誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    フランス革命

フランス革命

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「フランス革命」のブログを一覧表示!「フランス革命」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「フランス革命」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「フランス革命」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

池田理代子先生 40年ぶりの最新刊! ベルサイユのばら11巻が刊行されました!ベルサイユのばら 11 (マーガレットコミックス)集英社 2014-08-25 池田 理代子 Amazonアソシエイト by たいへんワンダホーな出来事ですね! ... » more

自衛隊の参加は、フランス革命とは直接関係はありません。今年が、第1次大戦の開戦から100年を迎えるのを記念し、当時の戦勝国とともに同じ戦勝国である日本も招待され、自衛隊が参加したわけです。なお、自衛隊が日本を ... » more

「読書日記(98)H・バラージュ・エーヴァ著 ハプスブルグとハンガリー 」 18世紀のヨーロッパに衝撃的な影響を与えたのは、1789年に起きたフランス革命だった。この後の革命裁判で、国王のルイ16世と、王妃マリー・アントワネットが処刑された。そのマリー・アントワネットは、今回、取りあげる本の準主役を演じるマリア ... » more
テーマ ハンガリー ハプスブルグ家 フランス革命

佐藤賢一 『小説フランス革命]U 革命の終焉』 革命は未完成に終わった。が、いつか必ず春は来るのだ。 第一巻「革命のライオン」を読んだのが2009年の5月だから波乱万丈の史劇を4年半かけて楽しんだことになる。全十二巻の大長編であったが、1789年から1794年まで、たった5年間の出来事であったことに気づけば、いかにも密度の濃い力作であったと ... » more
テーマ フランス革命 佐藤賢一 歴史小説

社会学 内藤昭一先生 北原学院の3年生では、社会学という科目があります。いわゆる歯科衛生士の専門科目から離れて、社会一般、歴史、政治などを学ぶことによって医療人としての幅を広げるための科目です。昨日は、元青山学院大学学長の内藤昭一先生の講 ... » more
テーマ 内藤昭一先生 社会学 フランス革命

しのぶレ・ミゼラブル
レ・ミゼラブル 今日は、久しぶりに映画を観に行きました。「レ・ミゼラブル」ビクトル・ユーゴーの名作です。日本語では、「ああ無情」と訳されますがビクトル・ユーゴーと言えば、世界で一番短い手紙でも有名。「レ・ミゼラブル」を出版したと ... » more
テーマ ビクトルユーゴー レ・ミゼラブル フランス革命

日の出4:33日の入り18:59@東京曇り ... » more
テーマ 保守主義 ホイッグ党 フランス革命

ツヴァイク マリー・アントワネット シュテファン・ツヴァイクの「マリー・アントワネット」。文庫本で上下巻なのだが、ボリューム的にはその二倍な感覚。小説とは言っても、解説と言う感じ。マリーアントワネットの生涯を追っているわけだが、革命が起きる前と起きた後では、彼女の性格と言 ... » more

#253【パリ】バスティーユの陥落  小説フランス革命3 佐藤賢一  集英社文庫  2011年11月 バスティーユの陥落 小説フランス革命 3 (小説フランス革命) (集英社文庫)集英社 2011-11-18 佐藤 賢一 Amazonアソシエイト by 第三身分=平民による議会=国民議会ができたが、王、貴族が軍隊で平民を弾圧。 ... » more
テーマ フランス革命 佐藤賢一 歴史小説

#251【アラブの春?】パリの蜂起 小説フランス革命2 佐藤賢一 集英社文庫 2011年10月 パリの蜂起 小説フランス革命 2 (小説フランス革命) (集英社文庫)集英社 2011-10-20 佐藤 賢一 Amazonアソシエイト by 小説フランス革命の第2巻。ストーリーとしても、だんだんテンションが上がってく ... » more
テーマ フランス革命 佐藤賢一 歴史小説

#248【国民議会】革命のライオン  小説フランス革命1  佐藤賢一  集英社文庫  2011年9月 革命のライオン 小説フランス革命 1 (小説フランス革命) (集英社文庫)集英社 2011-09-16 佐藤 賢一 Amazonアソシエイト by 司馬遼太郎、塩野七生に次ぐ歴史小説家は、この佐藤賢一だ!というか、他はよ ... » more
テーマ フランス革命 佐藤賢一 歴史小説

Show the ショウ九十三年
ヴィクトル・ユゴーの「九十三年」フランス革命時代のヴァンデの反乱を元にした小説。大河小説ということではなくて、反乱を指揮するラントナク、革命軍を指揮するラントナクの甥・ゴヴァン、その師匠で元・僧侶のシムルゥダン。この3人の関係が ... » more

民主党政権が生まれて、七ヶ月がすぎた。経済も外交も教育もすべてが無茶苦茶になり、急速に国際社会における日本の地位は低下していっている。それでも、民主党政権は、夫婦別姓の民法改正案や外国人地方参政権法案、人権侵害救済法案の成立を画策しているよ ... » more
テーマ 民主党政権 フランス革命 「日本国憲法」三原則  コメント(2)

