誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    独白

独白

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「独白」のブログを一覧表示!「独白」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「独白」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「独白」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

ゆるボーダーのつぶやきはっせん
はっせん 今回、宿泊したホテルは、偶然だが、息子のアパートの近く。「んじゃ、部屋で飲むか?」と、息子が部屋に連れて行ってくれた。初めて入る息子の部屋。彼女も一緒。なんか、嬉しい(〃▽〃)地元愛のお酒をのむ。 ... » more
テーマ 独白

今夜ものどぐろ 夜は、息子と飲む約束。彼女も連れて来た。いつも、秋葉原で呑んでいた店が、今日はお休み。どこに行こうと悩みながら、東京駅周辺に行ったら、同じ系列の店があった。このお店の看板のどぐろが、ちゃんとあった。初めて ... » more
テーマ 独白

新幹線での偶然 先日、仙台帰りに偶然隣の夫婦と駅弁かぶったが、今日は、仙台から乗って来て、通路を挟んで隣に座った男性と、ヘアースタイルがかぶった(>w< )。 ... » more
テーマ 独白  コメント(2)

ゆるボーダーのつぶやきついに来た!
ついに来た! 販売までにいろいろと紆余曲折があったようだが、時間はかかっても、こうして手元に届く喜びを味わうことができたのはうれしい。明日は東京へ一泊の研修である。ちょうどよかった。こちらのスイカはまだ1400円ほど残 ... » more
テーマ 独白  コメント(2)

アロハを着たハンター猿と人間の間
猿と人間の間 樹木が密集した熱帯雨林湿度100%の飽和というカオス命の楽園ではなく阿鼻叫喚の地獄食物連鎖と弱肉強食の論理に覆われ閉じられた暗黒世界調和ではなく飽和おぞましい醜さが支配する闇そこに猿はいても人間はいな ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

アロハを着たハンター夏・潮騒
夏・潮騒 どうしようもなく眩く明るい海無常や哀しみや物憂さにしか聞こえない潮騒が今は瑞々しい希望のささやきに聞こえる此処もまた頂上ではないか酒を飲み語り合う友は絶えてもここには全てを分かち合える海・潮騒があるざ ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

ゆるボーダーのつぶやき日帰り
日帰り 本当は宿泊するつもりだったが、来週月曜日も宿泊の仕事。妻の顔色をうかがい、本日は日帰りで用事をたすことにした。用事は17:00まで。電車は17:30、新幹線は18:30発。温泉は、はなから諦めている。 ... » more
テーマ 独白  コメント(2)

アロハを着たハンター頂上の湯
頂上の湯 天狗とは;伝説上の妖怪の一種。山に住み、赤ら顔で鼻が長く、山伏の装束に一本歯の高下駄を履き、手には葉団扇を持ち風を自在に操る。平安時代の頃から各地の伝承や文献に登場し、密教や山岳信仰と関わりが深いことから、神通力を得るほどの修験者の成れ ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

ゆるボーダーのつぶやき少年少女たち
少年少女たち 今年のスポーツ少年団の開会式はあいにくの雨。でも昨年のように炎天下にさらされながら、お偉い方々の、おありがたいお話を延々と聞かされるよりいいかも。開会式だけど、野球もサッカーもすでに試合は終ってるんだってね。 ... » more
テーマ 独白

没入と忘我の余韻 没入強く打ち込み忘我無心に回る愉楽些細な事さえ何だか愉快で覚醒すべては鮮明でノイズもない俯瞰目の前のものが遠くに小さくみえるそしてまた没入する内燃機関のシリンダーのように肉 ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

国策捜査にかけられた「天狗」 佐藤 優 著「国家の罠 ・外務省のラスプーチンと呼ばれて」読了「紳士協定・私のイギリス物語」が良かったものだから、佐藤優氏が2002年5月背任と偽計業務妨害容疑で逮捕され、2005年2月執行猶予付き有罪判決を受けた後、最初の出版とな ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

或る日の雨上がり 昨日から今朝方まで降り続いた雨も止み冷んやりとした朝霧が曇天との境目を隠しながらも日中の好天を予感させる霧に覆われた早朝の街並み、掻き消された山々襟裳岬の朝がそうだった夏の襟裳岬の朝はいつも深い霧の底にあった ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

ノンフィクションというフィクション 佐野眞一 著「あんぽん・孫正義伝」読了2012年秋、佐野は『週刊朝日』で橋下徹大阪市長を題材としたルポ「ハシシタ〜奴の本性」を開始した。しかし、そのタイトルや内容が部落差別を助長させるものだったために、同市長をはじめ各方面からの抗議 ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

それでも銃を持つ奇兵隊であれ 佐藤 優「紳士協定・私のイギリス物語」 読了解説で翻訳家の鴻巣友季子が、『作者自身によれば本書はジャンルとしてはノンフィクションだというが、わたしが読んでいて漠然と感じたのは、ディケンズの小説「大いなる遺産」の手触りだった。・・「紳 ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

アロハを着たハンター戦士の止まり木
戦士の止まり木 カウンターをメインにした安い焼き鳥屋生!それと ズリ4本、皮4本、塩で!新幹線の時刻を店員に確認させているバカが三人大きな声で盛り上がり店を独占しているここの時計は十分遅れているから大丈夫!すでに舌がもつれた阿呆 ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

