誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    グラムロック

グラムロック

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「グラムロック」のブログを一覧表示!「グラムロック」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「グラムロック」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「グラムロック」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

デヴィッド・ボウイ【ライヴ1972】 ボウイ「ジギー・スターダスト」時代のアメリカン・ツアーを記録したライヴ・アルバム。とにかくメッチャかっこいい。『ハング・オン・トゥ・ユアセルフ』でスタート。パンクもニューウェイヴもまだ、影も形もなかった時代に、ボウイはすでにそれを提 ... » more

ブリティッシュ・ファン必聴・・・ジョーディー【ドント・ビー・フィールド・バイ・ザ・ネーム】 AC/DCでの喉が裂けんばかりのシャウト・ボーカルで有名なブライアン・ジョンソン。もちろんここでも時々ハイトーン・シャウトしているが、若干抑え気味というか、ちょっと歌い方が違うかな?74年リリース。もっともこういう歌い方が本来のスタ ... » more
テーマ Rock グラムロック ジョーディー

【ズィンク・アロイと朝焼けの仮面ライダー】T.REX これは新入荷のものではないけど、CD棚に長年聴かれることなく眠っていた一枚。久しぶりに聞いてみると、後期のT.REXの作品としては結構面白いかも・・・。何とボートラ4曲を含む全18曲。それまでのボラン・ブギーにソウル・ミュージ ... » more

こいつらもボウイズ・チルドレンかな?【チューヴズ/ライヴ】 怪獣ソフビの記事ばっかりで、音楽ブログやめたのか? と思われると困るので、そろそろ音楽記事書いておかないと(汗!!)78年リリース。挿入されているステージ写真は、どう見てもビサール・ショーのごとき猥雑さにあふれている。ステージン ... » more
テーマ チューブス 音楽 グラムロック

David Bowieが死んじゃった。何か、すっごいショック。家族に囲まれてって聞いて、良い最期だったんだね。David Bowieと言えば、昔音楽誌で見た時に着てたセーターがすごくかっこよくて気になった ... » more

デビッド・ボウイ逝く!! [本物の星になっちまったね] 以前から癌で闘病していたのは知っていたが新作の【ブラックスター】もリリースされたばかりだったし、まさか新年早々ボウイの訃報を聞くことになるとは・・・。まあ個人的には前作【ザ・ネクスト・デイ】ですでにああ、ボウイももう終わった人なんだなと ... » more

アレックス・ハーヴェイ【ジョーカー・イズ・ワイルド】 72年リリース。しかし謎の多い作品。アレックス・ハーヴェイがティアー・ガスのメンバーと合流して[センセーショナル・アレックス・ハーヴェイ・バンド]としてデビューアルバムをリリースしたのが、72年だけど、このアルバムとはたった1曲しかダブりが ... » more
テーマ アレックス・ハーヴェイ グラムロック ブリティッシュ・ロック

全盛期のライヴ【フェイス・トゥ・フェイス】スティーヴ・ハーリー&コックニー・レベル 77年リリース。オープニングはビートルズの『ヒア・カムズ・ザ・サン』※勿論ジョージの代表作。『さかしま』『ミスター・ソフト』『メイク・ミー・スマイル』などのヒット曲が満載。それまでの集大成という感じ。メンバーはスティーヴ・ハーリー、 ... » more
テーマ Rock コックニー・レベル グラムロック  コメント(2)

チューブス【チューブス】 1975年、いきなり日本語のCMとバラエティらしき番組の音声にまず驚かされる。『アップ・フロム・ザ・ディープ』。75年にこういうグラム的なサウンドはある意味、ニューウェイヴの走りともとらえられる。プロデュースは奇才アル・クーパー。な ... » more
テーマ Rock チューブス グラムロック

ニッチ・イズ・リッチ!!【ラヴズ・ア・プリマドンナ】スティーヴ・ハーリー&コックニー・レベル 76年リリースのヒネクレ・ポップ。ジャケット・アートはずばりロバート・パーマーの【プレッシャー・ドロップ】のパロディというかオマージュ。ではロバート・パーマー並にかっこいいホワイト・ソウルなのかというとさにあらず。というか、スティー ... » more
テーマ Rock コックニー・レベル グラムロック