奈辺の小物たち〜偉人の肖像 先日、長谷川竹次郎さんのところへ遊びに行った際、最近の釣果(?)を見せていただいた挙げ句、「そういえば、こんなものもあるよ。」と取り出されたのは古代マケドニアの英雄、アレキサンダー大王(BC356〜BC323)の横顔が美しい大型の銀貨。「そ ... » more
テーマ 古銭 長谷川竹次郎 フランス革命

荒井医院の診療日記コニャック
院長「フランス革命前年のコニャックが400万円か、古いものに価値があるなら、西南の役に生まれたうちのひいお婆さんの使ってた浴衣と湯たんぽが整理のしていない押入れから出てきたが20万円ぐらいするかもしれないな」 よ ... » more

ベルサイユのばら 万歩計 先日、新聞を読んでいると、『遊歩計ベルサイユのばら〜歩いて自・分・革・命生まれてきてよかった!!〜』を目にしました。歩いてベルばらの世界観を体験できる・・・ようなことが書いてありました。遊歩計 ベルサイユ ... » more
テーマ フランス ハプスブルグ家 フランス革命

たかぽんつれづれ日記栄光の残照
栄光の残照 大きな大きなシャンパングラスである。およそ百数十年前に作られたアンティークのオールドバカラのグラス。その表面には金彩で百合の紋章が鏤められている。百合はかつてフランスを統治してその権力をヨーロッパ全土に席巻した王家の紋章である。バカラ ... » more
テーマ アンティークグラス オールドバカラ フランス革命

ヨーロッパの悪女はしたたかで図太い!? 図書館でまたまた見つけて読了した本がこれ藤本ひとみ著「悪女が生まれる時」“暗殺の天使”ことシャルロット・コルデーと、“テルミドールの聖母”ことテレジア・タリアンのふたりに ... » more

Show the ショウ貴腐 みだらな迷宮
貴腐 みだらな迷宮 藤本ひとみの中篇2編タイトルの貴腐と夜食(スペ)。どちらもフランス革命の時代。とはいうものの、革命そのものを描いているわけではなく、その当時の貴族階級の愛と性を描いた作品ということかな。裏表紙から貴腐・・・夫がいながら生 ... » more

Show the ショウ大修院長ジュスティーヌ
大修院長ジュスティーヌ 藤本ひとみの中篇集。収録はタイトルの大修院長ジュスティーヌ、侯爵夫人ドニッサン、娼婦ティティーヌの3編。いずれもフランス革命の時代を舞台にしている。フランス革命そのものを描くというよりは、その時代のいろいろな立場の女性を描くことで、 ... » more

今日はパリ祭。フランス革命記念日です。フランス革命などという大変政治的な世界史上の出来事を、少女たちに身近にしてしまったのが池田理代子作『ベルサイユのばら』でした。その後アニメ化・舞台化され、諸々のメディアに取り上げられ続けているため、 ... » more

モンテクリフト伯の作者デュマの伝記風物語。文豪、アレクサンドル・デュマの一生を描いた作品です。デュマは有る意味ファザコンマザコンであり、また天衣無縫の人でありました。7月革命に首を突っ込んで本人は十分活躍したつもりだったが,世間では ... » more

ギロチンで胴部から離れた頭部は、実は大科学者のもの? ●●●●●●★問題:著名な科学者なのにフランス革命で断頭台の露と消えた人は、次のうち誰でしょうか?□ラボアジェ□ラグランジュ□フーリエ(答えはずっと下↓スクロールして下さい) ... » more

名探偵ラウル・フェルタン子爵フランス革命家、家族から引き離された王太子ルイ・シャルルの周囲で起こる連続殺人を褐色のフェルタン子爵が謎を解く。その殺人事件の陰で動かしたのは、なんと・・・・!!歴史を面白く脚色するという大見本か ... » more

女性を男性が書いた珍しい作品では?マリーアントワネットの生涯を「エレガント」をテーマに書き上げる。彼女の生涯は最後まで「エレガント」でした。王妃マリー・アントワネット (上巻) ... » more

なんと20年前の作品・・・・・(^^ゞ絵の雰囲気から歴史ものに違いない!と古本屋で購入・・。なんかごちゃごちゃとした話だった・・。老若の描き分けがあまりできていないので、年齢が理解できない・・。”激流うずまく18世紀のフ ... » more

「死の大天使」ルイ・アントワーヌ・レオン・ド・サン=ジュストに魅せられた人の視点からの物語。おかげで3編中2回もサン=ジュストはギロチンで・・・。絵も耽美で綺麗なので、その筋の人にも人気かも・・・(おいおい・・・)?たしかに ... » more

フランス王妃マリーアントワネット、男装の近衛隊長オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ、宝塚で舞台化、社会現象、そして今なお焦ることのない人気ぶり!もうもう何も言う必要な無い、名作です!この作品がフランス革命を有名にしたという ... » more

「マリーベル」上原きみこ  イギリス・ランバート公爵家の嫡男ロベールと捨て子マリーベルの愛は、やがて、フランス革命の中になだれ込んで行く。しかし、イギリスの公爵家の息子の名前がロベールではだめだ・・・。これはフランス読みだ・・・。小学生のころは華や ... » more

 

最終更新日: 2016/12/05 11:31

「フランス革命」のブログ関連商品

» 「フランス革命」のブログレビュー をもっと探す

「フランス革命」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る