陸奥八仙 華想い 最近、分けあって陸奥八仙を飲むことが多くなった。華想いという米を使った酒が、各メーカーから出ているので、買ってみた。ちょっと甘味のある酒だなぁ。 ... » more
テーマ 独白

アロハを着たハンター大いなる道草
大いなる道草 チャールズ・ディケンズ 著「大いなる遺産」(上)(下)巻 読了じっくりと進んでいく物語。ディケンズ的な奇天烈な符合と収斂、だが浮薄ではない。深く重く厳しく真っ当な人生の茫洋たる湿原のごとき広がりに佇み続ける。アバンギャルドには道草だ ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

一生無縁だと思ってた 今日の研修会場はここちょっと敷居が高い内容の講義でしたが、今年一年ここのグループと付き合うことになってしまった。ついていけるか心配です。 ... » more
テーマ 独白  コメント(2)

プラットフォームを通り過ぎる風 さやさやと爽やかな風が渓谷のせせらぎのようにワイシャツをめくりあげた腕と日焼けしたあごと頬を洗い初夏の匂いのするプラットフォームの先の空に抜けていく満ち潮とともに吹き寄せる海風軒下から躍り出て宙を切るツバメさやさ ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

支留比亜珈琲モーニング TULLY,S COFFEEスターバックスUCC上島珈琲・ドトール・・否(いや)・今は支留比亜珈琲だ原宿ペニーレーンでバーボンを飲むようなOnlyの感覚が心地良いほう、きみは名古屋から ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

新緑と松陰と五月晴れ 夢路にも かえらぬ関を 打ち越えて 今をかぎりと 渡る小瀬川 〈吉田松陰が萩から江戸へ移送される時に二度と帰れぬ故郷を偲んで詠んだ歌。広島・山口県境にかかる両国橋の山口県側にある歌碑、岸信介書。1921年両国 ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

アロハを着たハンター太陽の季節
太陽の季節 北半球が太陽にようやく前のめりになるときその季節はやってくる青葉の新しい葉脈のように干からびた砂漠に水が流れ込んできて砂と泥にまみれ大地に突き刺さった俺の舟を再び浮かび上がらす力強い太陽の光線は死の川底を滔滔とし ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

ゆるボーダーのつぶやき+1
+1 昨日、また一つ歳をとった。実感はないが、現実である。午後から、妻とともに歩いて中心街へ散歩にでた。立ち寄ったカバン店で、ちょっといい感じのトートバックを購入。妻からのプレゼントとなった。それから、妻が見たがっ ... » more
テーマ 独白  コメント(2)

アロハを着たハンター肉体という土管
肉体という土管 肉体という土管貌(かお)というマンホールの蓋(ふた)その土管の中をそのマンホールの下を粘液にまみれ咀嚼した食物と糞尿と憎悪や怨念や増長や卑下、えげつない業(ごう)によって酸化腐敗した名状し難いグロテスクでおぞまし ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

座ることを拒絶した椅子 ※ 岡本太郎の作品の中に座席からツノが飛び出した椅子を見た記憶がある座ることを拒絶した椅子・・・座席から大きなサイの角のようなものが突き出している揺り籠から墓場まで生まれ落ちれば肩肘張らずとも用意された或る時間無 ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

アロハを着たハンター前衛の戦士
前衛の戦士 ヘラヘラと阿片に群がり漂う群衆日常という漠然とした前線前衛の戦士の標的とは何か既成の定義腐った言葉敵は見えないが敵に包囲されている人生与えられた肉体と欲望という名のエンジン勇んで踊る竜宮城何処にも ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

窓 人造人間 林檎 自宅では窓八帳面型と触擦型持ち歩き用に触擦型人造人間職場では窓七帳面型そして、このたび仕事上の資質向上(スキルアップ)にととある組織から借り受けた。触擦型林檎板使い勝手が違い、戸惑いの日々だが、 ... » more
テーマ 独白

アロハを着たハンター花神
花神 花とはガクの上に花びらを広げている様をいう希望とは行き先じゃないぜ希望とは花のように開かれた様をいう希望とはひらくことなんだ希望とは執着の古葉をきれいに落とし無垢な開いたこころなのさ腹蔵のない無心な笑 ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

ゆるボーダーのつぶやきあちこちが
最後のスノボでひねった左肩がまだ痛い。病院に行ったってシップ張っ痛み止め処方されるだけだろうから自然治癒を選んだが、歳とともに治りも遅いんだなぁ。そしたら、どういうわけか右の手首もいたくなった原因は不明だが、おそらく ... » more
テーマ 独白  コメント(2)

アロハを着たハンター二都物語
二都物語 チャールズ・ディケンズ 著「二都物語」 読了*フランス革命(1787〜1799)世界史上の代表的な市民革命であり、前近代的な社会体制を変革して近代ブルジョア社会を樹立した。18世紀後半のフランスではブルボン王朝の絶対君主制の ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

 

最終更新日: 2016/12/05 16:15

「独白」のブログ関連商品

» 「独白」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る