MOTT残留者の悲哀【シャウティング・アンド・ポインティング】 「ザ・フープル」抜きのモット・・・。イアン・ハンターはエリアル・ベンダーの後任で入ったミック・ロンソンと手に手を取って脱退。つまり、モット・ザ・フープルは二枚看板を一度に失ったわけだ。残されたオヴァレント・ワッツ(ベース・ボーカル)、 ... » more
テーマ モット・ザ・フープル ロック グラムロック

ミスター・ビッグ、俺らにとってはコッチ【フォトグラフィック・スマイル】 ミスター・ビッグ・・・といってもビリー・シーンやエリック・マーティンのいるバンドではなく、70年代のブリティッシュ・ロックバンド。ディッケン(ボーカル、ギター)を中心とするツイン・ドラム編成の4人組としてスタート。76年のセカンド・アル ... » more
テーマ ミスター・ビッグ ロック グラムロック  コメント(2)

スレイドに迫るえぐさ【ホープ・ユー・ライク・イット】ジョーディー ニューキャッスル出身のグラム風味のハードロック。それは両性具有とかの妖しい魅力ではなく、ひたすらケバケバしいグリッター感覚。そうグラムとはいっても1つの音楽性に絞ることはできない。むしろ、十人十色のサウンドであったがゆえに面白かった。※ ... » more
テーマ ロック グラムロック ジョーディー

異色のアメリカン・グラム・サウンド【謎のジョブライアス】 73年リリース。一説によるとデビッド・ボウイに対するアメリカの回答・・・なんてうたい文句で売り出されたらしい。でも、今聴いてみると奇をてらった感じはあまりなくて、豪華なサウンドとフォーキーな雰囲気の入り交じったポップロックという感じ。確 ... » more

隠れた名盤【マッスル・オブ・ラヴ】アリス・クーパー これは素晴らしい!! アナログ盤時代の装丁をミニチュア化した紙ジャケ(ダンボールを利用した丁寧な梱包)もまた見事。もっともこれは日本のこうした技術があったからこその再現。アリス・クーパーがまだ個人アーティストではなく、バンド自体を指して ... » more
テーマ アリス・クーパー ロック グラムロック

イギー・ポップ【ニュー・ヴァリューズ】 続いて紹介するのはイギー・ポップの79年のアルバム。ギターにジェイムズ・ウィリアムスンが復帰。ハードな部分はあるものの、イギーにしてはかなりポップな感覚が強いアルバム。それにしてもジャケ写、もう少し何とかならなかったか? SMチック ... » more
テーマ ロック イギー・ポップ グラムロック

スレイド【SLAYED?】 あ〜あ!! 何とかしてくれよウェブリブログ!! 1時間近くかけて書いた「ミッシェル・ポルナレフのライヴ・アット・ザ・ロキシー」の記事が、またまた一瞬で消えてしまった!! なんなんだよ!! 映像もアルバム写真もすべて張ってあとはアップするだ ... » more
テーマ ロック スレイド グラムロック

【ザ・ベスト・イヤーズ・オブ・アウア・ライヴス】スティーヴ・ハーリー&コックニー・レベル 続いてもグラム風味のモダンポップ。75年リリース。コックニー・レベルも1つ前のビー・バップ・デラックスも後にはテクノ・エレクトロ的な方向に進んでいくのだが、俺は初期のグラム色の残っていた時期の方が好きなんだな。※ジャパンもデビッド・シルヴィ ... » more
テーマ ロック コックニー・レベル グラムロック

本日!!ブログ開設5周年!!キープ・オン・ロッキン【スレイド・アライヴ!】 さて、早いものでブログ開設からちょうど丸5年たった。当初の目標は10年なので、ちょうど折り返し地点にたったということだな。いやいや、いろんな方との出会いと別れがあった5年・・・。この5年間、最初のうちは、ただただ気ままに好きなアルバム ... » more
テーマ Rock スレイド グラムロック  コメント(8)

ロイ・ウッド【スターティング・アップ】 86年リリース。現在のところロイ・ウッド名義のアルバムとしては最終作・・・以後今日まで一枚もアルバムは発表されていない・・・残念だけど・・・。さて前作【オン・ザ・ロード・アゲイン】以来7年間のブランクを置いて発表されたのが当アルバム。 ... » more
テーマ ロイ・ウッド Rock グラムロック

