誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    心理

心理

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「心理」のブログを一覧表示!「心理」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「心理」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「心理」で閲覧数の多い注目記事をピックアップしています。

一般的なカウンセリング技法として用いる『来談者中心療法・クライアント中心療法(client-centered therapy)』は、1950〜1960年代にカウンセリングの神と呼称されたカール・ロジャース(Carl R. Rogers)によ ... » more

その人を特徴づける持続的で一貫性のある行動・感情・認知・人間関係のパターンで幾つかのタイプ(性格類型)に分類した仮説が『類型論(タイプ論)』ですが、類型論による性格心理学の起源は、古代ギリシアの時代に遡ります。医聖ヒポクラテス(B.C.46 ... » more

私達は、様々な相手の特性・行動・状況に魅力を感じて異性(同性)を好きになり、人間に特有な恋愛感情を相手に抱き、無上の喜びや幸福と苛酷な悲しみや葛藤を生み出す恋愛という関係を相手と取り結びます。恋愛は、相手に対する感情や欲求のあり方、お互 ... » more

交流分析における“相補的交流・交差的交流・裏面的交流”の交流パターンの特徴とその会話例 前回の記事では、交流分析のエゴグラムで使う『5つの自我状態の特徴』と『交流分析(やり取り分析)のコンセプト』について説明しましたが、ここでは『相補的交流(適応的交流)・交差的交流・裏面的交流(仮面的交流)』の3つの交流パターン分析(コミュニ ... » more

アダルトチルドレンの原因となる“慢性的な見捨てられ不安・喪失感”と“情緒的なネグレクト”の関係 アダルトチルドレンとしての過去を持つ人は、『抑圧・否認・隔離・投影・合理化・解離』といった防衛機制によって自分の悲しみや痛み、絶望を覆い隠そうとする認知パターンを持っています。何かつらいことがあった時に頭の中に思い浮かんでくる典型的な“自動 ... » more

自分を苦しめる不適応(否定的)な思考パターンや行動パターンの適応的変容を合理的に目指す認知療法(cognitive therapy)では、『なぜ、そのような不適応な感情・気分・行動が生起したのか?』という問題状況や心理状態の形成機序(メカニ ... » more

前回、認知療法と他の技法の異同と特性についての記事を書きましたが、認知療法の実際的な構造化面接についても少しずつ説明していこうと思います。今回は、認知療法の具体的な内容に入る前のピアジェの理論や世界観の説明が長くなってしまったので、ジャ ... » more

人間の情動の形成機序と情動の適応機能について、過去の幾つかの記事で説明してきましたが、その多くは『認知→情動・感情・気分→行動』という時間的順序を前提としたものでした。心理臨床技法の事例検討及び効果研究の統計などから見ると、認知療法 ... » more

精神的ストレッサーは、家庭・学校・職場などの生活環境への不適応や不満、対人関係の悪化やトラブル、感情や気持ちを伴うコミュニケーションの擦れ違いなどによって起こってくるストレッサーですが、それらは『その出来事や状況をどのように理解して解釈する ... » more

神経症(neurosis)は心理的原因による心身の機能障害と位置づけられますが、無意識的願望や二次的疾病利得が反映されるヒステリーの自己暗示的な側面について過去の記事で説明しました。ヒステリーの身体症状(麻痺・けいれん・感覚‐運動障害)を発 ... » more

不安な心理と身体の不調の簡易なチェックシート 前回の記事で、『“正常圏内の不安”と“病理水準の不安”』について概略を述べましたが、『不安の性質・強度・持続性』の観点から不安の病理水準を測定する心理アセスメント(不安評価尺度)には以下のようなものがあります。身体の遺伝要因・体質気 ... » more

人格障害(personality disorder)は、社会環境に適応可能な『平均的な性格特性』から過度に偏った性格行動パターンのことであり、社会環境や対人関係に上手く適応できないために『主観的な苦悩』や『社会的(経済的)な不利益』が生じて ... » more

A.エリスのABCDE理論のモデルと“不快な気分・苦痛な感情”を改善する合理的信念の効果・特徴 認知療法を参照した『怒りの感情』のコントロールでは、『怒りの発生原因』と『他者への要求・報復』に着目して自分の情動的な怒りを自発的にコントロールすることを目標にしました。アルバート・エリスの論理情動行動療法(REBT)の『ABCDEモデル』 ... » more

「発達早期の母親剥奪(mother deprivation)とナルシシズム(自己愛)の歪曲の問題」では、ジョン・ボウルビーの愛着理論とルネ・スピッツのホスピタリズム(施設症候群)を例に挙げて、健康で正常な精神発達に必要となる母性的なケア(共 ... » more

前述した、精神分析のリビドー発達論(性的心理的発達論)の詳細について下に記しておきます。リビドー発達論(性格の発達段階説)1.口唇期(oral stage:誕生〜1歳半頃まで)この世界に誕生した赤ちゃん(新生児) ... » more

 

最終更新日: 2017/06/19 13:22

「心理」のブログ関連商品

» 「心理」のブログレビュー をもっと探す

「心理」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)
あさ出版 汐街コナ

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る