誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    独白

独白

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「独白」のブログを一覧表示!「独白」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「独白」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「独白」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

アロハを着たハンターバーテンダー
バーテンダー NHK 「プロフェッショナル 仕事の流儀」(凄腕バーテンダー岸久)を見た。そこが花も実もある東京銀座の裏通り地下に静かに佇む会員制老舗バーであることが肝要だ。その店のマスターはオーナー兼バーテンダーで、恰幅の良い身体に白いブレザーを ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

カードの引き落としに使っている口座の通帳しばらく記帳していないので、ATMで記帳しようとした。が、機械が通帳を読み取ってくれない。インターホンで係員とやり取りしたところ、「磁気部分が破損しているようです。窓口で新しい通帳と交 ... » more
テーマ 独白

アロハを着たハンターオデッセイ
オデッセイ Go on now goWalk out the doorすぐに出て行ってちょうだい そのドアから出て行ってよ向きを変えればいいだけでしょだってあなたはもうお呼びではないわよあばよって言って私を傷つけようって魂胆じゃ ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

底なしの行間を持つ男 大地が大きく裂けて屹立した断崖絶壁の間に霧にかすむ底なしの峡谷が何処までも延びていたどれだけのものがこの谷底に落ちていったのか茫として知る由もない谷底から渓谷を流れ落ちる水の音が聞こえるわけでもなく ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

村上春樹小説世界への巡礼 村上春樹 著「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」 読了田崎つくるは長く心に蓋をすることになるかつて自分を深く傷つけた高校時代の友のところへ巡礼をする。それによって多くの真実を知りある部分救われもしたが、それ以上に巡礼を勧めた ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

ラスボス   小林幸子 金スマで〈小林幸子の復活〉を見た2012年の事務所騒動がもとでその後三年間紅白歌合戦を干され仕事も激減。それでも大手レコード会社と縁を切り自主レーベルで「茨の木」を出し、スーパーやレコード店へ自ら足を運び手売りするどん底の営業活動を続け ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

アロハを着たハンター雪の降る街を
雪の降る街を この冬初めての雪は朝方には吹雪となってあれよあれよと積っていった見慣れた街が雪の降る街になった雪の降る街よジャリジャリとチェーンの音がして屋根の上に雪を積んだ車やバスがのろのろと渋滞し路肩に路上の溶けかけ ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

ハードボイルドの由来 ヘミングウェイ短編集 「われらの時代・男だけの世界」 読了1920年代、フランス・パリにあるリュクサンブール美術館に通い詰め、セザンヌの絵の前に立つヘミングウェイ。セザンヌが描くように自然を描きたい。写真のようなリアリズムとは一線を ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

アロハを着たハンター荒行三昧
荒行三昧 日経平均 戦後初 東証年明け5日続落 1月4日 18,450🔽582 (大発会)・中国市場サーキットブレーカー発動 1月5日 18,374🔽76 1月6日 18,191🔽18 ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

例年であれば、この時期までに3回は山に行って体を動かしているのだが、今年は、新年に1回(昨年末にも1回)行ってるだけ。しかも、初滑りの蓮ちゃんだったので、体なら慣らし程度の運動。そのあとは、正月ということで、ただただ ... » more
テーマ 独白  コメント(2)

あの方(吉田松陰)を見た 小春日和の快晴だった真っ青な空の下に年の瀬の静まり返った街は放射冷却で昼間でもシンと冷えていたそれでも油見隧道を抜け小瀬川沿いに安芸の国側の県道を数キロ歩き両国橋を渡る頃には身体も温まりウインドブレーカーを脱いで方脇に抱 ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

ゆるボーダーのつぶやきシロ
シロ 昨夜泊まった民宿の看板猫人なつっこいが、カメラを向けるとソッポを向く。そのくせ、こちらを見る時は、クリッとした瞳でじっと見つめてくる。カワイイじゃないかカワ(・∀・)イイ!! ... » more
テーマ 独白

ゆるボーダーのつぶやき夜更かし
夜更かし 民宿に戻って、見知らぬ若者たちと楽しく飲み気がつけば2時過ぎ。早く寝なくては。でも、ビールが、美味い。 ... » more
テーマ 独白

ゆるボーダーのつぶやき額面通り
8月の記事「お宝か?」で紹介した古いお金たちを使えるようにするために銀行に持ち込んだ。快く応対してくれたお姉さん。手際よく数えてくれた。穴無い50円玉、知らない世代だろうナ。聖徳太子の5000円札や1000円札み ... » more
テーマ 独白  コメント(2)

月は自ら光を発している 冬至を過ぎた暁の闇漆黒の西側の山の端の上に黄色がかった鏡のような満月が浮かび燦燦と光のリングを放ち続けているのを見た何の変哲もない岩の塊がただ太陽の光を反射しているだけでこれほどに俺の魂を射抜くはずがない ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