ロイ・ウッド傑作3作目【オン・ザ・ロード・アゲイン】 これは元ムーヴ、ELOのロイ・ウッドが79年に発表したソロ。【ボールダーズ】【マスタード】に続く3作目。ソロとしては3作目だが、この2年前には[ウィゾ・バンド]名義で【スーパー・アクティヴ・ウィゾ】をリリースしているので、70年代にはほ ... » more
テーマ ロイ・ウッド Rock グラムロック

A to Zラウンド2 [R]【ランナウェイズ】 もうこのバンドは中坊御用達の○○ペット・ガールズ・バンドって見方が大半だろうね。実際そういう側面は確実にあっただろうし・・・。しかし、それはあくまでキム・フォーリーの作戦の1つであり、本来はジョーン・ジェットのソングライティングを含めて ... » more
テーマ Rock グラムロック ランナウェイズ  コメント(2)

88年のイアン・ハンター【ミッシング・イン・アクション】 88年のカナディアン・ツアーとニューヨークはロングアイランドでのライヴ音源。これは2000年になってから一種のアーカイヴものとして発表されたもの。これが予想以上に充実した内容・・・。ギターにはミック・ロンソンが参加。『ライフ・アフタ ... » more
テーマ モット・ザ・フープル ロック グラムロック

ブライアン・フェリー【レッツ・スティック・トゥギャザー】 76年リリース。レコーディングそのものが73年〜76年まで断続的に行われたものなので、参加ミュージシャンも多岐にわたる。クリス・スペディング、ポール・トンプソン、ジョン・ウェットン、クリス・マーサー、メル・コリンズ、マーティン・ドローバ ... » more

【ホワイト・ライト/ホワイト・ヒート】ヴェルベット・アンダーグラウンド 68年リリース。たったの6曲・・・されど濃い内容・・・。実験的でアヴァンギャルドだけど、しっかりロケンロール。そう、それがヴェルベット・アンダーグラウンド。退廃的でどこかクールなニューヨーク・アンダーグラウンドのロック。『ホワイ ... » more
テーマ ロック グラムロック ルー・リード

【キープ・ユア・ハンズ・オフ・マイ・パワー・サプライ】スレイド 70年代前半の活躍はめざましかったが、おりからのパンク・ニューウェイヴ旋風に押されて、すっかり活動が滞っていたスレイドが再び注目を浴びるようになったのは80年代。クワイエット・ライオットが彼らの『カモン・フィール・ザ・ノイズ』をカバーし ... » more
テーマ ロック スレイド グラムロック

MUD【ザ・グレイテスト・ヒッツ】 これぞ便乗組の代表・・・グラム・ムーヴメントにちゃっかり便乗してヒットをかっさらった。『タイガー・フィート』は大ヒットしたけど、他のグラム組のような特別個性的なサウンドでもなかったため、まあ一発屋の代表といってもいいかも・・・。『ダ ... » more

おいてけぼりをくらった奴ら・・・MOTT【ドライヴ・オン】 75年リリース。イアン・ハンター脱退後、残されたオヴァーレント・ワッツ(ベース)、マシュー・フィッシャー(キーボード)、デイル・グリフィン(ドラムス)の3人はバンド名をMOTTと改名。レイ・メジャー(ギター・ボーカル)とナイジェル・ベンジャ ... » more
テーマ モット・ザ・フープル ロック グラムロック

ルー・リード【都会育ち】 さて、こちらはカントリーとは対極にある音楽。【都会育ち(まち育ち)】。80年リリース、ルーリード13枚目のアルバム。80年代のルーは必ずしも恵まれた活動ができたわけではなかったが、逆に様々な試みを行っていて面白い。『天使はどこ?』『マイ ... » more
テーマ ロック グラムロック ルー・リード

イギー・ポップ【ブリック・バイ・ブリック】 90年リリース。イギーをバックアップしているのは、ワディ・ワクテル、ケニー・アロノフ、チャーリー・ドレイトン、ジェイミー・ムホバラック、デビッド・リンドレー、曲によってスラッシュとダフ・マッケイガンも参加。※プロデュースはウォズ・ノット・ウ ... » more
テーマ ロック イギー・ポップ グラムロック  コメント(2)

 

最終更新日: 2016/11/28 11:49

「グラムロック」のブログ関連商品

» 「グラムロック」のブログレビュー をもっと探す

「グラムロック」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る