた。京阪神地域で、きゅうこうや、今の新快速のサービスの原型となった、車両。晩年は、飯田線で用いられ、昭和50年代に引退となった。保存されて、いる。現在は、名古屋の「リニヤ鉄 ... » more
テーマ 50代以上のブログ 心象的観念 物語

すてきな旅こころおちつく機関車
こころおちつく機関車 1/150、軌道9ミリ。58かた150番、12系客車と想う。最近のNゲージは、音も出るシステムという。トミックスも、KATOも。随分、技術も進歩したものだ。連結器もわが、しんしょうてつ ... » more
テーマ 50代以上のブログ 心象的観念 物語

『七人の敵がいる』の続編。陽子、相変わらずブルードーザー過ぎますよ・・・。読んでてヒヤヒヤするわ〜。ホントにもう、加納朋子さん、心臓に悪いですよ、この作品・・・。中学生になった息子が入った「吹奏楽部」、その親の会での陽子の奮闘を ... » more
テーマ 物語 身につまされる(笑)  コメント(2) トラックバック(1)

独自の意味を背景や小物として絵画に書き込む手法、「図像」。その「図像学」をイギリスで学んだ此花千景が、10年ぶりに帰国。彼女に、盗まれた絵画の鑑定の依頼が入り、物語は動き出す。谷瑞恵さんって確か、コバルト文庫の人だよねぇ・・・、 ... » more
テーマ 物語

佐藤友哉さんのデビュー作、『フリッカー式 〜鏡公彦にうってつけの殺人〜』。今まで何作か〈鏡家サーガ〉シリーズの周辺作品(『青酸クリームソーダ 〜〈鏡家サーガ〉入門編〜』と、『ナイン・ストーリーズ』(短編集)と『鏡姉妹の飛ぶ教室 〜〈鏡家 ... » more
テーマ 物語 怒涛の伏線回収・驚愕のどんでん返し

心理学教室の教授の依頼で、研究室の助教(儚げ美人)を探しに辺路島にたどり着いた、論文代筆業の青年・ミクラ。前作『代書屋ミクラ』では、数多の論文代筆稼業を請け負うたび、恋をして失恋・・・を繰り返す、まことに〈惜しい〉日々を送っていた彼が、 ... » more
テーマ 愛と笑いとツッコミ処が満載 物語  コメント(2)

前作『玉依姫』を八咫烏側から描いた、本作『弥栄の烏』。展開が分かっている分、ちょっと物足りなかった気がしますねぇ。もっと違う側面が見られるかと思ってたのですが・・・。とはいえ、シリーズ第一部完結、ってことでお疲れ様でした。第二部以降 ... » more
テーマ 物語 ハイ・ファンタジー  コメント(2)

すてきな旅451系
451系 にほんが、だんだん、落ち着いてきた時代。東北本線も盛岡駅まで、でんかが、できた時代。上野駅から、常磐線まわりで、仙台を経由して、盛岡まで、直通する、急行列車が、あった。急行「もりお ... » more
テーマ 50代以上のブログ 心象的観念 物語

すてきな旅なりたいき
なりたいき こころ、落ち着く風景。安全、安心で、旅するには、「鉄道」が、一番だ。と思う。成田線は、その昔、カフェカーが、走ったり、昭和のはじめ頃は、機動力のある、「ガソリンカー」が、走ったり、単線ではあるが、素晴 ... » more
テーマ 50代以上のブログ 心象的観念 物語

紅玉いづきさんの〈大正箱娘〉シリーズの2冊目。勝手にシリーズと言ってますが、展開的に言って、これは続きますよね〜♪本作『大正箱娘 〜怪人カシオペイヤ〜』は、前作で少し取り上げられた「怪人カシオペイヤ」の事件に何かと関わりが出来てしまう、 ... » more
テーマ 物語 ままならぬ世界でも。  コメント(2)