アロハを着たハンター行間の無限格差
行間の無限格差 言葉がたゆたう帆船なら青く輝く大海原に言葉が風雪に洗われ続ける小石ならその上に雪解け水のせせらぎを言葉が百万光年先に瞬く星なら百万光年の透徹した沈黙を行間にある青い大海原雪解け水のせせらぎ百万光年 ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

アロハを着たハンター浄土・・を・見た
浄土・・を・見た 雲がビュンビュン飛んでいく昨夜から降り続いた雨雲の切れ端が遅れまいと飛んでいくその上に鮮明なコバルトブルーの空が広がり真夏の熱線を濾し取ったような乾いた日射しが神がカッ!と目を剥いたように照りつけていた ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

ゆるボーダーのつぶやきおかえりなさい
おかえりなさい 無事に帰ってきました。紛失していたポケットルーター心当たりの店に電話したら、預かっているという。仕事帰り、開店時刻を待って受け取りに行った。よかったヨカッタ。これからは気をつけよう。 ... » more
テーマ 独白

夕べの飲み会非常に楽しく過ごしたのは良いが…ポケットに入れておいた、ポケットルーター落としたらしい・・・・・・・・・・Σ(゚д゚lll)さっき出かけようとして、気が付いた。遅いといえば遅い!早々に夕べ ... » more
テーマ 独白

アロハを着たハンターかもめが死んだ日
かもめが死んだ日 死んだら欲望はない金もいらない命綱もいらないただわたしの名残りを楽しむだけで幸せ なのだすべてを捨て 静かに瞑想する死ねば楽になる十字架に磔にされたキリストを思え今通らなければならない道は死だ夜、 ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

アロハを着たハンター寡黙な統合
寡黙な統合 リルケ 著「マルテの手記」 読了詩的な音階だけを感じながらとにかく読み通した内容は何ひとつ頭に残らなかったもちろん感動など欠片もなく二つに引き裂いてごみ箱に放り込みたい衝動を抑え続けた是川銀蔵 著「相場師一代」読 ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

アロハを着たハンター悪人正機異説
悪人正機異説 悪というのはなかなか味わい深い(善という言葉のなんと軽薄で低能な響きよ)悪というのはあるいは毒というものに近いかもしれない悪というのは到達した悟りであり孤高の闇に潜む絶対意思だ絶望しているのは当然 ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

ゆるボーダーのつぶやき冬にむけて
冬にむけて 休日を利用しようやく、我が家にも登場させた。今年は布団を新調。あったかいのは良いが、一説には「人間を自堕落にするアイテム。」と言われている。 ... » more
テーマ 独白

モバイルインターネットとテロリスト インターネットの時代からモバイルインターネットの時代になって世の中はさらに繁栄と混乱が渦巻き混沌の度合いを深くしている国家に個人が完全に封殺された時代が帝国主義ならその後、制度としての民主主義を経て遂に実相としての民主主義が ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

アロハを着たハンターThe sky 35,000 feet
The sky 35,000 feet am 3:00'The sky 35,000 feet900km/h翼よ!あれがパリの灯だ長い長い闇だった重力と磁力に支配された闇抗う浮力10,000mの闇の底にある大海のうねりも深い森林のざわめ ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

アロハを着たハンター浮力を感じる時
浮力を感じる時 午前2時 目覚めるiPadを開き時間を確認する闇と静寂の中で夜間飛行の機体の状態を確かめるように敷布団に沈む肢体に意識をやる静かに回転するエンジン音風に震える尾翼のように心地よい痺れに眠る四肢高度35,0 ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

「太平記」とは凄まじい動乱記だった 吉川英治 著「私本太平記 (一)〜(八)」読了足利尊氏 54歳 病没足利直義 47歳 尊氏による毒殺後醍醐天皇 52歳 病没北条高時 30歳 割腹自死新田義貞 38歳 流れ矢による戦死高ノ師直 斬死高ノ師泰 ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

ハードボイルドアーティスト 闇限りなく闇に近い光静寂限りなく静寂に近い吐息死限りなくに死に近い生絶望限りなく絶望に近い希望無機質限りなく無機質に近い有機質削ぎ落とす生臭と浮世の穢れ潔癖に超然とする闇人鋭利で美しい ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

ハードボイルドダンディズム 余計なものはいらない拳銃もフロックコートもタバコも苦みばしった顔も鼻につく寡黙もキザなジョークも違うんだよチャンドラーのどこがいい?ヘミングウェイの「誰が為に鐘は鳴る」には会話の多さに辟易したね千利休の茶の湯のような ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

ゆるボーダーのつぶやき工場出荷
工場出荷 ASUA memopad7調子が良くないそれに、新しく購入したタブレットと、アカウントが一緒だったのでチョット扱いがめんどくさい。ってことで、このさいリセットfactoryresetというらしいドロイ ... » more
テーマ 独白

 

最終更新日: 2017/02/17 21:59

「独白」のブログ関連商品

» 「独白」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る