すばらしい車両たちを産む原点。 ナデごう。明治時代の、「鐵道院」のころ、製造された。東京のど真ん中、山手線や、中央本線の浅川(現高尾駅)の、こうぶ鐵道など、今のでんどうきゃくしゃの原点の車両。今は、大宮の ... » more
テーマ 50代以上のブログ 心象的観念 物語

多目的旅客鉄道気動車列車。 旅へのあこがれ。のんびり、ゆっくりしたいきもち。気分転換。やる気満々。すっきりしたきもち。心象鉄道。2両で、どこまでも。普通列車。急行列車。素晴らしさ。 ... » more
テーマ 50代以上のブログ 心象的観念 物語

前日は、いそがしかった。よく寝る。500起き。旅支度。駅にやってくる。特別なルートを、あらかじめ、切符の準備をしておいた。811列車に乗る。こんでいる。立ち席で終点。乗 ... » more

すてきな旅運転に、憧れていた脳内。
運転に、憧れていた脳内。 フックをいじる。パンタグラフが、あがる。でんきが、くる。諸手続き回路。準備中。 ... » more
テーマ 50代以上のブログ 心象的観念 物語

すてきな旅進行。
進行。 直流でんききかんしゃ。初期のもの。ながさ、11メートル500ミリ。はばは、2メートル743ミリ。たかさ、4メートル115ミリ。ブレーキは、空気、でんき、手。出力は、150キロワット ... » more
テーマ 50代以上のブログ 心象的観念 物語

すてきな旅南武鉄道モハ100かた
南武鉄道モハ100かた なんぶ鐵道から転属。多分、関東地方の立川駅から、登戸駅をとおり、川崎に至る、現在の東日本旅客鉄道の「南武線」から、四国の、高松琴平電鉄へ転属した、と思われる。瓦町駅が、ターミナル。ある ... » more
テーマ 50代以上のブログ 心象的観念 物語

14メーター級でんきしゃない 長いす。運転手は、左側。とうのうてつどうという、会社が、ある時空に、あったようだ。そこから、1067ミリのてつどうせんで、はしりはじめ、晩年は、四国の琴平電鉄で、走っていたようだ。90 ... » more
テーマ 50代以上のブログ 心象的観念 物語

夫婦の日常の機微を描いた、短編集。夫婦関係の破綻を描いたものもあるというのに、何故か淡々と進む物語に「結婚ってこんな感じよね…」と、ちょっと諦念を感じてしまいました。あっさりとした文体で描かれる『枝付き干し葡萄とワイングラス』、する ... » more
テーマ 物語 身につまされる(笑)

すてきな旅歴史の軽み
歴史の軽み お客様を喜ばせる研究。のりここち。居住性。振動。酔いの対応。17メーター級は、小回りもよく、丁度良かった。輸送量が、増えると、20メーター級が、標準になった。車体を軽く、たくさ ... » more
テーマ 50代以上のブログ 心象的観念 物語

すてきな旅せんろ
せんろ いろいろな、せんろが、はいちされている。ほあんそうち。せんく。安全、安心。鉄道文化。 ... » more
テーマ 50代以上のブログ 心象的観念 物語

すてきな旅役割
役割 事業用車。1067mm軌道の、保守に使われていたようだ。たねしゃは、モーターのない、ふずいしゃのようだ。クヤ153形と思われる。直流区間をはしる、ある車両に使われていたようだ。縁の下の ... » more
テーマ 50代以上のブログ 心象的観念 物語

本好き、図書館好きにはたまらない、ほのぼのとした、いい物語でしたねぇ!私、大崎梢さんの〈本にまつわる業界〉の物語はどれも好きですが、これは1・2位を争うかも!!種川市の移動図書館『本バスめぐりん。』の運転手・テルさんの出会う、心温ま ... » more
テーマ ほのぼの 物語 本にまつわる業界の物語  コメント(2)

 

最終更新日: 2018/07/15 11:51

テーマのトップに戻る